TOP

▼ 検 索 条 件
大学
講座
発行年
和文/欧文
福岡歯科大学
総合歯科学
%
%
検索条件未指定の場合は、%と表示

上記講座業績の詳細検索(和文欧文別/発行年別の検索可能)

▼ 検 索 結 果 (上記の検索条件での検索結果です)
著書 (該当件数:100件)
1 .
内藤徹, 横田誠. 出血傾向 宮田隆監訳 ペリオドンタルメディスン. 東京: 医歯薬出版; 2001. p.256-273
2 .
前田勝正, 廣藤卓雄, 阿南壽. 第7章 歯内・歯周病変の治療 野口俊英 知っておきたい知識・術式[歯周治療編]. 東京: 第一歯科出版; 2002. p.195-204
3 .
内藤徹, 横田誠. 歯周治療におけるEBM 鴨井久一、吉田直人、花田信弘編 EBMをめざした歯科医療. 東京: 永末書店; 2002. p.72-78
4 .
羽生哲也, 安部喜八郎, 小川孝二, 須ノ内茂子, 邵仁浩, 武内哲二, 手嶋文史, 福島秀和, 二木昌人, 秋房住郎. 要介護者等歯科治療病診連携マニュアル福岡市版 要介護者等歯科治療病診連携マニュアル福岡市版. 福岡: 福岡県発行; 2003. p.
5 .
内藤徹, 横田誠. 歯周治療の歯科心身医学的側面 日本歯科心身医学会編 歯科心身医学. 東京: 日本歯科心身医学会; 2003. p.115-130
6 .
内藤徹. 歯槽骨吸収と歯の喪失のリスク因子は何か? 豊島義博、鶴本明久、島田達雄監修 歯科衛生士のための臨床論文の読み方 別冊歯科衛生士. 東京: クインテッセンス出版; 2004. p.55-57
7 .
細川隆司, 安藤浩伸, 丸山婦貴, 内藤徹, 横田誠. 新しい治療法への対応 歯科インプラントへの対応 野口俊英、横田誠編 チームアプローチで成功させる実践的歯周治療. 東京: 医学情報社; 2004. p.84-89
8 .
内藤徹, 横田誠. 原因除去療法としての歯周基本治療 長谷川紘司、野口俊英、山田了、花田信弘、眞木吉信、山崎洋治 歯周病と全身の健康を考える. 東京: 医歯薬出版; 2004. p.301-307
9 .
内藤徹, 細川隆司, 横田誠. 歯周病患者の歯科医師と歯科衛生士のチームアプローチによるマネージメントの実際 大学病院の立場から(2) 野口俊英、横田誠編 チームアプローチで成功させる実践的歯周治療. 東京: 医学情報社; 2004. p.78-82
10 .
内藤徹. 歯科のPBLシナリオ作成 高橋優三、鈴木康之 新しい医学教育の流れ. 名古屋: 三恵社; 2005. p.349-395
11 .
赤川安正, 新井高, 石倉裕晃, 石川晴夫, 石橋秀夫, 和泉雄一, 伊藤幹太, 伊藤公一, 稲富道知, 内藤徹. 第22章 歯周治療における消毒剤の応用 岡本浩監訳 臨床歯周病学とインプラント 第4版(臨床編). 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.507-541
12 .
鈴木奈央. 岡本浩 臨床歯周病学とインプラント (基礎編) 第4版. 東京: クインテッセンス; 2005. p.409-422
13 .
赤川安正, 新井高, 石倉裕晃, 石川晴夫, 石橋秀夫, 和泉雄一, 伊藤幹太, 伊藤公一, 稲富道知, 内藤徹. 歯周治療における消毒剤の応用 岡本 浩監訳 臨床歯周病学とインプラント第4版(基礎編). 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.
14 .
内藤徹. ラテックスアレルギー 相澤好治監修 医療機関での産業保健の手引き. 東京: 篠原出版新社; 2006. p.92-95
15 .
内藤徹. 歯周病の重症度とリスクをどう表すか 花田信弘、豊島義博 予防歯科Year Book. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.270-275
16 .
山田和彦, 廣藤卓雄. 6.齲蝕の画像診断 有地榮一郎、大関悟、下郷和雄、湯浅賢治編 症状からみた歯科エックス線写真読影のポイント. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.26-29
17 .
米田雅裕, 廣藤卓雄. 7.根尖病変の画像診断 有地榮一郎、大関悟、下郷和雄、湯浅賢治編 症状からみた歯科エックス線写真読影のポイント. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.30-33
18 .
内藤徹, 廣藤卓雄. 8.歯周疾患の画像診断 有地榮一郎、大関悟、下郷和雄、湯浅賢治編 症状からみた歯科エックス線写真読影のポイント. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.34-35
19 .
清浦有祐, 鈴木奈央. 4章微生物各論 A.グラム陽性球菌、B.グラム陰性球菌、C.グラム陰性好気性桿菌 口腔微生物学. 東京: 学建書院; 2006. p.92ー105
20 .
廣藤卓雄. 臨床研修歯科システムの概要 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.2-3
21 .
久間一宏, 廣藤卓雄. 1-2歯科医師のマナー、1-3歯科医師と患者様、1-4歯科医師とコデンタルスタッフ、1-5診断前の準備・心構え、1-6診療後の情報整理・評価 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.6-15
22 .
山田和彦, 廣藤卓雄. 5-1口腔内・口腔外審査 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.37-39
23 .
武内哲二. 7-6有病・高齢者への投薬法 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.87-88
24 .
米田雅裕, 廣藤卓雄. 10-1歯周治療の流れ、10-2歯口清掃指導法(プラークコントロール)10-3Professional Tooth Cleaning(PTC) 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.138-145
25 .
内藤徹. 10-5超音波・エアスケーラーの使用法、21-1パソコンを使った情報検索、21-2文献検索とその応用 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.146-152、321-327
26 .
岡田一三. 20-6誤飲事故 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.299-300
27 .
岡田一三, 廣藤卓雄. 20-7バーによる損傷 竹原直道、廣藤卓雄監修 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.301-302
28 .
米田雅裕. 歯周治療 竹原直道、廣藤卓雄編 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.138-145
29 .
米田雅裕. 根尖病変の画像診断 有地栄一郎、大関悟、下郷和雄、湯浅賢治編 症状からみた歯科エックス線写真読影のポイント. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.30-33
30 .
平井義人, 寺中敏夫, 寺下正道, 山田和彦. 弟4章直接修復 グラスアイオノマーセメント修復 平井義人、寺中敏夫、寺下正道、千田彰 保存修復学弟5版. 東京都: 医師薬出版; 2007. p.187-204
31 .
鈴木奈央, 内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 科学的根拠に基づいた歯周治療 鴨井久一、花田信弘、佐藤勉、野村義明編集 Preventive Periodontology. 東京: 医歯薬出版; 2007. p.346-351
32 .
内藤徹. 歯科医療現場における予防・安全対策 松永佳世子編集 Visual Dermatology別冊ラテックスアレルギーのすべて. 東京: 秀潤社; 2007. p.80-87
33 .
内藤徹. 歯科医療従事者のラテックスアレルギー 松永佳世子編集 Visual Dermatology別冊ラテックスアレルギーのすべて. 東京: 秀潤社; 2007. p.122-125
34 .
内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 前歯の限局的な動揺 山根源之 診断力てすと第4集. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.53-54
35 .
山本浩正, 月星光博, 稲垣幸司, 内藤徹. 長期メインテナンスに挑もう!~15症例から学ぶ、その根拠とコミュニケーションのポイント~ 山本浩正、月星光博、稲垣幸司、内藤徹 別冊歯科衛生士. 東京: クインテッセンス; 2008. p.
36 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 峰真理子, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える口臭治療のA to Z ②口臭治療の流れと患者さんへの説明 デンタルハイジーン. 東京: 医歯薬出版; 2008. p.794-797
37 .
峰真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える口臭治療A to Z ③真性口臭症の治療における衛生士の役割 デンタルハイジーン. 東京: 医歯薬出版; 2008. p.898-901
38 .
米田雅裕, 峰真理子, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える口臭治療A to Z ④精神的要因が大きい患者さんの口臭治療 デンタルハイジーン. 東京: 医歯薬出版; 2008. p.1002-1115
39 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 峰真理子, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える口臭治療A to Z ⑤歯の内部吸収による口臭と口臭治療のワンポイントアドバイス デンタルハイジーン. 東京: 医歯薬出版; 2008. p.1116-1120
40 .
内藤徹. これは使える数字で説得!数字で納得! 1、2 高柳篤史 モチベーションをあげる15のアドバイス. 東京: クインテッセンス; 2009. p.27,61
41 .
内藤徹. 歯周病の病因について知っていると得する情報 内藤徹 歯科衛生士臨床のためのQuint Study club 知っておきたい知識編④知ってて得した! 歯周治療に活かせるエビデンス. 東京: クインテッセンス出版; 2009. p.10-36
42 .
鈴木奈央. ホームケアの程度について知っていると得する情報 内藤徹 歯科衛生士臨床のためのQuint Study club 知っておきたい知識編④知ってて得した! 歯周治療に活かせるエビデンス. 東京: クインテッセンス出版; 2009. p.60-75
43 .
若井建志, 内藤真理子, 内藤徹, 小島正彰, 中垣晴男, 梅村長生, 横田誠, 花田信弘, 川村孝. 歯・口腔と全身の健康の関係における医学的根拠 現在歯数と栄養素・食品群摂取との関係 日本歯科総合研究機構 健康寿命を延ばす歯科保険医療 歯科医学敵根拠とかかりつけ歯科医. 東京: 医歯薬出版; 2009. p.97-103
44 .
鈴木奈央. プロフェッショナルケアの効果について知っていると得する情報 内藤徹 歯科衛生士臨床のためのQuint Study club 知っておきたい知識編④知ってて得した! 歯周治療に活かせるエビデンス. 東京: クインテッセンス出版; 2009. p.78-81
45 .
米田雅裕. プロフェッショナルケアの効果について知っていると得する情報 内藤徹 歯科衛生士臨床のためのQuint Study club 知っておきたい知識編④知ってて得した! 歯周治療に活かせるエビデンス. 東京: クインテッセンス出版; 2009. p.82-96
46 .
内藤 徹. 抜歯や歯周外科治療、歯周基本治療の際に、ワーファリンの服用は中止すべきか 糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン. 東京: 日本歯周病学会; 2009. p.88-92
47 .
鈴木奈央. 歯周病における洗口剤の効果はどれか 伊藤中、渡辺勝、長山和枝 クイズう蝕&歯周病の基礎知識100. 東京: クインテッセンス出版; 2009. p.60-81
48 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 峰真理子, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える口臭治療のA to Z 1口臭を知ろう デンタルハイジーン. : ; 2009. p.686-689
49 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭患者におけるHelicobacter pyloriの検出 口鼻臭臨床研究会記録集. 東京: 口鼻臭臨床研究会; 2009. p.21-24
50 .
内藤徹. 医療分野における予防と安全対策、ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン 日本ラテックスアレルギー研究会編. 東京: 共和企画; 2009. p.21-29
51 .
内藤徹. う蝕&歯周病の基礎知識100 伊藤中監著、渡辺勝・長山和枝編著 別冊歯科衛生士. 東京: クインテッセンス出版; 2009. p.69-70,99-100
52 .
内藤徹. サポーティブペリオドンタルセラピーのEBM 特定非営利活動法人日本歯周病学会編 歯周病の検査・診断・治療計画の指針. 東京: 医歯薬出版; 2009. p.40-42
53 .
竹原直道, 廣藤卓雄, 粟野秀慈, 曽我部浩一, 内藤徹, 永松浩, 米田雅裕, 諸冨孝彦. 第8章-1, -2,第9章-1. 廣藤卓雄 必修 臨床研修歯科医ハンドブック. 東京都: 医歯薬出版株式会社; 2010. p.362
54 .
内藤徹 . 高齢者保健福祉施策の推進に寄与する調査研究事業 介護予防に係る総合的な調査研究事業 介護予防に関する科学的知見の収集及び分析委員会 報告書 財団法人 日本公衆衛生協会 . : ; 2010. p.
55 .
伊藤孝訓, 藤澤盛一郎, 廣藤卓雄, 鈴木一吉, 森啓. 歯科医療面接アートとサイエンス 伊藤孝訓 歯科医療面接アートとサイエンス. : 砂書房; 2011. p.200-211
56 .
正木千尋, 牧野路子, 細川隆司. 日本人のための最新All-on-4マニュアル(All-on-4の基本コンセプトと術前診査) 中村社綱,細川隆司 日本人のための最新All-on-4マニュアル. 東京: 医歯薬出版; 2011. p.16-25
57 .
Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T. Relationship Between Oral Malodor and Oral Microbiota Oral Health Care-Prosthodontics, Periodontology, Biology, Research and Systemic Conditions. : InTech; 2012. p.121-130
58 .
内藤徹. 思春期のメインテナンス中断 歯科衛生士6月号. 東京: クインテッセンス出版; 2014. p.61-63
59 .
内藤徹. 昆虫はすごい ザ・クインテッセンス. 東京: クインテッセンス出版; 2014. p.131
60 .
安部喜八郎, 森田浩光, 井上良介. 針刺し・切創,皮膚・粘膜暴露 職業感染防止対策Q&A.国公立大学附属病院感染対策協議会・職業感染対策作業部会編. 東京: じほう; 2015. p.1-14
61 .
Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T. Evidence-Based control of oral malodor. Mandeep Virdi Oral Health. Croatia: In Tech; 2015. p.801-816
62 .
瀧内博也, 内藤徹. 高齢者の理解と歯科治療 栢豪洋 新・歯科衛生士教育マニュアル 歯科臨床の基礎と概論. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2015. p.110-120
63 .
豊島義博, 南郷里奈, 蓮池聡, 加藤智崇, 大石匠, 木森久人, 塩原康弘, 土方夕希子. 論文の構造を理解しよう 論文を読んでみよう う蝕の前兆を評価する グラスファイバーポストの長期予後 全顎デブライドメントの有用性 豊島義博 学びなおしEBM GRADEアプローチ時代の臨床論文の読みかた. 東京: クインテッセンス出版; 2015. p.181
64 .
水谷慎介, 内藤徹. 患者さんの“老化”に対応する 歯科衛生士. 東京: クインテッセンス出版; 2016. p.24-25
65 .
廣藤卓雄, 粟野秀慈, 森田浩光, 山田和彦, 桝尾陽介. 分担執筆 新・臨床研修医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2016. p.0
66 .
米田雅裕, 廣藤卓雄. 第1章 4.口臭とからだの不調 お口からはじめましょう からだの健康. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2016. p.8-9 
67 .
米田雅裕.   すぐひける、現場で役立つ 歯科衛生士のためのポケット版最新歯科用語辞典. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2016. p.分担執筆
68 .
米田雅裕.   知ってて得した!歯周治療に活かせるエビデンス 増補改訂版 . 東京: クインテッセンス出版; 2016. p.分担執筆
69 .
若井建志, 内藤真理子, 川村孝, 内藤徹, 小島正彰, 梅村長生, 横田誠, 花田信弘. 歯科医師を対象とした歯と全身の健康、栄養との関連に関する研究-歯間部清掃器具使用と全死亡リスクとの関連- 8020.  :  ; 2016. p.114-115
70 .
大星博明. 針刺し事故による受傷および感染への対応 廣藤卓雄 新臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2016. p.320-323
71 .
有田正博, 粟野秀慈, 安細敏弘, 池邉哲郎, 石川博之, 泉利雄, 岩﨑正則, 岩永賢二郎, 上原雅隆, 臼井通彦, 冨永晋二. 薬物アレルギー 米田雅裕 新臨床研修歯科医ハンドブック平成28年度診療報酬改定対応版. 東京都: 医歯薬出版; 2016. p.324-325
72 .
森田浩光(分担著者). 第3章 いつまでも自分の歯で 5. がんと口腔ケア -お口の健康が全身の健康を守る- お口からはじめましょう,からだの健康. 東京: 医歯薬出版; 2016. p.42-43
73 .
Mori Y, Morita H, Inoue R, Futatsuki T. Chapter 2. Infection, 2-6 Others: HIV infection including AIDS. ATLAS of Oral Disease. 東京: Quintessence Publishing Co., Ltd.; 2016. p.42-44
74 .
水谷慎介, 内藤徹, 赤石充隆, 武藤智美. OVER65特集 患者さんの“老化”に対応する 歯科衛生士. 東京: クインテッセンス出版; 2016. p.23-36
75 .
牧野路子, 山野貴史. 誤嚥性肺炎とお口の汚れ 第23回日本歯科医学会総会記念誌編集委員会 お口からはじめましょう からだの健康. 東京: 医歯薬出版; 2016. p.44-45
76 .
加藤智崇, 内藤徹. 認知症とお口の健康 第23回日本歯科医学会総会記念誌編集委員会 お口からはじめましょう からだの健康. 東京: 医歯薬出版; 2016. p.44-45
77 .
廣藤卓雄. .分担執筆すぐひける、現場で役立つ 歯科衛生士のためのポケット版最新歯科用語辞典 (編集 栢 豪洋、升井一朗、石川隆義、玄 景華、小菅直樹、雫石 聰、濱元一美、本間和代、鱒見進一) .. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2016. p..
78 .
内藤徹. 知ってて得した 歯周治療に生かせるエビデンス 増補改訂版 知ってて得した 歯周治療に生かせるエビデンス. 東京: クインテッセンス出版; 2017. p.1-136
79 .
内藤徹. 生命の始まりを探して僕は生物学者になった クインテッセンス. 東京: クインテッセンス出版; 2017. p.133
80 .
Haresaku S, Monji M, Miyoshi M, Kubota K, Aoki H, Kajiwara E, Yoshida R, Nakashima F, Uchida S, Naito T. The performance of oral health checkups for elderly patients by health care workers in a hospital. 第66回日本口腔衛生学会・総会(於山形市山形テルサ)口腔衛生学会雑誌 (於山形市山形テルサ) 口腔衛生学会雑誌. 福岡: 口腔衛生学会雑誌; 2017. p.第67巻増刊2p.112
81 .
阿南壽, 松崎英津子, 山田和彦. 第9章 グラスアイオノマーセメント修復 田上順次・奈良陽一郎・山本一世・斎藤隆史監修 第5版保存修復学21. 京都: 永末書店; 2017. p.203-214
82 .
内藤徹. ライフステージを見据えた高齢者の歯周治療 北村、藤井、鱒見 高齢者への戦略的歯科治療. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.50-51
83 .
内藤徹, 秋竹純, 牧野路子, 水谷慎介. 高齢者の歯科診療はじめの一歩介護介助の基本スキル. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.1-94
84 .
森田浩光, 堀部晴美, 加藤智崇, 常岡由美子. Chapter 9. 事例から学ぶチーム医療4 多職種との協働 -熊本地震の事例から- 槻木恵一 中久木 康一 災害歯科医学. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.106-108
85 .
内藤徹, 稲垣幸司, 谷口奈央, 新田浩, 牧野路子, 村上慶, 米田雅裕. 監修・解説 歯科衛生士のためのQuint Study Club、知っておきたい知識編④ 知ってて得した!歯周治療に活かせるエビデンス. 東京: クインテッセンス出版株式会社  ; 2017. p.-
86 .
阿南壽, 松﨑英津子, 山田和彦. 第9章 グラスアイオノマーセメント修復 第五版 保存修復学21. 京都市: 永末書店; 2017. p.203-213
87 .
森田浩光, 堀部晴美, 加藤智崇, 常岡由美子. 事例から学ぶチーム医療 4他職種との協働ー熊本地震の事例からー 槻木恵一、中久木康一 災害歯科医学. 東京: 医歯薬出版; 2018. p.106-108
88 .
有田正博ほか, 冨永晋二. 薬物アレルギー 米田雅裕ほか 新臨床研修歯科医ハンドブック 平成30年度診療報酬改定対応版. 東京都: 医歯薬出版; 2018. p.326-327
89 .
内藤徹. 高齢者への歯周治療と口腔管理 吉江 要介護者に対する歯周治療の意義と位置づけ. 東京: インターアクション; 2018. p.152-155
90 .
樋口勝規, 岡田賢司, 森田浩光, 加藤智崇. CDC歯科医療施設における感染予防の手引き CDC歯科医療施設における感染予防の手引き. 東京: 医歯薬出版; 2018. p.1-45
91 .
森田浩光. 第7章 歯科における病院感染対策.4) 口腔ケア 国公立大学附属病院感染対策協議会 病院感染対策ガイドライン2018年版. 東京: じほう; 2018. p.330-332
92 .
内藤徹, 牧野路子. 診療に役立つ介助のスキル2 車いすの患者さんが来院された デンタルハイジーン. 東京: 医歯薬出版; 2018. p.684-687
93 .
内藤徹. 提供する歯科医療の内容は不変であるという思い込みからの脱却 水上、長谷川 歯科臨床の羅針盤. 東京: インターアクション; 2018. p.138-143
94 .
梅崎陽二朗, 内藤徹. 医療分野における予防と安全対策 ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン2018. 東京: 協和企画; 2018. p.31-39
95 .
内藤徹. 要介護者に対する歯周治療の意義と位置づけ 吉江 高齢者への歯周治療と口腔管理. 東京: インターアクション; 2018. p.152-155
96 .
米田雅裕, 山田和彦. 第5章直接修復 Ⅲグラスアイオノマーセメント修復 千田 彰 他 第7版 保存修復学. 東京: 医歯薬出版; 2019. p.
97 .
有田正博, 粟野秀慈, 安細敏弘, 池邉哲郎, 石川博之, 泉利雄, 岩﨑正則, 上原雅隆, 臼井通彦, 大澤賢次, 冨永晋二. 薬物アレルギー 廣藤卓雄 新臨床研修歯科医ハンドブック. 東京都: 医歯薬出版; 2020. p.328-329
98 .
廣瀬陽菜, 松﨑英津子, 松雪 稜, 松本和磨, 水上正彦, 畠山純子, 牛尾悟志, 小嶺文誉, 二階堂美咲, 松本典祥, 泉利雄、阿南壽. Part2 知っておきたい!根管解剖と基礎. 「3D解析による新たな歯内療法学実習用模型の評価」 日本歯内療法学会がすべての歯科医師に贈る最新トレンド. 東京: クインテッセンス出版; 2021. p.60-61
99 .
Seno K, Yasunaga M, Yamamoto N, Ohno J. Chapter 7 - Oral mucosal graft-versus-host disease and its possibility of antitumor effects. Inflammation and Oral Cancer: From Bench to Bedside.. Netherlands: Inflammation and Oral Cancer; 2022. p.127-150
100 .
Yasunaga M, Yamaguchi M, Seno K, Yoshida M, Ohno J. Chapter 6 - Role of autophagy in dysregulation of oral mucosal homeostasis. Inflammation and Oral Cancer: From Bench to Bedside.. Netherlands: Inflammation and Oral Cancer; 2022. p.101-125
総説  (該当件数: 103 件) 
1 .
Howard K. Kuramitsu, Masahiro M, Madden T. Proteases and Collagenases of Porphyromonas gingivalis Advances in Dental Research. . 1995; : 37-40
2 .
Yoneda M, Hirofuji T, Anan H, Matsumoto A, Hamachi T, Nakayama K, Maeda K. Effect of mixed infection of Porphyromonas gingivalis and Bacteroides forsythus on abscess formation in mice. J. Periodontol. . 2000; 71: 1925-1926
3 .
Phillippe P. Hujoel, 内藤徹. 明確な患者利益の追求における臨床疫学の役割. 日本ヘルスケア歯科研究会誌. 2001; 3: 33-49
4 .
内藤徹, Doosub Jahng, 横田誠. 歯科用ラテックスグローブの溶出タンパク量とラテックスアレルギーの周辺事情. 日本歯科評論. 2001; 61: 97-99
5 .
内藤徹, 横田誠. スモール・グループ・ラーニング. 歯界展望. 2001; 98: 870-871
6 .
内藤徹, 横田誠. エンドポイント. 歯界展望. 2001; 98: 1076-1079
7 .
内藤徹, 横田誠. ペリオ診断(プロービング). デンタルダイヤモンド. 2001; 26: 154-155
8 .
内藤徹, 久保田浩三, 横田誠. GTRの現状と未来. 歯界展望. 2002; 99: 1076-1079
9 .
内藤徹, 中山健夫, 横田誠. NHANES-EBMの屋台骨を支える調査研究. 日本歯科評論. 2002; 62: 183-185
10 .
Maeda K, Anan H, Matsumoto A, Kimura R, Yoneda M, Murakawa T. Immunology and bone formation of experimentally induced periapical lesions in rats. Proceedings of the International Conference on Dentin . . 2002; : 19-23
11 .
内藤徹, 佐々木好幸, 横田誠. 発生率の比較的少ない疾患のコホート研究. 歯界展望. 2003; 101: 649-654
12 .
内藤徹, 横田誠. エビデンス充溢時代の臨床情報活用術 第1回 二次情報って何?. Quintessence DENTAL Implantology. 2003; 10: 132-133
13 .
若井建志, 川村孝, 栗崎吉博, 小島正彰, 中垣晴男, 梅村長生, 内藤真理子, 内藤徹, 横田誠. 歯科医師自身が参加するコホート研究―歯の健康と全身の健康との係わりに関するエビデンス発信をめざして. The Quintessence. 2003; 22: 121-124
14 .
内藤徹, 横田誠. エビデンス充溢時代の臨床情報活用術 第2回 二次情報源からの情報活用のためのポイント. Quintessence DENTAL Implantology. 2003; 10: 112-114
15 .
内藤徹, 細川隆司, 横田誠. エビデンス充溢時代の臨床情報活用術 第3回 患者に情報をどう伝えるか. Quintessence DENTAL Implantology. 2003; 10: 130-133
16 .
内藤徹, 細川隆司, 横田誠. エビデンス充溢時代の臨床情報活用術 第4回 その結果は本当に信頼できるか. Quintessence DENTAL Implantology. 2003; 10: 132-136
17 .
内藤徹, 細川隆司, 横田誠. エビデンス充溢時代の臨床情報活用術 第5回 臨床研究を集積する試み. Quintessence DENTAL Implantology. 2003; 10: 134-136
18 .
佐々木好幸, 内藤徹, 横田誠. 無作為化比較試験(2). 歯界展望. 2003; 102: 165-170
19 .
内藤徹, 横田誠. 歯科医療従事者におけるラテックスアレルギーの現状-我々はいかに臨床現場に周知していくべきか-. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌. 2003; 7: 85-88
20 .
Yoneda M, Hirofuji T, Motooka N, Nozoe K, Shigenaga K, Anan H, Miura M, Kabashima H, Matsumoto A, Maeda K. Humoral immune resposnse to S-layer-like proteins of Bacteroides forsythus. . Clin. Diag. Lab. Immunol. 10. 2003; : 383-387
21 .
Miura M, Hamachi T, Fujise O, Inoue K, Yoneda M, Maeda K. Prevalence of fim A genotypes of Porphyromonas gingivalis in aggressive periodontitis.. J. Periodontol.. 2003; 74: 18-29
22 .
内藤徹, 細川隆司, 横田誠. エビデンス充溢時代の臨床情報活用術.第7回もっと気軽にエビデンス-検索エビジン「EviDents」-. Quintessence DENTAL Implantology. 2004; 11: 114-116
23 .
内藤徹, 横田誠. ラテックスアレルギーに対する予防の啓発とその実際. 1.拡がるラテックスアレルギーへの危惧. the Quintessence. 2004; 23: 1319-1322
24 .
内藤徹, 園木一男, 高田豊, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 横田誠. 糖尿病と歯周疾患ー歯科衛生士によるケアを考えるー. 歯科衛生士. 2004; 28: 20-24
25 .
廣藤卓雄, 米田雅裕, 前田勝正. 歯周病と混合感染 ーバイオフィルム感染症の観点からー. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 83-89
26 .
内藤徹. 意外と身近、意外と深刻、ラテックスアレルギー. デンタル・プロダクト・ニュース・デンタル・ハイジニスト. 2004; 11: 8-9
27 .
廣藤卓雄, 米田雅裕, 前田勝正. 歯周病と混合感染 ―バイオフィルム感染症の観点から. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 83-89
28 .
内藤徹, 細川隆司, 横田誠. エビデンス充溢時代の臨床情報活用術.第6回インプラントの形態や表面処理で明らかな差はあるだろうか-コクラン・レビュー-. Quintessence DENTAL Implantology. 2004; 11: 114-116
29 .
廣藤卓雄. 歯周治療の基本的流れと処置法の有効性について. 歯誠会会誌. 2005; 6: 81-85
30 .
廣藤卓雄. 福岡歯科大学における総合歯科の役割と病診連携について. 歯誠会会誌. 2005; 6: 162-165
31 .
米田雅裕, 前田勝正, 廣藤卓雄. Porphyromonas gingivalis とTannerella forsythia の混合感染による病原性増強. 日歯保存誌. 2005; 48: 797-799
32 .
廣藤卓雄, 米田雅裕, 久間一宏, 山田和彦, 内藤徹, 岡田一三, 吉永正治, 吉兼透, 日高圭太郎, 今泉康一, 高橋 裕、井上 廣、坂上竜資、本川 渉、本田武司. 「自己評価できる臨床シミュレーションシステムの導入」―当院前実習への応用とその評価―. 第3回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会研究発表論文集. 2005; 3: 123-127
33 .
内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 前歯の限局的な動揺. デンタルダイヤモンド. 2005; 30: 25-26
34 .
内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯科衛生士臨床における歯周治療のスタンダード ―歴史的変遷から考える、今求められる理論・技術とは―. 歯科衛生士. 2005; 29: 15-31
35 .
Suzuki N, Yoshida A, Nakano Y. Quantitative analysis of multi-species oral biofilms by TaqMan real-time PCR. Clin Med Res. 2005; 3: 176-185
36 .
米田雅裕, 尾崎正雄, 内藤徹, 久間一宏, 城戸寛史, 清水博史, 坂上竜資, 佐藤博信, 大関悟, 石川博之, 谷口省吾. 福岡歯科大学臨床研修歯科医海外研修の教育効果について. 日歯教誌. 2005; 21: 310-318
37 .
武内哲二. 機材からみるオーラル・ケアー私はこの製品をこう使っています. 日本歯科評論別冊2005. 2005; : 146-147
38 .
内藤徹. 歯科医療従事者におけるラテックスアレルギーの現状. アレルギーの臨床. 2006; 26: 1006-1011
39 .
米田雅裕. 南カリフォルニア訪問記 福岡歯科大学臨床研修歯科医海外研修報告. Loma Linda University Japanese Research Newsletter. 2006; 17: 16-20
40 .
鈴木奈央. 口臭の基礎知識と患者さんへの対応. 背振. 2006; : 13-18
41 .
内藤徹. 50歳からのインプラント. ザ・クインテッセンス. 2006; 25: 155
42 .
内藤徹. ビッグ・ファーマ. ザ・クインテッセンス. 2006; 25: 137
43 .
内藤徹. 日本の医療が危ない. ザ・クインテッセンス. 2006; 25: 145
44 .
伊藤中, 内藤徹, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. う蝕・歯周病のプロセスに対する治療的介入としてのリスクアセスメント.一般開業歯科医院における歯周病のリスクコントロール. the Quintessence. 2006; 25: 153-159
45 .
内藤徹. 文献コトハジメ⑤先生、ほかの研究はないんですか?. デンタルハイジーン. 2007; 27: 1135-1137
46 .
内藤徹. 文献コトハジメ①先生!エビデンスって何ですか?. デンタルハイジーン. 2007; 27: 723-725
47 .
内藤徹. 文献コトハジメ②文献はどうやって探したらいいんですか?. デンタルハイジーン. 2007; 27: 815-817
48 .
内藤徹. 文献コトハジメ③英語が苦手な私でも文献を読むことができますか?. デンタルハイジーン. 2007; 27: 923-925
49 .
濱野英也, 内藤徹. 必読!歯科衛生士の事故・疲労・アレルギー 傾向と対策 ③歯科衛生士業務とアレルギー. デンタルハイジーン. 2007; 27: 900-904
50 .
廣藤卓雄. 特別シリーズ:研修歯科医は何を学ぶか 7.総合診療計画 総合診療計画 -新歯科医師臨床研修におけるプログラムの提示-. Clinical Research in Dentistry. 2007; Vol.4: 13-22
51 .
内藤徹. 文献コトハジメ④文献のどこに注意して読んだらいいんですか?. デンタルハイジーン. 2007; 27: 1027-1029
52 .
内藤徹. 文献コトハジメ⑥文献を患者さんの問題解決に活かそう!. デンタルハイジーン. 2007; 27: 1239-1241
53 .
宮地建夫, 佐藤田鶴子, 豊島義博, 内藤徹, 高津茂樹, 長谷川絋司. これからの歯科医療に望まれる形は何か Part.2. 日歯医会誌. 2008; 27: 4-23
54 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 峰真理子, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える 口臭治療のA to Z ②口臭治療の流れと患者さんへの説明. デンタルハイジーン. 2008; 28: 794-797
55 .
峰真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える 口臭治療のA to Z ③真性口臭症の治療における歯科衛生士の役割. デンタルハイジーン. 2008; 28: 898-901
56 .
米田雅裕, 峰真理子, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える 口臭治療のA to Z ④精神的要因の大きい患者さんの口臭治療. デンタルハイジーン. 2008; 28: 1002-1006
57 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 峰真理子, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える 口臭治療のA to Z ⑤歯の内部吸収による口臭と口臭治療のワンポイントアドバイス. デンタルハイジーン. 2008; 28: 1116-1120
58 .
宮地建夫, 佐藤田鶴子, 豊島義博, 内藤徹. これからの歯科医療に望まれる形は何か Part.2ー普通の歯科医師はEBMをどう実践すればよいかー. 日本歯科医学会誌. 2008; Vol27: 4-23
59 .
Naito T. Ultrasonic preparation improves outcome in apical surgery. Evid Based Dent. 2008; 9: 53
60 .
米田雅裕, 峰真理子. Case Presentation 口臭の悩みを解消して患者さんに笑顔を-口臭の基礎知識とその治療における歯科衛生士の役割. 口臭 DH style. 2008; : 67-74
61 .
内藤徹. EBDの潮流とその問題点. 歯界展望. 2008; 112: 996-1002
62 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 峰真理子, 内藤徹, 廣藤卓雄. 患者さんの悩みに答える 口臭治療のA to Z ①口臭を知ろう. デンタルハイジーン. 2008; 28: 686-689
63 .
米田雅裕. Q&A 口臭を主訴とする患者の継続治療. Dentarl Diamond. 2009; 34: 120-121
64 .
鈴木奈央, 内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 豊島義博. 論文からのヒント ーポリオール配合チューインガムのう蝕に対する効果ー. 歯科衛生士. 2009; 33: 58-59
65 .
内藤徹. 私の道具箱 モバイルプリンタ MPrint MW-260(製品レポート). ザ・クインテッセンス. 2010; 29: 212
66 .
米田雅裕. 第4回学術集会レポート「口臭と心」. 日口臭誌. 2010; 1: 38-40
67 .
Naito T. Surgical or nonsurgical treatment for teeth with existing root filings?. Evid Based Dent. . 2010; 11: 54-55
68 .
Naito T. Uncertainty remains regarding long-term success of mineral trioxide aggregate for direct pulp capping . J Evid Based Dent Pract. . 2010; 10 : 250-251
69 .
Yoneda M, Uchida H, Suzuki N, Mine M, Iwamoto T, Masuo Y, Naito T, Hatano Y, Hirofuji T. A case report of tooth wear associated with a patient’s inappropriate efforts to reduce oral malodor caused by endodontic lesion. . International Journal of Dentistry,. 2010; : ID727481
70 .
内藤徹. 意外と知らないラテックスアレルギー   歯科医師として知っておくべきこと. Dental Diamond. 2011; : 142-148
71 .
Makino M, Naito T. Direct composite buildup can be a treatment option to improve tooth shape irregularity.. J Evid Based Dent Pract.. 2011; 11: 149-150
72 .
Yoneda M, Suzuki N, M. Macedo S, Anan H, Hirofuji T. Confusing Endodontic Cases: Case Series Report. Smile Dental Journal. 2011; 6: 26-31
73 .
廣藤卓雄, 神谷信行, 田邊一成, 安田善之. 座談会  口腔トラブルを微生物の力で抑制 善玉乳酸菌が口臭にも、虫歯、歯周病の改善にも効果. ダイモンドMOOK 頼れる歯科医さん. 2012; 2012: 103-106
74 .
Yoneda M, Suzuki N, Mocedo SM, Fujimoto A, Iha K, Koga C, Matsuura M, Hirofuji T. The variable etiology of oral pathologic halitosis: a case series. Smile Dental Journal. 2012; 7: 32-38
75 .
廣藤卓雄, 神谷信行, 田邊一成, 安田善之. 口腔内トラブルを微生物の 力で抑制 善玉乳酸菌が口臭にも、虫歯、歯周病の改善にも効果. ダイヤモンドMOOK 頼れる歯医者さん  select2013. 2013; 65041-07: 103-105
76 .
内藤徹. 福岡歯科大学における要介護高齢者医療福祉に関する重点的な教育について . 福岡歯科大学雑誌. 2013; 39: 89-93
77 .
谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 口臭治療「知っている」と「できる」の溝をなくそう!最終回:新しい口臭予防・治療への取り組み. ザ・クインテッセンス、クインテッセンス出版. 2013; 32: 1447-1451
78 .
廣藤卓雄, 米田雅裕, 谷口奈央. 口臭治療「知っている」と「できる」の溝をなくそう!第1回:総論編:完全理解!もっと口臭治療を知ろう!. ザ・クインテッセンス、クインテッセンス出版. 2013; 32 : 826-838
79 .
米田雅裕, 廣藤卓雄, 谷口奈央. 口臭治療「知っている」と「できる」の溝をなくそう!第2回:実践編「医院に口臭患者が来院したら?」:真性口臭症の症例. ザ・クインテッセンス、クインテッセンス出版. 2013; 32: 987-992
80 .
米田雅裕, 谷口奈央, 廣藤卓雄. 口臭治療「知っている」と「できる」の溝をなくそう!第3回:実践編「医院に口臭患者が来院したら?」:精神的要因が大きい口臭患者. ザ・クインテッセンス、クインテッセンス出版. 2013; 32: 1193-1197
81 .
谷口奈央. 乳酸菌配合歯磨剤の清掃効果は?. 口腔プロバイオティクス&アンチプロバイオティクス. 2013; 1: 127-129
82 .
Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T. Mixed Red-Complex Bacterial Infection un Periodontitis. Internanional Journal of Dentistry . 2013; 2013: doi:10.1155/2013/587279
83 .
内藤徹. 今後の要介護高齢者の歯科医療需要と隣接医学の重要性. 歯界時報. 2014; 707: 6-11
84 .
Yoneda M, Suzuki N, Hirofuji T. Antibacterial effect of surface pre-reacted glass ionomer filler and eluate-mini review. Pharmaceutica Analytica Acta. 2015; 6: 349
85 .
森田浩光. がん周術期における歯科口腔領域での役割. 福岡歯科大学雑誌. 2015; 40: 95-102
86 .
Takahashi R, Ota E, Hoshi K, Naito T, Toyoshima Y, Yuasa H, Mori R. Fluoride supplementation in pregnant women for preventing dental caries in the primary teeth of their children. Cochrane Oral Health Group. 2015; : doi: 10.1002/14651858.CD011850
87 .
Yoneda M, Suzuki N, Hirofuji T. Current status of the techniques used for halitosis analysis. . Austin Chromatography. 2015; 2: 1024
88 .
内藤徹. エビデンスに基づく健康教育・口腔健康情報. 公益財団法人8020推進財団学術集会第13回フォーラム8020報告書. 2016;  : 24-35
89 .
内藤徹. 患者の皆さんに健康情報をどう伝えるか-エビデンスに基づく健康情報を考える-. 8020. 2016;  : 85-87
90 .
内藤徹. 患者は医療というサービスの消費者. なっとくライフ. 2016; 2: 4-6
91 .
廣藤卓雄. 口臭症と口臭治療 ー新しい口臭予防・治療の取り組みー. 歯誠会会誌. 2016; 第8号: 271-275
92 .
Yoneda M, Suzuki N, Morita H, Hirofuji T. Oral bacteria and bowel diseases mini review. Journal of Gastrointestinal & Digestive System. 2016; 6: DOI:10.4172/2161-069X.1000404
93 .
山口真広, 森田浩光, 都築尊, 加藤智崇, 常岡由美子, 亀井寛子, 首藤沙耶香, 久家雅美, 北野香, 永井淳. 平成29年7月九州北部豪雨における福岡歯科大学による災害時歯科医療支援活動報告. 福岡歯科大学学会雑誌. 2018; 44: 21-25
94 .
山口真広, 森田浩光, 都築尊, 加藤智崇, 常岡由美子, 亀井寛子, 首藤沙耶香, 久家雅美, 北野香, 永井淳. 九州北部豪雨における福岡歯科大学による災害時歯科医療支援活動報告. 福岡歯科大学学会雑誌. 2018; 44: 21-25
95 .
森田浩光. 全身疾患を有する患者への対応~感染性心内膜炎の予防について~. 福歯衛報. 2019; : 1
96 .
森田浩光. 福岡歯科大学医科歯科総合病院と九州大学病院が連携した新たな臨床研修の構築. 日本歯科医学教育学会誌. 2019; 35: 82-83
97 .
Kato T, Morita H, Tsuzuki T, Yamaguchi M, Ohta H, Tanoue D, Nakakuki K. Emerging role of dental professionals in collaboration with medical personnel in disaster relief following the 2016 Kumamoto earthquakes: implications for the expanding scope of dental practice.. International Dental Journal. 2019; 69: 79-83
98 .
Suzuki N, Yoneda M, Takeshita T, Hirofuji T, Hanioka T. Induction and inhibition of oral malodor.. Molecular Oral Microbiology. 2019; 34: 85-96
99 .
梅崎陽二朗, 内藤徹. 認知機能と口腔内感覚に関する脳機能画像的研究. Modern Science Digest. 2020; 46: 893-895
100 .
樋口勝規, 森田浩光, 香川豊宏, 城戸寛史, 小島寛, 川野庸一, 池邉哲郎, 阿南壽. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における大災害対策. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 1-9
101 .
Tu TTH, Watanabe M, Nayanar GK, Umezaki Y, Motomura H, Sato Y, Toyofuku A. Phantom bite syndrome: Revelation from clinically focused review.. World Journal of Psychiatry. 2021; 11: 1053-1064
102 .
森田浩光, 梅﨑陽二朗, 吉住潤子, 平木昭光. 口腔カンジダ症の早期発見と治療. 内科. 2021; 1: 135-141
103 .
森田浩光. 生活を支える歯科医療-地域包括ケアにおける歯科衛生士の役割-. 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2021; 11: 10-15
原著論文  (該当件数: 361 件)
1 .
谷口奈央, 中野善夫, 米田雅裕, 森田浩光, 藤本暁江, 桑田文幸, 廣藤卓雄. . . ; :
2 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 米田雅裕, 廣藤卓雄. . . ; :
3 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 樋口拓哉, 脇勇士郎, 米田雅裕, 廣藤卓雄. . . ; :
4 .
Maeda I, Hirofuji T, Hamachi T, Hara Y, Yoneda M, Iwamoto Y, Anno M. The modulation of polymorphonuclear leukocyte's function by Bacteroides  gingivalis 381.Recent  Advances in Clinical Periodontology. . 1988; : 375-378
5 .
Yoneda M, Maeda K, Aono M. Suppression of Bactericidal Activity of Human Polymorphonuclear Leukocytes by Bacteroides gingivalis . . 1990; : 406-411
6 .
Kabashima H, Maeda K, Iwamoto Y, Hirofuji T, Yoneda M, Yamasita K, Aono M. Partial characterization of an Interleukin-1-like factor in human gingival crevicular fluid from patients with chronic inflammatory periodontal disease. Infect Immun.. 1990; 58: 2621-2627
7 .
Kadowaki T, Yoneda M, Okamoto K, Maeda K, Yamamoto K. Purification and Characterization of a Novel Arginine-Specific Cysteine Proteinase (Argingipain) Involved in the Pathogenesis of Periodontal Disease from the Culture Supernatant of Porphyromonas gingivalis. . The Journal of Biological Chemistry, . 1994; 269: 21371-21378
8 .
Okamoto K, Misumi Y, Kadowaki T, Yoneda M, Yamamoto K, Ikehara Y. Structural Characterization of Argingipain, a Novel Arginine-Specific Cysteine Proteinase as a Major Periodontal Pathogenic Factor from Porphyromonas gingivalis. Archives of Biochemistry and Biophysics,. 1995; 316: 917-925
9 .
Yoneda M, Howard K. Kuramitsu. Genetic Evidence for the Relationship of Porphyromonas gingivalis Cysteine Protease and Hemagglutinin Activities. . Oral Microbiol. Immunol. . 1996; 11: 129-134
10 .
Yamamoto K, Kadowaki T, Okamoto K, Yoneda M, Nakayama K, Misumi Y, Ikehara Y. Structure and function of a novel arginine-specific cysteine proteinase (argingipain) as a major periodontal pathogenic factor from Porphyromonas gingivalis.. . 1996; : 32-42
11 .
Suzuki N, Nakano Y, Yoshida Y, Nakao H, Yamashita Y, Koga T. Genetic analysis of the gene cluster for the synthesis of serotype a-specific polysaccharide antigen in Aactinobacillus actinomycetemcomitans. Biochim Biophys Acta. 2000; 1517: 135-138
12 .
Nakano Y, Suzuki N, Yoshida Y, Nezu T, Yamashita Y, Koga T. Thymidine diphosphate-6-deoxy-L-lyxo-4-hexulose reductase synthesizing dTDP-6-deoxy-L-talose from Actinobacillus actinomycetemcomitans. J Biol Chem. 2000; 275: 6806-6812
13 .
Nakano Y, Yoshida Y, Suzuki N, Yamashita Y, Koga T. A gene cluster for the synthesis of serotype d-specific polysaccharide antigen in Actinobacillus actinomycetemcomitans. Biochim Biophys Acta. 2000; 1493: 259-263
14 .
Dewi Nurul M, Sukardi I, Yoneda M, Maeda K. Analisis antibodi IgG spesifik fimbria Porphyromonas gingivalis dengan metoda ELISA pada penderita early-onset periodontitis.. . 2000; : 506-511
15 .
Kitamura Y, Hirofuji T, Yoneda M, Maeda K. Cleavage of surface proteins on human T cells by the culture supernatant of Porphyromonas gingivalis 381. Dentistry Japan. 2000; 36: 109-112
16 .
Dewi Nurul M, Sukardi I, Yoneda M, Maeda K. Analisis antibodi IgG spesifik fimbria Porphyromonas gingivalis dengan metoda ELISA pada penderita early-onset periodontitis. Jurnal Kedokteran Gigi Universitas Indonesia. 2000; 7: 506-511
17 .
Yoneda M, Hirofuji T, Anan H, Matsumoto A, Hamachi T, Nakayama K, Maeda K. Effect of mixed infection of Porphyromonas gingivalis and Bacteroides forsythus on abscess formation in mice. J. Periodontol. 2000; 71: 1925-1926
18 .
北村憲司, 和田忠子, 岡村和彦, 高橋裕, 尾崎正雄, 山本清, 杉本幸隆, 長環, 住吉周平, 武内哲二, 阿部興紀,藤英俊,栢豪洋,青野一哉. チュートリアル方式による小グループテーマ別学習 ―福岡歯科大学における試み―. 日歯教誌. 2001; 16: 167-175
19 .
Suzuki N, Nakano Y, Yoshida Y, Ikeda D, Koga T. Identification of Actinobacillus actinomycetemcomitans serotypes by multiplex PCR. J Clin Microbiol. 2001; 39: 2002-2005
20 .
元島ふくみ, 内藤徹, 日高理智, 横田誠. 初期の実験的歯周炎罹患歯の垂直的荷重に対する変位動態. 日本歯周病学会会誌. 2001; 43: 1-10
21 .
村上慶, 渡邊諭, 田中俊憲, 岸田剛, 入佐弘介, 伊東隆利, 内藤徹, 横田誠. インプラントの上部構造接合部と歯肉辺縁の位置関係が周囲組織におよぼす影響. 日本口腔インプラント学会誌. 2001; 14: 135-139
22 .
中村太志, 内藤徹, 村岡宏祐, 横田誠. 大学病院に紹介された歯周疾患患者にみられた性格特性の偏りに関する研究. 日本歯科心身医学会雑誌. 2001; 16: 55-58
23 .
溝口真由子, 田隅志保, 中島佐代里, 内藤徹, 横田誠. SGDを採り入れた歯周病学教育-3年間を振り返って-. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2001; 17: 89-95
24 .
Kabashima H, Yoneda M, Nagata K, Hirofuji T, Ishihara Y, Yamashita M, Maeda K. The presence of chemokine receptor (CCR5, CXCR3, CCR3)-positive cells and chemokine(MCP-1, MIP-1α, MIP-1β, IP-10)-positive cells in human periapical granulomas. Cytokine. 2001; 16: 62-66
25 .
Masahiro Ma, Hirofuji T, Anan H, Ato M, Hamachi T, Nakayama K, Maeda K. Mixed infection of Porphyromonas gingivalis and Bacteroides forsythus in a murine abscess model:. . 2001; : 237-243
26 .
Kabashima H, Yoneda M, Nagata K, Hirofuji T, Ishihara Y, Yamashita M, Maeda K. The presence of chemokine receptor (CCR5, CXCR3, CCR3)-positive cells and chemokine (MCP-1, MIP-1a, MIP-1b, I-10)positive cells in human periapical granulomas.. . 2001; : 62-66
27 .
Yoneda M, Hirofuji T, Anan H, Matsumoto A, Hamachi T, Nakayama K, Maeda K. Mixed infection of Porphyromonas gingivalis and Bacteroides forsythus in a murine abscess model: Involvement of gingipains in a synergistic effect. J. Periodontal. Res. 2001; 36: 237-243
28 .
Maeda K, Anan H, Matsumoto A, Kimura R, Yoneda M, Murakawa T. Immunology and bone formation of experimentally induced periapical lesions in rats. Proceedings of the International Conference on Dentin /Pulp Complex2001. 2002; : 19-23
29 .
Suzuki N, Nakano Y, Yoshida Y, Nezu T, Terada Y, Yamashita Y, Koga T. Guanosine diphosphate-4-keto-6-deoxy-d-mannose reductase in the pathway for the synthesis of GDP-6-deoxy-d-talose in Actinobacillus actinomycetemcomitans. Eur J Biochem. 2002; 269: 5963-5971
30 .
Maeda K, Anan H, Matsumoto A, Kimura R, Yoneda M, Murakawa T. Immunobiology and bone formation of experimentally induced periapical lesions in rats. Proceedings of the International Conference on Dentin/Pulp Complex 2001 Quintessence Publishing Co., Ltd. 2002; : 19-23
31 .
Shimizu H, Kurtz KS, Yoshinaga M, Takahashi Y, Habu T. Effect of surface preparatios on the repair strength of denture base resin. Int Chin J Dent. 2002; 2: 126-133
32 .
Takahashi Y, Hisama K, Sato H, Chai J, Shimizu H, Kido H, Ukon S. Probability of failure of highly filled indirect resin veneered implant supported restorations: An in vitro study. Int J Prosthodont. 2002; 15: 179-182
33 .
田隅志保, 内藤徹, 横田誠. インプラント周囲炎におけるインプラント体の垂直滴下重に対する変位動態. 日本歯周病学会会誌. 2002; 44: 32-31
34 .
古沢真美, ジァン・ドゥーソップ, 本田純久, 内藤徹, 池田正人, 横田誠. ある食品会社におけるラテックス手袋使用に関する質問票調査. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌. 2002; 4: 21-31
35 .
Naito T. Subgingival microbiota more prevalent in smokers than in former smokers or those who have never smoked. J Evid Based Dent Pract. 2002; 2: 52-53
36 .
Naito T. Smoking may affect the subgingival microflora in periodontitis. J Evid Based Dent Pract. 2002; 2: 54-55
37 .
Naito T. Patients with hypercholesterolemia have more severe periodontal disease. J Evid Based Dent Pract. 2002; 2: 152-153
38 .
横田誠, 内藤徹. 歯周治療におけるEvidence-Based Medicine. 日本歯周病学会会誌. 2002; 44: 111-116
39 .
内藤徹, 菅義浩, 野村義明, 豊島義博, 藤木省三, 横田誠. ラバーダムの使用状況とその背景因子. 日本ヘルスケア歯科研究会誌. 2002; 4: 18-23
40 .
Naito T. Smoking increases spontaneous exposure of dental implants between surgical stages. J Evid Based Dent Pract. 2002; 2: 303-304
41 .
Yoneda M, Hirofuji T, Anan H, Matsumoto A, Hamachi T, Nakayama K, Maeda K. Mixed infection of Porphyromonas gingivalis and Bacteroides forsythus in a murine abscess model: Involvement of gingipains in a synergistic effect. J Periodontal Res. 2002; 36: 237-243
42 .
Kabashima H, Yoneda M, Nagata K, Nonaka K, Hirofuji T, Iijima T, Maeda K. The presence of cytokine (IL-8, IL-a, IL-b) producing cells in inflamed gingival tissue from a patient manifesting Papillon-Lefevere Syndrome(PLS). Cytokine. 2002; 18: 121-126
43 .
Kitamura Y, Yoneda M, Imamura T, Matono S, Aida Y, Hirofuji T, Maeda K. Gingipains in the culture supernatant of Porphyromonas gingivalis cleave CD4 and CD8 on human T cells.. . 2002; : 464-468
44 .
Maeda K, Anan H, Matsumoto A, Kimura R, Yoneda M, Murakawa T. Immunology and bone formation of experimentally induced periapical lesions in rats. Proceedings of the International Conference on Dentin . Pulp Complex 2001. 2002; : 19-23
45 .
Kabashima H, Yoneda M, Nagata K, Nonaka K, Hirofuji T, Maeda K. The presence of cytokine (IL-8, IL-1a, IL-1b)-producing cells in inflamed gingival tissue from a patient manifesting Papillon-Lefevre Syndrome (PLS).. . 2002; : 121-126
46 .
Kabashima H, Yoneda M, Nagata K, Hirofuji T, Maeda K. The presence of chemokine (MCP-1, MIP-1a, MIP-1b, IP-10, RANTES)-positive cells and chemokine receptor (CCR5, CXCR3)-positive cells in human gingival tissues.. . 2002; : 70-77
47 .
Kabashima H, Yoneda M, Nagata K, Hirofuji T, Yamashita M, Maeda K. The presence of chemokine (MCP-1, MIP-1α,MIP-1β, IP-10, RANTES)-positive cells and chemokine receptor (CCR5, CXCR3)-positive cells in inflamed human gingival tissues. Cytokine. 2002; 20: 70-77
48 .
Kitamura Y, Yoneda M, Imamura T, Matono S, Aida Y, Hirofuji T, Maeda K. Gingipains in the culture supernatant of Porphyromonas gingivalis cleave CD4 and CD8 on human T cell. J Periodont Res. 2002; 37: 464-468
49 .
Miura M, Hamachi T, Fujise O, Inoue K, Yoneda M, Maeda K. Prevalence of fim A genotypes of Porphyromonas gingivalis in aggressive periodontitis. J Periodontol. 2003; 74: 1829
50 .
前田勝正, 相田宜利, 廣藤卓雄, 阿南壽, 濱地貴文, 米田雅裕. 歯周治療学基礎実習におけるコンピューター支援による教育システムの導入. 第1回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会研究発表論文集. 2003; : 13-17
51 .
Asakawa R, Komatsuzawa H, Kawai T, Yamada S, Goncalves RB, Izumi S, Fujiwara T, Nakano Y, Suzuki N, Uchida Y. Outer membrane protein 100, a versatile virulence factor of Actinobacillus actinomycetemcomitans. Mol Microbiol. 2003; 50: 1125-1139
52 .
Yoshida A, Suzuki N, Nakano Y, Oho T, Kawada M, Koga T. Development of a 5' fluorogenic nuclease-based real-time PCR assay for quantitative detection of Actinobacillus actinomycetemcomitans and Porphyromonas gingivalis. J Clin Microbiol. 2003; 41: 863-866
53 .
Yoshida Y, Suzuki N, Nakano Y, Shibuya K, Ogawa Y, Koga T. Distribution of Actinobacillus actinomycetemcomitans serotypes and Porphyromonas gingivalis in Japanese adults. Oral Microbiol Immunol. 2003; 18: 135-139
54 .
Yoshida A, Suzuki N, Nakano Y, Kawada M, Oho T, Koga T. Development of a 5' nuclease-based real-time PCR assay for quantitative detection of cariogenic dental pathogens Streptococcus mutans and Streptococcus sobrinus. J Clin Microbiol. 2003; 41: 4438-4441
55 .
Suzuki N, Nakano Y. The production of 6-deoxy-L-talan from Actinobacillus actinomycetemcomitans via bacterial coupling in vitro. Oral Microbiol Immunol. 2003; 18: 401-404
56 .
Tanaka M, Naito T, Yokota M, Kohno M. Finite element analysis of the possible mechanism of cervical lesion formation by occlusal force. Journal of Oral Rehabilitation. 2003; 30: 60-67
57 .
Naito T. Risk predictors for longitudinal marginal bone loss and tooth loss are not yet fully explained. J Evid Based Dent Pract. 2003; 3: 96-97
58 .
Takata Y, Tominaga K, Naito T, Kurokawa H, Sonoki K, Goto D, Wakisaka M, Fukuda J, Takahashi T. Prevalences of hepatitis virus infection in dental patients with impacted teeth or jaw deformities. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2003; 96: 26-31
59 .
湯浅秀道, 浜島信之, 内藤徹, 横田誠. 歯周病と遺伝子多型に関する論文に基づくシステマチックレビュー. 日本歯周病学会会誌. 2003; 45: 150-162
60 .
安蘇恭子, 村岡宏祐, 内藤徹, 横田誠. 固定法を用いた動揺歯の早期接触検出法. 日本歯周病学会会誌. 2003; 45: 171-179
61 .
萩原正剛, 内藤徹, 日高理智, 横田誠. 歯周組織破壊と歯列の変化との関係. 日本歯周病学会会誌. 2003; 45: 180-192
62 .
Naito T. IgG antibody responses to periodontopathic organisms in HIV-positive patients may not be impaired. J Evid Based Dent Pract. 2003; 3: 154-155
63 .
中島佐代里, 内藤徹, 横田誠. 日本人学童における口唇閉鎖不全と口腔内所見との関係. 日本歯科保存学雑誌. 2003; 46: 978-986
64 .
Tou K, Tan J K, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. Development of a remote motion capture system employing a wireless LAN. Proceedings of IMAGE. 2003; : 40-43
65 .
Tou K, Tan J K, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. Development of a motion capture system based on uncalibrated cameras. Proceedings of SICE Annual Conference. 2003; : 1936-1939
66 .
Yoneda M, Hirofuji T, Motooka N, Nozoe K, Shigenaga K, Anan H, Miura M, Kabashima H, Matsumoto A, Maeda K. Humoral immune resposnse to S-layer-like proteins of Bacteroides forsythus. Clin Diag Lab Immunol. 2003; 10: 383-387
67 .
Yamaguchi I, Tou K, Tan J K, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. Generating 3-D models of human motions by motion capture. Proceedings of International Conference on Control, Automation and Systems. 2003; : 1629-1632
68 .
Yoneda M, Hirofuji T, Anan H, Hamachi T, Ishihara Y, Matsumoto A, Kabashima H, Maeda K. Antibody responses to Porphyromonas gingivalis infection in a murine abscess model -Involvement of gingipains and responses to re-infection-. J Periodont Res. 2003; 38: 551-556
69 .
Yoneda M, Hirofuji T, Motooka N, Anan H, Hamachi T, Miura M, Ishihara Y, Maeda K. Antibody responses to Porphyromonas gingivalis infection in a murine abscess model – involvement of gingipains and responses to re-infection.. . 2003; : 551-556
70 .
山口生, タンジュークイ, 石川聖二, 内藤徹, 横田誠. 遠隔カメラ群を用いた変形物体の復元. 測定自動制御学会九州支部学術講演会予稿集. 2004; : 187-188
71 .
Kawada M, Yoshida A, Suzuki N, Nakano Y, Saito T, Oho T, Koga T. Prevalence of Porphyromonas gingivalis in relation to periodontal status assessed by real-time PCR. Oral Microbiol Immunol. 2004; 19: 289-292
72 .
Suzuki N, Yoshida A, Saito T, Kawada M, Nakano Y. Quantitative microbiological study of subgingival plaque by real-time PCR shows correlation between levels of Tannerella forsythensis and Fusobacterium spp. J Clin Microbiol. 2004; 42: 2255-2257
73 .
Suzuki N, Nakano Y, Yoshida A, Yamashita Y, Kiyoura Y. Real-time TaqMan PCR for quantifying oral bacteria during biofilm formation. J Clin Microbiol. 2004; 42: 3827-3830
74 .
濱地貴文, 野田大輔, 松本明子, 阿南壽, 米田雅裕, 相田宜利, 前田勝正. 歯周治療学基礎実習へのコンピューター支援システムの導入. 第2回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会研究発表論文集. 2004; : 25-27
75 .
内藤徹, ジァンドゥーソッブ, 本田純久, 古沢真美, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 横田誠. 歯科医師における手袋の使用とラテックスアレルギーに関する質問票調査-福岡県歯科医師会健康白書調査から-. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌. 2004; 8: 77-81
76 .
Naito T, Cunha-Cruz J. Human leukocyte antigen combinations may be risk factors for periodontal disease. J Evid Based Dent Pract. 2004; 5: 43-44
77 .
岡田一三, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 内藤徹, 吉永正治、久間一宏, 山田和彦, 高橋裕、松浦正朗, 佐藤博信, 井上廣、坂上竜資, 本川渉, 本田武司. 本学附属病院における卒後臨床研修についてー院外研修に関するアンケート調査―. 福岡歯科大誌. 2004; 31: 253
78 .
Yamaguchi I, Tan J K, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. Generating a virtual human model for a mixed reality space. Proceedings of International Symposium on Artificial Life & Robotics. 2004; : 29-32
79 .
Naito T. Studies suggest alternatives to amalgam as a retrograde filling material for apicectomy. Evid Based Dent. 2004; 5: 12
80 .
Naito T. Mental illness has a significant association with chronic periodontitis. J Evid Based Dent Pract. 2004; 4: 251-252
81 .
石川昌嗣, 久間一宏, 佐藤博信, 廣藤卓雄. 学生に与える教育効果について. 第3回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会研究発表論文集. 2004; : 63-66
82 .
Yoshida A, Kawada M, Suzuki N, Nakano Y, Oho T, Saito T, Yamashita Y. TaqMan real-time polymerase chain reaction assay for the correlation of Treponema denticola numbers with the severity of periodontal disease. Oral Microbiol Immunol. 2004; 19: 196-200
83 .
米田雅裕, 本岡法子, 阿南壽, 山田和彦, 吉兼透, 今泉康一, 椛島浩明, 松本明子, 石原亮尚, 磯辺量子, 廣藤卓雄. Porphyromonas gingivalis と Tannerella forsythia によるマウス混合感染後の血清抗体価の変化. 日本歯科保存学雑誌. 2004; 47: 549-555
84 .
Kabashima H, Yoneda M, Nakamuta H, Nagata K, Isobe R, Motooka N, Maeda K. Presence of CXCR3-positive cells and IFN-g-producing cells in human periapical granulomas. J. Endo. . 2004; 30: 634-637
85 .
Chai JY, Takahashi Y, Hisama K, Shimizu H. Water Sorption and Dimensional Stability of Three Glass Fiber-Reinforced Composites. Int J Prosthodont. 2004; 17: 195-199
86 .
Kabashima H, Yoneda M, Nakamuta H, Nagata K, Isobe R, Motooka N, Maeda K. Presence OF CXCR3-Positive Cells and IFN-γ-Producing Cells in Human Periapical Granulomas. J Endod. 2004; 30: 634-637
87 .
廣藤卓雄, 久間一宏, 米田雅裕, 山田和彦, 内藤徹, 岡田一三, 吉永正治, 吉兼透, 今泉康一, 日高圭太郎. コンピューター・シミュレーション・システムのスケーリング・ルートプレーニングへの応用 ルートプレーニング実習用試作模型歯について. 第3回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会研究発表論文集. 2005; : 31-34
88 .
Uchinoumi M, Tan J K, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. A high-speed human motion recovery based on back projection. Artificial life and Robotics. 2005; GS25: 4
89 .
泉利雄, 山田和彦, 石川宏伸, 松浦洋志, 久間一宏, 山本清, 武内哲二, 小副川浩倫, 内藤徹, 岡田一三, 吉永正治、廣藤卓雄. 抜歯・歯髄処置の疼痛に対するアセトアミノフェン(カロナール)の鎮痛効果. 歯界展望. 2005; 105: 641-645
90 .
Suzuki N, Seki M, Nakano Y, Kiyoura Y, Maeno M, Yamashita Y. Discrimination of Streptococcus pneumoniae from viridans group Streptococci by genomic subtractive hybridization. J Clin Microbiol. 2005; 43: 4528-4534
91 .
吉兼透, 米田雅裕, 山田和彦, 久間一宏, 内藤徹, 岡田一三, 吉永正治, 日高圭太郎, 今泉康一, 廣藤卓雄. Tannerella forsythia によるPorphyromonas gingivalis の増殖促進効果について. 福岡歯科大誌. 2005; 31: 232
92 .
Nagashima S, Yoshida A, Suzuki N, Ansai T, Takehara N. Use of the genomic subtractive hybridization technique for the quantitative detection of oral Prevotella spp. assessed using real-time PCR. J. Clin Microbiol. 2005; 43: 2948-2951
93 .
Naito T. Better success rate for root canal therapy when treatment includes obturation short of the apex. Evid Based Dent. 2005; 6: 45
94 .
Naito T. Immediate loading of dental implants in selected cases may provide similar success rates as compared with delayed loading. J Evid Based Dent Pract. 2005; 5: 213
95 .
Miyaki K, Hara A, Naito M, Naito T, Nakayama T. Two new criteria of the Metabolic Syndrome: Prevalence and the Association with Brachial-Ankle Pulse Wave Velocity in Japanese Male Workers. J Occup Health. 2005; 47: 134-140
96 .
若井建志, 川村孝, 内藤真理子, 内藤徹, 小島正彰, 中垣晴男. 歯科医師を対象とした歯と全身の健康、栄養との関連に関するコホート研究―歯科医師自身からのエビデンス発信をめざして―. 日本歯科医師会雑誌. 2005; 58: 17
97 .
伊藤中, 内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄. う蝕・歯周病のプロセスに対する治療的介入としてのリスクアセスメント. the Quintessence. 2005; 24: 39-58
98 .
Yoneda M, Yoshikane T, Motooka N, Yamada K, Hisama K, Naito T, Okada I, Yoshinaga M, Hidaka K, Imaizumi K, Maeda K,Hirofuji T. Stimulation of growth of Porphyromonas gingivalis by cell extracts from Tannerella forsythia. J Periodont Res. 2005; 40: 105-109
99 .
Tan J K, Yamaguchi I, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. Human motion recovery by mobile stereoscopic cameras. Artificial Life&Robotics.CD-ROM GS25-4. 2005; GS25: 4
100 .
Yoneda M, Motooka N, Naito T, Maeda K, Hirofuji T. Resolution of furcation bone loss after non-surgical root canal treatment: application of a peptidase-detection kit for treatment of type I endoperiodontal lesion. J Oral Sci. 2005; 47: 143-147
101 .
Yoneda M, Yoshikane T, Motooka N, Yamada K, Hisama K, Naito T, Okada I, Yoshinaga M, Hida Kka. Stimulation of growth of Porphyromonas gingivalis by cell extracts from Tannerella forsythia.. J. Periodontal Res. 40. 2005; : 105-109
102 .
羽生真也. マウス成熟過程における下顎骨および大腿骨骨髄でのマトリックスメタロプロテアーゼとメタロプロテアーゼ組織インヒビターの遺伝子発現パターン. 福岡歯科大学学会雑誌. 2005; 31: 121-129
103 .
Chai JY, Takahashi Y, Hisama K, Shimizu H. Effect of Water Storage on the Flexural Properties of Three Glass Fiber-Reinforced Composites. Int J Prosthodont. 2005; 18: 28-33
104 .
島田達雄, 毛利環, 内藤徹, 朝日藤寿一, 星隆夫, 森田修一, 斎藤功, 花田晃治, 平下斐雄. 歯科矯正学卒後研修カリキュラムにおけるEBM関連教育の実施状況. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2006; 22: 96-101
105 .
Miyaki K, Masaki K, Naito M, Naito T, Hoshi K, Tohyama S, Hara A, Nakayama T. Periodontal disease and atherosclerosis from the viewpoint of the relationship between community periodontal index of treatment needs and branchial-ankle pulse wave velocity. BMC Public health. 2006; 6: 131-149
106 .
Tan JK, Yamaguchi I, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. 3-D recovery of human motion recovery by mobile stereo cameras. Artificial Life & Robotics. 2006; 10: 64-68
107 .
Naito T, Yoneda M, Hirofuji T. Why are secondary information sources important in evidence-based dental practice. Bull Kanagawa Dent Coll. 2006; 34: 31-33
108 .
Uchinoumi M, Tan JK, Ishikawa S, Naito T, Yokota M. High-speed human motion recovery employing back projection. Artificial Life & Robotics. 2006; 10: 112-115
109 .
Sonoki K, Nakashima S, Takata Y, Naito T, Fujisawa K, Ootsubo T, Wakisaka M, Iwase M, Iida M, Yokota M. Decreased lipid peroxidation following periodontal therapy in type 2 diabetic patients. J Periodontol. 2006; 77: 1907-1913
110 .
Suzuki N, Yuyama M, Maeda S, Ogawa H, Mashiko K, Kiyoura Y. Genotypic identification of presumptive Streptococcus pneumoniae by polymerase chain reaction (PCR) using four genes highly specific for S. pneumoniae. J Med Microbiol. 2006; 55: 709-714
111 .
Suzuki N, Nakano Y, Kiyoura Y. Characterizing the specific coaggregation between Actinobacillus actinomycetemcomitans serotype c strains and Porphyromonas gingivalis ATCC 33277. Oral Microbiol Immunol. 2006; 21: 385-391
112 .
Matsuzaki E, Takahashi-Yanaga F, Miwa Y, Hirata M, Watanabe Y, Sato N, Morimoto S, Hirofuji T, Maeda K, Sasaguri T. Differentiation-inducing factor-1 alters canonical Wnt signaling and suppresses alkaline phosphatase expression in osteoblast-like cell lines. J Bone Miner Res. 2006; 21: 1307-1316
113 .
米田雅裕, 久間一宏, 内藤徹, 山田和彦, 廣藤卓雄. 歯科医療管理学講義における授業法改善の試み. 福岡歯科大学学会誌. 2006; 32: 105-110
114 .
Naito T. Vertical alveolar bone loss is more prevalent among smokers. J Evid Based Dent Pract. 2006; 6: 232-233
115 .
Toru Naito, Yoneda M, Hirofuji T. Why are secondary information sources important in evidence-based dental practice? . Bulletin of Kanagawa Dental College. 34(1). 2006; : 31-33
116 .
Shimizu H, Hisama K, Kurtz KS, Takahashi Y, Sato H. Failure probability of implant-supported restorations using highly filled all-composite crowns. Quintessence Int. 2007; 38: e374-378
117 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 誤嚥性肺炎に関連する口腔細菌叢の多様性解析. 8020推進財団. 2007; 平成18年度8020公募研究事業研究報告書: 83-89
118 .
Ishihara Y, Anan H, Yoneda M, Maeda K, Hirofuji T. Susceptibility of type 2 diabetic mice to low-virulence bacterial infection - Induction of abscess formation by gingipain-deficient Porphyromonas gingivalis. J Periodontal Res. 2007; 42: 253-258
119 .
Naito M, Miyaki K, Naito T, Zhang L, Hoshi K, Hara A, Masaki K, Tohyama S, Muramatsu M, Hamajima N, Nakayama T. Association between vitamin D receptor gene haplotypes and chronic periodontitis among Japanese men. Int J Med Sci. 2007; 4: 216-222
120 .
鈴木奈央, 阿部行洋, 清浦有祐. 食道癌術後肺炎への歯周病細菌の関わりと口腔ケア. 8020推進財団. 2007; 6: 108-109
121 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 口臭と生活習慣の関連についての検討 ~口臭に対する飲酒習慣の影響について~. 歯科衛生士. 2007; 31: 71-73
122 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Iwamoto T, Masuo Y, Yamada K, Hisama K, Okada I, Hirofuji T. Detection of Helicobacter pylori DNA in the saliva of patients complaining of halitosis. J Med Microbiol. 2008; 57: 1553-1559
123 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 岩元知之, 廣藤卓雄. 問診票を用いた各種口臭症患者の特性についての解析. 口腔衛生学会雑誌. 2008; 第58巻: 2-8
124 .
Naito T. Single or multiple visits for endodontic treatment?. Evid Based Dent. 2008; 9: 24
125 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 誤嚥性肺炎に関連する口腔内細菌について. 8020. 2008; 7: 106-107
126 .
内藤徹. 歯科治療はQOLの維持に貢献しているか?. 日本ヘルスケア歯科研究会誌. 2008; 10: 39-43
127 .
Anan H, Matsuura H, Yoneda M, Matsuya S, Izumi T, Yamada K, Hirofuji T, Matsumoto N, Eida T, Fukushima A, Shigeyama C. Expression of TGF-β1 during the healing process of rat periapical lesions. 福岡歯科大学学会雑誌. 2008; 34: 133-146
128 .
Makino M, Masaki C, Tomoeda K, Takenaka M, Kojo T, Murakami S, Hosokawa R. Circadian Variations of Salivary Stress Marker(Chromogranin A). Prosthodont Res Pract. 2008; 7: 189-191
129 .
峰真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 岡田一三, 内田初美, 吉兼透, 島野裕一, 岩元知之, 廣藤卓雄. モチベーションに配慮しながら真性口臭症の治療を行った症例ー口臭治療における歯科衛生士の役割ー. 日本歯周病学会会誌. 2008; 50: 50-57
130 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Iwamoto T, Hirofuji T. Relationship between halitosis and psychologic status.. Oral Surg Oral Med Oral pathol Oral Radiol Endod . 2008; 106: 542-547
131 .
Kitamura M, Nakashima K, Kowashi Y, Fujii T, Shimauchi H, Sasano T, Furuuchi T, Fukuda M, Noguchi T, Shibutani T, Hirofuji T. Periodontal tissue regeneration using fibroblast growth factor-2: randomized controlled phase II clinical trial.. PLoS ONE. 2008 ; 3: e2611
132 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Iwamoto T, Yamada K, Hisama K, Okada I, Hirofuji T. The relationship between alcohol consumption habit and oral malodor.. Int Dent J. 2008; 59: 31-34
133 .
Naito T. Postoperative sensitivity in posterior composite restorations is relevant in Class II cavities. Journal of Evidence-Based Dental Practice. 2008; 8: 225-226
134 .
米田雅裕. 歯の健康ー歯周治療の流れ. 厚生労働省e-ヘルスネット. 2009; :
135 .
米田雅裕, 泉利雄, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 岩元知之, 桝尾陽介, 小島寛, 阿南壽, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における針刺し・切創等の分析および対策の検討. 日歯保存誌. 2009; 52: 168-175
136 .
Wakai K, Naito M, Naito T, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. Longitudinal Evaluation of Multi-phasic, Odontological and Nutritional Associations in Dentists (LEMONADE Study): study design and profile of nationwide cohort participants at baseline. . J Epidemiol . 2009; 19: 72-80
137 .
米田雅裕, 泉利雄, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 岩元知之, 桝尾陽介, 小島寛, 阿南壽, 廣藤卓雄. 福岡歯大学医科歯科総合病院における針刺し・切創等の分析および対策の検討. 日本歯科保存学会誌. 2009; 52: 168-175
138 .
Wakai K, Naito M, Naito T, Kojima M, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. Tooth loss and intakes of nutrients and foods: a nationwide survey of Japanese dentists. Community Dent Oral Epidemiol. 2009; 38 : 43-49
139 .
Makino M, Masaki C, Tomoeda K, Kharouf E, Nakamoto T, Hosokawa R. The relationship between sleep bruxism behavior and salivary stress biomarker level.. Int J Prosthodont.. 2009; 22: 43-48
140 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Iwamoto T, Yamada K, Okada I, Hirohuji T. The Relationship between alcohol consumption and oral malodor. Int Dent J.. 2009; 59: 31-34
141 .
岩元知之, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 渡辺猛, 桝尾陽介, 山田和彦, 岡田一三, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 口腔保健イベント来場者に対するアンケート調査ー口臭および口腔衛生についての意識ー. 福岡歯科大学学会雑誌. 2009; 35: 77-82
142 .
Yoneda M, Suzuki N, Naito T, S.M Maccedo, Watanabe T, Iwamoto T, Masuo Y, Yamada K, Okada I, Fujimoto A, Hirohuji T. Questionnaire survey on the people who are concerned about oral health -knowledge and consciousness of breath odor- . J.Fukuoka Dent.Coll. 2009; 35: 69-76
143 .
Yoneda M, Uchida H, Suzuki N, Mine M, Iwamoto T, Masuo Y, Naito T, Hatano Y, Hirofuji T. A Case Report of Tooth Wear Associated with a Patient's Inappropriate Efforts to Reduce Oral Malodor Caused by Endodontic Lesion. . Int J Dent.. 2009; : In press
144 .
廣藤卓雄. 高齢者・障害者の口腔管理の重要性と誤嚥性肺炎. 歯誠会会誌. 2009; 7: 印刷中
145 .
Naito T, Miyaki K, Naito M, Yoneda M, Suzuki N, Hirofuji T, Nakayana T. Parental Smoking and Smoking Status of Japanese Dental Hygiene Students:A Pilot Survey at a Dental Hygiene School in Japan. Int J Environ Res Public Health . 2009; 6: 321-328
146 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 畑野優子, 廣藤卓雄. 歯学部学生の口臭に対する意識調査. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2010; 26: 212-217
147 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 畑野優子, 廣藤卓雄. 歯学部学生の口臭治療に対する意識調査. 日歯教誌. 2010; 26: 212-216
148 .
Yoneda M, Masuo Y, Suzuki N, Iwamoto T, Hirofuji T. Relationship between the β-galactosidase activity in saliva and parameters associated with oral malodor. . J. Breath Res . 2010; 4: 017108
149 .
Takeshita T, Suzuki N, Nakano Y, Yoneda M, Hirofuji T, Yamasita Y. Relationship between oral malodor and the global composition of indigenous bacterial populations in saliva.. Appl Environ Microbiol.. 2010; 76: 2806-2814
150 .
Yoneda M, Kita S, Suzuki N, Macedo SM, Iha K, Hirofuji T. Application of a chairside anaerobic culture test for endodontic treatment.. Int J Dent. . 2010; : Epub
151 .
Kimura K, Fukase Y, Makino M, Masaki C, Nakamoto T, Hosokawa R. Preoperative assessment of treatment planning on minimization of micro-movement during healing period of immediate-loaded implants using X-ray CT data-based simulation.. Journal of Oral Implantology. 2010; :
152 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川渉, 松浦正朗, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学における臨床研修歯科医の針刺し・切創防止についての意識調査. 日歯教誌. 2010; 26: 206-210
153 .
Naito T, Naito M, Miyaki K, Sugiyama S, Fujiki S, Habu S, Yoneda M, Suzuki N, Hirofuji T, Nakayama T. Oral Health on the Quality of Life if Dental Patients.. J.Fukuoka Dent.. 2010; 36: 139-147
154 .
Iwamoto T, Suzuki N, Tanabe K, Takeshita T, Hirofuji T. Effects of probiotic Lactobacillus salivarius WB21 on halitosis and oral health: an open-label pilot trial. . Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. . 2010; 110 : 201-208
155 .
羽生真也, 武内哲二, 日高圭太郎, 山本清, 内藤徹, 廣藤卓雄. 高齢者福祉グループにおける口腔ケアに関する調査. . 2010; :
156 .
Yoneda M, Masuo Y, Suzuki N, Iwamoto T, Hirofuji T. Relationship between the β-galactosidase activity in saliva and parameters associated with oral malodor. . J Breath Res. . 2010; 4: Epub
157 .
Yoneda M, Kita S, Suzuki N, Macedo SM, Iha K, Hirofuji T. Application of a chairside anaerobic culture test for endodontic treatment. . Int J Dent. . 2010; : Article ID 942130
158 .
Fujimoto A, Akifusa S, Kamio N, Hirofuji T, Nonaka K, Yamashita Y. Involvement of mTOR in globular adiponectin-induced generation of reactive oxygen species. . Free Radic Res.. 2010; 44: 128-134
159 .
今村英夫, 内藤徹. 意外と恐ろしいラテックスアレルギー ~歯科衛生士として知っておきたい知識~. DH style. 2011; 5: 84-87
160 .
Yoneda M, Suzuki N, Macedo SM, Anan H, Hirofuji T. Confusing Endodontic Cases; Case Series Report. . Smile Dental Journal. 2011; 6: 26-31
161 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Inamitsu T, Yamada K, Okada I, Hatano Y, Iwamoto T, Masuo Y, Fujimoto A, Hirofuji T. Association between oral malodour and psychological characteristics in subjects with neurotic tendencies complaining of halitosis.. Int Dent J.. 2011; 61: 57-62
162 .
Suzuki N, Yoneda M, Hatano Y, Iwamoto T, Masuo Y, Hirofuji T. Enterococcus faecium WB2000 Inhibits Biofilm Formation by Oral Cariogenic Streptococci.. Int J Dent.. 2011; 2011: doi:10.1155/2011/834151
163 .
笹本実, 鈴木奈央, 渡辺猛, 力丸哲也, 鬼塚得也, 永井淳, 森智昌, 加藤熈 , 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル)のメルカプトエタノールに対するin vitro での消臭効果について. 日歯保存誌. 2011; 54: 97-102
164 .
Murashima Y, Masaki C, Makino M, Kojo T, Nakamoto T, Hosokawa R. The Tumor Necrosis Factor-Alpha Gene-857 Single-Nucleotide Polymorphism Associated with Early Implant Failure in Asian Patients. International Journal of Oral Implantology and Clinical Research. 2011; 2: 1-6
165 .
若井建志, 内藤真理子, 川村孝, 内藤徹, 小島正彰, 中垣晴男, 梅村長生, 花田信弘. 歯科医師を対象とした歯と全身の健康、栄養との関連に関する研究. 財団法人8020推進財団会誌. 2011; 8020: 96-98
166 .
松尾忠行, 松本亜矢子, 内藤徹, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 若年女性における口臭の自覚に関連する因子の検討. 日本口臭学会会誌. 2011; 2: 25-31
167 .
Fujimoto A, Akifusa S, Hirofuji T, Yamashita Y. Involvement of suppressor of cytokine signaling-1 in globular adiponectin-induced granulocyte colony-stimulating factor in RAW 264 cell.. Mol Immunol.. 2011; 48: 2052-2058
168 .
Kitamura M, Akamatsu M, Machigashira M, Hara Y, Sakagami R, Hirofuji T, Hamachi T, Maeda K, Yokota M, Kido J, Nagata T, Kurihara H, Takashiba S, Sibutani T, Fukuda M, Noguchi T, Yamazaki K, Yoshie H, Ioroi K, Arai T, Nakagawa T, Ito K, Oda S, Izumi Y, Ogata Y, Yamada S, Shimauchi H, Kunimatsu K, Kawanami M, Fujii T, Furuichi Y, Furuuchi T, Sasano T, Imai E, Omae M, Yamada S, Watanuki M, Murakami S. FGF-2 stimulates periodontal regeneration: results of a multi-center randomized clinical trial.. J Dent Res.. 2011; 90: 35-40
169 .
Tomoeda K, Makino M, Masaki C, Moritsuchi Y, Tsuda T, Nakamoto T, Hosokawa R. Sleep bruxism needs deep sleep stages and seems to reduce psychological stress. International Journal of Stomatology & Occlusion Medicine. 2011; 4: 54-58
170 .
Kimura K, Fukase Y, Makino M, Masaki C, Nakamoto T, Hosokawa R. Three-dimensional finite element analysis of fixed complete-arch prostheses supported by 4 immediate-loaded implants in the completely edentulous maxilla using clinical computerized tomography data.. J Oral Implantol.. 2011; 37: 96-105
171 .
Taniguchi R, Masaki C, Murashima Y, Makino M, Kojo T, Nakamoto T, Hosokawa R. DNA amplification using phi29 DNA polymerase validates gene polymorphism analysis from buccal mucosa samples.. J Prosthodont Res.. 2011; 55: 165-170
172 .
村上貴也, 正木千尋, 高橋英敬, 牧野路子, 中本哲自, 細川隆司. 末梢型ベンゾジアゼピン受容体(PBR)遺伝子多型と睡眠時ブラキシズムの関連について. 九州歯科学会雑誌. 2011; 65: 35
173 .
蔵田和史, 鈴木奈央, 笹本実, 加治木聡, 権藤加那子, 鬼塚得也, 森智昌, 永井淳, 加藤熈, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)の口臭抑制効果について. 日本歯科保存学雑誌. 2011; 54: 406-412
174 .
米田雅裕, 松浦尚志, 坂上竜資, 岡部幸司, 高橋裕, 北村憲司. 第1回ブリティッシュコロンビア大学研修旅行の概要およびその教育効果について. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 第37巻: 101-109
175 .
笹本実, 鈴木奈央, 渡辺猛, 力丸哲也, 鬼塚得也, 永井淳, 森智昌, 加藤熙, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果について. 日歯保存誌. 2011; 54: 97~102
176 .
Wakai K, Naito M, Naito T, Kojima M, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. Tooth loss and risk of hip fracture: a prospective study of male Japanese dentists. Community dentistry and oral epidemiology. 2012; : doi:10.1111
177 .
Takeshita T, Suzuki N, Nakano Y, Yasui M, Yoneda M, Shimazaki Y, Hirofuji T, Yamashita Y. Discrimination of the oral microbiota associated with high hydrogen sulfide and methyl mercaptan production. Sci Rep. 2012; 2: doi:10.1038/srep00215
178 .
Masuo Y, Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Hirofuji T. Salivary β-galactosidase activity affects physiological oral malodour.. Arch Oral Biol.. 2012; 57: 87-93
179 .
Yoneda M, Kasio N, Uchida H, Suzuki N, Matuura M, Naito T, Koga C, Yasukouchi H, Matuura M, Hirofuji T. Awareness among Deatal Hygienists with Regard to Treatmento Options for Halitosis. International Journal Of Clinical Preventive Dentistry. 2012; 8: 173
180 .
Suzuki N, Tanabe K, Takeshita T, Yoneda M, Iwamoto T, Oshiro S, Yamashita Y, Hirofuji T. Effects of oil drops containing Lactobacillus salivarius WB21 on periodontal health and oral microbiota producing volatile sulfur compounds . J Breath Res. 2012; 6: 017106
181 .
内藤徹, 大星博明, 小島寛, 牧野路子, 米田雅裕, 敦賀英知. 歯学部における隣接医学教育の重要性に関するWeb調査. 日本歯科医学教育学会誌. 2012; 28: 12-17
182 .
畑野裕子, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓夫. 乳酸菌配合歯摩剤(アマンビーズ)の口腔衛生改善効果についての臨床研究 . 日歯保存誌. 2012; 55: 219-226
183 .
内藤徹, 湯浅秀道, 牧野路子. 糖尿病と歯周病の関係. 歯科衛生士. 2012; 36: 58-59
184 .
湯浅秀道, 内藤徹, 牧野路子. 智歯抜歯と神経麻痺の発生. 歯科衛生士. 2012; 36: 62-63
185 .
牧野路子, 内藤徹, 湯浅秀道. インプラント治療の術式の違いによる生存率. 歯科衛生士. 2012; 36: 60-61
186 .
内藤徹, 湯浅秀道, 牧野路子. 子どものう蝕予防は妊娠期から. 歯科衛生士. 2012; 36: 60-61
187 .
湯浅秀道, 内藤徹, 牧野路子. 歯の接触の癖による顎関節症への影響. 歯科衛生士. 2012; 36: 58-59
188 .
牧野路子, 内藤徹, 湯浅秀道. 口腔ケアで誤嚥性肺炎は予防できるか?. 歯科衛生士. 2012; 36: 72-73
189 .
湯浅秀道, 内藤徹, 牧野路子. 第三大臼歯による下顎前歯叢生への影響. 歯科衛生士. 2012; 36: 72-73
190 .
Yoneda M, Suzuki N, Masuo Y, Fujimoto A, Iha K, Yamada K, Iwamoto T, Hirofuji T. Effect of S-PRG Eluate on Biofilm Formation and Enzyme Activity of Oral Bacteria.. International Journal of Dentistry. 2012; : Epub
191 .
内藤徹, 湯浅秀道, 牧野路子. 音楽は治療時の不安を和らげるか?. 歯科衛生士. 2012; 36: 78-79
192 .
牧野路子, 内藤徹, 湯浅秀道. 歯の欠損は認知症に関係があるのか?. 歯科衛生士. 2012; 36: 82-83
193 .
内藤徹, 湯浅秀道, 牧野路子. うがいでかぜは予防できるのか?. 歯科衛生士. 2012; 36: 72-73
194 .
湯浅秀道, 内藤徹, 牧野路子. う蝕は進行が止まればよい. 歯科衛生士. 2012; 36: 72-73
195 .
牧野路子, 内藤徹, 湯浅秀道. がん患者さんへの口腔管理の大切さ. 歯科衛生士. 2012; 36: 62-63
196 .
藤木省三, 野村朱美, 原田郁子, 篠原千恵, 小坂結香, 内藤徹, 野口哲司, 牧野路子, 内藤真理子. メインテナンス期の歯の喪失に影響を与える因子の解析ーメインテナンス群と非メインテナンス群におけるリスク因子の比較. 日本ヘルスケア歯科学会誌. 2012; 13: 6-13
197 .
Watanabe T, Hanioka T, Yamamoto M, Haresaku S, Shimada K, Naito T. Association between perception of dentist oversupply and expectations of dentistry: a survey of dental graduates in Japan.. International Dental Journal. 2013; 63: 137-144
198 .
Wakai K, Naito M, Naito T, Kojima M, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. Tooth loss and risk of hip fracture: a prospective study of male Japanese dentists.. Community Dentistry and Oral Epidemiology. 2013; 41: 48-54
199 .
Takahashi H, Masaki C, Makino M, Yoshida M, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Hosokawa R. Management of sleep-time masticatory muscle activity using stabilisation splints affects psychological stress.. Journal of Oral Rehabilitation. 2013; 40: 892-899
200 .
Seno K, Ohno J, Ota N, Hirofuji T, Taniguchi K. Lupus-like oral mucosal lesions in mercury-induced autoimmune response in brown norway rats.. BMC Immunology. 2013; 14: 47
201 .
Iha K, Suzuki N, Yoneda M, Takeshita T, Hirofuji T. Effect of mouth cleaning with hinokitiol-containing gel on oral malodor: a randomized, open-label pilot study.. Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, . 2013; 116: 433-439
202 .
大野知子, 内藤徹, 阿南壽, 佐藤博信. 非接触型歯科用分光光度計を用いた漂白効果と後戻りの評価. 日歯保存誌. 2013; 56: 69-77
203 .
Matsuzaki E, Hiratsuka S, Hamachi T, Takahashi-Yanaga F, Hashimoto Y, Higashi K, Kobayashi M, Hirofuji T, Hirata M, Maeda K. Sphingosine-1-phosphate promotes the nuclear translocation of β-catenin and thereby induces osteoprotegerin gene expression in osteoblast-like cell lines.. Bone. 2013; 55: 315-324
204 .
谷口奈央, 内藤徹. 妊婦さんにこれだけは伝えたいトーク集. 歯科衛生士. 2013; 37: 59-62
205 .
米田雅裕, 畑野優子, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 学生によるシナリオ作成を導入した医療面接実習. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2013; 29: 32-38
206 .
石井綾子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄, 井上勇介. 福岡医療短期大学歯科衛生学科臨床実習性の医療安全についての意識調査. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2013; 29: 122-127
207 .
Suzuki N, Yoneda M, Tanabe K, Fujimoto A, Iha K, Seno K, Yamada K, Iwamoto T, Masuo Y, Hirofuji T. Lactobacillus salivarius WB21-containing tablets for the treatment of oral malodor: a double-blind, randomized, placebo-controlled crossover trial.. Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology. 2014; 117: 462-470
208 .
Murakami T, Masaki C, Makino M, Mikaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Hosikawa R. Sleep bruxism is affected by peripheral benzodiazepine receptor gene polymorphisms. international journal of stomatology & occlusion medicine. 2014; : 10.1007/s12548-013-0101-z
209 .
大家知子, 古賀千尋, 青木将虎, 中山敬介, 菅亜里沙, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 内藤徹, 池邊哲郎. 初診時顎関節症と診断した群発性頭痛の1例. 日本歯科心身医学会誌. 2014; 29: 75-78
210 .
Matsuura T, Sasaki M, Katafuchi M, Tokutomi K, Mizumachi E, Makino M, Naito T, Sato H. Characterization of the bone matrix and its contribution to tooth loss in human cadaveric mandibles.. Acta Odontologica Scandinavica. 2014; 72: 753-761
211 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. 歯学部生の介護保険施設実習前後の高齢者に対する印象の変化について. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2014; : 27-33
212 .
加藤智崇, 牧野路子, 杉山精一, 豊島義博, 南郷栄秀, 内藤徹. 一般歯科医院における長期メインテナンス患者分析. 日本ヘルスケア歯科学会誌. 2014; 14: 18-24
213 .
瀧内博也, 牧野路子, 内藤徹. 要介護高齢者への医療に対応するための口腔医学教育の試み. ヘルスサイエンス・ヘルスケア. 2014; 14: 54-61
214 .
谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 新・臨床に役立つすぐれモノ, 口腔ケア用ジェル リフレケアH. Dental Diamond, 11月号. 2014; : 146頁〜149頁
215 .
瀧内博也. 現在歯数と体重増加・肥満の発生の関連 -企業歯科検診受診者を対象とした前向きコホート研究. 岡山歯学会雑誌. 2014; 33: 1-11
216 .
原賀真理子, 米田雅裕, 菅亜里沙, 横上智, 藤本暁江, 石井綾子, 古賀千尋. 新規開設された福岡歯科大学口腔医療センターについて -概要および初診患者分析ー. 日歯医療管理誌. 2014; 49: 58-63
217 .
加藤智崇, 杉山精一, 牧野路子, 内藤徹. 長期メインテナンス受診患者における患者背景の質的解析. 日本歯科保存学雑誌. 2014; 57: 268-275
218 .
Suzuki N, Yoneda M, Tanabe K, Fujimoto A, Iha K, Seno K, Yamada K, Iwamoto T, Masuo Y, Hirofuji T. Lactobacillus salivarius WB21-containing tablets for the treatment of oral malodor: a double-blind, randomized, placebo-controlled crossover trial--reply to letter. . Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology. 2014; 118: 506
219 .
Suzuki N, Yoneda M, Haruna K, Masuo Y, Nishihara T, Nakanishi K, Yamada K, Fujimoto A, Hirofuji T. Effects of S-PRG eluate on oral biofilm and oral malodor. . Archives of Oral Biology. 2014; 59: 407-413
220 .
Ota N, Ohno J, Seno K, Taniguchi K, Ozeki S. In vitro and in vivo expression of aldehyde dehydrogenase 1 in oral squamous cell carcinoma.. International Journal of Oncology. 2014; 44: 435-442
221 .
Nakano Y, Takeshita T, Kamio N, Shiota S, Shibata Y, Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T, Yamashita Y. Supervised machine learning-based classification of oral malodor based on the microbiota in saliva samples. . Artificial Intelligence in Medicine . 2014; 60: 97-101
222 .
Hanada H, Ohno J, Seno K, Oota N, Taniguchi K. Dynamic changes in cell-surface expression of mannose in the oral epithelium during the development of graft-versus-host disease of the oral mucosa in rats.. BMC Oral Health. 2014; 14: 5
223 .
Koga C, Yoneda M, Nakayama K, Yokoue S, Haraga M, Oie T, Suga A, Okada F, Matsuura H, Tsue F, Suzuki N, Hirofuji T. The detection of Candida species in patients with halitosis. International Journal of Dentistry. 2014; : doi:10.1155/2014/857647
224 .
Ono T, Naito T, Makino M, Sato H. A color analysis of smokers melanosis using a non-contact type dental spectrophotometer. Journal of Oral Hygiene & Health. 2014; 2: 160-164
225 .
仲西宏介, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田潤一, 廣藤卓雄. 口臭除去を効能とする口腔咽喉薬(トローチ剤)の臨床的評価. 日歯保存誌. 2014; 57: 293-300
226 .
瀧内博也, 内藤徹. 要介護高齢者の口腔ケアの重要性. 臨床と研究. 2014; 91: 36-41
227 .
Nishihara T, Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T. Effects of Lactobacillus salivarius-containing tablets on caries risk factors: a randomized open-label clinical trial.. BMC Oral Health. 2014; 14: 110
228 .
Ono T, Naito T, Makino M, Sato H. A color analysis of smoker’s melanosis using a non-contact type dental spectrophotometer.. Oral Hygiene & Health. 2014; 2: doi:10.4172/2332-0702.1000160
229 .
Yoneda M, Yamada M, Suzuki N, Uemura R, Fujimoto A, Masuo Y, Fukuchi H, Morita H, Yamada K, Matsuo T, Ishii A. Halitosis patients at a newly established satellite dental hospital:Analysis of patients and the role of dental hygienists.. International Journal of Clinical Preventive Dentistry.. 2015; 11: 7-14
230 .
都築尊, 香川豊宏, 佐藤博信, 阿南壽, 桝尾陽介, 湯浅賢治, 高橋裕, 北村憲司. 福岡歯科大学における診療参加型臨床実習を基盤とした学生評価システムの導入. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2015; 31: 18-27
231 .
Nakada T, Katou T, Numabe Y. Effects of fatigue from sleep deprivation on experimental periodontitis in rats.. Journal of Periodontal Research. 2015; 50: 131-137
232 .
森田浩光, 山口真広, 藤本暁江, 縄田和歌子, 湯川成美, 牧野路子, 加藤智崇, 瀧内博也, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 歯科診療部門をもたない地域密着型急性期病院への訪問歯科介入の調査報告. 老年歯科医学. 2015; 30: 337-342
233 .
内藤徹. 歯科領域におけるラテックスアレルギー. 日本ラテックスアレルギー研究会会誌. 2015; 19: 55-59
234 .
S.Haresaku, J.Mariño, Naito T, M.V.Morgan. The opinions and attitudes of dental school academic staff towards oral healthcare education for older adults.. European Journal of Dental Education. 2015; : doi: 10.1111/eje.12157
235 .
Yoneda M, Yamada M, Suzuki N, IShii A, Fujimoto A, Masuo Y, Fukuchi H, Morita H, Yamada K, Matsuo T, Uemura R, Koga C, Hirofuji T . Halitosis patients at a newly established satellite dental hospital: Analysis of patients and the role of dental hygienists . International Journal of Clinical Preventive Dentistry. 2015; 11: 7-14
236 .
Yoneda M, Suzuki N, Fujimoto A, Masuo Y, Yamada K, Morita H, Koga C, Hirofuji T. Acceptance to receive dental treatment performed by students: Comparison of two dental hospitals of Fukuoka Dental College. International Journal of Clinical Preventive Dentistry. 2015; 11: 62-72
237 .
Kato T, Takiuchi H, Yamaguchi M, Naito T. Ca-channel blocker-induced gingival overgrowth that improved with non-surgical therapy during visiting care: a case report.. Gerodontology. 2015; 32: 318-320
238 .
Yoneda M, Suzuki N, Morita H, Hirofuji T. Oral bacteria and bowel diseases - Mini review. Journal of Gastrointestinal & Digestive System. 2016; : doi: 10.4172/2161-069X.1000404
239 .
森田浩光, 多々隈寛美, 山口真広, 藤本暁江, 脇勇士郎, 桝尾陽介, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における医科入院患者への医科歯科連携システムの構築と開始後1年間の調査報告.. 総合歯科学雑誌. 2016; : 48-54
240 .
Suzuki N, Higuchi T, Nakajima M, Fujimoto A, Morita H, Yoneda M, Hanioka T, Hirofuji T. Inhibitory effect of enterococcus faecium WB2000 on volatile sulfur compound production by porphyromonas gingivalis.. International Journal of Dentistry. 2016; : DOI:10.1155/2016/8241681
241 .
Inoue E, Yoneda M, Suzuki N, Matsuo T, Ishii A, Haraga M, Hirahashi K, Morita H, koga C, Inoue Y, Yasukouchi H, Hirofuji T. Awareness and knowledge of halitosis: Comparison of two grades of dental hygienist students. Journal of Oral Hygiene & Health. 2016; 4: DOI:10.4172/2332-0702.1000211
242 .
Noguchi S, Makino M, Haresaku S, Shimada K, Naito T. Insomnia and depression impair oral health-related quality of life in the old-old.. Geriatrics and Gerontology International. 2016; : DOI: 10.1111/ggi.12816
243 .
Yoshimoto S, Morita H, Matsubara R, Mitsuyasu T, Imai Y, Kajioka S, Yoneda M, Ito Y, Hirofuji T, Nakamura S, Hirata M. Surface vacuolar ATPase in ameloblastoma contributes to tumor invasion of the jaw bone.. International Journal of Oncology. 2016; 48: 1258-1270
244 .
Ishii A, Yoneda M, Suzuki N, Haraga M, Yamada K, Morita H, Hirahashi K, Koga C, Inoue Y, Hirofuji T. Consciousness and knowledge of nursing home workers about oral malodor. Journal of Oral Hygiene & Health. 2016; 4: DOI:10.4172/2332-0702.1000207
245 .
Kato T, Sugiyama S, Makino M, Naito T. A qualitative study on the background of long-term maintenance patients at a private Japanese dental clinic.. BMC Oral Health. 2016; 16: 46,DOI: 10.1186/s12903-016-0203-2
246 .
Kato T, Takiuchi H, Sugiyama S, Makino M, Noguchi S, Katayama-Ono T, Hanioka T, Naito T. Measurement of reduced gingival melanosis after smoking cessation: A novel analysis of gingival pigmentation using clinical oral photographs.. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2016; 13: DOI: 10.3390/ijerph13060598
247 .
Yamane-Takeuchi M, Ekuni D, Mizutani S, Kataoka K, Taniguchi-Tabata A, Azuma T, Furuta M, Tomofuji T, Iwasaki Y, Morita M. Associations among oral health-related quality of life, subjective symptoms, clinical status, and self-rated oral health in Japanese university students: a cross-sectional study.. BMC Oral Health. 2016; 16: DOI:10.1186/s12903-016-0322-9
248 .
Mizutani S, Ekuni D, Yamane-Takeuchi M, Azuma T, Taniguchi-TabataA, Tomofuji T, Iwasaki Y, Morita M. Type D personality and periodontal disease in university students: A prospective cohort study.. Journal of Health Psychology. 2016; : DOI:10.1177/1359105316668668
249 .
内藤徹. 第29回日本循環器病予防セミナーにまたまた参加して セミナー参加報告. 日本循環器病予防学会誌. 2016; 51: 206-207
250 .
Kunitomo M, Ekuni D, Mizutani S, Tomofuji T, Irie K, Azuma T, Yamane M, Kataoka K, Taniguchi-Tabata A, Mizuno H, Miyai H. Association between Knowledge about Comprehensive Food Education and Increase in Dental Caries in Japanese University Students: A Prospective Cohort Study. Nutrients. 2016; 8: 1-9
251 .
Kawabata Y, Ekuni D, Miyai H, Kataoka K, Yamane M, Mizutani S, Irie K, Azuma T, Tomofuji T, Iwasaki Y, Morita M. Relationship Between Prehypertension/Hypertension and Periodontal Disease: A Prospective Cohort Study. American Journal of Hypertension. 2016; 29: 388-396
252 .
Suzuki N, Fujimoto A, Yoneda M, Watanabe T, Hirofuji T, Hanioka T. Resting salivary flow independently associated with oral malodor.. BMC Oral Health. 2016; 17: DOI:10.1186/s12903-016-0255-3
253 .
Suzuki N, Nakanishi K, Yoneda M, Hirofuji T, Hanioka T. Relationship between salivary stress biomarker levels and cigarette smoking in healthy young adults: an exploratory analysis.. Tobacco Induced Diseases. 2016; 14: DOI:10.1186/s12971-016-0085-8
254 .
山野貴史, 杉野赳浩, 内藤徹, 中島與志行, 大星博明, 中川尚志. 介護老人保健施設における肺炎患者の嚥下機能の解析. 嚥下医学. 2016; 5: 230-235
255 .
Haresaku S, Makino M, Sugiyama S, Naito T, Mariño RJ. Comparison of practices, knowledge, confidence, and attitude toward oral cancer among oral health professionals between Japan and Australia.. Journal of Cancer Education . 2016; : DOI:10.1007/s13187-016-1086-2
256 .
瀬野文, 森田浩光, 木村英隆. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生指導により慢性歯周炎が改善した一症例. 日本臨床歯周病学会会誌. 2017; : in press
257 .
Sharma P, Suzuki N, Chandrashekar BR, Thippeswamy HM, Hirofuji T, Tanabe K, Hanioka T, Avinash BS. Probiotic Lactobacillus salivarius WB21 tablets on oral malodor among patients attending dental institution in Mysuru city, India-an open label pilot trial.. Journal of Dentistry and Oral Care. 2017; 4: 1-8
258 .
Taniguchi A, Ekuni D, Mizutani S, Yamane M, Kataoka K, Azuma T, Tomofuji T, Iwasaki Y, Morita M. Associations between dental knowledge, source of dental knowledge and oral health behavior in Japanese university students: A cross-sectional study.. PLOS ONE. 2017; 12: 1-11
259 .
Seno K, Yasunaga M, Kajiya H, Izaki K, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Dynamics of M1 macrophages in oral mucosal lesions during the development of acute graft-versus-host disease in rats.. Clinical and Experimental Immunology. 2017; 190: 315-327
260 .
瀬野文, 森田浩光, 木村英隆. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生指導により慢性歯周炎が改善した一症例.. 日本臨床歯周病学会会誌. 2017; 35: 145-148
261 .
伊藤加代子, 内藤徹. 高齢者のオーラルセルフケア 口腔乾燥症の予防と対. 口腔衛生会誌. 2017; 87: 18-20
262 .
内藤徹, 伊藤加代子. 高齢者のオーラルセルフケア 摂食機能・口腔期能低下の予防. 口腔衛生会誌. 2017; 67: 21-22
263 .
Kato T, Mizutani S, Takiuchi H, Sugiyama S, Hanioka T, Naito T. Gingival pigmentation affected by smoking among different age Groups: A Quantitative analysis of gingival pigmentation using clinical oral photographs.. Int J Environ Res Public Health. 2017; 14: 1-9
264 .
山野貴史, 山口真広, 鵜木あゆみ, 杉野真理子, 内藤徹, 横山葉子, 井林雪郎. 回復期リハビリテーション病院への往診による嚥下内視鏡検査の有用性. 嚥下医学. 2017; 2: 212-216
265 .
大野純, 瀬野恵衣, 古賀千尋, 池本理恵. 新ガイドラインから見直す口腔白板症. 日本臨床細胞学会九州連合会雑誌. 2017; : 51-55
266 .
Shimada K, Noguchi S, Makino M, Naito T. Exceptional association rule set mining from oral health assessment database.. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2017; 659: 429-438
267 .
Takahashi R, Ota E, Hoshi K, Naito T, Toyoshima Y, Yuasa H, Mori R, Nango E. Fluoride supplementation (with tablets, drops, lozenges or chewing gum) in pregnant women for preventing dental caries in the primary teeth of their children.. The Cochrane Database of Systematic Reviews . 2017; 10: 1-32
268 .
藤田拓, 水谷慎介, 松下哲也, 國廣眞佐子, 江頭瑠依, 内藤徹. 訪問歯科診療において新製義歯が使用にいたらなかった要因の検討. 老年歯科医学. 2017; 32: 365-372
269 .
森田浩光, 中島正人, 山口真広. 切除不能胃癌にて化学療法中の患者への感染根管治療が奏功した一例. 障害者歯科. 2018; 39: 148-153
270 .
Yoneda M, Hirofuji T, Omagari S, Morita H, Ishii A, Matsuo T, Suzuki N, Tsuzuki T, Taniguchi Y, Koga C, Takahashi Y. Evaluation of a new ceramic-containing toothbrush bristle 1. Questionnaire survey on dental hygienist students about its usability and first impressions.. Journal of Oral Hygiene & Health. 2018; 6: 240
271 .
Taniguchi Y, Tsuzuki T, Kakura K, Yoneda M, Isshi K, Tsutsumi T, Kawaguchi T, Koga C, Kido H. Research concerning abutment placement training using a navigation system.. Dentistry. 2018; 8: 517
272 .
Taniguchi Y, Kakura K, Tsuzuki T, Baba M, Hamanaka I, Kawaguchi T, Yoneda M, Kido H. Effect of margin level setting in abutments created by CAD/CAM on residual cement.. Dentistry. 2018; 8: 520
273 .
都築尊, 谷口祐介, 山本勝己, 川口智弘, 香川豊宏, 米田雅裕, 城戸寛史, 髙橋裕. 顎口腔機能デジタル記録解析装置が歯学部学生の顎運動の理解に与える影響. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2018; 34: 43-48
274 .
Shinohara Y, Umezaki Y, Watanabe M, Miura A, Mikuzuki L, Shinohara S, Kawasaki K, Watanabe T, Suga T, Takenoshita M, Sato Y. Brain perfusion-based analysis of “phantom bite syndrome”.. Japanese journal of Psychosomatic Dentistry. 2018; 33: 75-81
275 .
Izaki K, Yasunaga M, Yamaguchi M, Kajiya H, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Lipopolysaccharide induces bacterial autophagy in epithelial keratinocytes of the gingival sulcus.. BMC Cell Biology.. 2018; 19: 18
276 .
Haresaku S, Aoki H, Makino M, Monji M, Kansui A, Miyoshi M, Yoshida R, Kubota K, Kuroki M, Jinnouchi A, Naito T. Effect of an educational program concerning oral assessment and healthcare on nurses’ performance of oral health checkups in a hospital.. Journal of Oral Hygiene & Health. 2018; 6: 232
277 .
Haresaku S, Aoki H, Makino M, Monji M, Kansui A, Kubota K, Kuroki M, Naito T. Practices, attitudes, and confidence of nurses in the performance of oral health checkups for elderly patients in a Japanese hospital.. Oral Health and Preventive Dentistry. 2018; 16: 517-524
278 .
Suma S, Naito M, Wakai K, Naito T, Kojima M, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. Tooth loss and pneumonia mortality: A cohort study of Japanese dentists.. PLoS One. 2018; 13: e0195813
279 .
Miyaguchi N, Kajiya H, Yamaguchi M, Sato A, Yasunaga M, Toshimitsu T, Yanagi T, Matsumoto A, Kido H, Ohno J. Bone morphogenetic protein-2 accelerates osteogenic differentiation in spheroid-derived mesenchymal stem cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2018; 27: 343-350
280 .
吉田理恵, 窪田惠子, 晴佐久悟, 青木久恵, 門司真由美, 三好麻紀, 梶原江美, 内藤徹. 看護分野における口腔ケア研究の動向と歯科口腔保健・医療動向との関連性の検討. 日本口腔衛生学会. 2018; 68: 28-35
281 .
Kato T, Umezaki Y, Naito T. Effects of dropping out of dental treatment on the oral health-related quality of life among middle-aged subjects using web research.. PLOS One. 2018; 13: e0205462
282 .
稲垣幸司, 内藤徹, 石原裕一, 金子高士, 中山洋平, 山本龍生, 吉成伸夫, 森田学, 栗原英見. 歯周治療における禁煙支援の手順書. 日歯周誌. 2018; 60: 1-20
283 .
Haresaku S, Monji M, Miyoshi M, Kubota K, Kuroki M, Aoki H, Yoshida R, Machishima K, Makino M, Naito T. Factors associated with a positive willingness to practise oral health care in the future amongst oral healthcare and nursing students.. European Journal of Dental Education. 2018; 22: e634-e643
284 .
椛島浩明, 米田雅裕, 中牟田博敬, 大曲紗生, 荒木公一, 都築尊, 柏村晴子, 廣藤卓雄. 全身的な配慮が必要な患者へ漢方薬を応用して外科処置を行った3症例. 日歯保存誌. 2018; 61: 145-152
285 .
Yamaguchi M, Kajiya H, Egashira R, Yasunaga M, Izaki K, Sato A, Toshimitsu T, Naito T, Ohno J. Oxidative stress-induced interaction between autophagy and cellular senescence in human keratinocytes.. Journal of Hard Tissue Biology. 2018; 27: 199-208
286 .
Umezaki Y, Miura A, Shinohara Y, Mikuzuki L, Sugawara S, Kawasaki K, Tu TT, Watanabe T, Suga T, Watanabe M, Takenoshita M. Clinical characteristics and course of oral somatic delusions: a retrospective chart review of 606 cases in 5 years.. Neuropsychiatric Disease and Treatment. 2018; 14: 2057-2065
287 .
Shimada K, Aoki H, Kubota K, Haresaku S, Mizutani S, Naito T, Ueno M. Exceptional association rule set discovery from community-dwelling elderly people database.. 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC). 2018; -: 3285-3290
288 .
Suzuki N, Nakano Y, Watanabe T, Yoneda M, Hirofuji T, Hanioka T. Two mechanisms of oral malodor inhibition by zinc ions.. Journal of Applied Oral Science. 2018; 26: e20170161
289 .
田頭美穂, 橋本憲一郎, 森田浩光. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における歯科ユニット給水系の細菌汚染調査の検討. 日本口腔感染症学会雑誌. 2018; 25: 78-83
290 .
星子謙, 竹之下美穂, 梅崎陽二朗, 菅原詩織, 川崎カオル, 三浦杏奈, 美久月瑠宇, 篠原優貴子, 吉川達也, 豊福明. 歯科心身症における歯科医師と薬剤師の連携(歯薬連携)の有用性について. 日歯心身. 2018; 33: 3-8
291 .
Yoneda M, Suzuki N, Masuo Y, Fujimoto A, Iha K, Yamada K, Iwamoto T, Hirofuji T. Effect of S-PRG eluate on biofilm formation and enzyme activity of oral bacteria. . Top 10 Contributions on Dental Science Chapter. 2018; -: -
292 .
稲垣幸司, 内藤徹, 石原裕一, 金子高士, 中山洋平, 山本龍生, 吉成伸夫, 森田学, 栗原英見. ポジション・ペーパー 歯周治療における禁煙支援の手順書. 日歯周誌 . 2018; 60: 201-219
293 .
Izaki K, Yasunaga M, Yamaguchi M, Kajiya H, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J, Yoshinari M, Kubo M, Kitazono T. Lipopolysaccharide induces bacterial autophagy in epithelial keratinocytes of the gingival sulcus.. BMC Cell Biology. 2018; 19: 18
294 .
藤本暁江, 谷口奈央, 永原加那絵, 米田雅裕, 森田浩光, 松尾忠行, 黒木まどか, 貴島聡子, 埴岡 隆, 廣藤卓雄. 各種洗口剤の口臭に対する即時的な抑制効果の比較. 日本口臭学会雑誌. 2019; :
295 .
森田浩光, 加藤智崇, 太田秀人, 久保田潤平, 山添淳一, 重冨照子, 原口公子, 川端貴美子, 山口真広, 熱田生, 下坂桃子、久保山裕子、中久木康一. 災害時歯科保健医療支援活動研修会の試み. 老年歯科医学. 2019; 33: 482-492
296 .
森田浩光. 災害時に求められる総合歯科医療. 日本総合歯科学会誌. 2019; 11: 5-7
297 .
Kato T, Mizutani S, Umezaki Y, Sugiyama S, Naito T. Relationship between type D personality and dropout from dental treatment in middle-aged adults.. Journal of Oral Science. 2019; 61: 264-269
298 .
Uezato A, Toyofuku A, Umezaki Y, Nishikawa T. Oral dysesthesia associated with autistic traits: a retrospective chart review.. European Journal Of Oral Sciences. 2019; 127: 347-350
299 .
Yoshimoto S, Tanaka F, Morita H, Hiraki A, Hashimoto S. Hypoxia-induced HIF-1α and ZEB1 are critical for the malignant transformation of ameloblastoma via TGF-β-dependent EMT.. Cancer Medicine. 2019; 8: 7822–7832
300 .
Toshimitsu T, Kajiya H, Yasunaga M, Maeshiba M, Fujisaki S, Miyaguchi N, Yamaguchi M, Maeda H, Kojima H, Ohno J. Susceptibility of the Wnt/β-catenin pathway accelerates osteogenic differentiation of human periodontal ligament stem cell spheroids.. Journal of Hard Tissue Biology. 2019; 28: 121-128
301 .
谷口祐介, 都築尊, 加倉加恵, 米田雅裕, 森田浩光, 川口智弘, 濱中一平, 城戸寛史. 下顎無歯顎インプラント支持オーバーデンチャーの臨床的検討. 福岡歯科大学学会雑誌. 2019; 45: 1-9
302 .
Mizutani S, Aoki H, Haresaku S, Shimada K, Ueno M, Kubota K, Naito T. Association between subjective well-being and presence of primary care dentists in community-dwelling elderly people: A cross-sectional study.. Gerodontology. 2019; 36: 134-141
303 .
宮園真美, 角森輝美, 森中惠子, 町島希美絵, 宮坂啓子, 寒水章納, 松尾里香, 山中富, 牧野路子, 内藤徹. 健常高齢労働者のオーラルフレイルとサルコペニアに関する研究. インターナショナルNursing Care Research(1347-1341). 2019; 18: 81-89
304 .
井上裕貴, 畑中加珠, 山本直史, 平田貴久, 三辺正人, 山本龍生, 内藤徹, 山本松男, 佐藤秀一, 石幡浩志. 多施設後ろ向き観察研究による臨床指標としての歯周炎症表面積の基準値. 日本歯周病学会誌. 2019; 61: 159-167
305 .
Yanagi T, Kakura K, Tsuzuki T, Isshi K, Taniguchi Y, Hirofuji T, Kido H, Yoneda M. Fabrication of mouthguard using digital technology.. Dentistry. 2019; 9: 531
306 .
Ishii A, Yoneda M, Matsuo T, Omagari S, Suzuki N, Yamamoto S, Morita H, Taniguchi Y, Koga C, Hirofuji T. Inhibition of protease activity of periodontopathogens by purified lactoferrin and lactoferrin supplement.. Journal of Oral Hygiene and Health. 2019; 7: 1000250
307 .
Tu TTH, Miura A, Shinohara Y, Mikuzuki L, Kawasaki K, Sugawara S, Suga T, Watanabe T, Aota Y, Umezaki Y, Takenoshita M, Toyofuku A. Pharmacotherapeutic outcomes in atypical odontalgia: determinants of pain relief.. Journal of Pain Research. 2019; 12: 831-839
308 .
Higuchi T, Suzuki N, Nakaya S, Omagari S, Yoneda M, Hanioka T, Hirofuji T. Effects of lactobacillus salivarius WB21 combined with green tea catechins on dental caries, periodontitis, and oral malodor.. Archives of Oral Biology. 2019; 98: 243-247
309 .
黒木まどか, 晴佐久悟, 青木久恵, 中島富有子, 窪田惠子, 堀部晴美, 内藤徹. 口腔ケア関連の教育プログラムが歯科衛生学生の口腔ケアに関する意識・認識・態度に及ぼす影響. 口腔衛生学会雑誌. 2020; 70: 152-160
310 .
Takaesu Y, Suzuki N, Naito M, Watanabe T, Shimazu A, Yatabe N, Yoneda M, Hirofuji T, Hanioka T. Novel oral biomarkers predicting oral malodor.. Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology. 2020; 130: 667-674
311 .
Suzuki N, Beppu R, Yoneda M, Takeshita T, Asakawa M, Yamashita Y, Hanioka T, Hirofuji T, Shinohara T. Effects of eradication of Helicobacter pylori on oral malodor and the oral environment: a single-center observational study.. BMC Research Notes. 2020; 13: 406
312 .
山口雄一郎, 森永健三, 山口真広, 玉井恵子, 貴島聡子, 嶋田香, 松浦尚志, 城戸寛史, 内藤徹, 升井一朗. 口腔機能低下症の検査の実施状況と課題についての検討―一般開業歯科医師を対象とした Web 質問票による調査―. 老年歯科医学雑誌. 2020; 35: 176-182
313 .
山中富, 晴佐久悟, 宮園真美, 窪田惠子, 角森輝美, 森中惠子, 町島希美絵, 宮坂啓子, 松尾里香, 内藤徹. 訪問看護師の口腔アセスメント実施状況と関連因子の検討. 口腔衛生学会雑誌. 2020; 70: 196-203
314 .
Haresaku S, Aoki H, Kubota K, Monji M, Miyoshi M, Machishima K, Nakashima F, Naito T. Comparison of perceptions, attitudes and performance regarding collaborative oral health care among health-care workers.. International Dental Journal. 2020; 70: 462-468
315 .
Egashira R, Mizutani S, Yamaguchi M, Kato T, Umezaki Y, Oku S, Tamai K, Obata T, Naito T. Low tongue strength and the number of teeth present are associated with cognitive decline in older Japanese dental outpatients: A cross-sectional study.. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2020; 17: 8700
316 .
Umezaki Y, Watanabe M, Shinohara Y, Sugawara S, Kawasaki K, Trang TH Tu, Watanabe T, Suga T, Miura A, Takenoshita M, Sato Y, Minami I, Oyama J, Toriihara A, Takenoshita M, Naito T, Motomura H, Toyofuku A. Comparison of cerebral blood flow patterns in patients with phantom bite syndrome with their corresponding clinical features.. Neuropsychiatric disease and treatment. 2020; 16: 2277-2284
317 .
橋本憲一郎, 田頭美穂, 森田浩光. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における歯科ICTラウンドの実際と問題点について. 日本口腔感染症学会雑誌. 2020; 27: 51-60
318 .
稲垣幸司, 菊池毅, 野口俊英, 三谷章雄, 成瀬桂子, 松原達昭, 川浪雅光, 根岸英二, 山田聡, 古江弘正, 多部田康一、斎藤淳、富田幸代、片桐さやか、和泉雄一、新田浩、岩田隆紀、沼部幸博、山本松男、吉成伸夫、藤田剛、西村英紀、永田俊彦、湯本浩通、内藤徹、野口和行、栗原英見、村上伸也、西村理明、田嶼尚子. 糖尿病合併症の実態とその抑制に関する大規模観察研究べー^ス来院時の口腔所見. 糖尿病. 2020; 63: 195-205
319 .
Manabu Kawai, Yasuto Kondo, Yoichi Nakajima, Ikuya Tsuge, Tetsushi Yoshikawa, Akiko Yagami, Michiko Aihara, Zenro Ikezawa, Yukihiro Ohya, Taeru Kitabayashi, Hirohisa Saito, Rumiko Shibata, Naito T, Susumu Harada, Michihiro Hide, Kayoko Matsunaga, Katsuyuki Miyasaka, Akira Akasawa. Changes in the characteristics of patients with latex allergy from 1999 to 2014.. Fujita Medical Journal. 2020; 6: 67-72
320 .
Yoneda M, Yamada K, Izumi T, Matsuzaki E, Maruta M, Hatakeyama J, Morita H, Tsuzuki T, Anan H, Hirofuji T. Development of an error-detection examination for conservative dentistry education.. Clinical and Experimental Dental Research. 2020; 6: 69-74
321 .
Shinohara Y, Umezaki Y, Minami I, Watanabe M, Miura A, Mikutsuki L, Kawasaki K, Sugawara S, Trang TTH, Suga T, Watanabe T, Yoshikawa T, Takenoshita M, Motomura H, Toyofuku A. Comorbid depressive disorders and left-side dominant occlusal discomfort in patients with phantom bite syndrome.. Journal of Oral Rehabilitation. 2020; 47: 36-41
322 .
吉田理恵, 岩本利恵, 窪田惠子, 嶋田香, 大城知子, 岡田賢司, 有永麻里, 内藤徹. 乳がんサバイバーの口腔内症状とQOLの関連―日本語版SF-36v2とGOHAIによる調査―. 看護と口腔医療. 2020; 3: 76-83
323 .
山田和彦, 米田雅裕, 吉川顕司, 廣藤卓雄. 抜歯直後における根完成歯による自家歯牙移植. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 印刷中
324 .
山田和彦, 米田雅裕, 石井綾子, 中島正人, 瀬野恵衣, 伊﨑佳那子, 谷口奈央, 廣藤卓雄. 歯科医療従事者の腰痛に関する調査. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 印刷中
325 .
Haresaku S, Miyoshi M, Kubota K, Aoki H, Kajiwara E, Monji M, Naito T. Effect of interprofessional education on oral assessment performance of nursing students.. Clinical and Experimental Dental Research. 2020; 6: 51-58
326 .
Haresaku S, Nakashima F, Hara Y, Kuroki M, Aoki H, Kubota K, Naito T. Associations of oral health-related quality of life with age, oral status, and oral function among psychiatric inpatients in Japan: a cross-sectional study.. BMC Oral Health. 2020; 20: 361
327 .
Nakajima M, Umezaki Y, Takeda S, Yamaguchi M, Taniguchi N, Yoneda M, Hirofuji T, Sekitani H, Yamashita Y, Morita H. Association between oral candidiasis and bacterial pneumonia: a retrospective study.. Oral Diseases. 2020; 26: 234-237
328 .
Kagawa T, Taniguchi Y, Kakura K, Tsutsumi T, Yanagi T, Matsumoto A, Toyoda K, Fujisaki S, Phanthavong V, Kido H. Basic research on experimental jawbone phantom: Bone mineral density measurement for jawbones using quantitative computed tomography.. Journal of Interdisciplinary Clinical Dentistry. 2020; 2: 1-6
329 .
谷口祐介, 加倉加恵, 松本彩子, 山口雄一郎, 堤貴司, 水谷慎介, 森田浩光, 城戸寛史. 福岡市歯科医師会会員を対象とした訪問歯科診療時のインプラント管理についての実態調査. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 59-69
330 .
Taniguchi Y, Kakura K, Tsutsumi T, Isshi K, Morita H, Mizutani S, Tohara H, Kido H. A study of the usefulness of implant superstructure production methods using optical impression systems and CAD/CAM techniques - targeting application during home visit dental treatment.. Journal of Interdisciplinary Dentistry. 2020; 1: 1-6
331 .
Haresaku S, Uchida S, Aoki H, Akinaga K, Yoshida R, Kubota K, Naito T. Factors associated with nurses’ performance of oral assessments and dental referrals for hospital inpatients.. BMC Oral Health. 2020; 20: 68
332 .
山田和彦, 廣藤卓雄, 畠山純子, 森田浩光, 牧野路子, 松崎英津子, 大城希美子, 馬場篤子, 樋口勝規, 米田雅裕. 福岡歯科大学6年生対象の臨床研修に関する診療科説明プレゼンテーション-概要および学生アンケート調査の報告と分析. 日本総合歯科学会誌. 2020; 12: 5-12
333 .
Goto K, Kajiya H, Tsutsumi T, Maeshiba M, Tsuzuki T, Ohgi K, Kawaguchi M, Ohno J, Okabe K. The stromal cell-derived factor-1 expression protected in periodontal tissues damage during occlusal traumatism.. Journal of Hard Tissue Biology. 2021; 30: 63-68
334 .
大曲紗生, 米田雅裕, 谷口奈央, 古賀千尋, 山本繫, 畠山純子, 瀬野恵衣, 中村恵子, 森田浩光, 廣藤卓雄. 心理的口臭症の3例-症例報告および考察-. 日本口臭学会会誌. 2021; 12: 29-36
335 .
Omagari S. Effects of S-PRG eluate on bacterial activity related to periodontitis and oral malodor.. The Journal of Fukuoka Dental College. 2021; 47: 41-51
336 .
Omagari S, Taniguchi N, Yokogawa Y, Yoneda M, Yamamoto S, Hanioka T, Hirofuji T. Inhibitory mechanisms of S-PRG eluate and S-PRG filler against volatilization of hydrogen sulfide.. Operative Dentistry, Endodontology and Periodontology. 2021; 1: 30-36
337 .
Egashira R, Umezaki Y, Mizutani S, Obata T, Yamaguchi M, Tamai K, Yoshida M, Makino M, Naito T. Relationship between cerebral atrophy and number of present teeth in elderly individuals with cognitive decline.. Experimental Gerontology. 2021; 144: 111189
338 .
Nakashima H, Yasunaga M, Yoshida M, Yamaguchi M, Takahashi S, Kajiya H, Tamaoki S, Ohno J. Low concentration of etoposide induces enhanced osteogenesis in MG63 cells via Pin1 activation.. Journal of Hard Tissue Biology. 2021; 30: 175-182
339 .
Watanabe K, Watanabe M, Takao C, Hong C, Liu Z, Suga T, Tu TTH, Sakamoto J, Umezaki Y, Yoshikawa T, Takenoshita M, Uezato A, Motomura H, Kurabayashi T, Abiko Y, Toyofuku A. Clinical characteristics of predominantly unilateral oral cenesthopathy with and without neurovascular contact.. Frontiers in Neurology. 2021; 12: 744561
340 .
Mizutani S, Egashira R, Yamaguchi M, Tamai K, Yoshida M, Kato T, Umezaki Y, Aoki H, Naito T. Changes in oral and cognitive functions among older Japanese dental outpatients: A 2-year follow-up study.. Journal of Oral Rehabilitation. 2021; 48: 1150-1159
341 .
Tsukamoto M, Naito M, Wakai K, Naito T, Kojima M, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. Tooth brushing, tooth loss, and risk of upper aerodigestive tract cancer: a cohort study of Japanese dentisits.. Nagoya Journal of Medical Science. 2021; 83: 331-341
342 .
Vansana P, Kakura K, Taniguchi Y, Egashira K, Matsuzaki E, Tsutsumi T, Kido H. The effect of AMP kinase activation on differentiation and maturation of osteoblast cultured on titanium plate.. Journal of Dental Sciences. 2021; -: -
343 .
Matsuzaki E, Hirose H, Matsumoto K, Matsumoto N, Fujimasa S, Hatakeyama J, Anan H. Effects of root-end filling materials on vascular endothelial cell proliferation and tube formation.. Journal of Dental Sciences. 2021; -: -
344 .
瀬野恵衣, 山田和彦, 畠山純子, 大曲紗生, 山本繁, 松﨑英津子, 樋口勝規, 森田浩光, 廣藤卓雄, 米田雅裕. 口頭試問ヒント集」応用による総合歯科系診療参加型臨床実習改善の試み. 日本総合歯科学会雑誌. 2021; 13: 36-43
345 .
米田雅裕, 山田和彦, 泉利雄, 松﨑英津子, 丸田道人, 畠山純子, 森田浩光, 都築尊, 阿南壽, 廣藤卓雄. 保存修復学に関する間違い探しテストの開発:二次出版. 福岡歯科大学雑誌. 2021; 46: 129-136
346 .
Yoshimoto S, Morita H, Matsuda M, Katakura Y, Hirata M, Hashimoto S. NFAT5 promotes oral squamous cell carcinoma progression in a hyperosmotic environment.. Laboratory Investigation. 2021; 101: 38-50
347 .
Yoshimoto S, Matsuda M, Kato K, Jimi E, Takeuchi H, Nakano S, Kajioka S, Matsuzaki E, Hirofuji T, Inoue R, Hirata M, Morita H. Volume-regulated chloride channel regulates cell proliferation and is involved in the possible interaction between TMEM16A and LRRC8A in human metastatic oral squamous cell carcinoma cells.. European Journal of Pharmacology. 2021; 895: 173881
348 .
山田和彦, 廣藤卓雄, 畠山純子, 森田浩光, 牧野路子, 松﨑英津子, 大城希美子, 佐藤絢子, 谷口祐介, 馬場篤子, 樋口勝規 米田雅裕. 福岡歯科大学6年生対象の臨床研修に関する診療科説明プレゼンテーション −概要および学生アンケート調査の報告と分析−. 日本総合歯科学会雑誌. 2021; 12: 5-12
349 .
Ishii H, Yoshida M, Kajiya H, Matsuo S, Toda M, Mori N, Fujisaki S, Oka K, Ozaki M, Ohno J. Cisplatin-induced sonic hedgehog signaling mediates epithelial-mesenchymal transition in hertwig's epithelial root sheath cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2021; 30: 115-122
350 .
青木久恵, 晴佐久悟, 三好麻紀, 門司真由美, 町島希美絵, 中島富有子, 内藤徹, 窪田惠子. 多職種における口腔ケアに関する役割認識の実態調査. バイオメディカル・ファジイ・システム学会誌. 2021; 23: 61-68
351 .
Haresaku S, Umezaki Y, Egashira R, Naito T, Kubota K, Iino H, Aoki H, Nakashima F. Comparison of attitudes, awareness, and perceptions regarding oral healthcare between dental and nursing students before and after oral healthcare education.. BMC Oral Health. 2021; 21: 188
352 .
Haresaku S, Kubota K, Yoshida R, Aoki H, Nakashima F, Iino H, Uchida S, Miyazono M, Naito T. Effect of multi-professional education on the perceptions and awareness of oral health care among undergraduate nursing students in a nursing school.. Journal of Dental Education. 2021; 85: 786-793
353 .
Suzuki N, Nakano Y, Yoneda M, Hirofuji T, Hanioka T. The effects of cigarette smoking on the salivary and tongue microbiome.. Clinical and Experimental Dental Research. 2021; -: -
354 .
山口雄一郎, 森永健三, 山口真広, 玉井恵子, 貴島聡子, 嶋田香, 松浦尚志, 城戸寛史, 内藤徹, 升井一朗. 口腔機能低下症の検査の実施状況と課題についての検討-一般開業歯科医師を対象としたWeb質問票による調査- . 老年歯科医学 . 2021; 35: 176-182
355 .
Haresaku S, Aoki H, Kubota K, Nakashima F, Uchida S, Jinnouchi A, Naito T. Nurses' perceptions of oral health care provision after the COVID-19 lockdown.. Int Dent J. 2022; 72: 242-248
356 .
Haresaku S, Aoki H, Kubota K, Nakashima F, Uchida S, Jinnouchi A, Naito T. Nurses' perceptions of oral health care provision after the COVID-19 lockdown.. International Dental Journal. 2022; 72: 242-248
357 .
Taniguchi Y, Matsuzaki E, Daigo Y, Tsutsumi T, Fukuoka H, Kakura K, Egashira K, Takahashi K, Kido H. Space-making effect for new bone formation by suppressing scar contraction of mucosal epithelium of rat tooth extraction wound using diode laser and CO2 laser treatment.. Journal of Dental Sciences. 2022; 17: 1001-1008
358 .
Yoshimoto S, Morita H, Okamura K, Hiraki A, Hashimoto S. αTAT1-induced tubulin acetylation promotes ameloblastoma migration and invasion.. Laboratory Investigation. 2022; 102: 80-89
359 .
Maeshiba M, Kajiya H, Tsutsumi T, Migita K, Goto K, Kono Y, Tsuzuki T, Ohno J. Occlusal disharmony transiently decrease cognition via cognitive suppressor molecules and partially restores cognitive ability via clearance molecules.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022; 594: 74-80
360 .
Niidome Y, Hatakeyama J, Takezaki M, Yoneda M, Hatakeyama Y, Tamaoki S. Immunohistochemical study of 78kDa glucose-regulated protein (Grp78) and cripto in the spheno-occipital synchondrosis.. American Journal of BioSicence. 2022; 10: 31-34
361 .
大家知子, 古賀千尋, 青木将虎, 中山敬介, 菅亜里沙, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 内藤徹, 池邊哲郎. 初診時顎関節症と診断した群発性頭痛の1例. 日本歯科心身医学会雑誌. 26; 29: 75-78
症例報告  (該当件数: 42 件)
1 .
湯川成美, 牧野路子, 森田浩光, 縄田和歌子, 山口真広, 藤本暁江, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 内藤徹. . . ; :
2 .
山口真広, 森田浩光, 縄田和歌子, 湯川成美, 藤本暁江, 廣藤卓雄, 内藤徹. . . ; :
3 .
米田雅裕, 阿南壽, 本岡法子, 廣藤卓雄, 松本明子, 磯辺量子, 椛島浩明, 前田勝正. 原因歯の歯内治療により外歯瘻の閉鎖を認めた一症例. 日歯保存誌. 2003; 46: 143-148
4 .
岡田一三, 廣藤卓雄. 補綴治療後、金属アレルギーが発現した一症例. 福岡歯科大誌. 2005; 31: 109-112
5 .
阿南壽, 中西美穂, 松本明子, 米田雅裕, 木村龍誠, 椛島浩明, 前田勝正. 歯根穿孔に由来する歯肉-歯周疾患に類似した病変の1症例. 日本歯科保存学雑誌. 2005; 48: 15-21
6 .
内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 前歯の限局的な動揺. デンタルダイヤモンド. 2005; 30: 25-26
7 .
Yoneda M, Motooka N, Naito T, Maeda K, Hirofuji T. Resolution of furcation bone loss after non-surgical root canal treatment:application of a peptidase-detection kit for treatment of type I endoperiodontal lesion. J Oral Sci. 2005; 47: 143-147
8 .
Yoneda M, Motooka N, Naito T, Maeda K, Hirofuji T. Resolution of furcation bone loss after non-surgical root canal treatment: application of a peptidase-detection kit for treatment of type I endoperiodontal lesion. J Oral Sci. 47.. 2005; : 143-147
9 .
椛島浩明, 阿南壽, 米田雅裕, 磯辺量子, 松本明子, 甲斐田光, 藤城直也, 本岡法子, 前田勝正. Papillon-Lefevre Syndrome(PLS)を呈する患者の1症例報告. 日本歯科保存学雑誌. 2005; 48: 244-249
10 .
Yoneda M, Naito T, Suzuki N, Yoshikane T, Hirofuji T. Oral Malodor associated with internal resorption. J Oral Sci. 2006; 48: 89-92
11 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 吉兼透, 羽生真也, 廣藤卓雄. 口臭の原因の一部解明により、症状が改善傾向にある口臭恐怖症の1例. 日本歯科心身医学会雑誌. 2006; 第21巻: 71-75
12 .
Yoneda M, Naito T, Suzuki N, Yoshikane T, Hirofuji T. Oral malodor associated with internal resorption. . J Oral Sci. . 2006; 48: 89-92
13 .
米田雅裕, 吉兼透, 鈴木奈央, 内藤徹, 羽生真也, 廣藤卓雄. 客観的口臭測定と受容的医療面接の繰り返しにより口臭恐怖が解消した症例. 日本歯科心身医学会雑誌. 2007; 第22巻: 23-26
14 .
峰真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 岡田一三, 内田初美, 吉兼透, 島野裕一, 岩元知之, 廣藤卓雄. モチベーションに配慮しながら真性口臭症の治療を行った症例ー口臭治療における歯科衛生士の役割ー. 日本歯周病学会雑誌. 2007; 第50巻: 50-57
15 .
三浦正資, 岡村和彦, 内田竜司, 日高圭太郎, 大関悟. 口底部に生じた顆粒細胞腫の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2007; 20: 201-203
16 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 岩元知之, 山田和彦, 岡田一三, 島野裕一, 廣藤卓雄. モチベーションの持続と歯科治療の継続により口臭が消失した症例. 日本歯科保存学会. 2008; 51: 236-245
17 .
岩元知之, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 渡辺猛, 桝尾陽介, 山田和彦, 岡田一三, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 口腔保健イベント来場者に対するアンケート調査-口臭および口腔衛生についての意識. J.Fukuoka Dent . 2009; 35: 77-82
18 .
Yoneda M, Uchida H, Suzuki N, Mine M, Iwamoto T, Masuo Y, Naito T, Hatano Y, Hirofuji T. A case report of tooth wear associated with a patient’s inappropriate efforts to reduce oral malodor caused by endodontic lesion.. International Journal of Dentistry. 2009; : Article ID 727481,5pages
19 .
星 佳芳, 望月 友美子, 内藤 徹, 南郷 栄秀, 南郷 里奈, 廣島 彰彦, 豊島 義博, 成田 俊行, 王 国琴, 坂本 泰理, 廣瀬 達子. コクランシステマティックレビュー「たばこ依存グループ」の英語アブストラクト翻訳のための「たばこ・禁煙グロッサリー/対訳集」作成に資する用語と表現の調査. . 2009; : 99-108
20 .
Yoneda M, Kita S, Suzuki N, Macedo SM, Iha K, Hirofuji T. Application of a chairside anaerobic culture test for endodontic treatment.. Int J Dent. . 2010; 10: ID942130
21 .
米田雅裕, 谷口祐介, 廣藤卓雄. 歯科治療に恐怖心がある患者に対して診療参加型臨床実習の1環として歯周治療をした症例. 日歯周誌. 2010; 52: 419-428
22 .
米田雅裕, 峰真理子, 鈴木奈央, 内田初美, 黒木まどか, 廣藤卓雄. 長期間悩まされた口腔異常感が口腔乾燥に対する処置により消失した症例. 日本口腔ケア学会雑誌. 2010; 4: 45-49
23 .
岩元知之, 鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 畑野優子, 桝尾陽介, 藤本暁江, 廣藤卓雄. Lactobacillus salivalius WB21株を利用したプロバイオティクスの口臭改善効果. 日本口臭学会会誌. 2010; 1: 9-15
24 .
神村正人, 川前通朗, 矢野尚一, 上田秀朗, 添島正和, 古賀千尋, 篠崎陽介, 森永健三, 山本勝己, 城戸寛史, 松浦正朗. 歯科インプラントを用いて補綴処置を行った75歳以上の高齢者の3症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 37: 141-149
25 .
添島正和, 上田秀朗, 神村正人, 矢野尚一, 谷口祐介, 篠崎陽介, 森永健三, 山本勝己, 城戸寛史, 古賀千尋, 松浦正朗. 歯間乳頭保存のために抜歯前に歯を牽引して上顎2前歯をインプラントで治療した1症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 37: 133-140
26 .
大家智子, 古賀千尋, 青木将虎, 中山敬介, 菅亜里沙, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 内藤徹, 池邊哲郎 廣藤卓雄. 初診時顎関節症と診断した群発性頭痛の1例. 日本歯科心身医学会. 2014; 29: 75-78
27 .
菅亜里沙, 米田雅裕, 原賀真理子, 藤本暁江, 横上悟, 山田和彦, 石井綾子, 廣藤卓雄, 古賀千尋. . . 2014; :
28 .
山口真弘, 森田浩光. 定期訪問歯科診療により高齢認知症患者にClassⅢBの悪性リンパ腫疑い病変を発見しえた一例. 障害者歯科. 2015; 36: 643-647
29 .
Yoneda M, Suzuki N, Fujimoto A, Morita H, Uemura R, Koga C, Hirofuji T. Persistent oral malodor associated with periodontitis caused by tooth perforation. . Aperito Journal of Oral Health and Dentistry. 2015; 1: 102
30 .
Morita H, Hashimoto A, Inoue R, Yoshimoto S, Yoneda M, Hirofuji T. Successful fitting of a complete maxillary denture in a patient with severe alzheimer's disease complicated by oral dyskinesia.. Case Reports in Dentistry. 2016; : DOI: 10.1155/2016/4026480
31 .
松崎英津子, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 二階堂美咲, 中山英明, 松本典祥, 畠山純子, 水上正彦, 泉利雄, 阿南壽. 根分岐部病変を伴う歯内-歯周疾患の一症例. 日本歯科保存学会雑誌. 2016; 59: 124-131
32 .
Yoneda M, Suzuki N, Fujimoto A, Ishii A, Yamada K, Masuo Y, Iwamoto T, Haraga M, Koga C, Morita H, Inoue Y, Hirofuji T. A case of oral malodor: Improving the motivation of patients by use of bacterial examination. Journal of Oral Hygiene & Health. 2016; 4: DOI:10.4172/2332-0702.1000203
33 .
Morita H, Imai Y, Yoneda M, Hirofuji T. Applying orthodontic tooth extrusion in a patient treated with bisphosphonate and irradiation: a case report. Special Care in Dentistry. 2017; 37: 43-46
34 .
椛島浩明, 米田雅裕, 中牟田博敬, 大曲紗生, 荒木公一, 都築 尊, 柏村晴子, 廣藤卓雄. 全身的な配慮が必要な患者へ漢方薬を応用して外科処置を行った3症例. 日本歯科保存学雑誌. 2018; 61: 145-152
35 .
Nawata W, Umezaki Y, Yamaguchi M, Nakajima M, Makino M, Yoneda M, Hirofuji T, Yamano T, Ooboshi H, Morita H. Continuous professional oral health care intervention improves severe aspiration pneumonia.. Case Reports in Dentistry. 2019; -: 4945921
36 .
Umezaki Y, Tu TTH, Toriihara A, Sato Y, Naito T, Toyofuku A. Change of cerebral blood flow after a successful pharmacological treatment of phantom bite syndrome: A case report.. Clinical Neuropharmacology. 2019; 42: 49-51
37 .
宮園真美, 町島希美絵, 宮坂啓子, 松尾里香, 山中富, 角森輝美, 森中惠子, 寒水章納, 牧野路子, 内藤徹. 健常高齢者の口腔機能と食生活がフレイルへおよぼす影響~基本チェックリストを使っての評価~. 看護と口腔医療. 2020; 3: 59-64
38 .
高江洲雄, 谷口祐介, 石井太郎, 玉置幸雄, 城戸寛史, 松浦向志. 唇顎口蓋裂を有する患者に対し片側リテーナーのオールセラミック接着ブリッジの補綴治療を行った症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 121-128
39 .
中山朋子, 前濱和佳奈, 緒方麻記, 中嶋真理子, 尾崎茜, 水谷慎介, 小島寛. 特別支援学校(知的障害)の児童・生徒の保護者がかかりつけ歯科医療機関に求める医療サービスおよび歯科医療機関の種類とう蝕罹患状況との関連. 日本障害者歯科学会雑誌. 2020; : 366-374
40 .
Umezaki Y, Asada T, Naito T, Toyofuku A. A case of oral cenesthopathy in which dementia with Lewy bodies developed during treatment.. Psychogeriatrics. 2020; 20: 766-768
41 .
中村恵子, 古賀千尋, 月俣育美, 金子高士, 米田雅裕, 金光芳郎, 高向和宜. 口腔内に多彩な愁訴を訴えた身体表現性障害の1例. 日本歯科心身医学会雑誌. 2020; 34: 30‐34
42 .
梅崎陽二朗, 玉井恵子, 江頭留依, 牧野路子, 金光芳郎, 澤本良子, 森田浩光, 内藤徹. 訪問歯科診療の歯科心身医学的治療にて、良好な経過が得られた舌痛症と口腔異常感症の1例. 日本歯科心身医学会雑誌. 2021; : 印刷中
発表(特別講演・シンポジウム) (該当件数: 609 件)
1 .
水谷慎介, 山口真広, 瀧内博也, 加藤智崇, 江頭留依, 玉井恵子, 梅崎陽二朗, 牧野路子, 青木久恵, 内藤徹. 福岡歯科大学高齢者歯科外来患者におけるMCIスクリーニング検査と口腔期の宇の関連. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
2 .
瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 廣藤卓雄, 大野純. 擦過ケラチノサイトでの分子変化は歯周環境変化のバイオマーカーである. 43第43回福岡歯科大学学会総会, 28.12.18. (福岡)
3 .
江頭留依, 水谷慎介, 山口真広, 加藤智崇, 瀧内博也, 梅崎陽二朗, 金光芳郎, 内藤徹. 歯科外来における日本語版Montreal Cognitive Assessmentの有用性. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
4 .
加藤智崇, 瀧内博也, 牧野路子, 野口哲司, 埴岡隆, 内藤徹. 口腔内規格写真を用いた歯肉着色の定量的評価法の開発. 第41回福岡歯科大学学会, 2014年12月14日. (福岡市)
5 .
瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 廣藤卓雄 , 大野純. オートファジーによる口腔扁平上皮癌の自己複製能の制御. 43第43回福岡歯科大学学会総会, 28.12.18. (福岡)
6 .
瀧内博也, 加藤智崇, 牧野路子, 野口哲司, 埴岡隆, 内藤徹. 禁煙は歯肉着色を改善するか?. 第41回福岡歯科大学学会, 2014年12月14日. (福岡市)
7 .
中島正人, 森田浩光, 瀬野恵衣, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない急性期病院への訪問診療活動報告. 3232回日本歯科人間工学会, 2016年12月10日. (岐阜)
8 .
加藤智崇, 水谷慎介, 梅崎陽二朗, 内藤徹. タイプDパーソナリティーと歯科受診中断患者の関係. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
9 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. 高齢者の口腔関連QOLの特徴及び規定因子に関する研究. 第41回福岡歯科大学学会, 2014年12月14日. (福岡市)
10 .
前芝宗尚, 鍛治屋浩, 堤貴司, 都築尊, 岡部幸司, 大野純. 咬合不正によるアミロイドベータの発現上昇を介した認知能抑制作用. 第97回日本生理学学会, 2020年3月17-19日. (大分)
11 .
森田浩光. 「歯科のない急性期病院への訪問歯科診療 ―様々な全身疾患を有する患者の口腔管理―」. 0戦略的大学連携事業 「口腔医学の学問体系の確立と医学・歯学教育体制の再考」 口腔医学シンポジウム「からだを守る口腔ケア」, Jan 8, 2016. (福岡)
12 .
森田浩光. 「歯科における感染対策の現状」. 0福岡歯科大学研修施設講習会・医療安全講習会, Apr 10, 2016. (福岡)
13 .
森田浩光. 「周術期の口腔機能管理」. 0平成28年度福岡歯科大学臨床セミナー, Apr 20, 2016. (福岡)
14 .
森田浩光. 「院内感染対策について -私立歯科大学感染対策協議会アンケート調査結果を中心に-」. 1平成28年度 第1回医療安全・院内感染対策講習会, Apr 18, 2016. (福岡)
15 .
梅崎陽二朗. 歯科心身症へのアプローチ ~はじめの一歩~ 地域医療における歯科心身症. 13総合歯科学会, 10/10. (福岡)
16 .
Naito T. Oral Frailty Recent Japanese dentists' strategy to maintain health of the elderly. 41Asia Pacific Dental Congress, 5.11. (Seoul, Korea)
17 .
Naito T. Present and Future of Japanese Education for Geriatric Dentistry, Special lecture,. 41Asia Pacific Dental Congress, 5.11. (Seoul, Korea)
18 .
中島正人, 森田浩光, 山口真広, 橋本裕美子, 小野知子, 川端貴美子, 坂本文比古, 神田晋爾, 中村文美, 定永倫明 松浦弘, 池邉 哲郎. 歯科部門のない地域がん診療拠点病院への歯科大学及び歯科医師会が連携した医科歯科連携システム構築の取り組み. 第17回日本医療マネジメント学会, 2018年2月24日. (福岡市)
19 .
畠山純子, 谷口奈央, 松崎英津子, 吉永泰司, 濱中一平, 牧野路子, 堤貴司, 谷口祐介, 大曲紗生, 山本繁, 樗木晶子. 福岡歯科大学健診センターによる学校歯科健診における高校生アンケート調査. 第48回福岡歯科大学総会・学術大会, 2021年12月12日. (福岡)
20 .
米田雅裕, 畠山純子, 谷口奈央, 松﨑英津子, 吉永大周, 濱中一平, 谷口祐介, 堤貴司, 堤貴司, 牧野路子, 樗木晶子. 新規開発口腔健診用QRFライトの有効性確認ー臨床研修歯科医に関する調査. 第48回福岡歯科大学総会・学術大会, 2021年12月12日. (福岡)
21 .
北野香, 縄田和歌子, 沖野成美, 井上絵梨, 永原加那絵, 桁山絢有, 森田浩光, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 内藤徹, 廣藤卓雄. 総合歯科・高齢者歯科外来での診療室システム改善による歯科衛生士の業務実績についての調査. 第44回福岡歯科大学学会総会学術大会, 2017年12月3日. (福岡市)
22 .
内藤徹. 歯科領域におけるラテックスアレルギー. 第20回日本ラテックスアレルギー研究会, 2015年7月26日. (東京)
23 .
永井淳, 大城希美子, 佐野しおり, 丸尾直樹, 廣松亮, 村上弘, 福田章, 笹本実, 鬼塚得也, 坂上竜資. 慢性歯周炎患者と健常ヒト歯肉溝の歯肉縁下プラーク細菌群集構造の比較. 第56回日本歯周病学会, 平成25年5月31日. (東京都)
24 .
水谷慎介, 江頭留依, 山口真広, 加藤智崇, 玉井恵子, 梅崎陽二朗, 奥菜央理, 内藤徹, 柏崎晴彦. 歯科外来患者における口腔機能と軽度認知障害との関連. 30日本老年歯科医学会, 6.6. (仙台)
25 .
江頭留依, 水谷慎介, 加藤智崇, 山口真広, 玉井恵子, 梅崎陽二朗, 奥菜央理, 内藤徹. 当科通院中の患者におけるType D気質と口腔関連QOLおよび口腔機能との関連. 30日本老年歯科医学会, 6.6. (仙台)
26 .
梅崎陽二朗, 佐久間有穂, 内藤徹. 福岡歯科大学における歯科心身症患者の動向 コロナ禍での受療行動と診察形態の変化について. 36日本歯科心身医学会, 6/19. (札幌)
27 .
谷口奈央, 別府理智子, 竹下徹, 米田雅裕, 山下喜久, 埴岡隆, 廣藤卓雄, 篠原徹雄. Helicobacter pyloriの除菌治療に伴う唾液と舌苔の細菌叢の変化. 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月27-29日. (福岡市)
28 .
佐久間有穂, 梅崎陽二朗, 内藤徹. 錐体外路症状に注意し、少量のアリピプラゾールによって治療した舌痛症の1例. 36日本歯科心身医学会, 6/19. (札幌)
29 .
中島正人, 森田浩光, 山口真広, 縄田和歌子, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 要介護高齢・有病患者における口腔カンジダ症に関する調査・検討. 43福岡歯科大学学会 福岡歯科大学, Dec 18, 2016. (福岡)
30 .
森田浩光. 「有病・高齢者の歯科治療を安全に行うために」. 0長崎歯学研究会・講演会 2016, Jul 23, 2016. (長崎)
31 .
森田浩光. 「訪問歯科診療の実際」. 0平成28年福西会病院研修会, Aug 21. (福岡)
32 .
森田浩光. 「がん患者口腔ケアの実際」. 0福岡歯科大学生涯研修プログラム 2016 「在宅歯科医療に役立つ医科の知識」, Sep 11, 2016. (福岡)
33 .
森田浩光. 「九州地方連合歯科医師会・福岡3大学合同チームとしての南阿蘇村における支援活動の経緯と避難所における障害者・要介護者の現状と支援の実際および課題」. 33日本障害者歯科学会第33回学術大会, Oct 2, 2016. (埼玉)
34 .
森田浩光. 「訪問歯科診療・口腔ケアにおける多職種連携」. 0平成28年度第1回早良区多職種連携研修会, Oct 25, 2016. (福岡)
35 .
森田浩光. 「だから怖い! 歯と全身の意外な関係」. 0平成28年飯塚歯科医師会市民公開講座, Nov 12, 2016. (福岡)
36 .
吉永泰周, 米田雅裕, 廣松亮, 田中芳彦, 廣藤卓雄, 小山昭則. AIを利用した歯周病画像判定システムの開発と実施調査. 第62回日本歯周病学会, 令和元年10月25-26日. (北九州市)
37 .
加藤智崇, 瀧内博也, 杉山精一, 牧野路子, 野口哲司, 内藤徹. 日本人における喫煙由来歯肉着色の年齢による差異. 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016.5.20. (鹿児島市)
38 .
加藤智崇. 若手ミニシンポジウム  高齢者歯科教育のすすめ. 第27回日本老年歯科医学会総会, 2016.6.19. (徳島市)
39 .
加藤智崇, 瀧内博也, 杉山精一, 牧野路子, 野口哲司, 内藤徹. 禁煙によって歯肉のメラニン色素沈着は減少する. 第23回日本歯科医学会総会 , 2016.10.22. (福岡市)
40 .
中村恵子, 古賀千尋, 青木将虎, 井口育美, 中山敬介, 金子高士, 米田雅裕, 金光芳郎, 中村芳明, 池邉哲郎, 高向和宜. 口腔内に多彩な愁訴を訴えた身体表現性障害の1例. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2017年7月8-9日. (東京)
41 .
内藤真理子, 若井建志, 内藤徹, 花田信弘. 高齢者における就労と死亡リスクの関連. 第56回日本老年医学会, 平成26年6月13日. (福岡)
42 .
大城希美子, 吉永泰周, 金子高士, 有田陽一, 河原ゆり, 有田晴一, 笠孝成, 山本南奈, 村上弘, 廣松亮, 岡部幸司. Toll-like receptor刺激は酸化LDL受容体Lox-1を介して破骨細胞形成に影響する. 0平成29年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 2017.11.19. (福岡市)
43 .
山野貴史, 山口真広, 内藤徹, 鵜木あゆみ, 杉野真理子, 横山葉子, 井林雪郎. 回復期リハビリテーション病院への嚥下内視鏡検査の往診. 1第40回日本嚥下医学会総会, 平成29年2月24~25日. (東京都)
44 .
桝尾陽介. 明確な診断にコーンビームCTが有効であった症例. 第17回西日本歯内療法学会・研修会, 2017年9月9-10日. (大阪市)
45 .
吉本尚平, 森田浩光, 岡村和彦, 平木昭光, 橋本修一. αTAT1によるチューブリンのアセチル化は エナメル上皮腫の進展に寄与する. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 12月11日. (福岡)
46 .
加藤智崇, 内藤徹. 長期メインテナンス受診患者の背景の質的分析. 第140回日本歯科保存学会, 平成26年6月19日~20日. (大津市)
47 .
内藤徹. 超高齢社会における歯科医療再考. 第17回日本歯科医療管理学会九州支部学術大会, 平成27年11月29日. (佐世保)
48 .
菅亜里沙, 米田雅裕, 谷口奈央, 藤本暁江, 安河内ひとみ, 山口真広, 森田浩光, 内藤徹, 廣藤卓雄. 歯科衛生士の口臭に関する意識および知識の調査. 第17回日本歯科医療管理学会九州支部学術大会, 平成27年11月29日. (佐世保)
49 .
森田浩光. 福岡県・市歯科医師会と大学が連携した地域がん診療連携拠点病院での周術期口腔機能管理の実際 〜1年間の実績報告〜. 2019福岡市歯科医師会・がん患者歯科医療連携事業研修会, 2019/1/22. (福岡)
50 .
森田浩光. 様々なニーズに対応した訪問歯科診療の実際. 2019福岡市歯科医師会・在宅訪問歯科整備事業研修会, 2019/3/20. (福岡)
51 .
森田浩光. 地域包括ケアの構築(医科・歯科・介護連携について). 2019福岡県歯科医師会・在宅歯科医療講習会(アドバンストコース), 2019/6/23. (福岡)
52 .
嶋田香, 青木久恵, 窪田惠子, 晴佐久悟, 水谷慎介, 内藤徹, 上野道雄. 在宅高齢者の主観的幸福感低値群における影響要因の分析 -AIを用いた影響因子組合せの発見-. 第19回医療情報学会看護学術大会, 2018.7.7. (高知市)
53 .
畑中加珠, 平田貴久, 三辺正人, 山本龍生, 内藤徹, 山本松男, 佐藤秀一, 石幡浩志, 稲垣幸司, 三谷章雄, 中島啓介. 歯周病専門医申請症例の臨床データを用いた歯周炎症表面積(PISA)の基準値の検討. 第61回日本歯周病学会学術大会, 2018/6/2. (東京)
54 .
前芝宗尚, 堤貴司, 吉田兼義, 堀江崇士, 都築尊. 咬合不正による認知機能低下関連物質の発現変化について. 第31回日本老年歯科医学会学術大会, 2020.11.7-8. (Web)
55 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. F市のある「限界集落」における3年間の健康調査について. 第25回日本老年歯科学会, 平成26年6月13日-14日. (福岡市)
56 .
前芝宗尚, 鍛治屋浩, 堤貴司, 都築尊, 右田啓介, 大野純. 咬合不正により誘導されるTau発現依存性の認知能の低下作用. 第39回日本認知症学会, 2020.11.26-28. (Web)
57 .
前芝宗尚, 鍛治屋浩, 堤貴司, 都築尊, 後藤加寿子, 大野純. 咬合不正による認知症発症物質の増加効果. 第47回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2020.12-2021.1. (Web )
58 .
青木久恵, 門司真由美, 三好麻紀, 窪田惠子, 吉田理恵, 町島希美絵, 中島富有子, 晴佐久悟, 内藤徹. 入学直後の看護大学生における口腔ケアの効果と実施すべき頻度に関する理解度の実態. .日本看護科学学会, 2017/12/16.17.. (仙台)
59 .
吉永泰周, 米田雅裕, 廣松亮, 田中芳彦, 廣藤卓雄, 坂上竜資. AIによる歯周病判定画像システムの開発と評価. 第46回福岡歯科大学学会, 2019年12月15日. (福岡市)
60 .
門司真由美, 三好麻紀, 窪田惠子, 吉田理恵, 町島希美絵, 青木久恵, 中島富有子, 晴佐久悟, 内藤徹. 入学直後の看護学生の口腔ケアに関する知識・態度の実態調査. 37日本看護科学学会学術集会, 2017.12.16-17. (仙台)
61 .
宮園真美, 町島希美絵, 宮坂啓子, 松尾里香, 山中富, 角森輝美, 森中惠子, 寒水章納, 牧野路子, 内藤徹. 地域で生活する高齢者の口腔機能と日常生活行動との関連性. 46福岡歯科大学学会, 2019.12.15. (福岡市)
62 .
竹崎公章, 松田裕子, 林慶和, 畠山純子, 米田雅裕, 畠山雄次, 玉置幸雄. Growth Differentiation Factor 5 (GDF5)による高密度培養の未分化間葉細胞遊走に与えるBMP受容体―Smads経路の役割の検討. 第63回歯科基礎医学会学術大会, 2021年10月9日. (Web開催)
63 .
松本典祥, 松﨑英津子, 水上正彦, 畠山純子, 二階堂美咲, 廣瀬陽菜, 阿南 壽. PSリポソームと生体活性ガラスの併用がラット頭蓋骨欠損部に及ぼす骨形成促進効果の解明. 153日本歯科保存学会, 10月. (誌上)
64 .
Miyazono M, Machishima K, Miyasaka K, Matsuo R, Kansui A, Yamanaka T, Morinaka K, Kakumori T, Makino M, Naito T. The associations of sarcopenia with oral health and diet in community-dwelling Japanese elderly people. 11International association of gerontology and geriatrics Asia, 2019.10.23-27. (台北市)
65 .
瀧内博也, 加藤智崇, 水谷慎介, 梅崎陽二朗, 牧野路子, 内藤徹. 福岡市内の特別養護老人ホーム5施設の肺炎の発症の現状. 第29回日本老年歯科医学会, 2018/6/22. (東京)
66 .
江頭瑠依, 山口真広, 安永まどか, 内藤徹, 大野純. 高齢者歯肉溝上皮細胞における細菌性オートファジーの意義. 第148回日本歯科保存学会, 2018/6/14. (横浜)
67 .
加藤智崇, 森田浩光, 山添淳一, 久保田潤平, 中久木康一. 災害歯科医療支援の理解調査および支援者養成の取り組みについて. 第29回日本老年歯科医学会, 2018/6/22. (東京)
68 .
都築尊, 前芝宗尚, 後藤加寿子, 堤貴司, 平川直毅, 松瀬智樹, 平貴文, 宮尾知佐. 歯肉刺激モデル動物における分子生物学的検討. 130日本補綴歯科学会, 2021.6. (オンデマンド)
69 .
梅崎陽二朗. 脳機能画像から捉える歯科心身症. 59心身医学会九州地方会, 2020年2月8日. (福岡)
70 .
江頭留依, 梅崎陽二朗, 吉田瑞姫, 山口真広, 藤田拓, 玉井恵子, 牧野路子, 内藤徹. 地域在住の高齢者における脳萎縮と口腔指標との関連. 46福岡歯科大学学会総会, 2019/12/15. (福岡)
71 .
梅崎陽二朗, 江頭留依, 吉田瑞姫, 山口真広, 藤田拓, 玉井恵子, 牧野路子, 内藤徹. 福岡歯科大学高齢者歯科学分野における歯科心身症患者の実態. 45福岡歯科大学学会, 2019/12/15. (福岡)
72 .
井口育美, 古賀千尋, 中山敬介, 金子高士, 米田雅裕, 内藤徹, 金光芳郎, 中村芳明, 池邊哲郎, 高向和宜. 頑固な口腔の違和感を訴えた気分変調性障害の1例. 57日本心身医学会総会・学術講演会, 2016.6.4-6.5. (仙台市)
73 .
Umezaki Y, Egashira R, Makino M, Naito T. Cerebral atrophy corresponding to teeth loss in elderly individuals.. 2019GSA annual scientific meeting, 2019/11/13-17. (Austin, TX)
74 .
Egashira R, Umezaki Y, Mizutani S, Obata T, Naito T. Relationship between cerebral atrophy and present teeth in elderly individuals.. 97IADR, 2019/6/19-22. (Vancouver)
75 .
内藤徹, 永井淳, 井上敏生, 金光芳郎. 研究ブランディング事業 社会的アプローチの概要 地域高齢者の口腔と全身の健康を支えるための活動. 46福岡歯科大学学会, 2019/12/15. (福岡)
76 .
梅﨑陽二朗. 歯科心身医学におけるrTMS. 第9回Stimulation Therapy研究会, 2018年8月26日. (福井市)
77 .
内藤徹. Oral Frailty: Recent Japanese dentists' strategy to maintain health of the elderly, Educational Lecture. 17thKorean Academy of Geriatric Dentistry, 9月2日. (Seoul)
78 .
梅崎陽二朗, 篠原優貴子, 三浦杏奈, 美久月瑠宇, 川崎カオル, 菅原詩織, Tu Thi Hyen Trang, 須賀隆之, 渡辺毅, 吉川達也, 内藤徹. 口腔セネストパチーの治療経過中にレビー小体型認知症が顕在化した2例. 第32回日本歯科心身症学会総会, 2017/7/8. (東京)
79 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. 歯学部生の介護保険施設実習前後の高齢者に対する印象の変化について. 第36回日本歯科医学教育学会, 2017/7/28. (松本市)
80 .
山口真広, 森田浩光, 高良憲洋, 緒方武文, 中島正人, 石川博之, 高橋裕. フィリピンにおける歯科医療ボランティア活動. 第45回福岡歯科大学学会, 2018年12月9日. (福岡市)
81 .
Yoshimoto S, Tanaka F, Morita H, Hiraki A, Hashimoto S. HIF‐1α and ZEB1 are critical for the malignant transformation of ameloblastoma via TGF‐β‐dependent EMT.. 第109回日本病理学会総会, 2020年7月. (Web)
82 .
Shimada K, Aoki H, Kubota K, Haresaku S, Mizutani S, Naito T, Ueno M. Exceptional association rule set discovery from community-dwelling elderly people database. . 2018IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2018), 3285-3290 (2018), 2018.10.7-10. (Miyazaki)
83 .
森田浩光, 加藤智崇, 外尾典子, 岡田賢司. 福岡歯科大学医科歯科総合病院歯科における過去1年間の抗菌薬使用および検出菌のサーベイランス. 86第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会・第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第64回日本化学療法学会西日本支部総会合同学会, Nov 24-26, 2016. (沖縄)
84 .
Shimada K, Noguchi S, Makino M, Naito T. Exceptional Association Rule Set Mining from Oral Health Assessment Database. 5th International Conference on Man-Machine Interactions, 2017.10.3-6. (Cracow)
85 .
湯川成美, 牧野路子, 縄田和歌子, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄, 内藤徹. 進行性骨化性線維異形成症患者に対する口腔衛生指導の変遷. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
86 .
吉本尚平, 森田浩光, 松田美穂, 片倉喜範, 平田雅人, 橋本修一. 高浸透圧環境下におけるNFAT5による口腔扁平上皮癌の増殖促進機序. 第30回日本臨床口腔病理学会, 2019年9月21日. (東京)
87 .
吉本尚平, 森田浩光, 橋本修一. Hypoxia induced HIF-1α and ZEB1 are critical for the malignant transformation of ameloblastoma. 第61回歯科基礎医学会, 2019年10月14日. (東京)
88 .
内藤徹. エビデンスをまとめる. 第142回日本歯科保存学会, 平成27年6月25-26日. (北九州市)
89 .
森田浩光, 加藤智崇, 外尾典子, 岡田賢司. 福岡歯科大学医科歯科総合病院歯科における過去1年間の抗菌薬使用および検出菌のサーベイランス. 86回日本感染症学会西日本地方会学術集会・第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第64回日本化学療法学会西日本支部総会合同学会 , Nov 24-26, 2016. (沖縄)
90 .
牧野路子, 内藤徹, 中佳香, 円林彩子, 野田佐織, 武内哲二, 廣藤卓雄. 福岡市内の過疎地区おける福岡歯科大学の取り組み. 23日本老年歯科学会, 平成24月6月22-23日. (茨城県つくば市)
91 .
内藤徹, 牧野路子, 藤本暁江, 中佳香, 円林彩子, 野田佐織, 武内哲二, 廣藤卓雄. 要介護高齢者における低栄養に関する因子の検討. 23日本老年歯科学会, 平成24月6月22-23日. (茨城県つくば市)
92 .
円林彩子, 牧野路子, 内藤徹, 野田佐織, 武内哲二, 大星博明, 廣藤卓雄. 高齢者歯科外来における疾患および服薬の実態に関する調査. 23日本老年歯科学会, 平成24月6月22-23日. (茨城県つくば市)
93 .
吉本尚平, 森田浩光, 田中文恵, 片倉喜範, 中村誠司, 平田雅人, 橋本修一. NFAT5 is important for proliferation of oral squamous cell carcinoma in hyper osmotic condition. 第106回日本病理学会総会, 平成29年4月27~29日. (東京)
94 .
野口哲司, 嶋田香, 牧野路子, 内藤徹. 組合せを用いたGOHAI低下因子の発見とその応用への試み. 第28回日本疫学会, 2018/2/2. (福島市)
95 .
石井綾子, 米田雅裕, 谷口奈央, 森田浩光, 松尾忠行, 廣藤卓雄. 口臭に関する知識と意識-歯科衛生士学科学生2学年の比較-. 第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2017年7月28‐29日. (松本市)
96 .
米田雅裕, 大曲紗生, 谷口奈央, 廣藤卓雄. S-PRGイオン溶出液が歯周病原性細菌相互作用に及ぼす影響. 第3回生体機能性材料”S-PRGフィラー”研究会, 2018年2月23日. (京都市)
97 .
内藤徹, 小島寛, 大星博明, 石川博之. 8大学連携口腔医学プロジェクトチーム:口腔医学および口腔ケアに関する歯科医療関係者の認識について. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
98 .
内藤徹. 高齢者の歯科診療 はじめの一歩. 第28回九州歯科麻酔シンポジウム, 2018/2/11. (福岡市)
99 .
Naito T. Supporting an aging society with oral health care - To improve the quality of life . Fukuoka Active Aging Conference in Asia/Pacific, 2010, October 30. (Fukuoka City)
100 .
Naito T, Yokota M, Nishihara T. Microbial composition associated with different clinical states of periodontitis. Thai Society for Periodontology and Japanese Society for Periodontology Joint Session, August 23-25, 2000. (Bangkok, Thailand)
101 .
横田誠, 内藤徹. ラテックスアレルギーの実態調査と対策.3.歯科より.ラテックスアレルギー・OASフォーラム2001. 第6回日本ラテックスアレルギー研究会, 2001年7月20日. (名古屋市)
102 .
石原亮尚, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 阿南壽, 中山浩次, 前田勝正. 2型糖尿病マウス膿瘍モデルによるPorphyromonas ginngivalis cystein proteaseの病原性の評価. 第44回春季日本歯周病学会学術大会, 2001. (新潟市)
103 .
久間一宏, 高橋裕, 清水博史, 佐藤博信, 右近晋一, 小田展生, 松浦正朗, 羽生哲也. 口腔インプラントにおける臼歯部硬質レジン冠の強度に関する研究. 第18回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会, 2001年3月4日. (鹿児島)
104 .
Takahashi Y, Hisama K, Shimizu H, Koyanagi S, Kido H, Ukon S, Sato H, Habu T. Fracture strength of metal-composite restoration for posterior dental implant. 第79回IADR, 2001年6月28日. (Chiba)
105 .
久間一宏, 清水博史, 高橋裕, 佐藤博信, 右近晋一, 松浦尚志, 城戸寛史, 戸川直幹, 松浦正朗, 羽生哲也. 口腔インプラントにおける臼歯部硬質レジン冠の強度に関する研究-ジャケット冠タイプによる破壊強度-. 第31回日本口腔インプラント学会学術大会, 2001年9月23日. (福岡)
106 .
松浦洋志, 山田和彦, 泉利雄, 石川宏伸, 栄田太郎, 川浪裕, 小副川浩倫, 井上勇介, 福島忠男, 井上廣. DNAフィルムの覆髄剤への応用に関する研究. 第117回日本歯科保存学会, 2002年11月21日. (徳島)
107 .
Anan H, Matsumoto A, Yoneda M, Kimura R, Murakawa T, Araki S, Nakanishi M, Noda D, Kita M, Kaida H, Maeda K. An immunohistochemical study of the behavior of cells expressing cytokines in the healing process of experimentally induced apical periodontitis in rats. StoM-P61日中医学大会, 2002/11/3-6. (Beijin, China)
108 .
Matsumoto A, Anan H, Kimura R, Yoneda M, Maeda K. Expression of cytokines during the healing of rat periapical lesions. 50thJapanese Association for Dental Research, 2002/11/30-12/1. (Sendai, Japan)
109 .
椛島浩明, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 堺左和子, 樋口圭子, 牧敬子, 前田勝正. ヒト根尖性歯周炎におけるケモカインレセプター陽性細胞とケモカイン陽性細胞の関与について. 第45回春季日本歯周病学会学術大会, 2002. (東京都)
110 .
廣藤卓雄, 相田宜利, 阿南壽, 濱地貴文, 米田雅裕, 前田勝正. 歯周治療学基礎実習におけるコンピューター支援による教育システムの導入. 第1回デンタルシミュレーション教育研究会, 2002. (京都市)
111 .
本岡法子, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 野添浩司, 重永香代子, 牧敬子, 前田勝正. Bacteroides forsythus 主要表層抗原に対する歯周病患者の免疫応答. 第45回秋季日本歯周病学会学術大会, 2002/10/24-26. (広島市)
112 .
廣藤卓雄, 阿南壽, 濱地貴文, 椛島浩明, 木村龍誠, 米田雅裕, 松本明子, 前田勝正. 歯周治療用シミュレーション模型の試作 ー模型実習への応用ー. 第117回秋季日本歯科保存学会学術大会, 2002/11/21-22. (徳島市)
113 .
椛島浩明, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 阿南壽, 松本明子, 礒辺量子, 荒木正治郎, 前田勝正. ヒト根尖性歯周炎におけるケモカインレセプター陽性細胞とケモカイン陽性細胞の関与について. 第117回秋季日本歯科保存学会学術大会, 2002/11/21-22. (徳島市)
114 .
Yoneda M, Hirofuji T, Motooka N, Nzoe K, Shigenaga K, Miura M, Anan H, Kabashima H, Matsumoto A, Maeda K. Antibody responses Bacteroides forsythus in patients with periodontitis. 50th japanese Association for Dental Research Annual Meeting, 2002.11.30-12.1. (Sendai)
115 .
内藤徹, 横田誠. 歯科医療従事者におけるラテックスアレルギーの現状-我々はいかに臨床現場に周知していくべきか-.ラテックスアレルギー・OASフォーラム2003. 第8回日本ラテックスアレルギー研究会, 2003年7月20日. (北九州市)
116 .
Naito N. Current status of implant therapy in Japan. 24th Pusan Dental Association Scientific Congress, October 18, 2003. (Pusan, Korea)
117 .
内藤徹, 横田誠. 「Evidence-Based Medicineは「改革派」のスローガンではない. 第62回日本矯正歯科学会新潟大会, 2003年10月8-10日. (新潟市)
118 .
米田雅裕, 阿南壽, 本岡法子, 廣藤卓雄, 松本明子, 磯辺量子, 椛島浩明, 前田勝正. 外歯瘻を併発した歯内-歯周疾患の一治験例. 日本歯科保存学会, 2003. (松戸市)
119 .
内藤徹. メインテナンス期に歯を喪失するリスク因子の探索. 日本ヘルスケア歯科研究会 第8回ヘルスケアシンポジウム, 2004年10月17日. (東京)
120 .
廣藤卓雄, 山田和彦, 米田雅裕, 久間一宏, 高橋裕, 松浦正朗, 佐藤博信, 井上廣, 坂上竜資, 本川渉, 本田武司. 自己評価のできる臨床シミュレーションシステムの導入-登院前実習への応用とその評価-. 第3回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会 第3回研究発表会, 2004年7月21-24日. (京都)
121 .
甲斐田光, 阿南壽, 木村龍誠, 米田雅裕, 松本明子, 藤城直也, 宇治綾子, 椛島浩明, 磯部量子, 前田勝正. エナメルマトリックスタンパクの歯髄損傷治癒に及ぼす効果に関する免疫組織学的解析. 第120回春期日本歯科保存学会学術大会, 2004.6.10-11. (東京都)
122 .
吉兼透, 米田雅裕, 山田和彦, 廣藤卓雄. Tannerella forsythensis超音波抽出物によるPorphyromonas gingivalis の増殖促進効果. 第120回春期日本歯科保存学会学術大会, 2004.6.10-11. (東京都)
123 .
三浦真由美, 濱地貴文, 米田雅裕, 相田宜利, 藤瀬修, 野田大輔, 前田勝正. 異なる線毛タイプをもつPorphyromonas gingivalis 臨床分離株のプロテーゼ活性と共凝集について. 第47回秋期日本歯周病学会学術大会, 2004.10.15-16. (仙台市)
124 .
今泉康一, 吉兼透, 本岡法子, 米田雅裕, 山田和彦, 内藤徹, 重永香代子, 三浦真由美, 前田勝正, 廣藤卓雄. Tannerella forsythia 主要表層抗原に対する歯周炎患者血清の免疫応答. 第121回秋期日本歯科保存学会学術大会, 2004.11.18-19. (長崎市)
125 .
岡田一三, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 吉永正治, 山田和彦, 久間一宏, 高橋裕, 松浦正朗, 佐藤博信, 井上廣, 坂上竜資、本川渉、本田武司. 福岡歯科大学における歯科医師臨床研修について ―複合研修に関するアンケート調査―. 第23回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2004.7.1-2. (新潟市)
126 .
村上伸也, 中島啓介、小鷲悠典, 藤井健男、島内英俊, 笹野高嗣、福田光男, 野口俊英、渋谷俊昭, 岩山幸夫、高柴正悟, 栗原英見、木戸淳一, 永田俊彦、濱地貴文, 前田勝正、原宜興、和泉雄一, 廣藤卓雄, 北村正博. KCB-1D(FGF-2)歯周組織再生試験(第Ⅱ相)その1ー有効性の評価. 第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 2004.10.15-16. (仙台市)
127 .
北村正博, 中島啓介、小鷲悠典, 藤井健男、島内英俊, 笹野高嗣、福田光男, 野口俊英、渋谷俊昭, 岩山幸夫、高柴正悟, 栗原英見、木戸淳一, 永田俊彦、濱地貴文, 前田勝正、原宜興、和泉雄一, 廣藤卓雄, 村上伸也. KCB-1D(FGF-2)歯周組織再生試験(第Ⅱ相)その2ー有効性の評価. 第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 2004.10.15-16. (仙台市)
128 .
長島義之, 大坪由佳, 城戸寛史, 内藤徹, 宮國寿一, 松浦正朗. パノラマエックス線写真を用いた下顎臼歯部における術前診断評価. 第5回日本口腔インプラント学会第5回中国四国支部学術大会, 2005年11月12日、13日. (岡山)
129 .
内藤徹. 歯学部でEBM教育をやってみました-やったら少しはできました-. 第8回EBMセミナー東京, 2005年1月8日. (東京)
130 .
内藤徹, 北村憲司, 湯浅賢治, 廣藤卓雄, 藤英俊, 本田武司. PBLチュートリアル授業による問題解決能力の開発- 自ら学び、考える歯科医師を創るために -.「歯科医学教育におけるPBLチュートリアル-なぜ、いまPBLチュートリアルなのか-. 日本歯科医学教育学会 歯科医学教育シンポジウム, 2005年2月11日. (東京)
131 .
吉村哲朗, 武内哲二, 日高圭太郎, 羽生真也, 鳥巣正晃, 清水崇史, 廣藤卓雄, 峰真理子, 坂本和歌子. ALS患者の歯科的対応-全身的変化と歯科処置-. 第32回福岡歯科大学学会総会, 平成17年12月18日. (福岡市)
132 .
峰真理子, 坂本和歌子, 武内哲二, 鳥巣正晃, 吉村哲朗, 山本清, 廣藤卓雄. ALS患者への専門的口腔ケア-全身的変化に合わせた取り組みー. 第32回福岡歯科大学学会総会, 平成17年12月18日. (福岡市)
133 .
米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. I型歯内歯周病変の治験例. 第32回福岡歯科大学学会総会, 平成17年12月18日. (福岡市)
134 .
久間一宏, 米田雅裕, 山田和彦, 内藤徹, 岡田一三, 吉永正治, 吉兼透, 日高圭太郎, 今泉康一, 廣藤卓雄, 井上廣、田村尚治、坂上竜資、本川渉. 臨床シミュレーションシステムを用いた統合型臨床実習の試み. 第122回春期日本歯科保存学会学術大会, 2005.6.2-3. (札幌市)
135 .
内藤徹, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 横田誠. 歯科衛生士学校学生の喫煙状況に影響を及ぼす因子の検討. 第48回秋期日本歯周病学会学術大会, 2005.9.21-23. (札幌市)
136 .
内藤徹. What is the Evidence ? Hierarchy of evidence. コクラン再評価シンポジウム, 2005年10月28日. (東京都)
137 .
Naito T, Yoneda M, Hirofuji T. Tooth loss during supportive maintenance therapy in private practice in Japan. 91st American Academy of Periodontology, Sept 24-27, 2005. (Denver)
138 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯周病原性細菌の特異的凝集に関する研究-Actinobacillus actinomycetemcomitans血清型c株とPorphyromonas gingivalis-. 第32回福岡歯科大学学会総会, 平成17年12月18日. (福岡市)
139 .
米田雅裕, 尾崎正雄, 内藤徹, 久間一宏, 城戸寛史, 清水博史, 坂上竜資, 佐藤博信, 大関悟, 石川博之, 谷口省吾,湯浅賢治,本川渉,本田武司,廣藤卓雄. 福岡歯科大学臨床研修歯科医海外研修の教育効果について. 第24回日本歯科医学教育学会総会, 2005/7/7-8. (徳島)
140 .
内藤徹. 歯周病と全身疾患の関わり. 第48回福岡県西地区歯科医学会, 2006年2月19日. (福岡市)
141 .
Yoneda M, Naito T, Yamada K, Hisama K, Yoshikane T, Imaizumi K, Hirofuji T. Immune responses after mixed infection with periodontopathogens. 第35回Amerisan Association for Dental Research(AADR), 2006.3.8-11. (アメリカ)
142 .
内藤徹. 「ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン」ラテックスアレルギーガイドライン歯科編. ラテックスアレルギー研究会, 2006年7月23日. (福岡)
143 .
正木克宜, 宮木幸一, 内藤真理子, 内藤徹, 原亜沙子, 遠山周吾, 中山健夫. CPITNスコアとbaPWVの関係から見た歯周病と動脈硬化. 第16回日本疫学会学術総会, 2006年1月23、24日. (名古屋)
144 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 廣藤卓雄. 口腔内状態の口臭に及ぼす影響についての研究 ー舌苔・歯周病原性細菌・歯周ポケット・唾液潜血などー. 第49回日本歯周病学会2006春季学術大会, 2006年4月28-29日. (市川市)
145 .
田口明, 稲垣幸司, 金村直子, 河奈裕正, 内藤徹, 中川種昭, 力丸哲也, 古市保志, 山本松男, 野口俊英. パノラマX線写真による世界各国の観察者の骨粗鬆症スクリーニング能力:国際共同研究Osteoporosis Screening Project in Dentistry(OSPD). 第49回春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月28-29日. (市川市)
146 .
清浦有祐, 阿部行洋, 鈴木奈央, 小平杏子, 岡田萌. マウスモデルを用いた歯周病原性細菌による実験的嚥下性肺炎. 第49回春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月28,29日. (市川市)
147 .
羽生真也, 武内哲二, 日高圭太郎, 吉村哲朗, 清水崇史, 坂本和歌子, 峰真理子, 蔭山満恵, 外山博嵩, 廣藤卓雄. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への歯科的取り組みー全身的変化と歯科治療ー. 第17回日本老年歯科医学会, 2006年6月1、2日. (宜野湾市)
148 .
坂本和歌子, 峰真理子, 蔭山満恵, 武内哲二, 日高圭太郎, 羽生真也, 吉村哲朗, 鳥巣正晃, 清水崇史, 廣藤卓雄. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への歯科的取り組みー全身的変化と口腔ケアー. 第17回日本老年歯科医学会, 2006年6月1,2日. (宜野湾市)
149 .
泉繭依, 松葉健一, 武内哲二, 日高圭太郎, 廣藤卓雄. 介護施設における歯科衛生士による口腔ケアの取り組み. 第17回日本老年歯科医学会, 2006年6月1,2日. (宜野湾市)
150 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 廣藤卓雄. 口臭と口腔内所見との関連性についての研究. 第1回口鼻臭臨床研究会, 2006年6月9-10日. (東京)
151 .
Naito T, Miyaki K, Naito M, Nakayama T, Hirofuji T. The relationship between periodontal disease and indices of atherosclerosis. 第5回Europerio, June 29-July 1, 2006. (Madrid)
152 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 口臭の原因の一部解明により、症状が改善傾向にある口臭恐怖症の一例. 第21回日本歯科心身医学会学術大会, 2006年7月15-16日. (北九州市)
153 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 吉兼透, 岡田一三, 島野裕一, 廣藤卓雄. 上顎中切歯の内部吸収と関連して口臭が発生した症例. 第49回秋季日本歯周病学会学術大会, 2006年9月20-21日. (大阪市)
154 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 岡田一三, 島野裕一, 廣藤卓雄. 口臭測定方法と口腔内の口臭関連因子についての研究. 第49回秋季日本歯周病学会学術大会, 2006年9月20-21日. (大阪市)
155 .
吉兼透, 今泉康一, 米田雅裕, 内藤徹, 鈴木奈央, 山田和彦, 岡田一三, 廣藤卓雄. 歯周病原性細菌によるマウス膿瘍形成-細菌種およびマウスストレインの違いの影響-. 第125回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2006年11月9-10日. (鹿児島市)
156 .
内藤徹, 宮木幸一, 内藤真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 山田和彦, 吉兼透, 今泉康一, 中山健夫, 廣藤卓雄. メタボリックシンドローム関連指標と歯周疾患の関係. 第125回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2006年11月9-10日. (鹿児島市)
157 .
羽生真也, 内藤徹, 米田雅裕, 久間一宏, 山田和彦, 岡田一三, 吉兼透, 鈴木奈央, 日高圭太郎, 武内哲二, 廣藤卓雄. 各種口腔指標と口腔関連QOLとの関連. 第33回福岡歯科大学学会, 2006年12月10日. (福岡市)
158 .
岡田一三, 岡本佳三, 久間一宏, 堀江和彦, 米田雅裕, 羽生真也, 武内哲二, 松家茂樹, 廣藤卓雄. CO2レーザーによる各種補綴物(無機物,有機物,金属)への照射損傷. 第33回福岡歯科大学学会, 2006年12月10日. (福岡市)
159 .
峰真理子, 坂本和歌子, 蔭山満恵, 武内哲二, 日高圭太郎, 外山博崇, 吉村哲朗, 清水崇史, 羽生真也, 廣藤卓雄. 口腔ケアに関する老人ホームでの取り組み~介護職員へのアンケート調査~. 第33回福岡歯科大学学会, 2006年12月10日. (福岡市)
160 .
蔭山満恵, 坂本和歌子, 峰真理子, 武内哲二, 日高圭太郎, 外山博崇, 吉村哲朗. 口腔ケアに関する老人ホームでの取り組み~口腔内環境の変化について~. 第33回福岡歯科大学学会, 2006年12月10日. (福岡市)
161 .
竹下徹, 鈴木奈央, 中野善夫, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 山下喜久. T-RFLP法を用いた迅速かつ高頻度な口腔菌叢比較解析法の確立. 分子生物学会, 2006年12月6日-8日. (名古屋市)
162 .
Yoneda M, Suzuki N, Watanabe T, Naito T, Hirofuji T. Questionnaire Survey on the Knowledge and Consciousness of Breath Odor. 第3回アジア口臭研究学会 (ASBOR), Nov 28, 2006. (In Okayama)
163 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Hirofuji T. Study of Clinical and Bacterial Parameters Related to Oral Malodor. 第3回アジア口臭研究学会 (ASBOR), Nov 28, 2006. (In Okayama)
164 .
Takeshita T, Suzuki N, Nakano Y, Yoneda M, Hirofuji T, Yamashita Y. Assesment of the bacterial diversity in saliva of patients with oral malodor by using molecular analysis. 7 th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry, Nov. 29-Dec. 1, 2006. (In Okayama)
165 .
内藤徹. 「クリニカル・エビデンスって何ですか?」歯周治療におけるリスクアセスメントとリスクマネージメント. 第49回日本歯周病学会秋季学術大会, 2006年10月20日. (大阪市)
166 .
内藤徹. 口腔関連QOL評価について その意義とベースライン調査の概要. 日本ヘルスケア歯科研究会ヘルスケアミーティング2006, 2006年11月19日. (東京都)
167 .
岡本佳三, 日高三郎, 江田和夫, 岡田一三, 石川昌嗣, 緒方稔泰, 成瀬重靖. CO2レーザーの照射径の差異による硬組織の熱損傷について. 第115回日本補綴歯科学会, 2006.7.8-9. (札幌)
168 .
阿部行洋, 鈴木奈央, 岡田萌, 小平杏子, 清浦有祐. 口腔微生物の嚥下性肺炎への関与. 日本細菌学会, 平成18年3月. (新潟市)
169 .
石川昌嗣, 重冨澄保, 佐藤博信, 川口稔, 泉利雄, 坂上竜資, 廣藤卓雄, 本川渉, 本田武司. 講座統合型臨床実習への移行―鋳造歯冠修復基礎実習での3年間の試み―. 第25回日本歯科医学教育学会総会, 2006年6月16日、17日. (仙台市)
170 .
田口明, 稲垣幸司, 金村直子, 河奈裕正, 内藤徹, 中川種昭, 力丸哲也, 古市保志, 山本松男, 野口俊英. パノラマX線写真による世界各国の観察者の閉経後骨粗鬆症女性スクリーニング能力. 第49回日本歯周病学会春季学術大会, 2006.4.28. (千葉)
171 .
内藤徹, 米田雅裕, 鈴木奈央, 吉兼透, 岡田一三, 廣藤卓雄. メインテナンス患者の口腔関連QoLの低下には精神的ストレスが関係する. 第50回春季日本歯周病病学会, 平成19年5月18-19日. (横須賀市)
172 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 岡田一三, 島野裕一, 廣藤卓雄. 口臭と生活習慣の関連についての検討 ー口臭に対する飲酒習慣の影響についてー. 第50回春季日本歯周病病学会, 平成19年5月18-19日. (横須賀市)
173 .
武内哲二. 在宅歯科と口腔内状況. 第21回日本プライマリ・ケア学会, H19年11月25日. (奈良市)
174 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Yamada K, Okada I, Yosikane T, Simano Y, Iwamoto T, Hirofuji T. The relationship between halitosis,living habits and conditins. 第127回日本歯科保存学会2007年秋季学術大会・第9回日韓歯科保存学術大会, 2007.11.8-9. (岡山市)
175 .
山田和彦, 鬼塚得也, 松永興昌, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 新たな総合初診システムの構築 ー総合初診の流れと初診患者の分析ー. 第34回福岡歯科大学学会総会, 2007.12.9. (福岡市)
176 .
坂口賢, 廣瀬恵里, 福井慶成, 清水崇史, 外山博崇, 羽生真也, 日高啓圭太郎, 山本清, 武内啓二, 峰真理子、蔭山満恵,本藤貴子, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院訪問歯科の7年間の活動. 第34回福岡歯科大学学会総会, 2007.12.9. (福岡市)
177 .
本藤貴子, 峰真理子, 蔭山満恵, 武内啓二, 日高啓圭太郎, 外山博崇, 清水崇史, 福井慶成, 廣瀬恵里, 廣藤卓雄. 老人ホームにおける口腔清掃指導とアンケート調査. 第34回福岡歯科大学学会総会, 2007.12.9. (福岡市)
178 .
峰真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内田初美, 蔭山満恵, 松本亜矢子、本藤貴子, 廣藤卓雄, 内藤徹, 山田和彦, 久間一宏, 岡田一三. 真性口臭症の治療に歯科衛生士が積極的に参加した症例. 第34回福岡歯科大学学会総会, 2007.12.9. (福岡市)
179 .
島野裕一, 米田雅裕, 鈴木奈央, 渡辺猛, 内藤徹, 山田和彦, 久馬一宏, 岡田一三, 畑野優子, 岩本知之、吉兼透, 廣藤卓雄. 福岡市民の歯を守る集い 口臭相談コーナー来場者に対するアンケート調査 1.口臭および口腔清掃についての意識. 第34回福岡歯科大学学会総会, 2007.12.9. (福岡市)
180 .
岩本知之, 米田雅裕, 鈴木奈央, 渡辺猛, 本田笑香, 葛城明美, 内藤透, 山田和彦, 岡田一三, 吉兼透, 廣藤卓雄. 福岡市民の歯を守る集い 口臭相談コーナー来場者に対するアンケート調査 1.口臭および口腔清掃についての意識. 第34回福岡歯科大学学会総会, 2007.12.9. (福岡市)
181 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 岩元知之, 久間一宏, 山田和彦, 岡田一三、島野裕一, 廣藤卓雄, 畑野優子, 日高圭太郎, 武内哲二. 生活習慣と生活環境が口臭に与える影響. 第34回福岡歯科大学学会総会, 2007.12.9. (福岡市)
182 .
内藤徹, 米田雅裕, 鈴木奈央, 山田和彦, 吉兼透, 岡田一三, 今泉康一, 島野裕一, 横田誠, 廣藤卓雄. 歯周病と精神的ストレスとの関係 ー歯科医師コホート研究ベースライン調査からー. 第126回日本歯科保存学会2007年度春季学術大会, 平成19年6月7-8日. (さいたま市)
183 .
島野裕一, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 吉兼透, 今泉康一, 廣藤卓雄. 口腔保険イベント来場者に対するアンケート調査 1.口臭および口腔清掃についての意識. 第126回日本歯科保存学会2007年度春季学術大会, 平成19年6月7-8日. (さいたま市)
184 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 吉兼透, 今泉康一, 島野裕一, 廣藤卓雄. 口腔保険イベント来場者に対するアンケート調査 2.口臭に関する知識・意識についての検討. 第126回日本歯科保存学会2007年度春季学術大会, 平成19年6月7-8日. (さいたま市)
185 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Yamada K, Hisama K, Okada I, Yoshikane T, Iwamoto T, Hirofuji T. The study of the relationship between alcohol and halitosis. 7th International Conference of the International Society for Breath Odor Research (ISBOR), 2007August 22-24. (Chicago)
186 .
清水崇史, 外山博崇, 日高圭太郎, 福井慶成, 武内哲二, 山本清, 峰真理子, 陰山満恵, 羽生真也, 岡田一三, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院訪問歯科の7年間の活動. 第18回日本老年歯科医学会総会, 2007年6月20日-22日. (札幌市)
187 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 岩元知之, 廣藤卓雄. 口臭クリニックにおける初診時質問票の解析. 第2回口鼻臭臨床研究会学術集会2007, 2007年6月23-24日. (名古屋市)
188 .
吉兼透, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 羽生真也, 廣藤卓雄. 客観的口臭測定と受容的医療面接の繰り返しにより口臭不安が解消した症例. 第22回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2007.3.17-18. (東京都)
189 .
Naito T. Dental insurance system in Japan and Evidence-Based Medicine, Lunch and Learning. University of New Mexico School of Medicine,Advanced Education in General Dentistry Residency Program, March 27, 2007. (Albuquerque,New Mexico, U.S.A.)
190 .
内藤徹. 住民のための20歳までの指針づくり その第一歩として...隣接面のう蝕マネジメント う蝕予防のガイドラインとコンセンサスー世界の事情. 日本ヘルスケア歯科研究会, 2007年11月10日. (東京)
191 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 廣藤卓雄. 口臭症と心理状態の関連について. 第22回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2007.3.17-18. (東京都)
192 .
内藤徹, 羽生真也, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. メインテナンス患者における口腔関連QoLと抑うつの関係. 第22回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2007.3.17-18. (東京都)
193 .
竹下徹, 中野善夫, 柴田幸江, 塩田進, 嶋崎義浩, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 山下喜久. 口腔フローラが健康に及ぼす影響の解明. 第29回日本口腔衛生学会九州地方会総会, 2007. 7. 8. (福岡市)
194 .
峰真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 岡田一三, 内田初美, 吉兼透, 島野裕一, 岩元知之, 廣藤卓雄. 真性口臭症の治療に歯科衛生士が積極的に参加した症例. 第50回秋季日本歯周病学会学術大会, 2007. 9. 21-22. (東京都)
195 .
鈴木奈央, 竹下徹, 米田雅裕, 内藤徹, 吉兼透, 岩元知之, 廣藤卓雄. 口臭に関与する口腔内細菌叢の多様性解析. 第50回秋季日本歯周病学会学術大会, 2007. 9. 21-22. (東京都)
196 .
内藤徹, 若井建志, 内藤真理子, 川村孝, 米田雅裕, 鈴木奈央, 横田誠, 廣藤卓雄. 肥満と歯周病の関係についての検討 ―歯科医師コホート研究ベースライン調査からー. 第50回秋季日本歯周病学会学術大会, 2007. 9. 21-22. (東京都)
197 .
Wakai K, Naito M, Naito T, kojima M, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. The influence of tooth Ioss on the nutrition and total mortality of dentists. 39th APACPH, 2007.11.23-24. (坂戸市)
198 .
白木洋, 久間一宏, 羽生真也, 武内哲二, 廣藤卓雄. 交通事故により発生した顎関節症状の歯科的処置 第一報 耳鼻咽喉科にて回復不可能と診断された耳症状の改善例. 平成19年度日本補綴学会九州支部総会・学術大会, 2007.11月11日. (北九州市)
199 .
米田雅裕. 「口臭クリニックについて」. 福岡歯科大学口腔外科研究会学術講演会, 2007.5.21. (福岡市)
200 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Yamada M, Hisama K, Okada I, Yoshikane T, Habu S, Hirofuji T. Study of Oral Malodor and the Psychological Status. 85th General Session of the International Association for Dental Research, March 21-24, 2007. (New Orleans, USA)
201 .
吉兼透, 米田雅裕, 阿南壽, 山田和彦, 鈴木奈央, 内藤徹, 岡田一三, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 歯周病原性細菌に対する宿主応答 ーマウス膿瘍モデルを用いた免疫組織学的検討ー. 第129回日本歯科保存学会2008年度秋季学術大会, 2008.11.6-7. (富山市)
202 .
岩元知之, 内藤徹, 鈴木奈央, 宮本幸一, 長谷川尚子, 大浦智子, 米田雅裕, 中山健夫, 廣藤卓雄. 職域における電動ブラシを使用した口腔健康指導による行動変容の評価. 第129回日本歯科保存学会2008年度秋季学術大会, 2008.11.6-7. (富山市)
203 .
米田雅裕, 内藤徹, 山田和彦, 久間一宏, 岡田一三, 鈴木奈央, 小島寛, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における医療安全への取り組み. 第24回日本歯科人間工学会/日本人間工学会・口と健康部会、研究発表会, 2008.8.30-31. (北九州市)
204 .
廣藤卓雄, 米田雅裕, 阿南壽, 泉利雄, 久間一宏, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 鈴木奈央, 谷本啓彰, 吉川一志、藤田昌弘、恩地美弥、河見忠雄、山本一世. 保存修復学基礎実習における5大学間の実習内容の比較 その2 ーコンポジットレジン修復とメタルインレー修復についてー. 第24回日本歯科人間工学会/日本人間工学会・口と健康部会、研究発表会, 2008.8.30-31. (北九州市)
205 .
中野善夫, 竹下徹, 神尾宜昌, 柴田幸江, 塩田進, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 山下喜久. サポートベクターマシンを用いた唾液細菌叢分析に基づく口臭推定法. 第81回日本細菌学会総会, 2008.3.24-26. (京都市)
206 .
内藤徹, 米田雅裕, 久間一宏, 山田和彦, 岡田一三, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 歯科における診療ガイドラインとエビデンスレベルについて. 第1回総合歯科医療に関する学術セミナー2008, 2008.8.2-3. (広島市)
207 .
桝尾陽介, 鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 岩元知之, 山田和彦, 岡田一三, 廣藤卓雄. Helicobacter pylori の口腔内感染と口臭の関連性. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡市)
208 .
福井慶成, 頼藤千愛, 名和佳宜, 外山博崇, 清水崇史, 日高圭太郎, 山本清、岡田一三, 武内哲二, 本藤貴子, 峰真理子、縄田和歌子, 廣藤卓雄. 音波ブラシを使用した刺激時唾液量の変化について. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡市)
209 .
岩元知之, 内藤徹, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 職域における電動ブラシを使用した口腔保健指導による行動変容の評価. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡市)
210 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 岩元知之, 山田和彦, 岡田一三, 島野裕一, 廣藤卓雄. モチベーションの持続と歯科治療の継続により口臭が消失した症例. 第128回日本歯科保存学会2008年度春季学術大会, 2008.6.5-6. (新潟市)
211 .
内藤徹, 鈴木奈央, 米田雅裕, 岩元知之, 廣藤卓雄, 宮本幸一, 長谷川尚子, 大浦智子, 中山健夫. 職域における口腔健康指導による口臭の変化ー電動ブラシを使用したランダム化比較試験の概要. 第128回日本歯科保存学会2008年度春季学術大会, 2008.6.5-6. (新潟市)
212 .
外山博崇, 福井慶成, 清水崇史, 日高圭太郎, 峰真理子, 羽生真也, 山本清, 岡田一三, 武内哲二, 廣藤卓雄. 音波ブラシを使用した刺激時唾液量の変化について. 第19回日本老年歯科医学会総会・学術大会, 2008.6.19-20. (岡山市)
213 .
廣藤卓雄, 米田雅裕, 阿南壽, 泉利雄, 久間一宏, 内藤 徹, 山田和彦, 岡田一三, 鈴木奈央. 保存修復学基礎実習におけるメタルインレー修復についてー5大学間の実習内容の比較ー. 第27回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2008.7.11-12. (東京都)
214 .
内藤徹, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 歯科医院における治療継続患者と治療中断者のQOL指標の比較. 第23回日本歯科心身医学会総会, 2008.7.19-20. (東京都)
215 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭患者におけるHelicodacter pyloriの検出. 第3回口鼻臭臨床研究会学術集会, 2008.7.26-27. (札幌市)
216 .
笹本実, 鈴木奈央, 永井淳, 渡辺猛, 力丸哲也, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
217 .
笹本実, 鈴木奈央, 永井淳, 渡辺猛, 力丸哲也, 加藤熈, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果. 第51回秋季日本歯周病学会学術大会, 2008.11.19. (四日市)
218 .
伊藤和之, 笹本実, 鈴木奈央, 永井淳, 渡辺猛, 力丸哲也, 進藤剛, 竹中淳, 柳澤康二, 西田敬司, 今泉亮、坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
219 .
杉山清一, 内藤徹, 千ヶ崎尾乙文, 藤木省三, 福田健二, 加藤徹, 国井一好, 森谷良行, 征矢亘, 鈴木正臣、田中正大、寺田昌平、安田直美、山口将日, 米田雅裕、鈴木奈央、廣藤卓雄. 歯科患者における受診パターンがQOL指標に与える影響. 第51回日本歯周病学会2008秋季学術大会, 2008.10.18-19. (四日市市)
220 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 岡田一三, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. Helicobacter pyloriの口腔内感染に関する研究. 第51回日本歯周病学会2008秋季学術大会, 2008.10.18-19. (四日市市)
221 .
内田初美, 米田雅裕, 鈴木奈央, 峰真理子, 内藤徹, 岡田一三, 岩本知之, 桝尾陽一, 廣藤卓雄. 誤った口臭除去法によりtooth wear(TSL)が進行したと思われる症例. 第51回日本歯周病学会2008秋季学術大会, 2008.10.18-19. (四日市市)
222 .
Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Yamada K, Okada I, Yosikane T, Simano Y, Iwamoto T, Hirofuji T. Relationship between oral Helicobacter pylori and halitosis. 第10回日韓歯科保存学会, 2008.11.27-29. (韓国ソウル)
223 .
赤澤晃, 矢上晶子, 内藤徹, 吉田幸一. ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン2009.2009.7.26. 第14回日本ラテックスアレルギー研究会, 7.26. (東京)
224 .
桝尾陽介, 米田雅裕, 鈴木奈央, 岩元知之, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 唾液中のβ-galactosidase活性と口臭の関係. 第131回日本歯科保存学会2009年度秋季学術大会, 2009.10.29-30. (仙台市)
225 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 廣藤卓雄. 学生の口臭治療に対する意識調査. 第28回日本歯科医学教育会, 2009.11.5-7. (広島市)
226 .
高瀬保晶, 泉川昌宣, 斎藤隆史, 堀田正人, 小竹宏朋, 谷本啓彰, 山本一世, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 岩城重次, 新谷英章. 保存修復学基礎実習における初期切削実習に関する研究. 第28回日本歯科医学教育会, 2009.11.5-7. (広島市)
227 .
泉川昌宣, 斎藤隆史, 高瀬保晶, 堀田正人, 小竹宏朋, 谷本啓彰, 山本一世, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 岩城重次, 新谷英章. 保存修復学基礎実習における問題志向型教材の開発. 第28回日本歯科医学教育会, 2009.11.5-7. (広島市)
228 .
鈴木奈央, 岩元知之, 米田雅裕, 稲光哲明, 内藤徹, 桝尾陽介, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 神経症傾向を有する口臭患者における口臭の有無と心理学的特性についてーCMI健康調査表を利用した検討ー. 第4回口鼻臭臨床研究会学術集会, 2009.7.11-12. (福岡市)
229 .
岩元知之, 鈴木奈央, 米田雅裕, 田邊一成, 平田晴久, 中谷清吾, 竹下徹, 内藤徹, 桝尾陽介, 藤本暁江, 廣藤卓雄. Lactobacillus salivarius WB21含有錠菓摂取による口臭抑制効果. 第4回口鼻臭臨床研究会学術集会, 2009.7.11-12. (福岡市)
230 .
内田初美, 峰真理子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 口臭患者に認められたtooth wearおよび歯科衛生士による生活指導. 第4回口鼻臭臨床研究会学術集会, 2009.7.11-12. (福岡市)
231 .
峰真理子, 内田初美, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 口臭治療におけるモチベーションの重要性と歯科衛生士の役割. 第4回口鼻臭臨床研究会学術集会, 2009.7.11-12. (福岡市)
232 .
桝尾陽介, 米田雅裕, 鈴木奈央, 岩元知之, 内藤徹, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 唾液中のβgalacatosidase活性と口臭の関係. 第4回口鼻臭臨床研究会学術集会, 2009.7.11-12. (福岡市)
233 .
岡田一三, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄, 泉利雄, 阿南壽. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における針刺し・切創等の分析および対策の検討. 第130回日本歯科保存学会2009年度春季学術大会, 2009.6.11-12. (札幌市)
234 .
山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 泉利雄, 阿南壽, 泉川昌宣, 斉藤隆史, 川上智史, 高瀬保晶, 堀田正人、山本宏治、平井義人, 谷本敬彰、山本一世、岩城重次、新谷英章. 保存修復学基礎実習における教材の共有化に関する検討. 第130回日本歯科保存学会2009年度春季学術大会, 2009.6.11-12. (札幌市)
235 .
谷本敬彰, 山本一世、岩城重次、新谷英章, 泉川昌宣、斉藤隆史, 川上智史、高瀬保晶、平井義人, 堀田正人、山本宏治, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 山田和彦, 泉利雄, 阿南壽. 保存修復学基礎実習における問題志向型教材の開発. 第130回日本歯科保存学会2009年度春季学術大会, 2009.6.11-12. (札幌市)
236 .
峰真理子, 米田雅裕, 内田初美, 鈴木奈央, 内藤徹, 岡田一三, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口腔内異常を訴える患者に対して歯科医師と歯科衛生士が協力して対応した症例. 第52回日本歯周病学会2009秋季学術大会, 2009.10.10-11. (宮崎市)
237 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 稲光哲明, 内藤徹, 羽生真也, 廣藤卓雄. 口腔乾燥に対する治療により、原因不明の不快感や口臭に対する不安感が改善した症例. 第24回日本歯科心身医学会, 2009.6.6-7. (東京)
238 .
鈴木奈央, 岩元知之, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 神経症傾向の強い口臭患者における口臭の有無と心理学的特性について. 第24回日本歯科心身医学会, 2009.6.6-7. (東京)
239 .
岩元知之, 鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 心理テストによる口臭患者の神経症傾向と問診票の回答結果の比較分析. 第24回日本歯科心身医学会, 2009.6.6-7. (東京)
240 .
Suzuki N, Iwamoto T, Yoneda M, Masuo Y, Naito T, Yamada K, Okada I, Hirofuji T. Relationship between psychological characteristics and oral malodor in subjects with neurotic tendency complaining of halitosis. The 8th International Conference the International society for Breath Odor Research (ISBOR) (jointed with the International Association of Breath Research (IABR)), April 26–30, 2009. (Dortmund, Germany)
241 .
Masuo Y, Yoneda M, Suzuki N, Iwamoto T, Naito T, Yamada K, Okada I, Hirofuji T. Relationship between b-galactosidase activity in saliva and parameters associated with oral malodor. The 8th International Conference the International society for Breath Odor Research (ISBOR) (jointed with the International Association of Breath Research (IABR)), April 26–30, 2009. (Dortmund, Germany)
242 .
Iwamoto T, Suzuki N, Yoneda M, Tanabe K, Hirata H, Nakaya S, Takeshita T, Hirofuji T, Masuo Y, Naito T, Yamada K, Okada I. Effect of probiotics on halitosis parameters and clinical condition. The 8th International Conference the International society for Breath Odor Research (ISBOR) (jointed with the International Association of Breath Research (IABR)), April 26–30, 2009. (Dortmund, Germany)
243 .
Yoneda M, Uchida H, Suzuki N, Mine T, Iwamoto T, Masuo Y, Naito T, Yamada K, Okada I, Hirofuji T. Tooth wear associated with inappropriate breath odor-reducing procedures. The 8th International Conference the International society for Breath Odor Research (ISBOR) (jointed with the International Association of Breath Research (IABR)), April 26–30, 2009. (Dortmund, Germany)
244 .
松本亜矢子, 内藤徹, 鈴木奈央, 松尾忠行, 米田雅裕, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 若年女性における口臭の自覚に関連する因子の検討. 第36回福歯大学会, 2009年12月23日. (福岡市)
245 .
内藤徹, 田中麻衣子, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン2009(歯科編). 第14回日本ラテックスアレルギー研究会, 2009/7/26. (東京)
246 .
桝尾陽介, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 唾液中の b-galactosidase 活性と口臭の関係 . 第36回福岡歯科大学学会総会, 2009.12.23. (福岡市)
247 .
岩元知之, 鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. CMI健康調査表を用いた口臭患者の神経症傾向と問診票の回答結果の分析. 第36回福岡歯科大学学会総会, 2009.12.23. (福岡市)
248 .
峰真理子, 米田雅裕, 内田初美, 蔭山満恵, 本藤貴子, 大神仁美, 廣藤卓雄. 口腔異常感を訴える患者の治療に歯科衛生士が積極的に参加した症例. 第36回福岡歯科大学学会総会, 2009.12.23. (福岡市)
249 .
内田初美, 米田雅裕, 峰真理子, 鈴木奈央, 蔭山満恵, 本藤貴子, 大神仁美, 廣藤卓雄. 不適切な口臭除去法により生じたtooth wear の症例および歯科衛生士による生活指導. 第36回福岡歯科大学学会総会, 2009.12.23. (福岡市)
250 .
松本亜矢子, 内藤徹, 鈴木奈央, 松尾忠行, 米田雅裕, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 若年女性における口臭の自覚に関連する因子の検討. 第36回福岡歯科大学学会総会, 2009.12.23. (福岡市)
251 .
山田和彦, 米田雅裕, 内藤徹, 岡田一三, 鈴木奈央, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における初診システムと初診患者の分析.総合歯科医療に関する学術セミナー. 第2回総合歯科協議会, 2009.7.19-20. (松戸市)
252 .
村上慶, 藤岡洋記, 入佐弘介, 内藤徹, 伊藤隆利, 横田誠. 臼歯部咬合崩壊を伴う慢性歯周病患者にインプラントを用いて咬合回復を行った症例の予後経過. 第52回春季日本歯周病学会, 2009.5.15-16. (岡山市)
253 .
内藤徹, 内藤真理子, 稲垣幸司, 畔地美紀, 山本弦太, 坂野雅洋, 野口俊英, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. ベーテェット病患者の歯周組織所見の検討. 第52回春季日本歯周病学会, 2009.5.115-16. (岡山市)
254 .
頼藤千愛, 外山博崇, 清水崇史, 福井慶成, 日高圭太郎, 山本清, 峰真理子, 岡田一三, 武内哲二, 廣藤卓雄. 音波ブラシを使用した刺激時唾液量の変化について(第2報). 第20回日本老年歯科医学会総会・学術大会, 2009.6.18-20. (横浜市)
255 .
稲垣幸司, 菊池毅, 野口俊英, 川浪雅光, 古市保志, 島内英俊, 吉江弘正, 山田了、和泉雄一、新田浩、沼部幸博、山本松男, 吉成伸夫、村上伸也、西村英紀、永田俊彦, 内藤徹, 野口和行、伊藤公一. 糖尿病合併症の実態把握とその治療に関するデータベース構築による大規模前向き研究(JDCP study)のベースライン時所見. 第52回秋季日本歯周病学会, 2009.10.10-11. (宮崎市)
256 .
桝尾陽介, 鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 岩元知之, 廣藤卓雄. βガラクトシダーゼの局在に関する検討および酵素活性と口臭との関連性について. 第132回日本歯科保存学会2010年度春季学術大会, 2010/6/4-5. (熊本市)
257 .
米田雅裕, 鈴木奈央, 岩本知之, 桝尾陽介, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 心因性口臭の治療における医療面接の重要性. 第132回日本歯科保存学会2010年度春季学術大会, 2010/6/4-5. (熊本市)
258 .
小鶴芽衣, 米田雅裕, 山田和彦, 鈴木奈央, 岡田一三, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における針刺し事故について ー病院全体の事故分析および研修歯科医の意識調査ー. 第132回日本歯科保存学会2010年度春季学術大会, 2010/6/4-5. (熊本市)
259 .
渡辺猛, 内藤徹, 金崎信夫, 山本未陶, 埴岡隆. 福岡歯科大学卒業者の就業実態. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡市)
260 .
谷口祐介, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学診療参加型学生実習で歯周治療に積極的に参加することができた症例. 第53回日本歯周病学会2010秋季学術大会, 2010/9/18-19. (高松市)
261 .
桝尾陽介, 鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 岡田一三, 畑野優子, 岩元知之, 廣藤卓雄. 唾液中のβガラクトシダーゼ活性は生理的口臭に作用する. 第53回日本歯周病学会2010秋季学術大会, 2010/9/18-19. (高松市)
262 .
内田初美, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 峰真理子, 加塩奈津希, 廣藤卓雄. モチベーションの持続に配慮しながら歯周治療を行った症例. 第53回第53回日本歯周病学会2010秋季学術大会, 2010/9/18/19. (高松市)
263 .
鈴木奈央, 米田雅裕, 岩元知之, 桝尾陽介, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 真性口臭症がきっかけで不安感や自信喪失が強まり口臭恐怖症に至った症例. 第1回日本口臭学会学術大会, 2010/7/10-11. (東京)
264 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川歩, 廣藤卓雄. 臨床研修歯科医の針刺し防止についての意識の調査. 第25回日本歯科人間工学会研究発表会, 2010/1/30. (大阪市)
265 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川歩, 松浦正朗, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学 臨床研修歯科医の針刺し防止についての意識の調査. 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2010/7/22-24. (盛岡市)
266 .
谷本啓彰, 山本一世, 泉川昌宜, 斎藤隆史, 高瀬保晶, 小竹宏朋、堀田正人, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 泉利雄, 岩城重次, 新谷英章. 保存修復学基礎実習における問題志向型教材の開発 ー第2報 教員へのアンケート調査ー. 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2010/7/22/24. (盛岡市)
267 .
岩元知之, 鈴木奈央, 米田雅裕, 田邊一成, 平田晴久, 中谷清吾, 竹下徹, 内藤徹, 畑野優子, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. Lactobacillus salivarius 配合錠菓摂取による口臭と口腔内環境の変化について. 第53回日本歯周病学会2010春季学術大会, 2010/5/14-15. (盛岡市)
268 .
Takeshita T, Suzuki N, Nakano Y, Shimazaki Y, Yoneda M, Hirofuji T, Yamashita Y. Relationship between the global composition of indigenous bacterial populations in saliva and oral malodor.. International symposium on “oral health science”, Feb 6. (Fukuoka )
269 .
内藤徹. 介護予防プログラムの有効性:系統的レビューの結果から「口腔」. 第69回日本公衆衛生学界, 2010.10.27-29. (東京都)
270 .
内田初美, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 縄田和歌子, 峰真理子, 大神仁美, 加塩奈津希, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. モチベーションの持続に配慮しながら口臭治療を行った症例. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010.12.12. (福岡市)
271 .
Yoneda M. Treatment of type I endo-periodontal iesions. .Trans-Tasman Endodontic Conference, 4-6 November 2010. (New Zealand)
272 .
Yoneda M. Approaches to reduce breath oder -Our current trials-. ・Korean Academy of the Clinical Preventive Dentistry, 2010.10.24. (韓国ソール)
273 .
藤本暁江, 廣藤卓雄. 球状アディポネクチンにより誘導されるG-CSFの発現はSOCSIにより抑制される. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010.12.12. (福岡市)
274 .
内藤徹, 武内哲二, 野田佐織, 円林綾子. 高齢者のメインテナンス受診患者における口腔関連QOLの変化. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010.12.12. (福岡市)
275 .
藤本暁江, 秋房住朗, 廣藤卓雄, 山下喜久. SOCS1は球状アディポネクチンによって誘導するG-CSFの発現を抑制する。. 第52回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010.9.20-22. (東京)
276 .
鈴木奈央, 中野善夫, 畑野優子, 米田雅裕, 横瀬勝美, 桑田文幸, 廣藤卓雄. 塩化亜鉛溶液を用いた洗口による口腔内細菌仰の変化と解析. 第52回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010.9.20-22. (東京)
277 .
内藤徹. 上手い治療か考える治療か-「EBMでとらえた歯科治療. 第69回日本橋正歯科学会大会, 2010.9.27. (横浜)
278 .
Naito T, Nagana E, Toyosima Y, Mochizuki Y, Yamaguchi N, Hanada N. A newly established network for translating the Cochrane Database of Systematic Review abstracts. 17thCochrane Colloquium, October 18to22,2010. (denver,USA)
279 .
小竹宏朋, 堀田正人, 谷本啓彰, 山本一世, 泉川昌宣, 斉藤隆史, 高瀬保昌, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 泉利雄, 岩城重次、新谷英章. 保存修復学基礎実習における問題志向型教材の開発 -臨床前実習学生へのアンケート調査-. 第33回日本歯科保存学会2010年度秋季学術大会第12回日韓歯科保存学会学術大会, 2010/10-28-29. (岐阜市)
280 .
桝尾陽介, 米田雅裕, 鈴木奈央, 畑野優子, 岩元知之, 廣藤卓雄. S-PRG溶出液が歯周病原性細菌のプロテアーゼ活性および共凝集活性におよぼす影響. 第54回秋季日本歯周病学会学術大会, 2011.9.24. (下関市)
281 .
米田雅裕. 種々の原因で生じた口腔由来病的口臭の治療例 . 第54回秋季日本歯周病学会学術大会, 2011/9/24. (下関市)
282 .
竹下徹, 鈴木奈央, 中野善夫, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 山下喜久. 硫化水素およびメチルメルカプタン高産生口腔異常フローラの細菌構成. 第53回歯科基礎医学会, 2011.9.30-10.2. (東京都)
283 .
米田雅裕, 廣藤卓雄. 原因の同定により短期間で患者満足が得られた歯内疾患症例. 第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会, 2011.10.20-21. (大阪市)
284 .
桝尾陽介, 米田雅裕, 鈴木奈央, 山田和彦, 岩元知之, 藤本暁江, 伊波幸作, 廣藤卓雄. S-PRG溶出液が歯周病原性細菌のプロテアーゼ活性および共凝集活性のおよぼす影響. 第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会, 2011.10.20-21. (大阪市)
285 .
鈴木奈央, 中野善夫, 畑野優子, 米田雅裕, 横瀬勝美, 桑田文幸, 廣藤卓雄. 塩化亜鉛溶液を用いた洗口による口腔常在フローラの変化. 第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会, 2011.10.20-21. (大阪市)
286 .
畑野優子, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田和彦, 岩元知之, 桝尾陽介, 藤本暁江, 伊波幸作, 廣藤卓雄. 乳酸菌配合歯磨剤の口腔衛生改善効果についての臨床研究. 第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会, 2011.10.20-21. (大阪市)
287 .
高橋英敬, 正木千尋, 柄慎太郎, 友枝圭, 近藤祐介, 丸山俊正, 牧野路子, 吉田政樹, 中本哲自, 細川隆司. ナイトガード装着が睡眠前後における精神的ストレスに与える影響. H23日本補綴歯科学会九州支部学術大会州支部「, 2011/11/6. (長崎)
288 .
桝尾陽介, 鈴木奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 山田和彦, 岩元知之, 藤本暁江, 伊波幸作, 廣藤卓雄. βガラクトシダーゼの局在に関する検討および酵素活性と口臭との関連性について. 第4回総合歯科協議会学術大会, 2011.11.19-20. (新潟市)
289 .
Yoneda M, Suzuki N, Sonia M.Macedo, Masuo Y, Fujimoto A, Iha K, Hirofuji T. Japanese Dental Students Consciousness on the Halitosis Treatment. 9th ISBOR Meeting Breath, 2011/5/25-28. (ブラジル)
290 .
Suzuki N, Tanabe K, Takeshita T, Yoneda M, Iwamoto T, Oshiro S, Yamashita Y, Hirofuji T. Improved Oral Environment With Oil Drops Containing Lactobacillus Salivarius WB21. 9th ISBOR Meeting Breath, 2011.5.25-28. (ブラジル)
291 .
内藤徹, 大星博明, 小島寛, 米田雅裕, 敦賀英知. 歯学教育における医学教育の重要性に関する質問票調査. 第22回日本老年歯科医学会, 2011.6.17. (東京)
292 .
羽生真也, 足立英一, 武内哲司, 内藤徹, 廣藤卓雄. 介護老人福祉施設における口腔ケアの実態調査および介護職員の意識変化. 第22回日本老年歯科医学会, 2011.6.17. (東京)
293 .
Masuo Y, Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T. β-Galactosidase Activity in Saliva Affects Physiological Oral Malodor. 9thISBOR Meeting Breath , 2011.5.25-28. (ブラジル)
294 .
内藤徹. 歯科衛生士の喫煙行動は母親の喫煙に影響を受ける. 第20回日本健康教育学会, 2011.6.25-26. (福岡)
295 .
内藤徹, 米田雅裕, 小島寛, 埴岡隆, 池邉哲郎, 大星博明. 医学部は歯科医師の医学教育をどうあるべきと考えているか?. 第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2011.7.15-17. (東京)
296 .
Nango E, Naito T, Toyosima Y, Yoshimoto H, Nakayama T. The Role of the Medical Information Database in Managing. 18Cochrane Colloquium, 2011.10.19-22. (Madrid, Spain)
297 .
Suzuki N, Tanabe K, Takeshita T, Yoneda M, Iwamoto T, Oshiro S, Yamashita Y, Hirofuji T. Improved oral environment with oil drops containing Lactobacillus salivarius WB21. 9International Society of Breath Odor Research 9th International Meeting, 2011.5.11. (ブラジル)
298 .
松浦正朗, 野村隆祥, 山本勝己, 加倉加恵, 森永健三, 城戸寛史, 内藤徹. まばたきするエピテーゼの開発のための基礎的研究とまばたき感知装置. 第28回九州支部学術大会, 2011.01/22-23. (鹿児島市)
299 .
山本一世, 谷本啓彰, 泉川昌宣, 斉藤隆史, 高瀬保昌, 小竹宏朋, 堀田正人, 廣藤卓雄, 泉利雄, 谷岡正行, 岩城軍次. 保存修復学基礎実習における問題志向型教育システムの開発. 第30回日本歯科医学教育学会, 2011.7.15-17. (東京都)
300 .
蔵田和史, 権藤加那子, 谷口奈央, 小篠政之、柳沢康二、國松聖志、鬼塚得也、牧角麻未、後藤知子、内田智大, 國廣聡, 神内佑介, 澤木孝仁, 森智昌, 永井淳, 加藤熙, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)の口臭抑制効果について. 第54回日本歯周病学会, 平成23年5月26-28日. (福岡市)
301 .
円林彩子, 牧野路子, 内藤徹, 中佳香, 野田佐織, 武内哲二, 内田初美, 村上早苗, 大星博明, 山崎純, 廣藤卓雄. 高齢者歯科外来における疾患および服薬の実態に関する調査. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011/12/11. (福岡)
302 .
中佳香, 内藤徹, 牧野路子, 円林彩子, 野田佐織, 武内哲二, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 福岡市内の過疎地区に在住する高齢者の健康実態調査. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011/12/11. (福岡)
303 .
野田佐織, 円林彩子, 武内哲二, 山本清, 内藤徹, 廣藤卓雄, 日高圭太郎, 羽生慎也. 進行性骨化性筋炎の1例-訪問歯科診療-. 第22回日本老年歯科医学会, 2011/6/15-17. (東京)
304 .
内藤徹, 大星博明, 小島寛, 米田雅裕, 敦賀英知. 歯学部における医学教育の重要性に関する質問票調査. 第22回日本老年歯科医瓦解, 2011/6/15-17. (東京)
305 .
鈴木奈央, 田邊一成, 竹下徹, 米田雅裕, 岩元知之, 大城末子, 山下喜久, 廣藤卓雄. Lactobacillus salivarius WB21配合オイルの口腔内投与による口腔内環境の改善効果についての介入研究. 第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会, 2011/6/9-10. (浦安市)
306 .
畑野優子, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田和彦, 岩元知之, 桝尾陽介, 藤本暁江, 伊波幸作, 廣藤卓雄. Enterococcus faecium WB2000株のmutans streptococciバイオフィルム形成に対する阻害作用についての in vitro 実験. 第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会, 2011/6/9-10. (浦安市)
307 .
畑野優子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 学生によるシナリオ作成を導入した医療面接の教育効果. 第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2011/7/15-17. (東京)
308 .
円林彩子, 牧野路子, 内藤徹, 野田佐織, 武内哲二, 大星博明, 廣藤卓雄. 大学病院歯科受信患者における疾患および服薬に関する実態調査. 第23回日本老年歯科学会学術大会, 2012.6.22-23. (つくば市)
309 .
内藤徹, 牧野路子, 藤本暁江, 中佳香, 円林彩子, 野田佐織, 武内哲二, 廣藤卓雄. 要介護高齢者における低栄養に関連する因子の検討. 第23回日本老年歯科学会学術大会, 2012.6.22-23. (つくば市)
310 .
牧野路子, 内藤徹, 中佳香, 円林彩子, 野田佐織, 武内哲二, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 福岡市内の過疎地区における福岡歯科大学の取り組み . 第23回日本老年歯科学会学術大会 , 2012.6.22-23. (つくば市)
311 .
鈴木奈央, 中野善夫, 畑野優子, 米田雅裕, 横瀬勝美, 桑田文幸, 廣藤卓雄. 塩化亜鉛曝露による口腔細菌構成の変化. 第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会, 2012.6.28-29. (宜野湾市)
312 .
藤本暁江, 鈴木奈央, 米田雅裕, 田邊一成, 山田和彦, 岩元知之, 桝尾陽介, 伊波幸作, 廣藤卓雄. Lactobacillus salivarius WB21株配合錠菓の口臭抑制効果についての臨床研究~ランダム化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験~. 第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会, 2012.6.28-29. (宜野湾市)
313 .
泉川昌宣, 斉藤隆史, 小竹宏朋, 堀田正人, 谷本啓彰, 山本一世, 高瀬保昌, 米田雅裕, 泉利雄, 廣藤卓雄, 谷岡正行、新谷英章. 保存修復学基礎実習における問題志向型教材の開発-教材の効果的な利用法の検討. 第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会, 2012.6.28-29. (宜野湾市)
314 .
小竹宏朋, 堀田正人, 谷本啓彰, 山本一世, 泉川昌宣, 斉藤隆史, 高瀬保昌, 米田雅裕, 泉利雄, 廣藤卓雄, 谷岡正行、新谷英章. 保存修復学基礎実習における問題志向型教材の開発 -1級コンポジットレジン・2級メタルインレー修復のトライアル- . 第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会, 2012.6.28-29. (宜野湾市)
315 .
谷本敬彰, 山本一世, 小竹宏朋, 堀田正人, 泉川昌宣, 斉藤隆史, 高瀬保晶, 米田雅裕, 泉利雄, 廣藤卓雄, 谷岡正行、新谷英章. 保存修復学基礎実習における問題志向型教材の開発 -2級・3級・5級コンポジットレジン修復のトライアル-. 第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会, 2012.6.28-29. (宜野湾市)
316 .
加塩奈津希, 米田雅裕, 内田初美, 鈴木奈央, 内藤徹, 村上早苗, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄. 口臭治療に関する歯科衛生士の意識調査. 第55回日本歯周病学会2012春季学術大会, 2012.5.17-19. (札幌市)
317 .
鈴木奈央, 中野義夫, 米田雅裕, 横瀬勝美, 桑田文之, 廣藤卓雄. 塩化亜鉛溶液の洗口による口腔内細菌叢の変動. 第3回日本口臭学会, 2012.7.7-8. (東京都)
318 .
藤本暁江, 鈴木奈央, 米田雅裕, 伊波幸作, 田邊一成, 山田和彦, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 真性口臭症におけるLactobacillus salivarius WB21株配合錠菓の有効性の検討. 第3回日本口臭学会, 2012.7.7-8. (東京都)
319 .
米田雅裕, 古賀千尋, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学口腔医療センター口臭科の患者解析および口臭恐怖症の1症例. 第27回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2012.9.1-2. (川越市)
320 .
加塩奈津希, 米田雅裕, 内田初美, 鈴木奈央, 内藤徹, 縄田和歌子, 黒田美和子, 力武紗由美, 廣藤卓雄. 口臭治療に関する歯科衛生士の意識調査. 第39回福岡歯科大学学会総会, 2012.11.18. (福岡市)
321 .
桝尾陽介, 鈴木奈央, 米田雅裕, 安忠大, 仲西宏介, 藤本暁江, 伊波幸作, 瀬野恵衣, 山田和彦, 岩元知之, 廣藤卓雄. S-PRGイオン溶出液とS-PRG配合歯面研磨剤の口腔バイオフィルムへの影響. 第39回福岡歯科大学学会総会, 2012.11.18. (福岡市)
322 .
桝尾陽介, 鈴木奈央, 米田雅裕, 安忠大, 仲西宏介, 藤本暁江, 伊波幸作, 瀬野恵衣, 山田和彦, 岩元知之, 廣藤卓雄. S-PRG溶出液とS-PRG配合歯面研磨剤の口腔バイオフィルムへの影響. 第137回日本歯科保存学会2012年度秋季学術大会第14回日韓歯科保存学会学術大会, 2012.11.22-23. (広島市)
323 .
松浦洋志, 米田雅裕, 鈴木奈央, 内藤徹, 廣藤卓雄. 口腔治療についての意識-歯科衛生士を対象とした調査結果. 第137回日本歯科保存学会2012年度秋季学術大会第14回日韓歯科保存学会学術大会, 2012.11.22-23. (広島市)
324 .
杉本由紀子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 不適合修復物の除去および歯周外科により口臭が完全に消失した症例. 第55回日本歯周病学会2012秋季学術大会, 2012.9.23. (つくば市)
325 .
中野善夫, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 横瀬勝美, 桑田文幸. ヒト口腔内細菌叢の構成に対する亜鉛イオンの影響. 第85回日本生化学会大会, 2012.12.14-16. (福岡市)
326 .
桝尾陽介, 鈴木奈央, 安忠大, 仲西宏介, 藤本暁江, 伊波幸作, 瀬野恵衣, 山田和彦, 岩元知之, 廣藤卓雄, 米田雅裕. S-PRG溶出液とS-PRG配合歯面研磨剤の口腔バイオフィルム形成への影響. 第137回日本歯科保存学会, 2012.11.22-23. (広島)
327 .
伊波幸作, 鈴木奈央, 藤本暁江, 米田雅裕, 山田和彦, 岩本知之, 桝尾陽介, 西原哲世, 金子元気, 春名一人, 廣藤卓雄. ヒノキチオール配合口腔ケア用ジェルによる口腔清掃の口臭改善効果. 第137回日本歯科保存学会2012年度秋季学術大会第14回日韓歯科保存学会学術大会, 2012.11.22-23. (広島市)
328 .
廣藤卓雄. 総合歯科治療計画の立案  歯周の立場から. 第5回日本総合歯科協議会総会・学術大会, 2012.12.1-2. (大阪市)
329 .
野口哲司, 内藤徹, 牧野路子, 岡信愛, 坂上竜資. 小指症の歯科医師のためのカスタムメイド手袋の作製. 第17回日本ラテックスアレルギー・OAS研究会, 平成24年7月29日. (福岡市)
330 .
江藤寛人, 牧野路子, 内藤徹, 野口哲司, 円林彩子, 中佳香, 野田佐織, 武内哲二, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 福岡市内の限界集落における当教室の取り組み. 第39回福岡歯科学会総会, 平成24年11月18日. (福岡市)
331 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹, 円林彩子, 中佳香, 野田佐織, 江藤寛人, 武内哲二, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 栄養指標と口腔環境の関連. 第39回福岡歯科学会総会, 平成24年11月18日. (福岡市)
332 .
高口愛子, 大野純, 瀬野恵衣, 太田信敬, 谷口邦久, 大関悟. ConA誘導オートファジーによる口腔扁平上皮癌の抑制効果. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.11~13. (福岡)
333 .
太田信敬, 大野純, 瀬野恵衣, 谷口邦久, 大関悟. 治療抵抗性口腔扁平上皮癌におけるALDH1発現の意義. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.11~13. (福岡)
334 .
伊波幸作, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田和彦, 岩元知之, 桝尾陽介, 藤本暁江, 瀬野恵衣, 春名一人, 安忠大, 入江丹佳子、西原哲世、仲西宏介、廣藤卓雄. ヒノキチオール配合ジェルを用いた口腔ケアが口臭及び口腔内環境に与える影響. 第138回日本歯科保存学会2013年度春季学術大会, 2013/6/27-28. (福岡市)
335 .
藤本暁江, 鈴木奈央, 米田雅裕, 伊波幸作, 山田和彦, 岩元知之, 枡尾陽介, 瀬野恵衣, 廣藤卓雄. 口臭関連細菌に対するヒノキチオールの抗菌作用とヒノキチオール配合ジェルによる口腔ケアの口臭改善効果. 第4回日本口臭学会第4回学術大会, 2013.7.13-14. (横浜市)
336 .
内藤徹. 歯周病と口臭の関連. 第4回日本口臭学会, 2013.7.13-14. (横浜市)
337 .
瀬野恵衣, 大野純, 太田信敬, 廣藤卓雄, 谷口邦久. オートファジー制御によるcancer sphere形成能. 第24回日本臨床口腔病理学会総会, 2013年8月28日. (東京)
338 .
瀬野恵衣, 大野純, 山田和彦, 谷口奈央, 廣藤卓雄. ラット全身性免疫応答モデルにおける歯肉炎の病態 . 第139回日本保存歯科保存学会, 2013.10.17-18. (秋田市)
339 .
藤本暁江, 鈴木奈央, 山田和彦, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 松浦洋志, 山田潤一, 内藤徹, 古賀千尋. 口臭恐怖のため精神科病院での入院加療を要した症例. 第139回日本保存学会2013年度秋季学術大会, 2013/10/17-18. (秋田市)
340 .
岡田芙実子, 大塚知子, 菅亜里沙, 米田雅裕, 松浦洋志, 鈴木奈央, 廣藤卓雄, 古賀千尋. 口臭患者舌苔からのCandida species 検出. 第139回日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会, 2013/10/17-18. (秋田市)
341 .
春名一人, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田潤一, 桝尾陽介, 西原哲世, 仲西宏介, 山田和彦, 岩本知之, 藤本暁江, 衣波幸作、瀬野恵衣、安忠大、入江丹佳子、廣藤卓雄. S-PRG溶出液が口腔バイオフィルムと口臭に及ぼす阻害作用. 第139回日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会, 2013/10/17-18. (秋田市)
342 .
菅亜里沙, 米田雅裕, 大塚知子, 岡田芙実子, 松浦洋志, 鈴木奈央, 廣藤卓雄, 古賀千尋. 新規開設した福岡歯科大学口腔医療センターにおける口臭治療について. 第139回日本保存学会2013年度秋季学術大会, 2013/10/17-18. (秋田市)
343 .
岩元知之, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田和彦, 枡尾陽介, 藤本暁江, 伊波幸作, 瀬野恵衣, 廣藤卓雄. プロバイオティクスを用いた口腔疾患の予防管理への取り組み. 第29回日本歯科人間工学会研究発表会, 2013.11.23. (名古屋市)
344 .
瀬野文, 山田和彦, 瀬野恵衣, 谷口奈央, 伊波幸作, 枡尾陽介, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 重度広汎型慢性歯周炎患者の歯周治療に細菌検査を用いた一症例. 第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2013.11.16-17. (東京都)
345 .
伊波幸作, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田和彦, 岩元知之, 桝尾陽介, 藤本暁江, 瀬野恵衣, 春名一人, 安忠大, 廣藤卓雄. ヒノキチオール配合ジェルを用いた口腔ケアの口臭改善効果. 第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2013.11.16-17. (東京都)
346 .
瀬野恵衣, 大野純, 山田和彦, 谷口奈央, 廣藤卓雄. 総合歯科診療科における細胞診の実践. 第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2013.11.16-17. (東京都)
347 .
瀬野恵衣, 大野純, 山田和彦, 谷口奈央, 谷口邦久, 廣藤卓雄. オートファジーとcancer sphere 形成能の関連. 第40回福岡歯科大学総会, 2013.12.15. (福岡市)
348 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. 歯学部5年生の要介護高齢者に対する実習の教育効果の評価 . 第40回福岡歯科大学総会, 2013.12.15. (福岡市)
349 .
牧野路子, 加藤智崇, 杉山精一, 内藤徹. 長期メインテンス患者の質的研究アプローチによる要因分析の試み . 第40回福岡歯科大学総会, 2013.12.15. (福岡市)
350 .
國廣眞佐子, 牧野路子, 野口哲司, 反頭由紀子, 吉永修, 内藤徹. 訪問診療について遭遇したビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(遭遇したBRONJ)の1症例 . 第40回福岡歯科大学総会, 2013.12.15. (福岡市)
351 .
松浦洋志, 米田雅裕, 鈴木奈央, 岡田芙実子, 藤本暁江, 廣藤卓雄. 長期間悩まされていた口腔異常感が口腔乾燥に対する処置で消失した症例. 第138回日本歯科保存学会2013年度春季学術大会, 2013/6/27-28. (福岡市)
352 .
都築尊, 香川豊宏, 佐藤博信, 阿南壽, 鬼塚得也, 枡尾陽介, 湯浅賢治, 北村憲司. 上顎顎欠損の有無が支持歯槽骨に及ぼす影響-三次元有限要素法による検討-. 第32回日本歯科医学教育学会学術大会, 2013.7.12-13. (札幌)
353 .
野田佐織, 牧野路子, 円林彩子, 野口哲司, 武内哲二, 内藤徹. 福岡歯科大学における訪問歯科診療の実態調査について. 第24回日本老年歯科医学会, 2013.6.5-6. (大阪市)
354 .
牧野路子, 内藤徹, 野口哲司, 中佳香, 野田佐織, 武内哲二, 廣藤卓雄. 摂食・嚥下障害のスクリーニング検査への諸機能検査併用の可能性について. 第24回日本老年歯科医学会, 2013.6.5-6. (大阪市)
355 .
武内哲二, 円林彩子, 中佳香, 野田佐織, 牧野路子, 内藤徹, 廣藤卓雄, 真武俊寿, 日高圭太郎. 進行性骨化性線維異形成症の1症例 36年間の歯科診療経過. 第24回日本老年歯科医学会, 2013.6.5-6. (大阪市)
356 .
Suzuki N, Yoneda M, Tanaba K, Fujimoto A, Iha K, Seno K, Iwamoto T, Yamada K, Masuo Y, Haruna K, Hirofuji T. Improvement of oral malodor using Lactobacillus salivarius WB21-containing tablets. 10th IADR World Congress on Preventive Dentistry as a joint meeting with the 6th Hungarian Preventive Dental Conference, 2013/October 9-12. (Budapest,Hungary)
357 .
岡田芙美子, 大家知子, 管亜里砂, 米田雅裕, 鈴木奈央, 松浦洋志, 廣藤卓雄, 古賀千尋. 口臭患者舌苔からのCandida species検出. 第139回日本保存学会2013年度秋季学術大会, 2013/10/17-18. (秋田市)
358 .
春名一人, 鈴木奈央, 米田雅裕, 山田潤一, 桝尾陽介, 西原哲世, 仲西宏介, 山田和彦, 岩本知之, 藤本暁江, 伊波幸作、瀬野恵衣、安忠大、入江丹佳子、廣藤卓雄. 溶出液が口腔バイオフィルムと口臭に及ぼす阻害作用. 第139回日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会, 2013/10/17-18. (秋田市)
359 .
大家知子, 古賀千尋, 管亜里砂, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 内藤徹, 池邉哲郎. 初診時顎関節症と診断した群発性頭痛の1例. 第28回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2013/7/13-14. (福岡市)
360 .
大野純, 瀬野恵衣, 太田信敬, 谷口邦久. オートファジー制御による口腔扁平上皮癌細胞の動態. 第102回日本病理学会総会, 2013年6月6日. (札幌市)
361 .
太田信敬, 大野純, 瀬野恵衣, 丸尾直樹, 榎規雄, 岡村和彦, 谷口邦久. エナメル上皮癌と癌腫に類似像を含有するエナメル上皮腫の2例. 第102回日本病理学会総会, 2013年6月8日. (札幌)
362 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹, 福島忠男. ヒト・ケラチノサイトでの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第41回福岡歯科大学学会, 2014年12月14日. (福岡市)
363 .
牧野路子, 野口哲司, 藤本暁江, 永井淳, 内藤徹. 福岡市のある過疎集落における4年間の健康調査について. 第41回福岡歯科大学学会, 2014年12月14日. (福岡市)
364 .
萩尾佳那子, 大野純, 瀬野恵衣, 山口真広, 山田和彦, 谷口奈央, 廣藤卓雄. 総合歯科診療科における細胞診の実践(2) 免疫染色の応用. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, H26.11.29-30. (大阪市)
365 .
山口真広, 大野純, 瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 内藤徹. 総合歯科診療科における細胞診の実践(3)セルブロックの利用. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, H26.11.29-30. (大阪市)
366 .
桝尾陽介, 谷口奈央, 福地浩文, 藤本暁江, 伊波幸作, 萩尾佳那子, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯学部6年生の喫煙実態と生活習慣・ストレスとの関連. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, H26.11.29-30. (大坂市)
367 .
山田美和, 米田雅裕, 鈴木奈央, 藤本暁江, 森田浩光, 山田和彦, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭患者の分析および歯科衛生士の役割についての検討. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2014.11.29-30. (大坂市)
368 .
喜多裕大, 米田雅裕, 鈴木奈央, 藤本暁江, 森田浩光, 山田和彦, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭測定と細菌検査を行いモチベーションの向上に努めた症例. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2014.11.29-30. (大坂市)
369 .
桝尾陽介, 谷口奈央, 福地浩文, 藤本暁江, 伊波幸作, 萩尾佳那子, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 大学生の喫煙とライフスタイル・ストレスとの関連性. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
370 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹, 福島忠男. ヒト・ケラチノサイトの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
371 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS刺激ヒトケラチノサイトにおけるオートファジー発現. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
372 .
加藤智崇, 瀧内博也, 牧野路子, 野口哲司, 埴岡隆, 内藤徹. 口腔内規格写真を用いた歯肉着色の定量的評価法の開発. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
373 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. 高齢者の口腔関連QOLの特徴及び規定因子に関する研究. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
374 .
牧野路子, 野口哲司, 藤本暁江, 永井淳, 内藤徹. 福岡市のある過疎集落における4年間の健康調査について. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
375 .
吉本尚平, 森田浩光, 中村誠司, 平田雅人. エナメル上皮腫細胞におけるNFATc1およびNFATc2を介した増殖および形態変化制御機構. 第56回歯科基礎医学会, 2014.9.25-27. (福岡市)
376 .
喜多裕大, 米田雅裕, 鈴木奈央, 藤本暁江, 森田浩光, 山田和彦, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭測定と細菌検査を用いモチベーション向上に努めた症例. 第7回日本総合歯科学会 総会・学術大会, 2014.11.29-30. (大阪市)
377 .
山田美和, 米田雅裕, 鈴木奈央, 藤本暁江, 森田浩光, 山田和彦, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭患者の分析および歯科衛生士の役割についての検討. 第7回日本総合歯科学会 総会・学術大会, 2014.11.29-30. (大阪市)
378 .
大野純, 瀬野恵衣, 谷口邦久. T細胞免疫応答型口腔粘膜病変におけるエフェクター細胞の上皮親和性機構. 第103回日本病理学会, 2014.4.24-26. (広島)
379 .
瀬野恵衣, 大野純, 廣藤卓雄, 谷口邦久. オートファジー抑制による口腔扁平上皮癌細胞のcencer sphear形成能の変化. 第103回日本病理学会, 201404.24-26. (広島)
380 .
谷口奈央, 米田雅裕, 田邊一成, 廣藤卓雄. 乳酸桿菌Lactobacillus salivarius配合タブレットがう蝕リスク因子に与える影響. 第63回日本口腔衛生学会・総会, 2014.5.29-31. (熊本市)
381 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 廣藤卓雄. LPS刺激ケラチノサイトでのオートファジー誘導 . 第25回口腔病理学会, 2014.8.28-29. (新潟市)
382 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 廣藤卓雄, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕. LPS-induced autophagy in keratinocytes . 第141回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2014.10.30-31. (山形市)
383 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳奈子, 内藤徹. マウス口腔メラノーマにおける腫瘍関連マクロファージの分布様式. 第25回日本口腔病理学会, 2014/8/28-29. (新潟市)
384 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹. ヒト・ケラチノサイトでの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第141回日本歯科保存学会, 2014/10/30-31. (山形市)
385 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. F市のある「限界集落」における3年間の健康調査について. 第25回日本老年歯科医学会, 2014/6/13-14. (福岡市)
386 .
山田潤一, 鈴木奈央, 仲西宏介, 伊波幸作, 藤本暁江, 瀧井慶, 米田雅裕, 山田和彦, 枡尾陽介, 萩尾佳那子, 廣藤卓雄. 3種の有効成分を配合した口腔咽喉薬の口臭抑制効果. 第140回日本歯科保存学会2014年度春季学術大会, 2014/6/18-20. (大津市)
387 .
西原哲世, 鈴木奈央, 藤本暁江, 米田雅裕, 田邊一成, 山田和彦, 岩元知之, 安忠大, 伊波幸作, 瀬野恵衣, 廣藤卓雄. 乳酸菌配合タブレットがう蝕リスク因子に与える影響の臨床的評価 . 第140回日本歯科保存学会2014年度春季学術大会, 2014/6/18-20. (大津市)
388 .
岡田芙実子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 藤本暁江, 山田和彦, 松浦洋志, 菅亜里沙, 大家知子, 古賀千尋, 廣藤卓雄. 口腔由来病的口臭の治療例-種々の原因で生じた口臭-. 第140回日本歯科保存学会2014年度春季学術大会, 2014/6/18-20. (大津市)
389 .
瀬野恵衣, 大野純, 山田和彦, 谷口奈央, 廣藤卓雄. ラット歯肉炎モデルでの免疫応答-なぜ臨床的態度にちがいがでるのか?- . 第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014.6.19-20. (大津市)
390 .
加藤智崇, 内藤徹. 長期メインテナンス受診患者の背景に質的分析. 第140回日本歯科保存学会2014年度春季学術大会, 2014.6.19-20. (大津市)
391 .
仲西宏介, 鈴木奈央, 藤本暁江, 伊波幸作, 瀧井慶, 福地浩文, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 口臭の除去を効能とする口腔咽頭薬の臨床的評価. 第5回日本口臭学会学術大会, 2014.6.18-20. (大津市)
392 .
國廣眞佐子, 牧野路子, 吉永修, 長野靖弘, 永井孝信, 園田晋平, 野口哲司, 内藤徹. 訪問歯科診療において遭遇した上顎左側前歯部のビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)の1症例. 第41回福岡歯科学会, 2014/12/14. (福岡市)
393 .
瀧内博也, 加藤智崇, 牧野路子, 野口哲司, 埴岡隆, 内藤徹. 禁 煙はよって歯肉着色は改善するか? -歯科受診患者を対象とした後ろ向きコホート研究-. 第41回福岡歯科大学学会, 2014/12/14. (福岡市)
394 .
内藤真理子, 若井建志, 内藤徹, 花田信弘. 高齢者における就労と死亡リスクの関連. 第56回日本老年医学会, 2014/6/12-14. (福岡市)
395 .
藤本暁江, 谷口奈央, 伊波幸作, 米田雅裕, 山田和彦, 瀬野恵衣, 廣藤卓雄. ヒノキチオールのPorphyromonas gingivalis に対する抗菌作用と口臭改善効果について. 第55回日本歯科医療管理学会総会・学術大会, 2014.7.18-20. (札幌市)
396 .
吉本尚平, 森田浩光, 二木寿子, 安部喜八郎. 疑似X線フィルムを用いた脱感作が覚醒下での撮影を可能とし静脈内鎮静法下での治療が効果的に行えた自閉症患者の一症例. 第31回日本障害者歯科学会・総会および学術大会, 2014.11.14-16. (仙台市)
397 .
今村貴子, 森田浩光, 二木寿子, 稲井裕子, 井上良介, 西村英紀, 安部喜八郎, 樋口勝規. 造血細胞移植前後の周術期口腔機能管理による口腔内常在緑色レンサ球菌の菌血症に対する効果. 第23回日本有病者医療学会総会・学術大会, 2014.5.22-23. (福岡)
398 .
鈴木奈央, 中野善夫, 松尾忠行, 米田雅裕, 廣藤卓雄. ヒト口腔内細菌叢に対する亜鉛イオンの影響. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2014.9.25-27. (福岡)
399 .
加藤智崇, 内藤徹, 杉山精一. 長期メインテナンス受診患者の受診理由および背景の質的分析. 第57回日本歯周病学会, 2014.10.19. (神戸市)
400 .
加藤智崇, 山口真広, 内藤徹. 薬剤性歯肉増殖患者に対する訪問診療での非外科的治療の1症例. 第141回日本保存学会, 2014年10月30-31日. (山形市)
401 .
安忠大, 谷口奈央, 福地浩文, 米田雅裕, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学学生の喫煙状況と生活習慣・ストレスとの関連. 第141回日本歯科保存学会2014年度学術大会, 2014.10.30-31. (山形)
402 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS刺激によるヒトケラチノサイトでのオートファジー誘導. 第141回日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会, 2014.10.30-31. (山形市)
403 .
上村吏絵, 米田雅裕, 草場裕美, 岩村裕美, 杉本由紀子, 大家知子, 鈴木奈央, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学口腔医療センター口臭クリニックの患者分析. 第57回日本歯周病学会2014春季学術大会, 2014/5/22-24. (岐阜市)
404 .
安忠大, 谷口奈央, 福地浩文, 米田雅裕, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学学生の喫煙状況と生活習慣・ストレスとの関連. 第141回日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会・第16回日韓歯科保存学会学術大会, 2014/10/30-31. (山形市)
405 .
青木将虎, 大家知子, 管亜里砂, 中山啓介, 米田雅裕, 金光芳郎, 古賀千尋. 初診時に舌痛症を疑った症例の検討. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2014/7/26-27. (横浜市)
406 .
古賀千尋, 青木将虎, 大家知子, 管亜里砂, 中山啓介, 米田雅裕, 金光芳郎, 中村芳明, 池邉哲郎, 高向和宜. 治療が困難であった舌痛症の1例. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2014/7/26-27. (横浜市)
407 .
森田浩光, 今村貴子, 清祐麻紀子, 二木寿子, 稲井裕子, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 西村英紀, 樋口勝規. 造血細胞移植患者への周術期口腔機能管理の効果に対する血液培養を用いた直接的評価. 第30回日本歯科人間工学会研究発表大会, 2014/10/12. (東京)
408 .
鈴木奈央, 中野善夫, 松尾忠行, 米田雅裕, 廣藤卓雄. ヒト口腔内細菌叢に対する亜鉛イオンの影響. 第56回歯科基礎医学会学術大会総会, 2014/9/25-27. (福岡市)
409 .
中野善夫, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 横瀬勝美, 桑田文幸. ヒト口腔内細菌叢の構成に対する亜鉛イオンの影響. 第85回日本生化学会大会, 2014/12/14-16. (福岡市)
410 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 田中文恵, 利光拓也, 内藤徹, 橋本修一. マウス口腔メラノーマにおける腫瘍関連マクロファージの動態. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31 . (札幌市)
411 .
田中文恵, 大野純, 山口真広, 萩尾佳那子, 池邉哲郎, 橋本修一. PKM2 expression in oral squamous cell carcinoma. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31. (札幌市)
412 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 田中文恵, 廣藤卓雄, 橋本修一. Lipopolysaccharide (LPS)-induced autophagy in human keratinocytes. 第26回 日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31. (札幌市)
413 .
牧野路子, 野口哲司, 内藤徹. 歯学部生の施設実習前後の高齢者に対する印象の変化について-3年間の介護保険施設実習 の経過-. 第34回日本歯科医学教育学会, 平成27年7月11日. (鹿児島市)
414 .
近藤康人, 矢上晶子, 相原道子, 池澤義郎, 大矢幸弘, 北林耐, 斉藤博久, 柴田留美子, 内藤徹, 萩原敬彦, 原田 晋、秀 道広、松永佳世子、赤澤 晃. ラテックスアレルギーの発生状況2015. 第20回日本ラテックスアレルギー研究会, 2015年7月26日. (東京)
415 .
吉本尚平, 森田浩光, 中村誠司, 平田雅人. 口腔扁平上皮癌細胞における圧受容による増殖制御機. 第57回歯科基礎医学会, 2015.9. 11-13. (新潟市)
416 .
藤本曉江, 米田雅裕, 鈴木奈央, 桝尾陽介, 山田和彦, 森田浩光, 廣藤卓雄. S-PRGイオン溶出液が口腔内細菌バイオフィルムにおよぼす影響. 第142回日本歯科保存学会2015年度春期学術大会, 2015/6/25-26. (北九州市)
417 .
内藤徹. 超高齢社会が歯科医療に与えるインパクト. 第22回日本口腔インプラント学会, 2015年4月19日. (福岡市)
418 .
仲西宏介, 谷口奈央, 米田雅裕, 桝尾陽介, 藤本曉江, 萩尾佳那子, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 唾液マーカーを用いたストレスと喫煙の関連性についての研究. 第142回日本歯科保存学会2015年春期学術大会, 2015/6/25-26. (北九州市)
419 .
牧野路子, 野口哲司, 森田浩光, 内藤徹. 訪問歯科診療と外来診療のおける基礎疾患と服用薬剤の比較. 第24回日本有病者歯科医療学会, 2015/3/20-22. (旭川市)
420 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 谷口奈央, 山田和彦, 廣藤卓雄. LPS刺激ヒトケラチノサイトでのオートファジー経路 Autophagy pathway in LSP-stimulated human keratinocytes. 第142回日本歯科保存学会2015年度春期学術大会, 2015/6/25-26. (北九州市)
421 .
多田隈寛美, 森田浩光, 山口真広, 藤本曉江, 菅亜里沙, 牧野路子, 桝尾陽介, 脇勇士郎, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 急性期病院への周術期口腔機能管理を含む訪問歯科介入の実態調査. 第24回日本有病者医療学会総会・学術大会, 2015/3/20-22. (旭川市)
422 .
Kato T, Sugiyama S, Makino M, Naito T. Qualitative study on the background of long-term maintenance patients. 第93回IADR, 2015年3月11-14日. (Boston)
423 .
山口真広, 森田浩光, 藤本暁江, 菅亜里沙, 廣藤卓雄, 内藤徹. 急性期病院への訪問歯科診療にて鼻腔の悪性リンパ腫が発見された一例. 第24回日本有病者医療学会総会・学術大会, 2015/3/20-22. (旭川市)
424 .
米田雅裕. 口臭発生におけるグラム陽性菌、グラム陰性菌の役割. 第6回日本口臭学会学術大会, 2015/7/4-5. (新潟市)
425 .
加藤智崇, 杉山精一, 内藤徹. 喫煙由来の歯肉着色に対する禁煙の影響 -口腔内規格写真を用いた新規評価法よる歯肉着色の検討-. 第58回春季日本歯周病学会学術大会, 平成27年5月15-16日. (千葉市)
426 .
藤本曉江, 谷口奈央, 米田雅裕, 森田浩光, 廣藤卓雄, 埴岡隆. 唾液分泌量と口腔粘膜水分量が口臭に与える影響. 第6回日本口臭学会学術大会, 2015/7/4-5. (新潟市)
427 .
谷口奈央, 中野善夫, 松尾忠行, 米田雅裕, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 塩化亜鉛溶液による長期洗口が唾液の細菌構成に与える影響. 第6回日本口臭学会学術大会, 2015/7/4-5. (新潟市)
428 .
Masuo Y, Yoneda M, Taniguchi N, Fujimoto A, Yamada K, Morita H, Hirofuji T. Acceptance of patients from two dental hospitals to receive dental treatment performed by dental students. 第63回国際歯科研究会日本部会・学術大会, 2015/10/30-31. (福岡市)
429 .
山口真広, 森田浩光. オーラル・ディスキネジアを伴う認知症患者に対し義歯調整と顎関節固定用包帯を用いて外傷性口腔粘膜障害を改善した一例. 第32回日本障害者歯科学会総会および学術大会, 2015/11/6-8. (名古屋)
430 .
脇勇士郎, 森田浩光, 多田隈寛美, 樋口拓哉, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 健常青年男子の歯科における局所麻酔時の意識消失およびコーネルメディカルインデックス健康調査により潜在的な歯科恐怖症が発覚した1症例. 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2015/11/20-22. (東京)
431 .
瀬野文, 森田浩光, 瀬野恵衣, 藤本暁江, 玉川俊行, 桝尾陽介, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生介入により歯肉炎が改善した1例. 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2015/11/20-22. (東京)
432 .
Yamaguchi M, Ohno J, Hagio K, Naito T. Cellular senescence and autophagy in human keratinocytes by oxidative stress. 第8回EURO PERIO8, June 3-6,2015. (London)
433 .
井上絵梨, 米田雅裕, 瀬野文, 萩尾佳那子, 瀬野恵衣, 藤本暁江, 玉川俊行, 谷口奈央, 山田和彦, 森田浩光, 廣藤卓雄. 歯科衛生士臨床実習生の口臭に関する知識および意識について. 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2015/11/20-22. (東京)
434 .
野口哲司, 牧野路子, 嶋田香, 内藤徹. 高齢者の口腔関連QOLの特徴及び低下に関する研究. 第26回日本老年歯科医学会学術大会, 平成27年6月12-14日. (横浜)
435 .
水野晃, 米田雅裕, 多田隈寛美, 脇勇士郎, 樋口拓哉, 藤本暁江, 桝尾陽介, 山田和彦, 森田浩光, 廣藤卓雄. Ⅰ型歯内ー歯周病変の治験例. 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2015/11/20-22. (東京)
436 .
牧野路子, 野口哲司, 國廣眞佐子, 内藤徹. 訪問歯科診療患者における基礎疾患と服薬の実態調査. 第26回日本老年歯科医学会, 平成27年6月12-14日. (横浜)
437 .
山田和彦, 米田雅裕, 桝尾陽介, 藤本暁江, 谷口奈央, 森田浩光, 廣藤卓雄. 福岡医療短期大学歯科衛生学科臨床実習の医療安全についての意識調査. 第31回日本歯科人間工学会研究発表会, 2015/12/12. (大阪市)
438 .
栗原茂, 牧野路子, 野口哲司, 内藤徹. 呉記念病院NSTにおける歯科の現状. 第26回日本老年歯科医学会, 平成27年6月12-14日. (横浜)
439 .
Fujimoto A, Yoneda M, Suzuki N, Masuo Y, Morita M, Oie T, Koga C, Hirofuji T. Antibiofilm activity of surface pre-reacted glass inonomer(S-PRG) filler. 2015IADR, March 11-14. (Boston)
440 .
吉村枝里子, 栗原茂, 牧野路子, 川上瑞希, 野口哲司, 内藤徹. 呉記念病院における病棟口腔ケアの取り組み. 第26回日本老年歯科医学会, 平成27年6月12-14日. (横浜)
441 .
青木将虎, 中山敬介, 大家知子, 米田雅裕, 金光芳郎, 金子高士, 古賀千尋. 長期通院舌痛症患者の臨床的統計. 第30回日本歯科心身医学会設立30周年記念総会・学術大会, 2015.7.18-19. (東京)
442 .
古賀千尋, 青木将虎, 大家知子, 中山啓介, 金子高士, 米田雅裕, 金光芳郎, 中村芳明, 池邉哲郎, 高向和宜. 口腔内に頑固な痛みを訴えたうつ病の1例. 第30回日本歯科心身医学会, 2015/7/18-19. (東京)
443 .
谷口奈央, 中野善夫, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 桑田文幸, 埴岡隆. 歯学部学生における喫煙者と非喫煙者の唾液および舌苔の細菌叢解析. 第42回福岡歯科大学学会総会, 2015/12/13. (福岡市)
444 .
縄田和歌子, 森田浩光, 湯川成美, 山口真広, 藤本暁江, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 内藤徹, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない急性期病院における専門的口腔ケア介入患者の実態調査. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
445 .
湯川成美, 森田浩光, 縄田和歌子, 馬場紋, 中村文優子, 山口真広, 藤本暁江, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 内藤徹, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない急性期病院におけるOHATを用いた口腔内評価と専門的口腔ケアの標準化の試み . 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
446 .
瀬野恵衣, 大野純, 萩尾佳那子, 山田和彦, 森田浩光, 米田雅裕, 橋本修一, 廣藤卓雄. ラットGVHD口腔粘膜病変におけるマクロファージの動態 . 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
447 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 橋本修一, 内藤徹. 酸化ストレス刺激によるヒト・ケラチノサイトでの細胞老化へのオートファージ関与. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
448 .
古賀千尋, 津江文武, 横上智, 青木将虎, 中山敬介, 岡野圭造, 井口育美, 金子高士, 米田雅裕, 喜瀬直樹. 下咽頭、頸部食道欠損患者における人工器官の製作経験. 第42回福岡歯科大学学会総会, 2015/12/13. (福岡)
449 .
安河内ひとみ, 内田初美, 久保美由紀, 手嶋直美, 江端紀代美, 縄田和歌子, 常岡由美子, 本田笑香, 森田浩光, 小島寛, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における歯科衛生士業務の調査報告-平成24年4月~27年9月の比較-. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
450 .
内藤徹. エビデンスをまとめる ―臨床研究集積の必要性とコクラン共同計画の役割―. 第142回日本歯科保存学会2015年度春季学術大会, 平成27年6月25-26日. (北九州市)
451 .
内田初美, 米田雅裕, 谷口奈央, 藤本暁江, 桝尾陽介, 山田和彦, 森田浩光, 坂上竜資, 廣藤卓雄, 安河内ひとみ. メインテナンス継続により長期間良好な口腔環境、低い口臭を維持している奨励. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
452 .
瀬野文, 森田浩光, 瀬野恵衣, 樋口拓哉, 玉川俊行, 桝尾陽介, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生介入により歯肉炎が改善した1例. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
453 .
Taniguchi N, Nakanishi K, Yoneda M, Morita H, Hanioka T, Hirofuji T. The relationship between salivary biomarkers and smoking in healthy young adults. 第63回国際歯科研究会日本部会・学術大会, 2015/10/30-31. (福岡市)
454 .
Yoshimoto S, Morita H, Nakamura S, Hirata M. Intracellular trafficking of plasma membrane-bounded EGFR by high osmotic stress in squamous carcinoma cells. 第63回国際歯科研究会日本部会・学術大会, 2015/10/30-31. (福岡市)
455 .
Morita H, Yoshimoto S, Matsuda M, Kajioka S, Yoneda M, Hirofuji T, Nakamura S, Hirata M. Interaction of TMEM16A and LRRC8A chloride channels regulates proliferation in human tongue cancer cells. 第63回国際歯科研究会日本部会・学術大会, 2015/10/30-31. (福岡市)
456 .
牧野路子, 野口哲司, 國廣眞佐子, 内藤徹. 訪問歯科診療における基礎疾患と服薬の実態調査. 第26回日本老年歯科医学会学術大会, 平成27年6月12-14日. (横浜市)
457 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 谷口奈央, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. オートファージーを用いたヒトケラチノサイトのLPS刺激適応能. 第153回日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会・第17回日韓歯科保存学会学術大会, 2015/11/12-13. (東京)
458 .
加藤智崇, 山口真広, 瀧内博也, 内藤徹. 接触痛によりプラークコントロールに難渋した高齢の慢性剥離性歯肉炎患者の1例. 第26回日本老年歯科医学会, 平成27年6月12-14日. (横浜市)
459 .
森田浩光, 山口真広, 縄田和歌子, 大星博明, 内藤徹. 当院における医科入院患者への歯科介入の実態調査. 第26回日本老年歯科医学会, 平成27年6月12-14日. (横浜市)
460 .
Yamaguchi M, Ohno J, Hagio K, Naito T. Induction of Cellular Senescence and Autophagy in Oxidative Stressed Keratinocytes.. 第93回IADR, 平成27年3月11-14日. (Boston)
461 .
内藤徹. 超高齢社会が歯科医療に与えるインパクト. 第58回日本歯周病学会秋季学術大会, 2015.9.11-13. (浜松市)
462 .
加藤智崇, 瀧内博也, 山口真広, 内藤徹. 薬剤性歯肉増殖患者に対する訪問診療での非外科的治療の1症例. 第58回日本歯周病学会秋季学術大会, 2015.9.11-13. (浜松市)
463 .
藤本暁江, 谷口奈央, 米田雅裕, 森田浩光, 渡辺猛, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 口臭における唾液分泌量と口腔粘膜水分量の関連性について. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
464 .
瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 山口真広, 山田和彦, 森田浩光, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 擦過ケラチノサイトでの分子変化は歯周環境変化のバイオマーカーである. 第145回日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会, 2016.10.27-28. (松本市)
465 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 瀬野恵衣, 山田和彦, 米田雅裕, 前田英史, 廣藤卓雄. LPS刺激歯根膜細胞におけるオートファージーの役割. 第145回日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会, 2016.10.27-28. (松本市)
466 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 瀬野恵衣, 田中文恵, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS 刺激ヒトケラチノサイトでのオートファジー経路. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
467 .
脇勇士郎, 森田浩光, 多々隈寛美, 樋口拓哉, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 健常青年男子の歯科における局所麻酔時の意識消失およびコーネルメディカルインデックス健康調査により潜在的な歯科恐怖症が発覚した1症例. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
468 .
谷口奈央, 別府理智子, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 埴岡隆, 篠原徹雄. Helicobacter pylori 除菌治療に伴う口臭と口腔内環境の変化. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
469 .
瀬野恵衣, 大野純, 萩尾佳那子, 山口真広, 廣藤卓雄. STAT3非依存性オートファージーによる口腔扁平上皮癌細胞の自己複製能の制御. 第105回日本病理学会総会, 2016/5/12-14. (仙台市(仙台国際センター))
470 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 米田雅裕, 脇勇士郎, 廣藤卓雄. オートファージーを用いたヒトケラチノサイトのLPS刺激適応能. 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016/5/20-21. (鹿児島市)
471 .
瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 山口真広, 山田和彦, 森田浩光, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 細胞診を用いた歯周ポケット内上皮細胞の動態. 第144回日本歯科保存学会2016年度春季学術大会, 2016/6/9-10. (栃木県)
472 .
樋口拓哉, 谷口奈央, 藤本暁江, 米田雅裕, 埴岡隆, 廣藤卓雄. Porphyromonas gingivalisの増殖及び揮発性硫黄化合物産生に対するEnterococcus faecium WB200株の抑制作用. 第144回日本歯科保存学会2016年度春季学術大会, 2016/6/9-10. (栃木県)
473 .
永原加那絵, 藤本暁江, 谷口奈央, 桝尾陽介, 山田和彦, 森田浩光, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 洗口剤の薬用成分が口臭におよぼす影響について. 第9回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2016.11.19-20. (岡山市)
474 .
森田浩光. 訪問歯科診療の実際と学生教育. 第9回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2016.11.19-20. (岡山市)
475 .
桝尾陽介, 米田雅裕, 山田和彦, 森田浩光, 谷口奈央, 古賀千尋, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学口腔医療センター患者の臨床実習への協力について ー福岡歯科大学医科歯科総合病院との比較ー. 第35回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2016/7/1-2. (大阪)
476 .
瀬野文, 森田浩光, 瀬野恵衣, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生により慢性歯周炎が改善した1症例. 第34回日本臨床歯周病学会, 2016/7/9-10. (福岡)
477 .
森田浩光, 牧野路子, 桝尾陽介, 谷口奈央, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない地域密着型急性期病院への院外訪問実習の試み. 第35回第35回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2016/7/1-2. (大阪)
478 .
加藤智崇, 常岡由美子, 亀井寛子, 森田浩光. 2016年熊本地震における南阿蘇村への歯科医療支援活動報告 第1班活動報告-歯科医師の立場から-. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016年12月18日. (福岡市)
479 .
平橋香, 井口育美, 青木将虎, 土井添雄介, 中山啓介, 中村恵子, 金子高士, 米田雅裕, 金光芳郎, 古賀千尋. 長期通院舌痛症患者の臨床統計. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
480 .
牧野路子, 野口哲司, 内藤徹. 要介護高齢者への対応力を高めるための介護施設実習とその効果. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
481 .
湯川成美, 牧野路子, 縄田和歌子, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄, 内藤徹. 進行性骨化性線維異形性症患者に対する口腔衛生指導の変遷. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
482 .
中島正人, 森田浩光, 山口真広, 縄田和歌子, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 要介護高齢・有病患者における口腔カンジダ症に関する調査・検討. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
483 .
牧野路子, 水谷慎介, 郡山奏絵, 野口哲司, 晴佐久悟, 青木久恵, 町島希美絵, 門司真由美, 永井淳, 内藤徹. 福岡市にある過疎集落の6年間の見守り活動について. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
484 .
谷口奈央, 中野善夫, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 桑田文幸, 埴岡隆. 健康な若者における喫煙者と非喫煙者との口腔内細菌構成の違い. 第89回日本細菌学会総会, 2016/3/23-25. (大阪市)
485 .
山野貴史, 杉野真理子, 内藤徹, 中島與志行, 大星博明, 中川尚志, 鵜木あゆみ. 介護老人保健施設における肺炎患者の医科歯科連携での対応. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
486 .
古賀千尋, 津江文武, 横上智, 中山敬介, 岡野圭造, 井口育美, 金子高士, 米田雅裕, 喜瀬直樹. 咽喉頭食道欠損患者におけるエピテーゼ技術を応用した人工器官の製作. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
487 .
加藤智崇. 高齢化歯科教育のすすめ. 第27回日本老年歯科医学会総会学術大会, 2016.6.19. (徳島市)
488 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 瀬野恵衣, 桝尾陽介, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 橋本修一. オートファージーを用いたヒトケラチノサイトのLPS刺激適応能とその経路. 第144回日本歯科保存学会2016年度春季学術大会, 2016/6/9-10. (栃木県)
489 .
谷口奈央, 中野善夫, 米田雅裕, 森田浩光, 藤本暁江, 桑田文幸, 廣藤卓雄, 埴岡隆. 喫煙が舌苔の細菌叢に与える影響. 第7回日本口臭学会学術大会, 2016/6/18-19. (名古屋)
490 .
牧野路子, 水谷慎介, 郡山奏絵, 野口哲司, 晴佐久悟, 青木久恵, 町島希美絵, 門司真由美, 永井淳, 内藤徹. 福岡市のある過疎集落の6年間の見守り活動について. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
491 .
藤本暁江, 谷口奈央, 米田雅裕, 森田浩光, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 口腔の乾燥状態が口臭におよぼす影響について. 第7回日本口臭学会学術大会, 2016/6/18-19. (名古屋)
492 .
米田雅裕. 口腔内細菌と消化器疾患の関係. 第160回早良区消化器病懇談会, 2016/2/23. (福岡市)
493 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 樋口拓哉, 脇勇士郎, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS刺激ケラチノサイトの病原体処理作用はTRIF依存型オートファージが関与する. 第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016/10/6-8. (新潟市)
494 .
梅崎陽二朗, 加藤智崇, 瀧内博也, 水谷慎介, 牧野路子, 内藤徹. 福岡歯科大学高齢者歯科学分野における歯科心身症患者の実態. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
495 .
萩尾佳那子, 安永まどか, 大野純, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯肉溝上皮細胞におけるゼノファジーの役割. 第146回日本歯科保存学会, H29年6月8-9日. (青森)
496 .
山口真広, 森田浩光, 都築尊, 加藤智崇, 常岡由美子, 亀井寛子, 久家雅美, 北野香, 首藤沙耶香, 永井淳. 朝倉豪雨における福岡歯科大学の災害支援活動報告. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
497 .
松下哲也, 國廣眞佐子, 吉永修, 牧野路子, 内藤徹. 歯の自然脱落が起因となったMRONJの一症例. 第44回福岡歯科大学学会, 2017/12/3. (福岡市)
498 .
Haresaku S, Aoki H, Monji M, Yoshida R, Naito T. The performance of oral health checkups for elderly patients by health care workers in a hospital. 第66回日本口腔衛生学会・総会, 2017年6月1日. (山形市)
499 .
多々隈寛美, 森田浩光, 中島正人, 脇勇士郎, 伊崎佳那子, 瀬野恵衣, 藤本暁江, 谷口奈央, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 骨縁下に及ぶ重度う蝕歯の保存に歯の挺出が奏功した1症例. 第10回日本総合歯科学会学術大会・総会, 2017.11.3-5. (新潟市)
500 .
脇勇士郎, 山田和彦, 中島正人, 多田隈寛美, 伊崎佳那子, 瀬野恵衣, 藤本暁江, 谷口奈央, 森田浩光, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 多数歯カリエスにより咬合崩壊をおこしている患者に対して咬合再構成を行った1症例. 第10回日本総合歯科学会学術大会・総会, 2017.11.3-5. (新潟市)
501 .
義永昌也, 桝尾陽介, 森田浩光, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯科用マイクロスコープを使用し肉眼では処置困難な上顎第二大臼歯の再根管治療を行った1症例. 第10回日本総合歯科学会学術大会・総会, 2017.11.3-5. (新潟市)
502 .
吉川顕司, 米田雅裕, 瀬野恵衣, 藤本暁江, 谷口奈央, 桝尾陽介, 山田和彦, 森田浩光, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学口腔歯学部学生の口臭治療に関する意識. 第10回日本総合歯科学会学術大会・総会, 2017.11.3-5. (新潟市)
503 .
中島正人, 森田浩光, 脇勇士郎, 多田隈寛美, 藤本暁江, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 高齢・有病者の全身疾患と口腔カンジタ症に関する検討. 第10回日本総合歯科学会学術大会・総会, 2017.11.3-5. (新潟市)
504 .
樋口拓哉, 谷口奈央, 別府理知子, 竹下徹, 米田雅裕, 山下喜久, 埴岡隆, 篠原徹雄, 廣藤卓雄. Helicobacter pyloriの除菌治療に伴う口腔内環境の変化. 第60回日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017.12.16-17. (京都)
505 .
中島正人, 森田浩光, 山口真広, 藤本暁江, 脇勇士郎, 多田隈寛美, 石橋一紘, 瀧井慶, 桝尾陽介, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 急性期病院入院中で低栄養状態の有病・高齢患者における口腔カンジダ症に関する検討. 第26回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 2017.3.3-5. (金沢市)
506 .
藤本暁江, 谷口奈央, 米田雅裕, 森田浩光, 大曲紗生, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 乳酸菌Lactobacillus salivarius WB21株の齲蝕、歯周病、口臭に対する有効性の評価. 第8回日本口臭学会学術大会, 2017/6/10-11. (岡山)
507 .
石井春生, 鈴木信之, 佐藤匡美, 廣藤卓雄. Lactobacillus salivarius WB21 株・茶カテキン(EGCg)配合オーラルタブレットの口臭及び口腔自覚症状に及ぼす影響. 第60回日本歯周病学会60回記念京都大会, 2017.12.16-17. (京都)
508 .
永原加那絵, 藤本暁江, 谷口奈央, 米田雅裕, 森田浩光, 廣藤卓雄. 洗口剤の薬用成分と口臭との関連性について. 第8回日本口臭学会学術大会, 2017/6/10-11. (岡山)
509 .
加藤智崇, 水谷慎介, 杉山精一, 内藤徹. Web調査による歯科治療中断の理由と背景の分析. 第60回日本歯周病学会60回記念京都大会, 2017.12.16-17. (京都)
510 .
沖野成美, 森田浩光, 北野香, 樋口拓哉, 萩尾佳那子, 脇勇士郎, 瀬野恵衣, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄. 新規経口抗凝固薬服用患者に歯周治療を行い,出血を伴う慢性歯周炎が改善した一例. 第60回日本歯周病学会60回記念京都大会, 2017.12.16-17. (京都)
511 .
廣藤卓雄, 谷口奈央, 桝尾陽介, 横川善之, 米田雅裕. S-PRGイオン溶出液による硫化水素抑制メカニズムの解明. 第146回日本歯科保存学会2017年度春季学術大会, 2017/6/8-9. (青森市)
512 .
北野香, 米田雅裕, 谷口奈央, 藤本暁江, 大曲紗生, 沖野成美, 桝尾陽介, 瀬野恵衣、萩尾佳那子、樋口拓哉、脇勇士郎、森田浩光, 埴岡隆, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄. 自覚のない口臭患者の治療経過. 第60回日本歯周病学会60回記念京都大会, 2017.12.16-17. (京都)
513 .
森田浩光. 口腔ケア介入により多剤耐性緑膿菌 による重症肺炎が軽快した一例. 第91回 第65回日本感染症学会総会・学術講演会日本化学療法学会学術集会合同学会, 2017年4月6-8日. (東京)
514 .
内藤徹, 小島寛, 大星博明, 石川博之, 8大学連携口腔医学プロジェクトチーム. 口腔医学および口腔ケアに関する歯科医療関係者の認識について. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
515 .
三好麻紀, 晴佐久悟, 窪田恵子, 飯野英親, 門司真由美, 青木久恵, 吉田理恵, 町島希美絵, 梶原江美, 中島富有子,内田荘平, 内藤徹. 看護大学教員の口腔ケアに対する意識について. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
516 .
北野香, 縄田和歌子, 沖野成美, 井上絵梨, 永原加那絵, 桁山絢有, 森田浩光, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 内藤徹, 廣藤卓雄. 総合歯科・高齢者歯科外来での診療室システム改善による歯科衛生士の業務実態についての調査. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
517 .
水谷慎介, 山口真広, 瀧内博也, 加藤智崇, 江頭留依, 玉井恵子, 梅崎陽二朗, 牧野路子, 青木久恵, 内藤徹. 福岡歯科大学高齢者歯科外来患者におけるMCIスクリーニング検査と口腔機能の関連. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
518 .
加藤智崇, 水谷慎介, 梅崎陽二朗, 内藤徹. タイプDパーソナリティーと歯科受診中断患者の関係. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
519 .
杉浦嘉雄, 水野裕史, 福原大樹, 丸山貴之, 江國大輔, 米田俊樹, 片岡広太, 川端勇也, 水谷慎介, 友藤孝明, 森田学. 2型糖尿病患者における非外科的歯周治療による酸化ストレスの改善:ランダム化比較試験. 第66回日本口腔衛生学会・総会, 2017/5/31~6/2. (山形市)
520 .
羽生真也, 水谷慎介, 内藤徹. 熊本地震で被災した病棟において実施した口腔衛生活動が患者の発熱日数に与えた影響. 第28回日本老年歯科医学会, 2017/6/14~6/16. (名古屋市)
521 .
松下哲也, 水谷慎介, 藤田拓, 國廣眞佐子, 牧野路子, 内藤徹. 訪問診療において新義歯作製後使用に至らなかった要因の検討. 第28回日本老年歯科医学会, 2017/6/14~6/16. (名古屋)
522 .
山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯科医療従事者の腰痛に関する調査. 第58回日本人間工学会, 2017.6.3-4. (千葉県習志野市)
523 .
牧野路子. 介護環境を考慮してインプラント上部構造を変更した1症例. 第28回日本老年歯科医学会, 2017.6.14-16. (名古屋市)
524 .
江藤伸子, 吉村枝里子, 栗原茂, 牧野路子, 内藤徹. 特別養護老人ホームにおける呉記念病院歯科の取り組み. 第28回日本老年歯科医学会, 2017.6.14-16. (名古屋市)
525 .
森田浩光. 口腔ケア介入により多剤耐性緑膿菌による重傷肺炎が軽快した一例. 第91回日本感染症学会総会・学術講演会、第65回日本化学療法学会学術集会合同学会, 2017.4.6-8. (東京)
526 .
江頭留依, 水谷慎介, 山口真広, 加藤智崇, 瀧内博也, 梅崎陽二朗, 金光芳郎, 内藤徹. 歯科外来における日本語版Montreal Cognitive Assessmentの有効性. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
527 .
晴佐久悟, 門司真由美, 三好麻紀, 窪田恵子, 黒木まどか, 牧野路子, 青木久恵, 吉田理恵, 町島希美絵, 飯野英親,梶原江美, 中島富有子,内田荘平, 内藤徹. 入学時の看護学生、歯学生、および歯科衛生士学生の口腔ケアに対する意識・知識・態度の比較. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
528 .
飯野英親, 晴佐久悟, 窪田恵子, 門司真由美, 三好麻紀, 青木久恵, 吉田理恵, 町島希美絵, 梶原江美, 中島富有子,内田荘平, 内藤徹. 看護大学教員の口腔ケア教育の実態と希望に関する調査. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
529 .
野口哲司, 牧野路子, 内藤徹. 相関ルールを用いたGOHAI低下因子の検出について. 第28回日本老年歯科医学会, 2017年6月16日 . (名古屋市)
530 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 樋口拓哉, 脇勇士郎, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS刺激ヒト不死化歯根膜細胞におけるオートファージーの役割. 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017.5.12-13. (福岡市)
531 .
樋口拓哉, 谷口奈央, 藤本暁江, 米田雅裕, 森田浩光, 脇勇士郎, 伊崎佳那子, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 乳酸菌を使用した口腔の健康管理~Lactobacillus salivarius WB21株の齲蝕、歯周病、口臭に対する有効性の評価~. 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017.5.12-13. (福岡市)
532 .
藤本暁江, 谷口奈央, 永原加那絵, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 洗口剤の薬用成分が揮発性硫黄化合物におよぼす影響. 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017.5.12-13. (福岡市)
533 .
梅崎陽二朗, 篠原優貴子, 三浦杏奈, 美久月瑠宇, 川崎カオル, 菅原詩織, Tu Thi Hyen Trang, 須賀隆之, 渡辺毅、吉川達也、竹之下美穂, 内藤徹, 豊福明. 口腔セネストパチーの治療経過中にレビー小体型認知症が顕在化した1例. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2017.7.8-9. (東京)
534 .
石井綾子, 米田雅裕, 谷口奈央, 森田浩光, 松尾忠行, 廣藤卓雄. 口臭に関する知識と意識 ―歯科衛生学科学生2学年の比較―. 第36回日本歯科医学教育学会学術大会, 2017年7月28日29日. (松本市)
535 .
縄田和歌子, 森田浩光, 堀部晴美, 湯川成美, 瀬野恵衣, 中島正人, 山口真広, 米田雅裕, 安子内ひとみ, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない地域密着型急性期病院での歯科衛生士と看護スタッフとの口腔ケア連携の成果. 第28回日本老年歯科医学会, 2017.6.14-16. (名古屋)
536 .
常岡由美子, 加藤智崇, 安河内ひとみ, 森田浩光. 熊本地震における南阿蘇村老健施設での口腔機能支援活動 ー亜急性期での歯科衛生士の役割ー. 第28回日本老年歯科医学会, 2017.6.14-16. (名古屋)
537 .
森田浩光. 切除不能胃癌にて化学療法施行の高齢患者への感染根管治療が奏功した一例. 第28回日本老年歯科医学会, 2017.6.14-16. (名古屋)
538 .
瀧内博也, 加藤智崇, 水谷慎介, 梅崎陽二朗. 特別養護老人ホームの介護職員の口腔ケアの介護負担感について. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
539 .
山口真広, 山野貴史, 森田浩光, 縄田和歌子, 内藤徹. 舌接触補助床により嚥下機能の改善だけでなく発語も良好になった1例. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2018.9.8-9. (仙台市)
540 .
桁山絢有, 縄田和歌子, 沖野成美, 古賀千尋, 森田浩光, 中島正人, 中村潤平, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 手嶋直美. 放射線療法施行の中咽頭癌患者に早期から口腔ケア介入し、口腔粘膜炎の重傷化を予防できた一例. 第13回日本歯科衛生学会・学術大会, 2018.9.15-17. (福岡市)
541 .
森田浩光, 中島正人, 山口真広, 中村淳平, 吉川顕司, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯科標榜のない地域密着型急性期病院および地域がん診療連携拠点病院での訪問歯科診療を通じた多職種連携に関する検討. 第34回日本歯科人間工学会研究発表大会・総会, 2018.12.1-2. (北海道)
542 .
山口真広, 森田浩光, 高良憲洋, 緒方武文, 中島正人, 石川博之, 高橋裕. フィリピンにおける歯科医療ボランティア活動 . 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.8. (福岡市)
543 .
牧野路子. 口腔医学研究の展開により健康長寿社会の実現を加速化する 「口腔の健康と認知機能との関連の探索」. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.9. (福岡市)
544 .
森田浩光. 口腔医学研究の展開により健康長寿社会の実現を加速化する 「口腔医学としての疾患・病期・病態に即した歯科診療・教育・研究の実際」. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.9. (福岡市)
545 .
米田雅裕, 山田和彦, 泉利雄、松崎英津子, 丸田道人, 畠山純子, 森田浩光、瀬野恵衣, 伊崎佳那子、大曲紗生, 都築尊, 阿南壽, 廣藤卓雄. 保存修復処置に関する「間違い探しテスト」:概要とアンケート報告. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.9. (福岡市)
546 .
永井淳, 井上敏生, 金光芳郎, 内藤徹. 高齢者ヘルスプロモーションと地域包括ケアへの口腔医学の展開~要介護化阻止と誤嚥性肺炎ゼロを目指して~「研究ブランディング事業社会的アプローチの概要ー口腔の健康と認知機能との関連の探索」. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.9. (福岡市)
547 .
森田浩光. 高齢者ヘルスプロモーションと地域包括ケアへの口腔医学の展開~要介護化阻止と誤嚥性肺炎ゼロを目指して~「地域包括システムを見据えた多職種連携口腔ケア教育の試み」. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.9. (福岡市)
548 .
高瀬稔, 米田雅裕, 山田和彦, 瀬野恵衣, 伊崎佳那子, 大曲紗生, 森田浩光, 廣藤卓雄. Ⅰ型歯内ー歯周病変の治療および考察. 第11回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2018.10.27-28. (鹿児島市)
549 .
廣藤卓雄, 谷口奈央, 米田雅裕, 藤本暁江, 中島正人, 大曲紗生, 瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 樋口拓哉, 田邊一成, 埴岡隆. 乳酸菌配合タブレットの継続摂取が高齢者の口腔内環境に及ぼす影響. 第149回日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会, 2018.11.1-2. (京都市)
550 .
高木未沙稀, 山口真広, 堀部晴美. 福岡歯科大学と福岡医療短期大学の感染対策に関する授業の比較検討. 45福岡歯科大学学会総会, 2018;12.09. (福岡県)
551 .
Omagari S, Yoneda M, Suzuki N, Fujimoto A, Morita H, Grenier D, Hirofuji T. Suppression of periodontal bacterial interactions by pre-reacted glass ionomer filtrate.. The 96th General Session of the IADR, 2018.7.25-28,2018. ( London,England)
552 .
森田浩光, 中島正人, 山口真広, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 樋口勝規. 歯科標榜のない地域がん診療連携拠点病院での周術期口腔機能管理システムの構築 ー本院訪問歯科センターと福岡県歯科医師会の連携診療ー. 第11回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2018.10.27-28. (鹿児島市)
553 .
江頭留依, 山口真広, 安永まどか, 内藤徹, 大野純. 高齢者歯肉溝上皮細胞における細菌性オートファージーの意義. 第148回日本歯科保存学会2018年度春季学術大会, 2018.6.14-15. (横浜市)
554 .
大曲紗生, 米田雅裕, 谷口奈央, 藤本暁江, 廣藤卓雄. S-PRG溶出液が歯周病原性細菌の相互作用へおよぼす影響. 第148回日本歯科保存学会2018年春度季学術大会, 2018.6.14-15. (横浜市)
555 .
米田雅裕, 山田和彦, 泉利雄, 都築尊, 阿南壽, 廣藤卓雄. 「間違い探しテスト」による保存修復処置に関する思い違いの「気づき」. 第148回日本歯科保存学会2018年春度季学術大会, 2018.6.14-15. (横浜市)
556 .
玉井恵子, 森永健三, 加藤智崇, 貴島聡子, 山口真広, 内藤徹, 城戸寛史, 升井一朗. 一般開業歯科医の口腔機能低下症の認知度とその対応に関する実態調査 . 45第45回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2018.12.9. (福岡)
557 .
森田浩光. 災害時に求められる総合歯科医療. 第11回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2018.10.27-28. (鹿児島市)
558 .
米田雅裕, 山田和彦, 瀬野恵衣, 森田浩光, 廣藤卓雄. 「間違い探し」による学生の「気づき」効果. 第11回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2018.10.27-28. (鹿児島市)
559 .
中島正人, 森田浩光, 山口真広, 川端貴美子, 坂本史比古, 神田晋爾, 樋口勝規, 池邉哲郎. 歯科標榜のない地域がん診療拠点病院での当院訪問歯科センター及び歯科医師会による医科歯科連携体制の構築. 第15回日本口腔ケア学会総会, 2018.4.28-29. (福岡市)
560 .
山添淳一, 森田浩光, 久保田潤平, 山口真広, 川端貴美子, 久保山裕子, 原口公子, 重富照子, 太田秀人. 九州地区における災害時歯科保健医療支援研修の取り組み. 第15回日本口腔ケア学会総会, 2018.4.28.-29. (福岡市)
561 .
加藤智崇, 森田浩光, 山添淳一, 窪田潤平, 中久木康一. 災害歯科医療支援の理解調査および支援者養成の取り組みについて. 第29回日本老年歯科医学会学術大会, 2018.6.22-23. (東京)
562 .
森田浩光, 牧野路子, 藤本暁江, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない地域密着型急性期病院への外来訪問実習の3年間の試み. 第37回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2018.7.27-28. (郡山市)
563 .
中久木康一, 森田浩光. 九州地区における災害時歯科保健医療支援研修の取り組み. 第37回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2018.7.27-28. (郡山市)
564 .
森田浩光, 太田秀人, 加藤智崇, 川端貴美子, 久保田潤平, 山添淳一, 重冨照子, 原口公子, 山口真広, 熱田生, 下坂桃子、久保山裕子、中久木康一. 九州地区における研修会開催による災害時時歯科医療支援者の育成と支援ネットワークの構築の試み. 平成30年度福岡県歯科医学会, 2018.9.2. (福岡市)
565 .
Toru Naito. Oral Frailty Recent Japanese dentists' strategy to maintain health of the elderly.. 41Asia Pacific Dental Congress, 5.11. (Seoul)
566 .
宮園真美, 角森輝美, 森中惠子, 町島希美絵, 宮坂啓子, 寒水章納, 松尾里香, 山中富, 内藤徹, 牧野路子. 地域在宅高齢者のオーラルフレイルとサルコペニアに関する研究. 2019福岡看護大学共同研究成果発表会, 2019年5月17日. (福岡市)
567 .
梅崎陽二朗, 江頭留依, 水谷慎介, 山口真広, 藤田拓, 玉井恵子, 牧野路子, 内藤徹. 内科通院中の高齢者における脳萎縮と口腔指標との関連. 第30回日本老年歯科医学会学術大会, 2019.6、6-8. (仙台市)
568 .
江頭留依, 水谷慎介, 加藤智崇, 山口真広, 玉井恵子, 梅崎陽二朗, 奥菜央理, 内藤徹. 歯科外来を受診する高齢者におけるTypeD気質と口腔関連QOLおよび口腔機能との関連. 第30回日本老年歯科医学会学術大会, 2019.6.6-8. (仙台市)
569 .
中島正人, 梅崎陽二朗, 加藤智崇, 山口真広, 牧野路子, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 森田浩光. 急性期入院中の高齢者における口腔カンジタ症のリスク因子の検討. 第30回日本老年歯科医学会学術大会, 2019.6.6-8. (仙台市)
570 .
山口真広. 口腔機能低下症に対して新義歯作成にて対応した1例. 第30回日本老年歯科医学会学術大会, 2019.6、6-8. (仙台市)
571 .
瀬野恵衣, 米田雅裕, 谷口奈央, 大曲紗生, 山本繁, 山田和彦, 伊崎佳那子, 廣藤卓雄. 歯根の問題が原因で口臭が生じた3症例. 第150回日本歯科保存学会2019年度春季学術大会, 2019.6.27-28. (金沢市)
572 .
大曲紗生, 米田雅裕, 米田雅裕, 谷口奈央, 山本繁, 廣藤卓雄. S-PRG溶出液が細菌由来各種酵素活性へおよぼす影響. 第150回日本歯科保存学会2019年度春季学術大会, 2019.6.27-28. (金沢市)
573 .
大曲紗生, 米田雅裕, 谷口奈央, 山本繁, 廣藤卓雄. S-PRG溶出液が細菌由来各種酵素活性へ及ぼす影響. 150日本歯科保存学会, 2019年6月28日. (石川県金沢市)
574 .
内田荘平, 秋永和之, 紙谷恵子, 晴佐久悟, 内藤徹. 口腔ケアにおける実施者へのg飛沫およびエアロゾルによる暴露状況の調査. 46福岡歯科大学学会, 12月15日. (福岡市)
575 .
Nakajima M, Umezaki Y, Yamaguchi M, Makino M, Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T, Morita H. Bacterial pneumonia is a possible risk factor for oral candidiasis in older adults: a retrospective cohort study.. 2019 Annual MeetingThe Gerontological Society of America 2019, 2019/11/13-17. (Austin TX, USA)
576 .
中島正人, 森田浩光, 梅崎陽二朗, 山口真広, 牧野路子, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 細菌性肺炎と口腔カンジダ症との関連性について. 第46回福岡歯科大学学会総会, 2019/12/15. (福岡)
577 .
中島正人, 梅崎陽二朗, 加藤智崇, 山口真広, 牧野路子, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 森田浩光. 急性期病院入院中の高齢者における口腔カンジダ症のリスク因子の検討. 第30回日本老年歯科医学会, 2019/6/6-7. (仙台)
578 .
森田浩光, 梶岡俊一, 吉本尚平, 北河憲雄, 松田美穂, 井上隆司. ラット脳動脈平滑筋における低酸素刺激によるP2Xチャネルサブタイプの発現制御. 第60回日本平滑筋学会, 2019/8/1-2. (名古屋)
579 .
森田浩光, 牧野路子, 梅崎陽二朗, 山口真広, 中島正人, 中村淳平, 君付知瑛子, 吉川顕司, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 樋口勝規. 福岡歯科大学医科歯科総合病院訪問歯科センターの過去1年間の活動報告. 第12回日本総合歯科学会, 2019/11/1-2. (札幌)
580 .
森田浩光, 外尾典子, 山口真広, 岡田賢司. 福歯大病院ICTによる抗菌薬適正使用推奨前後の歯科における抗菌薬使用および細菌培養同定検査結果についてのサーベイランス. 第67回日本化学療法学会西日本支部総会, 2019/11/7-9. (浜松)
581 .
青木久恵, 晴佐久悟, 三好麻紀, 門司真由美, 町島希美絵, 児玉百代, 中島奈々, 国崎裕子, 中島富有子, 窪田惠子, 内藤徹. 多職種の口腔ケアにおける役割認識に関する実態調査. 46福岡歯科だ学学会総会, 2019.12.15. (福岡市)
582 .
畠山純子, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 機械刺激センサーTRPV4を介した象牙芽細胞様細胞の石灰化. 12日本総合歯科学会総会, 11月2-3日. (札幌市)
583 .
森田浩光. 人材育成チームのこれまでの実績報告と展望. 2019私立大学研究ブランディング事業研究成果報告会, 2019/4/17. (福岡)
584 .
森田浩光. 福岡歯科大学医科歯科総合病院と九州大学病院が連携した新たな地域医療研修の構築. 第38回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2019/7/19. (福岡)
585 .
森田浩光. 生活を支える歯科医療-地域包括ケアにおける歯科衛生士の役割-. 第10回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会, 2019/12/7. (福岡)
586 .
中嶋宏樹, 安永まどか, 山口真広, 玉置幸雄, 大野純. 細胞老化刺激は骨分化誘導を抑制するか?. 第46回福岡歯科大学学会, R1年12月15日. (福岡)
587 .
橋本憲一郎, 森田浩光, 田頭美穂. 当科における歯科ICTラウンドの実際と問題点について. 第28回日本口腔感染症学会, 1月. (大阪)
588 .
森田浩光, 牧野路子, 梅崎陽二朗, 山口真広, 中島正人, 中村淳平, 君付知瑛子, 廣藤卓雄, 樋口勝規. 福岡歯科大学医科歯科総合病院訪問歯科センターの過去1年間の活動報告. 第12回日本総合歯科学会, 2019.11.1-2. (札幌)
589 .
米田雅裕, 永井淳, 廣藤卓雄 , 牧野路子, 松崎映津子, 佐藤絢子, 馬場篤子, 森田浩光, 樋口勝規, 阿南壽. 本学6年生対象臨床研修説明会における診療プレゼンテーションー概要およびアンケート報告. 第46回福岡歯科大学学会総会, 2019.12.15. (福岡市)
590 .
高良憲洋, 梶原弘一朗, 藤田隆寛, 坂上竜資, 沢禎彦, 小島寛, . CLEC-2による頭蓋冠骨芽細胞の石灰化抑制. 61歯科基礎医学会, 10/12. (東京都)
591 .
永井淳, 廣藤卓雄, 森田浩光, 内藤徹, 大星博明, 増岡隆, 萩谷康弘, 阿南壽, 青木久恵, 宮園真美, 古野みはる. 福岡歯科大学医科歯科総合病院出前講座を通じた地域貢献活動の展開. 第46回福岡歯科大学学会雑誌, 2019年12月15日. (福岡市)
592 .
Phanthavong V vansana, 堤貴司, 谷口祐介, 加倉加恵, 城戸寛史. インプラント周囲軟組織の低酸素環境が認知機能に与える影響. 第50回日本口腔インプラント学会学術大会, 20年9月19−25日. (web)
593 .
Phanthavong V, 堤貴司, 都築尊, 谷口祐介, 加倉加恵, 城戸寛史. インプラント周囲軟組織の低酸素環境がアルツハイマー病 発症に与える影響 . 第47回福岡歯科大学学会総会・学術大会 , 20年12月24日. (web)
594 .
梅崎陽二朗. ココロの見方~歯科心身症の治療と研究~. 2連携の会, 11/26. (福岡)
595 .
Umezaki Y. Halitophobia in the psychosomatic dentistry: a case and literature review.. 11口臭学会, 6/20. (福岡)
596 .
森田浩光. 地域歯科医療における全身管理 〜災害時医療支援を含めて〜. 2020九州大学歯学部同窓会大分支部会(豊歯会), 2020/2/15. (大分)
597 .
森田浩光. 災害時の歯科保健医療支援の必要性と役割. 2019年度災害口腔医学研修会, 2020/2/16. (福岡)
598 .
森田浩光. 化学療法・放射線療法時の口腔合併症への対応 〜周術期等口腔機能管理連携の一環として〜. 2019年度福岡市歯科医師会・がん患者歯科医療連携事業研修会, 2020/2/26. (福岡)
599 .
廣瀬陽菜, 松﨑英津子, 松雪稜, 松本和磨, 水上正彦, 畠山純子, 牛尾悟志, 小嶺文誉, 河村凖, 二階堂美咲, 松本典祥 泉 利雄 阿南 壽. 3D 解析による新たな歯内治療実習用模型の評価. 152日本歯科保存学会, 6月. (誌上)
600 .
廣瀬陽菜, 松﨑英津子, 松雪 稜, 松本和磨, 水上正彦, 畠山純子, 牛尾悟志, 小嶺文誉, 河村 凖, 二階堂美咲, 松本典祥 泉 利雄 阿南 壽. 新たな歯内治療実習用模型の評価としての3D解析法の開発. 41日本歯内療法学会学術大会, 6月. (誌上)
601 .
松﨑英津子, 二階堂美咲, 廣瀬陽菜, 松本典祥, 畠山純子, 阿南 壽. 水酸化カルシウム製剤の根管内填入における安全対策に関するアンケート調査報告. 39日本歯科医学教育学会総会, 9月. (誌上)
602 .
松本典祥, 松﨑英津子, 水上正彦, 廣瀬陽菜, 畠山純子, 二階堂美咲, 阿南 壽. 生体活性ガラスとPSリポソームの併用による骨再生メカニズムの解明. 47福岡歯科大学学会, 12月. (誌上)
603 .
Matsuzaki E, Matsumoto N, Minakami M, Matsuyuki R, Matsumoto K, Hatakeyama J, Takahashi-Yanaga F, Anan H. S1P/S1PR2 signaling pathway promotes bone formation on rat apicoectomy model.. 93日本薬理学会年会, 3月. (誌上)
604 .
中村淳平, 牧野路子, 中島正人, 君付知瑛子, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 樋口勝規, 森田浩光. 形成外科医と協働して下顎骨骨折患者の制服を行った一例. 第12回日本総合歯科学会, 2020.10.31-11.3. (福岡 )
605 .
牧野路子, 中島正人, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 樋口勝規, 森田浩光. コロナ禍において介護施設へのセミナーにリモートシステムを用いた試み. 第12回日本総合歯科学会, 2020.10.31-11.3(Web発表). (福岡)
606 .
吉本尚平, 森田浩光, 岡村和彦, 平木昭光, 橋本修一. αTAT1 によるチューブリンのアセチル化はエナメル上皮腫の進展に寄与する. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021年12月12日. (福岡)
607 .
前芝宗尚, 堤貴司, 吉田兼義, 長谷英明, 木山賢歩, 都築尊. 咬合不正により引き起こされる認知症誘発物質の発現増加について. 32日本老年歯科医学会, 2021年6月11-13日. (web)
608 .
前芝宗尚, 堤貴司, 後藤加寿子, 吉田兼義, 小柳進祐, 中四良, 都築尊. 咬合不正と認知機能との関連性について. 130日本補綴歯科学会, 2021年6月18-20日. (web)
609 .
堤貴司, 鍛治屋浩, 後藤加寿子, 岡部幸司. 低酸素環境の歯根膜細胞より産生される炎症性サイトカインがアルツハイマー病発症に与える影響の解析. 63歯科基礎医学会学術大会, 2021年10月9-11日. (web)
レポート (該当件数: 10 件)
1 .
縄田和歌子, 森田浩光, 米田雅裕, 廣藤卓雄. . . ; :
2 .
森田浩光. . . ; :
3 .
内藤徹. 口腔保健活動の現状と展開 現場レポート-福岡からひろがる取り組み-. the Quintessence. 2004; 23: 92
4 .
内藤徹. 歯科医療現場における感染制御のためのCDCガイドライン. the Quintessence. 2005; 24: 150
5 .
廣藤卓雄. 高齢者・障害者の口腔管理の重要性と誤嚥性肺炎. 歯誠会  会誌. 2010; : 143ー146
6 .
森田浩光, 山口真弘, 藤本暁江, 縄田和歌子, 湯川成美, 牧野路子, 加藤智崇, 瀧内博也, 米田雅裕, 内藤徹, 廣藤卓雄. 歯科診療部門を持たない地域密着型急性期病院への訪問歯科介入の活動報告. 老年歯科医学. 2015; 30: 337-342
7 .
谷口奈央, 仲西宏介, 米田雅裕, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 歯学部学生の喫煙習慣と心理的健康感との関連. 口腔衛生学会雑誌. 2015; : 422-425
8 .
内藤徹. ゼロからトースターを作ってみた結果. . 2018; : 155
9 .
内藤徹. ストレスチェック面接医のためのメンタル産業医入門. クインテッセンス. 2018; : 123
10 .
Umezaki Y, Motomura H, Uezato A, Naito T, Toyofuku A. The similarities and differences between oral cenesthopathy and burning mouth syndrome in the elderly.. Gerodontology. 2021; 38: 321-322

Copyright(C)2005 Fukuoka Gakuen All Rights Reserved