TOP

▼ 検 索 条 件
大学
講座
発行年
和文/欧文
福岡歯科大学
成長発達歯学
%
%
検索条件未指定の場合は、%と表示

上記講座業績の詳細検索(和文欧文別/発行年別の検索可能)

▼ 検 索 結 果 (上記の検索条件での検索結果です)
著書 (該当件数:89件)
1 .
小口春久, 小島寛. 母子間の齲蝕相関 別冊Quintessence YEAR BOOK 今日の治療指針’01. 東京: クインテッセンス出版; 2001. p.305
2 .
Nishihira M, Yamamoto K, Sato Y, Ishikawa H, Natali A. Chapter 3. Mechanical properties of the periodontal ligament Natali Arturo N, editor Dental Biomechanics. London: Taylor & Francis; 2001. p.283-305
3 .
中村進治, 石川博之. 第1編 第3章 3.顔面・頭蓋骨の三次元形態分析 髙橋庄二郎、黒田敬之、飯塚忠彦編 顎変形症治療アトラス. 東京: 医歯薬出版; 2001. p.43-50
4 .
木村光孝, 下野勉, 土屋友幸, 本川渉, 瀬尾令士, 尾崎正雄, 小笠原榮希, 久保山博子, 石田万喜子, 馬場篤子, 他. 木村光孝, 下野勉, 土屋友幸編 小児歯科患者の臨床的対応. 東京: クインテッセンス出版; 2001. p.93-96,111-113,125-128
5 .
五十嵐清治, 下岡正八, 大東道治, 土屋友幸, 町田幸雄, 本川渉, 尾崎正雄, 久保山博子. 診断と処置 小児の歯科臨床. 東京: 永末書店; 2002. p.155-173
6 .
小口春久, 小島寛. 母子間の齲蝕相関 別冊クインテッセンス YEAR BOOK 今日の治療指針’02. 東京: クインテッセンス出版; 2002. p.311
7 .
石川博之, 清末晴悟. 小児歯科疾患・口腔病変・不正咬合 黒崎紀正他編 イラストレイテッド・クリニカルデンティストリー(第4巻). 東京: 医歯薬出版; 2002. p.180-181,234-237
8 .
石川博之. 4編 成長観察 第1章 反対咬合の顎成長 菅原準二, 浅野央男編 反対咬合治療のコンセンサスを求めて. 東京: 東京臨床出版; 2002. p.189-194,385-390
9 .
五十嵐清治, 下岡正八, 大東道治, 土屋友幸, 町田幸雄, 本川渉, 尾崎正雄, 久保山博子. 小児の歯科臨床 [診断と処置] 小児の歯科臨床. 東京: 永末書店; 2002. p.137-154
10 .
前田隆秀, 小口晴久, 薬師寺仁, 真柳秀昭, 本川渉, 土屋友幸, 内村登, 大東道治. 歯の発育と萌出 大関武彦、古川漸、横田俊一郎 今日の小児治療指針. 東京: 医学書院; 2002. p.614
11 .
本川渉, 久保山博子. 第11章 抜歯時の注意点 五十嵐清治、本川渉、土屋友幸、池田元久編 カラーアトラスハンドブック 小児歯科臨床ヒント集. 東京: クインテッセンス出版; 2003. p.206-210
12 .
本川渉, 尾崎正雄. V-9 幼児期に噛むことと心を育てることの大切さ 日本歯科心身医学会編 歯科心身医学. 東京: 医歯葉出版; 2003. p.307-311
13 .
本川渉, 久保山博子, 馬場篤子. 第10章 外傷歯の適切な処置 五十嵐清治、本川渉、土屋友幸、池田元久編 カラーアトラスハンドブック 小児歯科臨床ヒント集. 東京: クインテッセンス出版; 2003. p.183-212
14 .
塚本末廣. 植松宏、稲葉繁、渡辺誠 高齢者歯科ガイドブック. 東京: 医歯薬出版; 2003. p.101-109
15 .
尾崎正雄, 他, 歯科衛生士国試対策研究会. 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集-2005年度対策 第1~13回全重要問題解説集-. 東京: クインテッセンス出版; 2004. p.191-204
16 .
後藤滋巳, 氷室利彦, 槇宏太郎, 石川博之, 久永豊, 玉置幸雄, 木下尚一, 酒井利雄. 後藤滋巳ほか編 チェアサイド・ラボサイドの矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2004. p.64-75,126-137,152-161,204-209,216-219,241-251
17 .
本川渉, 久保山博子. 3.乳歯外傷の処置法 陥入の処置 木村光孝, 高木裕三, 香西克之, 朝田芳信編 乳歯列期における外傷歯の診断と治療. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.32-33
18 .
赤坂守人, 朝田芳信, 五十嵐清治, 大嶋隆, 本川渉, 小笠原靖, 他. 乳幼児の口と歯の健診ガイド 日本小児歯科学会 親と子の健やかな育ちに寄り添う 乳幼児の口と歯の健診ガイド. 東京: 医歯薬出版; 2005. p.20
19 .
赤坂守人, 朝田芳信, 五十嵐清治, 大嶋隆, 本川渉, 小笠原靖. 乳児の口腔健康診査 日本小児歯科学会 親と子の健やかな育ちに寄り添う 乳幼児の口と歯の健診ガイド. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2005. p.20-23
20 .
都温彦, 西村良二, 横田誠, 本川渉, 尾崎正雄. 小児歯科について 都温彦 心身医療と歯科医療-歯・口腔・顎と心と健康科学-. 東京: 新興医学出版; 2005. p.138-146
21 .
下岡正八, 本川渉, 尾崎正雄, 小笠原靖, 大東道治, 五十嵐清治, 進士久明, 田村康夫, 鈴木康生. 下岡正八編 新小児歯科学. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.54-75
22 .
尾崎正雄, 他, 歯科衛生士国試対策研究会. 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集-2006年度対策 第1~14回全重要問題解説集-. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.191-204
23 .
本川渉, 馬場篤子. 2.乳歯外傷の診断、治療方針 緊急時の診査と記録 木村光孝, 高木裕三, 香西克之, 朝田芳信編 乳歯列期における外傷歯の診断と治療. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.8-10
24 .
槇宏太郎, 後藤滋巳, 石川博之. 歯科矯正マニュアル. 東京: 南山堂; 2006. p.7-8,34,68
25 .
石川博之, 川本達雄, 北井則行, 後藤滋巳, 氷室利彦, 槇宏太郎, 三浦廣行, 溝口到. 第2章 成長発育 B.顎顔面の成長発育 第6章 診断 A.症例分析結果の評価 新しい歯科矯正学. 東京: 永末書店; 2006. p.12-21,116-118
26 .
石川博之, 久永豊. 不正咬合の診査・診断・処置方針 粟野秀慈 必修臨床研修歯科医ハンドブック. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.68-69
27 .
石川博之. 20章-Ⅰ口唇・口蓋裂の矯正歯科治療 相馬邦道、飯田順一郎、山本照子、葛西一貴、後藤滋巳 第5版 歯科矯正学. 東京都: 医歯薬出版; 2008. p.311-317
28 .
玉置幸雄, 石川博之. 各種矯正装置の作製方法と適応:リップバンパー 後藤滋巳 チェアサイド・ラボサイドの矯正装置ビジュアルガイド2. 東京: 医歯薬出版; 2009. p.42-49
29 .
秦雄一郎, 石川博之. 各種矯正装置の作製方法と適応:ペンデュラム装置 後藤滋巳 チェアサイド・ラボサイドの矯正装置ビジュアルガイド2. 東京: 医歯薬出版; 2009. p.50-57
30 .
久永豊, 石川博之. 各種矯正装置の作製方法と適応:スライディングプレート 後藤滋巳 チェアサイド・ラボサイドの矯正装置ビジュアルガイド2. 東京: 医歯薬出版; 2009. p.74-81
31 .
石川博之. 4節 口腔異常・矯正歯科治療 高戸毅 医師・歯科医師のための口腔診療必携 困ったときのマニュアル・ヒント集202. 東京: 金原出版; 2010. p.52
32 .
玉置幸雄, 石川博之. 下顎の発育促進と咬合挙上を目的としてアクチバトールを使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.100-107
33 .
阿部朗子, 石川博之. 乳歯列期の上顎狭窄歯列の改善を目的として拡大床装置を使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.158-165
34 .
久永豊, 石川博之. 上顎側切歯の舌側転位の改善を目的としてリンガルアーチを使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.172-179
35 .
秦雄一郎, 石川博之. 下顎狭窄歯列を伴う叢生の改善を目的としてバイヘリックスを使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.192-199
36 .
成冨雅則, 石川博之. 混合歯列期の過蓋咬合と下顎右方偏位を伴う上顎前突の改善を目的としてアクチバトールを使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.216-223
37 .
成冨雅則, 石川博之. 混合歯列期の過蓋咬合の改善を目的として咬合挙上板を使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.230-237
38 .
秦雄一郎, 石川博之. 混合歯列期の機能性側方偏位による交叉咬合の改善を目的として拡大床装置を使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.260-267
39 .
久永豊, 石川博之. 上下顎叢生の改善を目的としてマルチブラケット装置を使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.270-277
40 .
井上庸子, 石川博之. 大臼歯遠心移動後の加強固定を目的としてナンスのホールディングアーチを使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.318-325
41 .
井上庸子, 石川博之. 後戻りによる捻転歯の改善を目的としてスプリングリテーナーを使用した症例 後藤滋巳 矯正歯科治療 この症例にこの装置. 東京: 医歯薬出版; 2010. p.340-343
42 .
石川博之. I編 2章 成長・発育 II編 2章 上下顎の垂直的関係の不調和(過蓋咬合・開咬) II編 6章 矯正歯科治療時のトラブルへの対応 大畑 秀穂 最新歯科衛生士教本 咀嚼障害・咬合異常2 歯科矯正. 東京: 医歯薬出版; 2011. p.13-22、88-91、113-116
43 .
長谷川綾, 石川博之. 上顎前歯部の捻転を改善した症例 幼児・学童期からの矯正歯科治療. 東京: 医歯薬出版; 2012. p.p.82-85
44 .
阿部朗子, 石川博之. 低位の上顎中切歯の牽引を行った症例 後藤滋巳 幼児・学童期からの矯正歯科治療. 東京: 医歯薬出版; 2012. p.42-45
45 .
植木猛士, 石川博之. 狭窄歯列の改善により上顎前歯部萌出余地不足の解消を行った症例 後藤滋巳 幼児・学童期からの矯正歯科治療. 東京: 医歯薬出版; 2012. p.46-49
46 .
吉田智治, 石川博之. 大臼歯の遠心移動により上顎側方歯萌出余地不足の解消を行った症例 後藤滋巳 幼児・学童期からの矯正歯科治療. 東京: 医歯薬出版; 2012. p.58-61
47 .
成冨雅則, 石川博之. 大臼歯の遠心移動による萌出余地不足の解消と上顎の成長発育抑制、咬合挙上により上顎前突の改善を行った症例 後藤滋巳 幼児・学童期からの矯正歯科治療. 東京: 医歯薬出版; 2012. p.86-89
48 .
秦雄一郎, 石川博之. 埋伏歯の牽引を行った症例 後藤滋巳 幼児・学童期からの矯正歯科治療. 東京: 医歯薬出版; 2012. p.162-165
49 .
植木猛士, 石川博之. アンカースクリューにより上顎歯列全体の遠心移動を行い軽度の上顎前突の改善と埋伏犬歯の歯列内誘導を行った症例 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法. 東京: 医歯薬出版; 2013. p.p.80-87
50 .
吉田智治, 石川博之. アンカースクリューにより上顎前歯の舌側移動を行い上下顎前突を改善した症例 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法. 東京: 医歯薬出版; 2013. p.p.168-175
51 .
玉置幸雄, 石川博之. アンカースクリューにより上顎前歯の舌側移動を行い上下顎前突を改善した症例 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法. 東京: 医歯薬出版; 2013. p.p.176-183
52 .
秦雄一郎, 石川博之. アンカースクリューにより上顎犬歯の遠心移動を行い上顎前突を伴う叢生を改善した症例 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法. 東京: 医歯薬出版; 2013. p.p.264-271
53 .
成冨雅則, 石川博之. アンカースクリューにより大臼歯の圧下を行った症例 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法. 東京: 医歯薬出版; 2013. p.p.336-343
54 .
前田隆秀, 朝田芳信, 尾崎正雄, 田中光郎, 福田理, 宮沢裕夫, 渡部茂. 第4章小児歯科治療システムD医療安全と危機管理 第12章咬合誘導C咬合誘導法3動的(能動的)咬合誘導 第16章諸外国の小児歯科 小児の口腔科学第3版. 東京都文京区本郷2-13-13本郷七番館1F: 株式会社学建書院; 2013. p.130-135 343-358 435-456
55 .
木村光孝, 高木裕三, 前田隆秀, 田村康夫, 香西克之, 尾崎正雄. Ⅰ乳歯外傷とは 乳歯外傷の疫学① 乳歯列期における外傷歯の診断と治療第2版. 東京都文京区本郷3丁目2番6号クイントハウスビル: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p.6-7
56 .
木村光孝, 高木裕三, 前田隆秀, 田村康夫, 香西克之, 馬場篤子, 本川渉, 橋本敏昭. Ⅲ治療法の実際<歯冠破折>1乳歯の不完全破折(亀裂) Ⅳ乳歯外傷の予後6乳歯外傷後の歯髄腔の変化① 乳歯列期における外傷歯の診断と治療第2版. 東京都文京区本郷3丁目2番6号クイントハウスビル: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p.38-39 98-99
57 .
木村光孝, 高木裕三, 前田隆秀, 田村康夫, 香西克之, 橋本敏昭, 岡暁子. Ⅲ治療法の実際<脱臼>6乳歯における震盪 乳歯列期における外傷歯の診断と治療第2版. 東京都文京区本郷3丁目2番6号クイントハウスビル: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p.52-53
58 .
本川渉, 馬場篤子. 第11章外傷歯の治療(脱臼,歯冠破折) 第12章歯の外傷 小児歯科学基礎・臨床実習第2版. 東京都文京区本駒込1-7-10: 医歯薬出版; 2014. p.99-104,205-211
59 .
木村光孝, 牧憲司, 有田憲司, 五十嵐清治, 尾崎正雄, 斉藤正人, 渡部茂. 4.小児患者への対応法 小児歯科学. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2014. p.49-59
60 .
尾崎正雄. 第19章 医療安全  小児歯科学基礎・臨床実習第2版. 東京都文京区本駒込1-7-10: 医歯薬出版; 2014. p.259-261
61 .
西村紗和, 石川博之. フレンケルの装置(ファンクションレギュレーター) チェアサイド・ラボサイドの新 矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.192-201
62 .
阿部朗子, 石川博之. ペンデュラム装置 チェアサイド・ラボサイドの新 矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.42-49
63 .
山之内香, 石川博之. リップバンパー チェアサイド・ラボサイドの新 矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.202-209
64 .
玉置幸雄, 川越慈, 石井太郎, 石川博之. セットアップモデル チェアサイド・ラボサイドの新 矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.315-327
65 .
山内由宣, 石川博之. トゥースポジショナー(T.P.) チェアサイド・ラボサイドの新 矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.258-265
66 .
秦省三郎, 石川博之. アクチバトール(F.K.O.) チェアサイド・ラボサイドの新 矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.148-159
67 .
中島一記, 石川博之. 加強固定装置 チェアサイド・ラボサイドの新 矯正装置ビジュアルガイド. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.28-41
68 .
Honda M, Toriumi T, Oka K, Saito Y, Isokawa K. Dental stem cells for tooth tissue engineering Dental Stem Cells for Tooth Tissue Engineering. ?: Stem Cell Biology and Tissue Engineering in Dental Sciences; 2015. p.347-358
69 .
Honda M, Toriumi T, Oka K, Saito Y, Isokawa K. Stem Cell Biology and Tissue Engineering in Dental Sciences Chapter27-Dental Stem Cells for Tooth Tissue Engineering Stem Cell Biology and Tissue Engineering in Dental Sciences. India: ACADEMIC PRESS; 2015. p.347-358
70 .
有田正博, 粟野秀慈, 安細敏弘, 池邉哲郎, 石川博之, 泉利雄, 岩﨑正則, 岩永賢二郎, 上原雅隆, 臼井通彦, 冨永晋二. 薬物アレルギー 米田雅裕 新臨床研修歯科医ハンドブック平成28年度診療報酬改定対応版. 東京都: 医歯薬出版; 2016. p.324-325
71 .
尾崎正雄. 第18章小児の歯科治療 新臨床研修歯科医ハンドブック. 東京都文京区本駒込1-7-10: 医歯薬出版株式会社; 2016. p.272-296
72 .
梶井貴史, 石川博之. かみ合わせ治療とQOLの向上―良いかみ合わせでハッピーライフを お口からはじめましょう,からだの健康(第23回日本歯科医学会総会記念誌). 東京: 医歯薬出版; 2016. p.26-27
73 .
玉置幸雄, 坂上竜資. かみ合わせと体の健康 お口からはじめましょう,からだの健康(第23回日本歯科医学会総会記念誌). 東京: 医歯薬出版; 2016. p.28-29
74 .
尾崎正雄, 朝田芳信, 大須賀直人, 清水武彦, 田中光郎, 福田理, 前田隆秀, 渡部茂. 7章医療安全と危機管理 13章外科的処置B抜歯 15章咬合誘導D動的(能動的)咬合誘導 小児の口腔外科第4版. 東京都文京区: 学建書院; 2017. p.111,231-240,277-296
75 .
馬場篤子, 尾崎正雄. 低年齢児における乳歯外傷の固定法について 小児歯科臨床. 大阪市: 東京臨床出版株式会社; 2017. p.80-83
76 .
玉置幸雄, 石川博之. 上顎前突(アクチバトール) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.100-107
77 .
阿部朗子, 石川博之. 叢生(拡大床装置) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.156-163
78 .
阿部朗子, 玉置幸雄. 叢生(リンガルアーチ) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.170-177
79 .
陶山大輝, 玉置幸雄. 過蓋咬合(アクチバトール) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.214-221
80 .
藤田隆寛, 玉置幸雄. 過蓋咬合(咬合挙上板) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.228-233
81 .
高田俊輔, 玉置幸雄. Ⅱ期治療(マルチブラケット装置) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.266-273
82 .
秦省三郎, 玉置幸雄. 加強固定(ナンスのホールディングアーチ) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.314-321
83 .
玉置幸雄, 石川博之. 後戻りの改善(スプリングリテーナー) 矯正歯科治療 この症例にこの装置 第2版. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.336-339
84 .
梶井貴史. 歯科衛生士養成校向け歯科用語辞典 歯科衛生士養成校向け歯科用語辞典. 京都: 永末書店; 2018. p.in press
85 .
飯田順一郎, 葛西一貴, 後藤滋巳, 末石研二, 槇宏太郎, 山城隆, 玉置幸雄. その他の矯正歯科治療 歯科矯正学 第6版. 東京: 医歯薬出版; 2019. p.362-367
86 .
飯田順一郎, 後藤滋巳, 槇宏太郎, 玉置幸雄. 歯科矯正学第6版, Ⅲ編治療学, 20章チーム医療の中の矯正歯科治療, Ⅳその他の矯正歯科治療 歯科矯正学第6版. 東京: 医歯薬出版; 2019. p.362-367
87 .
尾崎正雄. 人をポジティブにするはじめての医療コーチング -人をポジティブにする-はじめての医療コーチング. 東京都: デンタルダイヤモンド社; 2020. p.47
88 .
Seno K, Yasunaga M, Yamamoto N, Ohno J. Chapter 7 - Oral mucosal graft-versus-host disease and its possibility of antitumor effects. Inflammation and Oral Cancer: From Bench to Bedside.. Netherlands: Inflammation and Oral Cancer; 2022. p.127-150
89 .
Yasunaga M, Yamaguchi M, Seno K, Yoshida M, Ohno J. Chapter 6 - Role of autophagy in dysregulation of oral mucosal homeostasis. Inflammation and Oral Cancer: From Bench to Bedside.. Netherlands: Inflammation and Oral Cancer; 2022. p.101-125
総説  (該当件数: 38 件) 
1 .
久保山博子, 本川渉. シーラントの現状と術上の注意点. 歯科衛生士. 2001; 25: 40-46
2 .
長門俊一, 久永豊, 清水大三郎, 藤原隆. エポン切片のイオンエッチングによる走査電顕試料の作製法とその三次元再構築への応用. 電子顕微鏡. 2001; 36: 131-134
3 .
長門俊一, 久永豊, 森下孝一郎. イオンエッチングによる樹脂切片の走査電顕観察. 細胞. 2002; 34: 424-427
4 .
米田雅裕, 尾崎正雄, 内藤徹, 久間一宏, 城戸寛史, 清水博史, 坂上竜資, 佐藤博信, 大関悟, 石川博之, 谷口省吾. 福岡歯科大学臨床研修歯科医海外研修の教育効果について. 日歯教誌. 2005; 21: 310-318
5 .
小島寛. 感染性心内膜炎と抗生剤予防投与. 福岡歯科大学学会雑誌. 2007; 33: 21-28
6 .
葉山康臣, 尾崎正雄, 不破祐司. Tongue training plate(TTP)とMFTを用いた開咬治療. DENTAL DIAMOND. 2007; 32: 94-97
7 .
葉山康臣, 尾崎正雄. 小児の舌癖治療. DENTAL DIAMOND. 2007; 32: 102-103
8 .
久永豊, 石川博之. 一般歯科治療と矯正歯科治療の連携 臼歯の位置異常や欠損により咬合異常を生じた症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2009; 35: 109-113
9 .
石川博之. 日本の医療の中で矯正治療が健全に発展していくために. 北海道矯正歯科学会雑誌. 2009; 37: 35-37
10 .
馬場篤子. 指しゃぶりをしていると、歯並びが悪くなるか. DENTAL DIAMOND. 2011; 増刊号: 88
11 .
馬場篤子. 舌癖とは何か. DENTAL DIAMOND. 2011; 増刊号: 90
12 .
梶井貴史. 成長期の骨格性下顎前突症における下顎骨の過大な成長の予測 —形態学的研究とゲノム解析を用いて—. 福岡歯科大学学会雑誌. 2012; 38: 139-144
13 .
Lai WF, Oka K, Jung HS. Advanced functional polymers for regenerative and therapeutic dentistry.. Oral Diseases. 2014; : doi:10.1111/odi.12281
14 .
西村紗和. 小児がん治療後の歯科的長期フォローアップ. The Japanese Journal of Pediatric/Oncology. 2014; 51: 255-262
15 .
馬場篤子. 乳歯の外傷. 福岡歯科大学同窓会誌. 2015; 33: 10-17
16 .
石川博之, 梶井貴史, 玉置幸雄. 機能と美のシンフォニー―骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療後における軟組織側貌の予測について―. 日本顎変形症学会雑誌. 2015; 25: 1-9
17 .
岡暁子. 軟口蓋発生メカニズムの解明. 小児歯科学雑誌 . 2015; in press: in press
18 .
尾崎正雄. 小児歯科における心理的対応の考え方-自我の芽生え-. 小児歯科臨床. 2015; 20: 53-59
19 .
尾崎正雄. 歯科教育におけるIT化はどこまで進むのか?-バーチャルシミュレータと患者型ロボットの開発-. 小児歯科臨床. 2016; 21: 76-81
20 .
Kajii T, Oka A. Candidate gene analysis of mandibular prognathism.. Journal of Dentistry and Oral Biology. 2017; 2: 1068
21 .
岡暁子. 診てみよう! 赤ちゃんの口、子どもの口. 小児看護. 2017; 41: 2-8
22 .
青野広子, 岡暁子, 松尾陽子. 出血傾向がある子どもの口腔管理. 小児看護. 2017; 41: 74-82
23 .
岡暁子. 小児歯科学に求められていること. 福岡歯科大学学会雑誌. 2017; 42: 53-61
24 .
馬場篤子. 乳歯の歯内療法について. 「背振」福岡歯科大学同窓会会誌. 2018; 37: 15-22
25 .
馬場篤子. わたしが守る・みんなで守る子どものお口 10 乳歯外傷への対応. DENTAL DIAMOND. 2018; 通巻: 60-65
26 .
馬場篤子. 乳歯の外傷治療と歯内療法について. 歯界時報. 2018; 763: 012-018
27 .
岡暁子. 小児の口腔管理において見落とせない視点-健全な永久歯列獲得のために-. 歯界時報. 2019; 770 : 12-17
28 .
尾崎正雄. (特集2)すぐ取り入れたい医療コーチング. DHstyle 2020年12月号. 2020; 14: 1-8
29 .
岡暁子. 健全な永久歯列獲得のための成長発育期の矯正治療. 歯界時報. 2020; 07: 14-21
30 .
樋口勝規, 森田浩光, 香川豊宏, 城戸寛史, 小島寛, 川野庸一, 池邉哲郎, 阿南壽. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における大災害対策. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 1-9
31 .
岡暁子. 第Ⅱ部各論 2章 齲蝕処置1 局所麻酔・ラバーダム 「子どもの健やかなお口をつくる」GPのための小児の歯科診療. 松風. 2020; -: 104-111
32 .
岡暁子. 口腔機能発達不全症への対応とその重要性. わたしが守る・みんなで見守る 子どものみかたBOOK. 2021; -: 46-49
33 .
馬場篤子. 乳歯外傷への対応. わたしが守る・みんなで見守る 子どものみかたBOOK. 2021;  : 90-95
34 .
馬場篤子. 乳前歯外傷後の黒変への対応. DENTAL DIAMOND2021/3. 2021; 46: 9191
35 .
馬場篤子. 外傷歯破折の対応-Rehydrationの重要性. DENTAL DIAMOND 9. 2021; 46: 93
36 .
馬場篤子. 口腔外傷の実際に即した新たな分類法 MEBDTI. DETAL DIAMMONDO. 2022; 47: 107
37 .
馬場篤子. 歯ブラシによる口腔軟組刺傷刺傷. デンタルハイジーン. 2022; 42: 251
38 .
馬場篤子. 小児の口腔軟組織損傷への対応ー幼児口腔内への異物刺傷についてー. 月刊・小児歯科臨床. 2022; 27: 37-43
原著論文  (該当件数: 272 件)
1 .
逢坂洋輔, 柏村晴子, 岡曉子, 岡村和彦, 香川豊宏, 林容子, 大関悟, 尾崎正雄. . . ; :
2 .
Nishimura S, Inada H, Sawa Y, Ishikawa H. Risk factors to cause tooth formation anomalies in chemotherapy of paediatric cancers.. European Journal of Cancer Care. 2013; 22: 353-360
3 .
Kondo A, Ishikawa H, Iida J. Assessment of fatigue tendency of masseter muscle using near-infrared spectroscopy. Hokkaido J Dent Sci. 2001; 22: 220-230
4 .
水谷晃彦, 堀田訓子, 石川博之, 伊東隆三, 福島忠男, 宮崎光治, 井上勇介. 矯正用化学重合型グラスアイオノマーセメントのエナメル質への接着性に及ぼす汚染及び酸処理の影響. 接着歯学. 2001; 19: 133-139
5 .
Higa K, Gao C, Motokawa W, Abe K. The roles of the N-terminal portions of various tachykinins in promoting salivation. Oral Dis. 2001; 7: 238-245
6 .
Mitsui M, Ishikawa H, Tsukada H, Kitazawa S, Iwasaki H, Iida J. Quantitative analysis of dental compensation for variations in sagittal jaw relationships. Orthodo Waves. 2001; 60: 172-175
7 .
高橋美如, 尾崎正雄, 今村まり子, 久保山博子, 京極絵美, 本川渉. 乳歯列期小児のカリエスリスク判定に関する研究-齲蝕活動性試験の比較及び応用方法の検討. 小児歯誌. 2001; 39: 13-19
8 .
北村憲司, 和田忠子, 岡村和彦, 高橋裕, 尾崎正雄, 山本清, 杉本幸隆, 長環, 住吉周平, 武内哲二, 阿部興紀,藤英俊,栢豪洋,青野一哉. チュートリアル方式による小グループテーマ別学習 ―福岡歯科大学における試み―. 日歯教誌. 2001; 16: 167-175
9 .
金壮律, 半田麻子, 石川博之, 吉田重光, 飯田順一郎. ラット口蓋部の瘢痕組織が上顎骨の前後的成長量に及ぼす影響. 日矯歯誌. 2001; 60: 112-117
10 .
入江丈元, 石川博之, 飯田順一郎. 口蓋裂患者における上顎前方牽引装置の治療効果. 日口蓋裂学会誌. 2001; 26: 16-22
11 .
北澤慎一, 石川博之, 飯田順一郎. 片側性唇顎口蓋裂患者における上顎前方牽引装置の治療効果の予測―重回帰分析を用いた試み―. 日本口蓋裂学会雑誌. 2001; 26: 7-15
12 .
内田禎子, 石川博之, 佐藤嘉晃, 飯田順一郎. 高齢者の顎顔面形態と歯列咬合形態の実態調査. 北海矯歯誌. 2001; 29: 37-45
13 .
久永豊. 準超薄切片のイオンエッチングによる走査電顕試料の作製法とその応用. 福岡歯科大誌. 2001; 28: 81-102
14 .
Wang XY, Miyazaki K, Itoh Y, Motokawa W. Effect of experimental fluoride-releasing tooth separator on acid resistance of human enamel in vitro. Dent Mater J. 2001; 20: 275-285
15 .
Fukushima T, Inoue Y, Miyazaki K, Ito T. Effect of primers containing N-methylolacry- lamide or N-methylolmethacrylamide on dentine bond durability of a resin composite after 5 years. J Dent. 2001; 29: 227-234
16 .
Higa K, Gao C, Motokawa W, Abe K. Sialogogic activity in the rat of peptides analogous to [Tyr8]-substance P in which substitutions have been made in the N-terminal amino acids. Archs Oral Biol. 2001; 46: 313-321
17 .
塚本末廣. 口腔内細菌による日和見感染の恐怖。口腔ケアの重要性. 感染防止. 2002; 12: 17-23
18 .
Kim T, Ishikawa H, Chu S, Handa A, Iida J, Yoshida S. Constriction of the maxillary dental arch by mucoperiosteal denudation of the palate. Cleft Palate Craniofac J. 2002; 39: 425-431
19 .
Sato A, Hisanaga Y, Inoue Y, Nagato T, Toh H. Three-dimensional structure of apical vesicles of tuft cells of the main excretory duct of the rat submandibular gland. Eur J Morphol. 2002; 40: 235-239
20 .
Iwasaki H, Ishikawa H, Chowdhury L, Nakamura S, Iida J. Properties of the ANB angle and the Wits appraisal in the skeletal estimation of Angle's Class III patients. Europ J Orthod. 2002; 24: 477-483
21 .
日高三郎, 塚本末廣, 岡本佳三. ポリフェノールとゼラチンの共存がリン酸カルシウム沈殿物形成に与える影響. J Trad Med. 2002; 19: 189-192
22 .
尾崎正雄, 高田圭介, 石田万喜子, 城島浩, 本川渉. 小児の歯科診察に対する不安度の判定に関する研究.第1報ミニチュア歯科診察室を用いた心理テストについて. 小児歯誌. 2002; 40: 609-615
23 .
玉置幸雄. 自己組織化マップを応用した顎顔面の個成長予測. 福岡歯科大誌. 2002; 29: 107-127
24 .
王シンヤン, 林秀, 榊恭範, 岡本佳三, 宮崎光治, 本川渉. エナメル質表層下脱灰に及ぼすフッ素イオンの影響ーデジタルマイクロスコープとマイクロデンシトメーターを用いた検討ー. 福岡歯科大誌. 2002; 29: 147-156
25 .
瀬戸美夏, 真鍋庸三, 久保田智彦, 谷口省吾. 笑気吸入鎮静法が自己血採血時の自律神経活動に及ぼす影響. 日歯麻酔誌. 2002; 30: 557-565
26 .
木下尚一. 上顎側方拡大後の縫合修復過程におけるDNA担体b-FGFの効果. 福岡歯科大誌. 2002; 29: 193-211
27 .
高橋美如, 尾崎正雄, 今村まり子, 堀部晴実, 木山純子, 林一郎, 本川渉. 学童期のカリエスリスク判定に関する研究 -齲蝕活動性試験結果と生活習慣に関するアンケート調査結果との関連性について-. 福岡歯科大誌. 2002; 29: 213-219
28 .
瀬戸美夏, 真鍋庸三, 久保田智彦, 谷口省吾. 心拍・血圧変動スペクトル解析を用いた自己血採血及び輸液後の自律神経機能の評価. 日輸血誌. 2002; 48: 455-464
29 .
山本健也, 佐々木恵, 小島寛, 三浦真理, 松塚育子, 小口春久. 幼若第一大臼歯に対する光硬化型グラスアイオノマーセメント系小窩裂溝填塞財の臨床評価. 小児歯科学雑誌. 2003; 41: 105-110
30 .
川鍋仁, 木下尚一, 石川博之, 谷口邦久. ラット口蓋部における瘢痕形成が骨表面の微細構造に与える影響. 歯科基礎医学会雑誌. 2003; 45: 180-186
31 .
塚田東香, 石川博之, 高田賢二, 高木洋美, 飯田順一郎. 外科的矯正治療に移行した片側性唇顎口蓋裂患者の顎顔面の成長変化. 日本口蓋裂学会雑誌. 2003; 28: 212-219
32 .
Shimoda T, Tsutsumi S, Sumiyoshi S, Ishikawa H, Honda T. Influences of load bearing pattern on the temporomandibular joint caused by relative difference in the size and position of condyle and fossa: Comparison of anterior and posterior condylar deviation with respect to increased size. Russian Journal of Biomechanics. 2003; 7: 57-65
33 .
Kajiya K, Okamoto F, Fukushima H, Takada K, Okabe K. Mechanism and role of high potassium-induced reduction of intracellular Ca2+ concentration in rat osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol. 2003; 285: C457-C466
34 .
筒井昭仁, 福光保之, 何陽介, 中村清徳, 中村譲治, 藤好未陶, 松尾健, 松岡奈保子, 山本和宏. ヘルスプロモーションをベースとする成人歯科保健管理プログラムの評価 - 8年間の成人歯科保健管理プログラムの実践-. 口腔衛生学会雑誌. 2003; 53: 564-573
35 .
Yamamoto K, Kojima H, Tsutsumi T, Oguchi H. Effect of tooth-conditioning agents on bond strength of a resin-modified glass-ionomer sealant to enamel. J Dent. 2003; 31: 13-18
36 .
Fukushima H, Kajiya H, Takada K, Okamoto F, Okabe K. Expression and role of RANKL in periodontal ligament cells during physiological root-resorption in human deciduous teeth. Eur J Oral Sci. 2003; 111: 346-352
37 .
Wang XY, Miyazaki K, Motokawa W. Relationship between the fluoride concentration of the fluoride-releasing elastomers and the acquired acid resistance of human enamel in vitro. Dent Mater J. 2003; 22: 180-190
38 .
Saitoh T, Hotta N, Ishikawa H. The prevalence of TMJ osteoarthrosis in orthodontic patients at Fukuoka Dental College Hospital. Orthod Waves. 2003; 62: 220-223
39 .
Kajiya H, Okamoto F, Fukushima H, Okabe K. Calcitonin inhibits proton extrusion in resorbing rat osteoclasts via protein kinase A. Pflugers Arch-Eur J Physiol. 2003; 445: 651-658
40 .
入江丈元, 石川博之, 今渡綾子, 飯田順一郎. 非接触式レーザードップラー血流計を用いた口蓋裂患者の口蓋形成術後瘢痕組織同定の試み. Orthodontic Waves. 2003; 62: 58-61
41 .
荒川周幸, 石川博之. 触覚センサーを用いた咬筋疲労の定量的評価. Orthod Waves. 2003; 62: 141-148
42 .
Yamamoto K, Kojima H, Tsutsumi T, Oguchi H. Effects of tooth-conditioning agents on bond strength of a resin-modified glass-ionomer sealant to enamel. J Dent. 2003; 31: 13-18
43 .
酒井利雄. 骨芽細胞様細胞MC3T3-E1細胞におけるRANKL遺伝子の周期的細胞伸縮刺激による発現誘導. 福岡歯科大学学会雑誌. 2003; 30: 13-26
44 .
寺谷烈, 太田文隆, 伊藤秀美, 石川博之. Pendulum ApplianceとDistal Jetによる上顎第一大臼歯の遠心移動に関する光弾性応力解析. Orthod Waves. 2003; 62: 1-11
45 .
林秀. フッ素徐放性を有する光重合型コンポジットレジンに関する基礎的研究. 福岡歯大誌. 2004; 31: P9~P19
46 .
林秀, 久保山博子, 川口稔, 宮崎光治, 本川渉. ポリシロキサンコーティングしたフッ化物によるコンポジットレジンのフッ素徐放性制御. 小児歯科学雑誌. 2004; 42: 675-679
47 .
小野元子, 太田文隆, 玉置幸雄, 石川博之. 不正咬合者における母音の音響学的特徴と顎顔面形態との関連. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 97-104
48 .
吉田一恵, 久永豊, 玉置幸雄, 清末晴悟, 石川博之. 骨格性下顎前突症における顎骨移動術前後の咽頭部気道形態および舌骨の変化. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 131-140
49 .
長谷川陽子, 石川博之, 前田恭子, 久永豊. 被蓋を改善した反対咬合者の顎関係の成長変化. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 141-151
50 .
柳原一之, 登山学, 石川博之. 近赤外分光法による咬筋内酸素飽和度の測定における誤差の検討. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 153-160
51 .
川鍋仁, 石川博之, 木下尚一, 谷口邦久. 口蓋部瘢痕形成ラットの創傷治癒過程におけるbFGF投与の効果. Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2004; 63: 29-41
52 .
久永万紀子, 荒川周幸, 石川博之. 矯正患者における先天性欠如永久歯の発現率および先行乳歯の残存状態について. 西日本歯科矯正学会雑誌. 2004; 48: 181-186
53 .
山田明子, 玉置幸雄, 久永豊, 石川博之. 外科的矯正治療にともなう硬組織と軟組織形態の変化の関連性. Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2004; 63: 85-94
54 .
前田恭子, 玉置幸雄, 石川博之. 自己組織化マップの顎顔面形態の分類への応用. Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2004; 63: 143-150
55 .
Inoue H, Izumi T, Ishikawa H, Watanabe K. Short-term histopathological effects of Er:YAG laser irradiation to rat coronal dentin-pulp complex. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2004; 97: 246-50
56 .
川鍋仁. ラット口蓋部における瘢痕形成が骨表面の微細構造に与える影響と創傷治癒過程におけるbFGF投与の効果. 学位論文. 2004; : 1-48
57 .
岡田一三, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 内藤徹, 吉永正治、久間一宏, 山田和彦, 高橋裕、松浦正朗, 佐藤博信, 井上廣、坂上竜資, 本川渉, 本田武司. 本学附属病院における卒後臨床研修についてー院外研修に関するアンケート調査―. 福岡歯科大誌. 2004; 31: 253
58 .
Yanagihara K, Ishikawa H, Toyama M. Comparison of masseter muscle oxygenation during clenching between normal occlusion and open bite subjects using near-infrared spectroscopy. Orthodontic Waves. 2004; 63: 101-106
59 .
Kawanabe H, Ishikawa H, Okamura K, Taniguchi K. Basic fibroblast growth factor increases the number and size of vascular pores on bone surfaces during palatal wound healing. J Hard Tissue Biol. 2004; 13: 73-80
60 .
日高三郎, 塚本末廣, 劉勝彦. 漢方薬とヒト唾液の反応性. 和漢医薬学雑誌. 2004; 19: 107-111
61 .
Takada K, Kajiya H, Fukushima H, Okamoto F, Motokawa W, Okabe K. Calcitonin in human odontoclasts regulates root resorption activity via protein kinase A. J Bone Miner Metab. 2004; 22: 12-18
62 .
Okamoto F, Kajiya H, Fukushima H, Jimi E, Okabe K. Prostaglandin E2 activates outwardly rectifying Cl- channels via a cyclic cAMP-dependent pathway and reduces cell motility in rat osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol. 2004; 287: C114-C124
63 .
Wang X Y, Baba A, Taniguchi K, Hagio M, Miyazaki K. Study on rat subcutaneous reaction to experimental polyurethane elastomers. Dent Mater J. 2004; 23: 512-516
64 .
川鍋仁, 木下尚一, 秦雄一郎, 石川博之, 岡村和彦, 谷口邦久. ラット口蓋粘膜骨膜除去後早期の創傷治癒過程における口蓋骨の変化. J Oral Biosci. 2005; 47: 294-304
65 .
信岡あや, 木下尚一, 岩下智子, 成冨雅則, 大櫛幸子, 玉置幸雄, 石川博之. 矯正患者の顎口腔機能異常の自己認識に関する臨床的調査. 九州矯正歯科学会雑誌. 2005; 1: 23-30
66 .
小串真一郎, 廣瀬武尚, 石川博之. 床装置レジン部の色合いに対する意識調査. 九州矯正歯科学会雑誌. 2005; 1: 47-52
67 .
井上美津子, 浅里仁, 池田訓子, 小林聡美, 佐々龍二, 高木裕三, 朝田芳信, 大嶋隆, 小口春久, 田中光郎, 本川渉. 小児歯科に対する歯科用局所麻酔剤の安全性に関する臨床的研究. 小児歯誌. 2005; 43: P561~P570
68 .
前田恭子, 玉置幸雄, 石川博之. 自己組織化マップによる成長期反対咬合患者の治療結果の予測. Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2005; 64: 25-35
69 .
Toyama M, Ishikawa H, Yanagihara K, Sakai T. Assessment of muscle fatigue tendency during lip sealing in simulated bimaxillary protrusion using near-infrared spectroscopy. Orthodontic Waves. 2005; 64: 1-7
70 .
渡辺真一郎, 荒川周幸, 石川博之. 軟組織側貌に影響を与える形態的要因の検討. 西日本歯科矯正学会雑誌. 2005; 49: 153-161
71 .
馬場史子, 山口佳那子, 木村友美, 田頭美穂, 今村まり子, 尾崎正雄, 馬場篤子, 葉山康臣, 本川渉. 福岡市早良区保健福祉センターに来所した乳幼児に対する口腔内ケアの実態調査. 福岡歯科大学学会雑誌. 2005; 31: 131-139
72 .
Kawanabe H, Ishikawa H, Kinoshita S, Taniguchi K. Effects of basic fibroblast growth factor administration on wound healing process of rat palates with scar tissue formation. Dentistry in Japan . 2005; 41: 75-77
73 .
井上庸子. エポン切片-イオンエッチング-SEM法の骨組織三次元構造解析への応用. 福岡歯科大学学会雑誌. 2005; 31: 185-203
74 .
何陽介, 本川渉, 宮崎光治. 定量的光誘導蛍光法を用いたヒトエナメル質表層下脱灰層の検討. 歯科材料・器械. 2005; 24: 189-194
75 .
小島寛, 三浦真理. 歯科診療時における子どもへの説明に関するアンケート調査. 北海道歯学雑誌. 2005; 26: 31-37
76 .
Kazuno T, Fukushima T, Hayakawa T, Inoue Y, Ogura R, Kaminishi H, Miyazaki K. Antibacterial activities and bonding of MMA/TBB resin containing amphiphilic lipids. Dent Mater J. 2005; 24: 244-250
77 .
梅村智, 玄景華, 塚本末廣, 塚本亨. 障害者歯科診療における医療保険に関するアンケート. 障害者歯科. 2005; 26: 83-89
78 .
Fukushima H, Jimi E, Okamoto F, Motokawa W, Okabe K. IL-1-induced receptor activator of NF-kB ligand in human periodontal ligament cells involves ERK-dependent PGE2 production. Bone. 2005; 36: 267-275
79 .
Fukushima H, Jimi E, Kajiya H, Motokawa W, Okabe K. Parathyroid-hormone-related protein induces expression of receptor activator of NF-kB ligand in human periodontal ligament cells via a cAMP/protein kinase A-independent pathway. J Dent Res. 2005; 84: 329-334
80 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉. エナメル質及び象牙質に対するEr: YAG レーザー照射の影響 -照射出力による蒸散幅、蒸散深度及び表面微細構造の変化に関して-. 福岡歯科大学学会雑誌. 2006; 32: 149-161
81 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉. Nd: YAG レーザー照射後のエナメル質及び象牙質の変化に対する照射出力及び反応剤の影響 -蒸散量及び表面微細構造の変化に関して-. 福岡歯科大学学会雑誌. 2006; 32: 111-123
82 .
川本達雄, 雫下聰, 本川渉, 松尾敬志, 池尾隆, 森田修一. 卒前教育委員会 平成16~18年度活動報告書 歯科医学教育に対する各大学の取り組み. 日歯教誌. 2006; 22: 89-95
83 .
泉福浩志, 尾崎正雄, 馬場篤子, 葉山康臣, 本川渉. 福岡歯科大学医科歯科総合病院小児歯科外来における初診患者の推移. 福岡歯大誌. 2006; 32: 1~7
84 .
Zhang L, Miyazaki K, Ga Y, Motokawa W. Studies on insipient enamel caries. J Fukuoka Dent Coll. 2006; 32: 9-15
85 .
何陽介. エナメル質初期齲蝕の再石灰化と酸性フッ素リン酸溶液のpHとの関係について. 日本小児歯誌. 2006; 44: 385~395
86 .
Hagio M, Kawaguchi M, Motokawa W, Miyazaki K. Degradation of Methacrylate Monomers in Human Saliva. Dent Mater J. 2006; 25: 241-246
87 .
何陽介, 馬場篤子, 森下幸一郎, 本川渉, 宮崎光治. 酸性フッ素リン酸溶液塗布及びNd:YAGレーザー照射後のエナメル質表層下脱灰部のSEMによる観察. 福岡歯大誌. 2006; 32: 17~27
88 .
中村充志, 久永豊, 寺谷烈, 向坊友宏, 石川博之. 光弾性実験法によるリバースカーブNi-Tiワイヤを用いた下顎歯列への影響. 九州矯正歯科学会雑誌. 2006; 2: 7-14
89 .
Sawa Y, Sugimoto Y, Ueki T, Ishikawa H, Sato A, Nagato T, Yoshida S. Effects of TNF-alpha on leukocyte adhesion molecule expressions in cultured human lymphatic endothelium. J Histochem Cytochem. 2007; 55: 721-733
90 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉, 宮崎光治. 酸性フッ素リン酸溶液の性状とエナメル質の耐酸性の向上に関する検討. 小児歯科学雑誌. 2007; 45: 65-73
91 .
Ozaki M, Baba A, Ishii K, Takagi H, Motokawa W. Measurement of bone conduction characteristics for transmitted vibration sounds of tooth drilling. Pediatric Dent J. 2007; 17: 148-155
92 .
久永豊, 石川博之, 岩澤佳奈, 成冨雅則, 秦雄一郎, 川鍋仁. 破歯細胞出現部位における歯根膜血管の三次元形態学的研究. 九矯歯誌. 2007; 3: 15-20
93 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉, 松家茂樹. エナメル質及び象牙質に対するCO2レーザー照射の影響-照射出力による蒸散幅、炭化層幅、ビッカース硬度及び表面微細構造の変化に関して-. 福歯大学会誌. 2007; 33: 1-10
94 .
日高三郎, 岡本佳三, 塚本末廣. In Vitro リン酸カルシウム沈殿物形成:フッ化物とアガロースの共存効果. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2007; : 1-6
95 .
Nakamura A, Teratani T, Itoh H, Sugawara J, Ishikawa H. Photoelastic stress analysis of mandibular molars moved distally with the skeletal anchorage system(SAS). Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2007; 132: 624-629
96 .
Narutomi M, Nishiura T, Sakai T, Abe K, Ishikawa H. Cyclic mechanical strain induces interleukin-6 expression via prostaglandin E2 production by cyclooxygenase-2 in MC3T3-E1 osteoblast-like cells. J Oral Biosci. 2007; 49: 65-73
97 .
尾崎正雄. 乳歯列および混合歯列期における咬合育成. 歯界時報. 2007; 629: 1-8
98 .
野村祐子, 尾崎正雄, 柳田憲一, 馬場篤子, Raymond Braham, 本川渉. 本院小児歯科で実施した全身麻酔下集中歯科治療に関する実態調査. 福岡歯大誌. 2007; 33: 201-209
99 .
何陽介, 岡本佳三, 野村隆子, 吉村薫, 本川渉. Nd:YAGレーザーによる歯質照射部の結晶学的変化と機械的性質. 小児歯科学雑誌. 2007; 45: 603-610
100 .
Sawa Y, Tsuruga E, Iwasawa K, Ishikawa H, Yoshida S. Leukocyte adhesion molecule and chemokine productions through lipoteichoic acid recognition by toll-like receptor 2 in the cultured human lymphatic endothelium. Cell Tissue Res. 2008; 333: 237-252
101 .
Hidaka S, Okamoto Y, Tsukamoto S, Oishi A. The possible role of starch in oral calcification: Their in vitro formation of hydroxyapatite is regulated by a combination of protein and mineral content in dietary starch flour.. The Open Food Sci. J. 2008; 2: 10-22
102 .
Ogushi S, Hisanaga Y, Hasegawa A, Kawanabe H, Ishikawa H. Lip and cheek resting pressure on the maxillary dentition in adults with nomal occlusion. Orthodontic Waves. 2008; 67: 54-59
103 .
Iwasawa K, Kameyama T, Ishikawa H, Sawa Y. Induction of ICAM-1 and VCAM-1 on the mouse lingual lymphatic endothelium with TNF-α. Acta Histochem. Cytochem.. 2008; 41: 115-120
104 .
Hata Y, Kawanabe H, Hisanaga Y, Taniguchi K, Ishikawa H. Effects of basic fibroblast growth factor administration on vascular changes in wound healing of rat palates. Cleft Palate Craniofac J. 2008; 45: 63-72
105 .
稲光哲明, 河田 浩, 久保田智彦, 加藤嘉久, 小島 寛. . . 2008; :
106 .
Sawa Y, Ueki T, Hata M, Iwasawa K, Tsuruga E, Kojima H, Ishikawa H, Yoshida S. LPS-induced IL-6, IL-8, VCAM-1, and ICAM-1 expression in human lymphatic endothelium. J Histochem Cytochem. 2008; 56: 97-109
107 .
Ueki T, Iwasawa K, Ishikawa H, Sawa Y. Expression of junctional adhesion molecules on the human lymphatic endothelium. Microvasc Res. 2008; 75: 269-278
108 .
Hidaka S, Okamoto Y, Tsukamoto S. Studies on the rate of oral calcium phosphates precipitation and on the crystallinity of the precipitates. II. Effects of ferric and indium ions. J Fukuoka Dent Coll. 2008; 34: 7-18
109 .
柏村晴子, 柳田憲一, 久保山博子, 馬場篤子, 中川功子, 尾崎正雄, 本川渉. アペキシフィケーションにおける根尖孔閉鎖に影響を与える要因の臨床的検討. 小児歯科学雑誌. 2008; 46: P347-353
110 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 松家茂樹, 本川渉. エナメル質初期齲蝕の診断技術の進歩と予防管理法について. 福岡歯科大学学会雑誌. 2008; 34: P55-62
111 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉, 松家茂樹. 小窩裂溝封鎖材の接着性に及ぼすCO2レーザー照射の効果. 小児歯科学雑誌. 2008; 45: 533-541
112 .
Hata M, Ueki T, Sato A, Kojima H, Sawa Y. Expression of podoplanin in the mouse salivary glands. Arch Oral Biol. 2008; 53: 835-841
113 .
小島寛. 子どもからみた医療者との人間関係と歯科に対するイメージとの関連性について. 小児歯臨. 2008; 13: 49-55
114 .
Choi W, Kawanabe H, Sawa Y, Taniguchi K, Ishikawa H. Effects of bFGF on suppression of collagen type I accumulation and scar tissue formation during wound healing after mucoperiosteal denudation of rat palate.. Acta Odontol Scand. 2008; 66: 31-37
115 .
米田雅裕, 泉利雄, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 岩元知之, 桝尾陽介, 小島寛, 阿南壽, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における針刺し・切創等の分析および対策の検討. 日歯保存誌. 2009; 52: 168-175
116 .
緒方克也, 田中武彦, 荒井千春, 小島寛, 久保田智彦, 宮城敦, 小笠原正. 障害者歯科における人的資源の活用と経済効果について. 日本障害者歯科学会雑誌. 2009; 30: 81-90
117 .
Yoshida T, Ishikawa H, Yoshida N, Hisanaga Y. Analysis of masseter muscle oxygenation and mandibular movement during experimental gum chewing with different hardness . Acta Odontol Scand.. 2009; 67: 113-121
118 .
野上堅太郎, 真鍋庸三, 岩本繁, 加藤喜久, 谷口省吾. 生理食塩液またはリドカインに添加したデクスメデトミジンが局所血流量に与える影響. 日歯麻会誌. 2009; 37: 145-150
119 .
米田雅裕, 泉利雄, 鈴木奈央, 内藤徹, 山田和彦, 岡田一三, 岩元知之, 桝尾陽介, 小島寛, 阿南壽, 廣藤卓雄. 福岡歯大学医科歯科総合病院における針刺し・切創等の分析および対策の検討. 日本歯科保存学会誌. 2009; 52: 168-175
120 .
野村祐子, 尾崎正雄, 馬場篤子. 歯科用コーンビームCTを用いた埋伏歯の検討. 小児口腔外科. 2009; 19: 122-128
121 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川 渉, 松家茂樹. CO2レーザー照射モードの差異によるエナメル質の結晶学的検討. 小児歯誌. 2009; 47: 460-470
122 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉, 松家茂樹. CO2レーザー照射後のエナメル質の結晶学的検討. 小児歯誌. 2009; 47: 16-23
123 .
Nakashima K, Tsuruga E, Hisanaga Y, Ishikawa H, Sawa Y. Stretching stimulates fibulin-5 expression and controls microfibril bundles in human periodontal ligament cells. . J Periodontal Res. 2009; 44: 622-627
124 .
Hisanaga Y, Nakashima K, Tsuruga E, Nakatomi Y, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. Fibulin-5 contributes to microfibril assembly in human periodontal ligament cells. Acta Histochem Cytochem. . 2009; 42: 151-157
125 .
井上知加予, 玉置幸雄, 石川博之. 自己組織化マップによる骨格性下顎前突患者の軟組織側貌パターンの抽出. 日本顎変形症学会雑誌. 2009; 19: 171-183
126 .
稲満哲明, 河田浩, 久保田智彦, 加藤喜久, 小島寛. 予測できない不安の手掌発汗による評価. 発汗学会. 2009; 16: 33−36
127 .
長谷川洋輔, 久永 豊, 小野元子, 石川博之. 不正咬合者における母音の音響学的特徴と歯列弓形態との関連について. 九州矯歯会誌. 2009; 5: 1-11
128 .
Tsuruga E, Sato A, Ueki T, Nakashima K, Nakatomi Y, Ishikawa H, Yajima T, Sawa Y. Integrin alphavbeta3 regulates microfibril assembly in human periodontal ligament cells. Tissue Cell. 2009; 41: 85-89
129 .
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉, 松家茂樹. CO2レーザーの照射モードの差異によるエナメル質の結晶学的検討. 小児歯科学雑誌. 2009; 47: 460-470
130 .
Tsuruga E, Nakashima K, Ishikawa H, Yajima T, Sawa Y. Stretching modurates oxytalan fibers in human periodontal ligament fibroblasts. J Periodontal Res. 2009; 44: 170-174
131 .
久永豊, 石川博之. 一般歯科治療と矯正歯科治療の連携 臼歯の位置異常や欠損により咬合異常を生じた症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2009; 35: 109-113
132 .
吉田憲生, 吉田智治, 秦雄一郎, 成冨雅則, 玉置幸雄, 久永豊, 石川博之. 近赤外分光法による咀嚼運動時の咬筋酸素動態の評価. Orthod Waves-Jpn Ed. 2009; 68: 1-8
133 .
Noda Y, Amano I, Hata M, Kojima H, Sawa Y. Immunohistochemical Examination on the Distribution of Cells Expressed Lymphatic Endothelial Marker Podoplanin and LYVE-1 in the Mouse Tongue Tissue . Acta Histochem. Cytochem.. 2010; 43: 61-68
134 .
Hata M, Amano I, Tsuruga E, Kojima H, Sawa Y. Immunoelectron microscopic study of podoplanin localization in mouse salivary gland myoepithelium.. Acta Histochem Cytochem.. 2010; 43: 77-82
135 .
眞武俊寿, 平塚正雄, 柴田祐子, 二宮静香, 倉田碧, 加藤喜久, 小島寛, 北川順三, 庄島慶一, 氷室秀高, 眞武幸枝. 脳血管障害後遺症患者の刺激唾液分泌量に関する検討 -第2報 健常者、中高年者、脳血管障害患者での比較-. 障害者歯科. 2010; 31: 179-183
136 .
笹原愛子, 上村愛佳, 兼松めぐみ, 小島寛. 当院障害者歯科における初診患者への静脈内鎮静法・全身麻酔法の適用について. 福岡歯科大学学会雑誌. 2010; 36: 83-90
137 .
Imaizumi Y, Amano I, Tsuruga E, Kojima H, Sawa Y. Immunohistochemical examination for the distribution of podoplanin-expressing cells in developing mouse molar tooth germs. . Acta Histochem Cytochem. . 2010; 43: 115-121
138 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川渉, 松浦正朗, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学における臨床研修歯科医の針刺し・切創防止についての意識調査. 日歯教誌. 2010; 26: 206-210
139 .
Yamauchi Y, Tsuruga E, Nakashima K, Sawa Y, Ishikawa H. Fibulin-4 and -5, but not Fibulin-2, are Associated with Tropoelastin Deposition in Elastin-Producing Cell Culture.. Acta Histochem Cytochem. . 2010; 43: 131-138
140 .
眞武俊寿, 加藤喜久, 平塚正雄, 北川順三, 眞武幸枝, 柴田祐子, 二宮静香, 倉田碧, 氷室秀高, 小林暁史, 小島寛. 脳血管障害後遺症患者の刺激唾液分泌量に関する検討(第2報) 健常者、中高年者、脳血管障害患者での比較. 障害者歯科. 2010; 31: 179-183
141 .
石田彩, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 久永豊, 石川博之, 木下浩二, 大滋弥裕之. 片側性口唇口蓋裂患者における術前顎矯正治療による歯槽形態の変化. 日口蓋誌. 2010; 35: 1-8
142 .
三嶋一平, 久永豊, 玉置幸雄, 阿部朗子, 秦雄一郎, 中島一記, 西村紗和, 堀越恵美子, 石川博之. 上下顎の垂直的関係がアクチバトールの治療効果に与える影響について. 九矯歯誌. 2010; 6: 29
143 .
向坊友宏, 久永 豊, 松家茂樹, 石川博之. スライディングメカニクスにおける牽引方法の違いが切歯動態に及ぼす影響 摩擦抵抗値の測定と光弾性応力解析. Orthod Waves-Jpn Edition. 2010; 69: 85-94
144 .
Hasegawa A, Hisanaga Y, Sakai S, Ishikawa H. Changes in lip and cheek pressure due to simulated maxillary dental arch expansion. Orthodontic Waves . 2010; 69: 45-49
145 .
玉置幸雄, 阿部朗子, 坂井真実子, 秦雄一郎, 成冨雅則, 植木猛士, 吉田智治, 半田千恵, 内山貴誠, 秦省三郎, 中冨佑香, 石川博之. 臼歯の頬舌的傾斜の計測における歯冠-歯槽形態に基づく歯軸の有用性の検討. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 37: 44-50
146 .
谷口邦久, 榎規雄, 中村哲也, 森下孝一郎, 岡村和彦, 尾崎正雄. 歯胚外傷後の硬組織障害部の二次的変化に関する実験的研究. J.Hard Tissue Biol.. 2011; 20: 327-332
147 .
Amano I, Imaizumi Y, Kaji C, Kojima H, Sawa Y. Expression of podoplanin and classical cadherins in salivary gland epithelial cells of klotho-deficient mice.. Acta Histochem Cytochem.. 2011; 44: 267-276
148 .
Yamanouchi K, Tsuruga E, Oka K, Sawa Y, Ishikawa H. Fibrillin-1 and fibrillin-2 are essential for formation of thick oxytalan fibers in human nonpigmented ciliary epithelial cells in vitro.. Connect Tissue Res.. 2011; 53: 14-20
149 .
塚本末廣, 黒木まどか, 日高三郎. 口腔乾燥症に適用される漢方製剤のin vitroにおけるリン酸カルシウム沈殿物形成抑制について. 老年歯学. 2011; 26: 291-297
150 .
Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Maruya Y, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y. Growth Differentiation Factor 5 (GDF-5) Induces Matrix Metalloproteinase 2 (MMP-2) Expression in Periodontal Ligament Cells and Modulates MMP-2 and MMP-13 Activity in Osteoblasts. Bone and Tissue Regeneration Insights. 2011; 4: 1-10
151 .
阿部朗子, 玉置幸雄, 尾崎正雄, 石川博之. 顎態模型の三次元形状計測による下顎側方偏位症例における歯系の補償の検討. Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2011; 70: 97-110
152 .
Nakatomi Y, Tsuruga E, Nakashima K, Sawa Y, Ishikawa H. EMILIN-1 regulates the amount of oxytalan fiber formation in periodontal ligaments in vitro. . Connect Tissue Res. . 2011; 52: 30-35
153 .
Nakashima K, Tsuruga E, Nakatomi Y, Yamauchi Y, Hata Y, Tamaoki S, Sawa Y, Ishikawa H. Stretch stimuli increase fibulin-5/EMILIN-1 complex on oxytalan fibers in human periodontal ligament cells. Orthodontic Waves. 2011; 70: 15-20
154 .
Sakai A, Ozaki M, A.VALANEZHAD, Ishikawa K, Matsuya S. Preparation of Sr-containing carbonate apatite as a bone substitute and its properties. Dental Materials Journal. 2012; 31: 197-205
155 .
馬場篤子, 渥美信子, 林-坂井幸子, 平野慶子, 人見さよ子, 小田訓子, 下村-黒木淳子, 高野博子. 日本小児歯科学会に属する女性小児歯科医への本音トークアンケート結果. 小児歯科学雑誌. 2012; 50: 383-392
156 .
Kaji C, Tsujimoto Y, Kaneko MK, Kato Y, Sawa Y. Immunohistochemical examination of novel rat monoclonal antibodies against mouse and human podoplanin.. Acta histochemica et cytochemica. 2012; 45: 227-237
157 .
Oka K, Honda MJ, Tsuruga E, Hatakeyama Y, Isokawa K, Sawa Y. Roles of collagen and periostin expression by cranial neural crest cells during soft palate development.. J Histochem Cytochem. . 2012; 60: 57-68
158 .
Oka K, Morokuma M, Imanaka-Yoshida K, Sawa Y, Isokawa K, Honda MJ. Cellular turnover in epithelial rests of Malassez in the periodontal ligament of the mouse molar. European journal of oral sciences. 2012; 120: 484-494
159 .
Kaji C, Tomooka M, Kato Y, Kojima H, Sawa Y. The expression of podoplanin and classic cadherins in the mouse brain. Journal of anatomy. 2012; 220: 435-446
160 .
鈴木あつ子, 宮本智行, 小島寛, 加藤仁資, 上地智博. 障害者歯科領域におけるインシデント発現状況に関する調査報告. 日本障害者歯科学会雑誌. 2012; 33: 640-648
161 .
Nakatomi Y, Tsuruga E, Yamauchi Y, Kawagoe M, Yamanouchi K, Nakashima K, Sawa Y, Ishikawa H. Intracellular interaction of EMILIN-1 with fibrillin-1 in human periodontal ligament cells.. Orthodontic Waves.. 2012; 71: 66-69
162 .
内藤徹, 大星博明, 小島寛, 牧野路子, 米田雅裕, 敦賀英知. 歯学部における隣接医学教育の重要性に関するWeb調査. 日本歯科医学教育学会誌. 2012; 28: 12-17
163 .
成冨雅則, 半田千恵, 阿部朗子, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. 成長期における骨格性上顎前突に対するアクチバトールの有用性. 九州矯正歯科学会雑誌. 2012; 8: 1-6
164 .
植木猛士, 秦雄一郎, 成富雅則, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋の創傷治癒過程における弾性系線維の形成とbFGF 投与の影響. . 2012; : 19-25
165 .
秦雄一郎, 梶井貴史, 長谷川綾, 石川博之. Skeletal Anchorage System (SAS)を用いて治療した下顎右方偏位を伴う歯槽性上顎前突症例. 九州矯正歯科学会雑誌. 2012; 8: 25-34
166 .
Tsuruga E, Oka K, Hatakeyama Y, Isokawa K, Sawa Y. Latent transforming growth factor-β binding protein 2 negatively regulates coalescence of oxytalan fibers induced by stretching stress.. Connective tissue research. 2012; 53: 521-527
167 .
Hatakeyama Y, Maruya Y, Hatakeyama J, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y. The Distinct Roles of Growth/Differentiation Factor-5 in Cell Proliferation and Odontoblast Differentiation from Dental Pulp Cells.. The Internet Journal of Dental Science (e-Journal). 2012; 10: doi:10.5580/2b1a
168 .
Tomooka M, Kaji C, Kojima H, Sawa Y. Distribution of podoplanin-expressing cells in the mouse nervous systems. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 171-177
169 .
Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y. Immunohistochemical study of lysosome-associated membrane proteins during periodontal ligament development. Journal of Hard Tissue Biology. 2013; 22: 233-240
170 .
Oka K, Junko M, Koshino A, Uchida H, Hieda Y, Nohara K, Koga M, Chai Y, Sakai T. Regulation of the epithelial adhesion molecule CEACAM1 is important for palate formation.. PLOS ONE. 2013; 8: e61653
171 .
吉田智治, 玉置幸雄, 秦雄一郎, 阿部朗子, 坂井真実子, 泉喜和子, 池邉哲郎, 石川博之. 開咬と上顎歯列弓の狭窄を伴う骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療. 福岡歯科大学雑誌. 2013; 38: 181-188
172 .
Kawagoe M, Tsuruga E, Oka K, Sawa Y, Ishikawa H. Matrix metalloproteinase-2 degrades fibrillin-1 and fibrillin-2 of oxytalan fibers in the human eye and periodontal ligaments in vitro.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 153-159
173 .
Hata Y, Ishikawa H, Ueki T, Kajii T, Tamaoki S, Tsuruga E, Sawa Y, Taniguchi K. Quantitative evaluation of myofibroblast apoptosis during wound healing in rat palate after post-operative administration of basic fibroblast growth factor (bFGF).. Acta Odontologica Scandinavica. 2013; 71: 1501-1507
174 .
Horikoshi E, Ishikawa H, Yoshida T, Tamaoki S, Kajii T. Oxygen saturation and electromyographic changes in masseter muscle during experimental chewing of gum with harder texture.. Acta Odontologica Scandinavica. 2013; 71: 1378-1385
175 .
Takata S, Sawa Y, Uchiyama T, Ishikawa H. Expression of toll-like receptor 4 in glomerular endothelial cells under diabetic conditions.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 35-42
176 .
Ozaki M, Micheal S, Baba A, Yanagida K, Kashiwamura H. Development of a virtual reality force feedback-enabled dental drill training simulation. Biomedical fuzzy and human sciences. 2013; 18: 49-55
177 .
Uchiyama T, Takata S, Ishikawa H, Sawa Y. Altered dynamics in the renal lymphatic circulation of type 1 and type 2 diabetic mice.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 97-104
178 .
Handa C, Tamaoki S, Narutomi M, Kajii T, Ishikawa H. Evaluation of effects of activator treatment on mandibular growth by analyzing components of condylar growth and mandibular rotation.. Orthodontic Waves. 2014; 73: 17-24
179 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の側貌パターンの違いが術後の軟組織側貌の予測に与える影響. 日本顎変形症学会雑誌. 2014; 24: 305-317
180 .
Fujita T, Tsuruga E, Yamanouchi K, Sawa Y, Ishikawa H. Microfibril-associated glycoprotein-1 controls human ciliary zonule development in vitro.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2014; 47: 11-17
181 .
Hata S, Okamura K, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J. Proteolytic and non-proteolytic activation of keratinocyte-derived latent TGF-β1 induces fibroblast differentiation in a wound-healing model using rat skin.. Journal of Pharmacological Sciences. 2014; 124: 230-243
182 .
Ikuno K, Kajii T, Oka A, Inoko H, Ishikawa H, Iida J. Microsatellite genome-wide association study for mandibular prognathism.. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2014; 145: 757-762
183 .
Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Anan H, Sawa Y. Immunohistochemical study of amelogenin and lysosome-associate membrane proteins (LAMPs) in cartilage.. International Journal of Morphology. 2014; 32: 618-626
184 .
Hatakeyama Y, Matsuda Y, Hatakeyama J, Oka K, Anan H, Tsuruga E, Inai T, Ishikawa H, Sawa Y. The effect of growth differentiation factor-5, 6, 7 in chondrogenic cell differentiation of ATDC-5. American Journal of BioScience. 2014; 2: 182-186
185 .
Shinozaki Y, Toda M, Ohno J, Kawaguchi M, Kido H, Fukushima T. Evaluation of bone formation guided by DNA/protamine complex with FGF-2 in an adult rat calvarial defect model.. Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials. 2014; 102: 1669-1676
186 .
Toda M, Ohno J, Shinozaki Y, Ozaki M, Fukushima T. Osteogenic potential for replacing cells in rat cranial defects implanted with a DNA/protamine complex paste.. Bone. 2014; 67: 237-245
187 .
柏村晴子. 試作フッ素系ナノシール剤の耐酸性の向上に関する研究. 小児歯科学雑誌. 2014; 52: p26-37
188 .
Nakamura T, Sakagami R, Ozaki M, Taniguchi K. The effect of insulin administration and antibacterial irrigation with chlorhexidine gluconate on the disturbance of periodontal tissue caused by food impaction in streptozotocin-induced diabetic rats. Journal of Hard Tissue Biology. 2015; 24: 357-374
189 .
Saitoh I, Inada E, Iwase Y, Noguchi H, Murakami T, Soda M, Kubota N, Hasegawa H, Akasaka E, Matsumoto Y, Oka K, Yamasaki Y, Hayasaki H, Sato M. Choice of feeders is important when first establishing iPSCs derived from primarily cultured human deciduous tooth dental pulp cells.. Cell Medicine. 2015; 8: 9-23
190 .
Miyazaki A, Ohkubo T, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J. Integrin α6β4 and TRPV1 channel coordinately regulate directional keratinocyte migration.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2015; 458: 161-167
191 .
Lai WF1, Oka K, Jung HS. Advanced functional polymers for regenerative and therapeutic dentistry.. Oral Dis. 2015; 21: 550-557
192 .
Kira-Tatsuoka M, Oka K, Tsuruga E, Ozaki M, Sawa Y. Immunohistochemical expression of fibrillin-1 and fibrillin-2 during tooth development.. Journal of Periodontal Research. 2015; 50: 714-720
193 .
馬場篤子, 泉喜和子, 森南奈, 田口茜, 佐々木浩乃, 比嘉奈津美, 宮口厳. 福岡歯科大学卒業後の女性歯科医師の現状. 福岡歯科大学学会雑誌. 2015; 40(2): p75-84
194 .
Suyama T, Hatta M, Hata S, Ishikawa H, Yamazaki J. Differentiation of rat dermal mesenchymal cells and calcification in three-dimensional cultures. Tissue Engineering and Regenerative Medicine. 2016; 13: 527-537,DOI:10.1007/s13770-016-9124-z
195 .
Matsuo Y, Kajii T, Yasunaga M, Sakaguchi Y, Tamaoki S, Ishikawa H. Characteristics of maxillofacial morphology of angle class II patients with temporomandibular disorders involving crepitus. Orthodontic Waves. 2016; 75: 27-34,DOI:10.1016/j.odw.2016.03.002
196 .
Kajii T, Takamura Y, Hata S, Nukumizu K, Tamaoki S, Takagi S, Ohjimi H, Ishikawa H. Prevalence of maxillary lateral incisors and eruptive direction of maxillary canine in Japanese unilateral cleft lip and alveolus and unilateral cleft lip and palate patients. Journal of Dentistry and Oral Disorders. 2016; 2:
197 .
Tamaoki S, Nakashima K, Yamauchi Y, Yamanouchi K, Fujita T, Tsuruga E, Ishikawa H. Stretching induces the rearrangement of the periodontal ligament cells without altering the orientation of oxytalan fibers relative to the cell axis in vitro. Open Journal of Stomatology. 2016; 6: 252-260,DOI:10.4236/ojst.2016.612031
198 .
Tamura S, Oka K, Itaya S, Tatsuoka M, Toda M, Higa A, Ozaki M. Effects of fibrillin application on periodontal ligament regeneration in mouse model of tooth replantation.. Journal of Hard Tissue Biology. 2016; 25: 295-304,DOI:10.2485/jhtb.25.295
199 .
Itaya S, Oka K, Kagawa T, Oosaka Y, Ishii K, Kato Y, Baba A, Ozaki M. Diagnosis and management of mesiodens based on the investigation of its position using cone-beam computed tomography. Pediatric Dental Journal. 2016; 26: 60-66,DOI:10.1016/j.pdj.2016.02.001
200 .
Higa A, Oka K, Kira-Tatsuoka M, Tamura S, Itaya S, Toda M, Ozaki M, Sawa Y. Intracellular signaling pathway activation via TGF-β differs in the anterior and posterior axis during palatal development. Journal of Hard Tissue Biology. 2016; 25: 195-204,DOI:10.2485/jhtb.25.195
201 .
宮原那実, 岡暁子, 阿部亜美, 逢坂洋輔, 立岡迪子, 柏村晴子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 歯科大学医科歯科総合病院小児歯科外来における初診患者の実態調査. 小児歯科学雑誌. 2016; 54: 22-30
202 .
Kim JH, Oka K, Jin ZW, Murakami G, Rodriguez-Vazquez JF, Ahn SW, Hwang HP. Fetal development of the incisive canal, especially of the delayed closure due to the nasopalatine duct: A study using serial sections of human fetuses.. The Anatomical Record . 2016; 300: 1093-1103, DOI:10.1002/ar.23521
203 .
Kajiwara K, Takata S, TT To, Takara K, Hatakeyama Y, Tamaoki S, Darveau RP, Ishikawa H, Sawa Y. The promotion of nephropathy by porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide via toll-like receptors.. Diabetology & Metabolic Syndrome. 2017; 9: 73
204 .
Sakaguchi Y, Kajii T, Kumano C, Tamaoki S, Ishikawa H. Effects of facial mask treatment are attributed to accelerated maxillary growth and inhibited counter-clockwise total rotation of the mandibular corpus: A structural superimposition study.. Orthodontic Waves. 2017; 76: 81-88
205 .
Tamaoki S, Ishikawa H, Oka K, Ozaki M, Abe A, Takata S, Hata S. Cone-beam computed tomography evaluation of the positions of unerupted maxillary canines with incisor root resorption.. Open Journal of Stomatology. 2017; 7: 169-179
206 .
Tamaoki S, Ishikawa H, Hata S, Takata S, Yasunaga M, Abe A. Occlusal and skeletal changes induced by protraction facemask combined with slow maxillary expansion.. Journal of Hard Tissue Biology. 2017; 26: 141-148
207 .
Saito F, Kajii T, Oka A, Ikuno K, Iida J. Genome-wide association study for mandibular prognathism using microsatellite and pooled DNA method.. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2017; 152: 382-388
208 .
Matsuda Y, Kamogashira N, Hatakeyama Y, Mikami T, Nakashima K, Hatakeyama J, Tamaoki S, Sawa Y, Ishikawa H. Distinct Role of Transforming Growth Factor-Beta 1 and Fibroblast Growth Factors in Human Ameloblastoma Epithelial Cell Proliferation. Biochemistry and Molecular Biology. 2017; 2: 1-5
209 .
Takara K, Maruo N, Oka K, Kaji C, Hatakeyama Y, Sawa N, Kato Y, Yamashita J, Kojima H, Sawa Y. Morphological study of tooth development in podoplanin-deficient mice.. PLOS ONE. 2017; -: -
210 .
天野郁子, 前浜和佳奈, 利光拓也, 田咲希園子, 尾崎茜, 加地千晶, 長嶺和希, 原田真澄, 緒方麻記, 高良憲洋, 小島寛. 当院障害者歯科における静脈内鎮静法および全身麻酔法の適用について. 日本障害者歯科学会雑誌. 2017; 38: 85-90
211 .
Ogata K, Tsumuraya T, Oka K, Shin M, Okamoto F, Kajiya H, Katagiri C, Ozaki M, Matsushita M, Okabe K. The crucial role of the TRPM7 kinase domain in the early stage of amelogenesis.. Scientific Report. 2017; 7: 18099
212 .
Itaya S, Oka K, Ogata K, Tamura S, Tatsuoka M, Fujiwara N, Otsu K, Tsuruga E, Ozaki M, Harada H. Hertwig’s epithelial root sheath cells contribute to formation of periodontal ligament through epithelial-mesenchymal transition by TGF-β.. Biomedical Research. 2017; 38: 61-69
213 .
山根香, 玉置幸雄, 髙田俊輔, 石川博之, 髙木誠司, 大慈弥裕之. 外科的矯正治療および鼻形成術を行ったBinder症候群.. 九州矯正歯科学会雑誌. 2017; 13: 7-15
214 .
Seno K, Yasunaga M, Kajiya H, Izaki K, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Dynamics of M1 macrophages in oral mucosal lesions during the development of acute graft-versus-host disease in rats.. Clinical and Experimental Immunology. 2017; 190: 315-327
215 .
力武美保子, 岡暁子, 板家智, 逢坂洋輔, 加藤真由美, 加藤陽子, 石井香, 馬場篤子, 尾崎正雄. レーダーチャートを用いた逆生正中埋伏過剰歯位置の評価の試み. 小児歯科学雑誌. 2017; 55: 29-36
216 .
Itaya S, Oka K, Ogata K, Tamura S, Kira-Tatsuoka M, Fujiwara N, Otsu K, Tsuruga E, Ozaki M, Harada H. Hertwig's epithelial root sheath cells contribute to formation of periodontal ligament through epithelial-mesenchymal transition by TGF-β.. Biomedical Research. 2017; 38: 61-69,DOI:10.2220/biomedres.38.61
217 .
Matsuda Y, Hatakeyama Y, Nakashima K, Kamogashira N, Hatakeyama J, Tamaoki S, Sawa Y, Ishikawa H. Effects of a chemically synthesized leucine-rich amelogenin peptide (csLRAP) on chondrogenic and osteogenic cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2017; 26: 51-60,DOI:10.2485/jhtb.26.51
218 .
柏村晴子, 宮原那実, 馬場篤子, 岡暁子, 尾崎正雄. 本学小児歯科外来における初診患者の実態調査についてー2007年から2016年の10年間について. 福岡歯科大学学会雑誌. 2018; 44: 1-10
219 .
Kramer K, Yang J, Swanson WB, Hayano S, Toda M, Pan H, Jin Koo Kim, Kim JK, Krebsbach PH, Mishina Y. Rapamycin rescues BMP mediated midline craniosynostosis phenotype through reduction of mTOR signaling in a mouse model.. Genesis. 2018; 56: e23220
220 .
Hatta M, Miyake Y, Uchida K, Yamazaki J. Keratin 13 gene is epigenetically suppressed during transforming growth factor-β1-induced epithelial-mesenchymal transition in a human keratinocyte cell line.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018; 496: 381-386
221 .
Izaki K, Yasunaga M, Yamaguchi M, Kajiya H, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Lipopolysaccharide induces bacterial autophagy in epithelial keratinocytes of the gingival sulcus.. BMC Cell Biology.. 2018; 19: 18
222 .
見立英史, 大林佑子, 森紘一郎, 首藤俊一, 安西寛真, 吉住潤子, 石丸彩夏, 田頭美穂, 平木昭光, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院口腔外科における薬剤関連顎骨壊死 (MRONJ) についての臨床的検討. 福岡歯科大学学会雑誌. 2018; 44: 79-83
223 .
Tasaki S, Cho T, Nagao J, Ikezaki S, Narita Y, Arita K, Yasumatsu K, Toyoda K, Kojima H, Tanaka Y. Th17 cells differentiated with mycelial membranes of Candida albicans prevent oral candidiasis.. FEMS Yeast Research. 2018; 18: -
224 .
Kajii T, Oka A, Hatta M, Yamazaki J, Yamashita J, Iida J. PLXNA2 identified as a candidate gene by genome-wide association analysis for mandibular prognathism in human chondrocytes.. Biomedical Reports. 2018; 9: 253-258
225 .
Ishii T, Uchida K, Hata S, Hatta M, Kita T, Miyake Y, Okamura K, Tamaoki S, Ishikawa H, Yamazaki J. TRPV2 channel inhibitors attenuate fibroblast differentiation and contraction mediated by keratinocyte-derived TGF-β1 in an in vitro wound healing model of rats.. Journal of Dermatological Science. 2018; 90: 332-342
226 .
Miyaguchi N, Kajiya H, Yamaguchi M, Sato A, Yasunaga M, Toshimitsu T, Yanagi T, Matsumoto A, Kido H, Ohno J. Bone morphogenetic protein-2 accelerates osteogenic differentiation in spheroid-derived mesenchymal stem cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2018; 27: 343-350
227 .
Kajii T, Ooi K, Fujita T, Sakaguchi Y. Condylar height of the mandible in skeletal class I orthodontic patients with facial asymmetry.. Journal of Dentistry & Oral Disorders. 2018; 4: e1103
228 .
Tasaki S, Cho T, Nagao J, Ikezaki S, Narita Y, Arita K, Yasumatsu K, Toyoda K, Kojima H, Tanaka Y. Th17 cells differentiated with mycelial membranes of Candida albicans prevent oral candidiasis.. FEMS Yeast Research. 2018; 18:  
229 .
阿部朗子, 玉置幸雄, 石川博之. 6年間の保定後観察を行ったAngleⅡ級の二相性治療症例. 九州矯正歯科学会雑誌. 2018; 14: 39-48
230 .
浦野和雄, 植田麻貴子, 中冨佑香, 坂口結, 梶井貴史, 斎藤敏昭. 下顎第二大臼歯9症例に対する歯科矯正治療より得た知見―パノラマX線写真による比較検討―. 九州矯正歯科学会雑誌. 2018; : in press
231 .
椛島浩明, 米田雅裕, 中牟田博敬, 大曲紗生, 荒木公一, 都築尊, 柏村晴子, 廣藤卓雄. 全身的な配慮が必要な患者へ漢方薬を応用して外科処置を行った3症例. 日歯保存誌. 2018; 61: 145-152
232 .
Yamaguchi M, Kajiya H, Egashira R, Yasunaga M, Izaki K, Sato A, Toshimitsu T, Naito T, Ohno J. Oxidative stress-induced interaction between autophagy and cellular senescence in human keratinocytes.. Journal of Hard Tissue Biology. 2018; 27: 199-208
233 .
Kajii T, Takata S, Izumi K. Surgical orthodontic treatment of acquired openbite attributed to bilateral idiopathic condylar resorption of the temporomandibular joints.. Journal of Dentistry & Oral Disorders. 2018; 4: e1102
234 .
Izaki K, Yasunaga M, Yamaguchi M, Kajiya H, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J, Yoshinari M, Kubo M, Kitazono T. Lipopolysaccharide induces bacterial autophagy in epithelial keratinocytes of the gingival sulcus.. BMC Cell Biology. 2018; 19: 18
235 .
Gang L, Oka K, Ohki S, Rikitake M, Itaya S, Tamura S, Nakamura M, Ogata K, Kira-Tatsuoka M, Ozaki M. CO2 laser therapy accelerates the healing of ulcers in the oral mucosa by inducing the expressions of heat shock protein-70 and tenascin C.. Histology and Histopathology. 2019; 34: 175-189
236 .
Ozaki A, Otani T, Kitagawa N, Ogata K, Iida H, Kojima H, Inai T. Serum affects keratinization and tight junctions in three-dimensional cultures of the mouse keratinocyte cell line COCA through retinoic acid receptor-mediated signaling.. Histochemistry and Cell Biology. 2019; 151: 315-326
237 .
Ikezaki S, Cho T, Nagao J, Tasaki S, Yamaguchi M, Arita K, Yasumatsu K, Chibana H, Ikebe T, Tanaka Y. Mild heat stress affects on the cell wall structure in candida albicans biofilm.. Medical Mycology Journal. 2019; 60: 29-37
238 .
Kajii T, Sakaguchi Y, Sawa Y, Tamaoki S. Maxillofacial morphological factors related to acceleration of maxillary growth attributed to facial mask treatment: a structural superimposition study.. Progress in Orthodontics. 2019; 20: e2
239 .
Toshimitsu T, Kajiya H, Yasunaga M, Maeshiba M, Fujisaki S, Miyaguchi N, Yamaguchi M, Maeda H, Kojima H, Ohno J. Susceptibility of the Wnt/β-catenin pathway accelerates osteogenic differentiation of human periodontal ligament stem cell spheroids.. Journal of Hard Tissue Biology. 2019; 28: 121-128
240 .
Kajii T, Oka A, Saito F, Mitsui J, Iida J. Whole-exome sequencing in a Japanese pedigree implicates a rare non-synonymous single-nucleotide variant in BEST3 as a candidate for mandibular prognathism.. Bone. 2019; 122: 193-198
241 .
Kajii T, Fujita T, Sakaguchi Y, Shimada K. Osseous changes of the mandibular condyle affect backward-rotation of the mandibular ramus in Angle Class II orthodontic patients with idiopathic condylar resorption of the temporomandibular joint.. CRANIO. 2019; 37: 264-271
242 .
Yasunaga M, Kajiya H, Toshimitsu T, Nakashima H, Tamaoki S, Ishikawa H, Maeda H, Ohno J. The early autophagic pathway contributes to osteogenic differentiation of human periodontal ligament stem cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2019; 28: 63-70
243 .
Otawa N, Matsuda Y, Takezaki M, Hatakeyama Y, Tamaoki S, Ishikawa H. Immunohistochemical study of amelogenin binding proteins in an amelogenin point mutation mouse.. International Journal of Morphology. 2019; 37: 522-532
244 .
山野貴史, 西総一郎, 杉野真理子, 鵜木あゆみ, 大森史隆, 梶井貴史. earable計測機を用いた咀嚼に伴う外耳道運動の測定の試み. 耳鼻と臨床. 2019; 65: 1-4
245 .
Imamura A, Kajiya H, Fujisaki S, Maeshiba M, Yanagi T, Kojima H, Ohno J. Three-dimensional spheroids of mesenchymal stem/stromal cells promote osteogenesis by activating stemness and Wnt/β-catenin.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2019; 523: 458-464
246 .
Matsumoto A, Kajiya H, Yamamoto N, Yanagi T, Imamura A, Okabe koji, Fukushima T, Kido H, Ohno J. Degradation rate of DNA scaffolds and bone regeneration.. Journal of Biomedical Materials Research: Part B Applied Biomaterials. 2019; 107: 122-128
247 .
緒方麻記, 水谷慎介, 三浦真里, 岡暁子, 尾崎正雄, 八若保孝, 小島寛. 特別支援学校(肢体不自由)の児童・生徒における歯科受診行動と齲蝕経験に関する考察ーかかりつけ歯科に関する質問紙調査と学校歯科健康診断結果の分析ー. 小児歯科学雑誌. 2019; 57: 23-29
248 .
立岡迪子, 岡暁子, 逢坂洋輔, 中村雅子, 板家智, 大木調, 松尾聡, 熊谷徹弥, 馬場篤子, 尾崎正雄. 隣在歯発育段階との比較による下顎第2小臼歯歯胚の石灰化開始時期の検討. 小児歯科学雑誌. 2019; 57: 389-395
249 .
Yasumatsu K, Nagao J, Arita K, Narita Y, Tasaki S, Toyoda K, Ito S, Kido H, Tanaka Y. Bacterial-induced maternal interleukin 17A pathway promotes autistic-like behaviors in mouse offspring.. Experimental Animals. 2020; 69: 250-260
250 .
Imamura A, Kajiya H, Fujisaki S, Maeshiba M, Yanagi T, Kojima H, Ohno J. Three-dimensional spheroids of mesenchymal stem/stromal cells promote osteogenesis by activating stemness and Wnt/β-catenin.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020; 523: 458-464
251 .
陶山大輝, 石川博之, 比嘉礼美, 玉置幸雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における永久歯先天欠如に関する実態調査. . Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2020; 79: 82-88
252 .
藤田隆寛, 石川博之, 高田俊輔, 玉置幸雄, 髙木誠司, 大慈弥裕之. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における先天性疾患患者の実態調査.. 日本口蓋裂学会雑誌. 2020; 45: 1-11
253 .
Takeishi Y, Fujikane R, Rikitake M, Obayashi Y, Sekiguchi M, Hidaka M. SMARCAD1-mediated recruitment of the DNA mismatch repair protein MutLalpha to MutSalpha on damaged chromatin induces apoptosis in human cells.. Journal of Biological Chemistry. 2020; 295: 1056-1065
254 .
Rikitake M, Fujikane R, Obayashi Y, Oka K, Ozaki M, Hidaka M. MLH1-mediated recruitment of FAN1 to chromatin for the induction of apoptosis triggered by O(6)-methylguanine.. Genes to Cells. 2020; 25: 175-186
255 .
Ohki S, Oka K, Ogata K, Okuhara S, Rikitake M, Nakamura M, Tamura S, Ozaki M, Iseki S, Sakai T. Transforming growth factor-beta and sonic hedgehog signaling in palatal epithelium regulate tenascin-C expression in palatal mesenchyme during soft palate development.. Frontiers in Physiology. 2020; 11: 532
256 .
Matsuo S, Nakamura M, Oka K, Kajiya H, Ogata K, Ishii H, Ozaki M, Ohno J. Cyclophosphamide promotes arrested development of the dental root in mice.. Journal of Hard Tissue Biology. 2020; 29: 63-70
257 .
山田和彦, 廣藤卓雄, 畠山純子, 森田浩光, 牧野路子, 松崎英津子, 大城希美子, 馬場篤子, 樋口勝規, 米田雅裕. 福岡歯科大学6年生対象の臨床研修に関する診療科説明プレゼンテーション-概要および学生アンケート調査の報告と分析. 日本総合歯科学会誌. 2020; 12: 5-12
258 .
Nakashima H, Yasunaga M, Yoshida M, Yamaguchi M, Takahashi S, Kajiya H, Tamaoki S, Ohno J. Low concentration of etoposide induces enhanced osteogenesis in MG63 cells via Pin1 activation.. Journal of Hard Tissue Biology. 2021; 30: 175-182
259 .
Yasunaga M, Ishikawa H, Yanagita K, Tamaoki S. An orthodontic perspective on Larsen syndrome.. BMC Oral Health. 2021; 21: 1-8
260 .
Kajiwara K, Sawa Y, Fujita T, Tamaoki S. Immunohistochemical study for the expression of leukocyte adhesion molecules, and FGF23 and ACE2 in P. gingivalis LPS-induced diabetic nephropathy.. BMC nephrology. 2021; 22: 1-12
261 .
Kajiwara K, Sawa Y. Overexpression of SGLT2 in the kidney of a P. gingivalis LPS-induced diabetic nephropathy mouse model.. BMC Nephrology. 2021; 22: 1-10
262 .
Miyake Y, Nagaoka Y, Okamura K, Takeishi Y, Tamaoki S, Hatta M. SNAI2 is induced by transforming growth factor-β1, but is not essential for epithelial-mesenchymal transition in human keratinocyte HaCaT cells.. Experimental and Therapeutic Medicine. 2021; 22: 1124
263 .
Moriyama T, Izumi K, Miyahara K, Kajiwara K, Sato M. Statistical analysis of mid-face correction treatment using automated image analysis.. 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE). 2021; -: 604-605
264 .
山田和彦, 廣藤卓雄, 畠山純子, 森田浩光, 牧野路子, 松﨑英津子, 大城希美子, 佐藤絢子, 谷口祐介, 馬場篤子, 樋口勝規 米田雅裕. 福岡歯科大学6年生対象の臨床研修に関する診療科説明プレゼンテーション −概要および学生アンケート調査の報告と分析−. 日本総合歯科学会雑誌. 2021; 12: 5-12
265 .
Obayashi Y, Fujikane R, Morita S, Uechi Y, Hiraki A, Hidaka M. Suppression of TopBP1 function increases the efficacy of chemotherapeutic treatments by enhancing the induction of apoptosis.. Oral Science International. 2021; 18: 209-216
266 .
Ishii H, Yoshida M, Kajiya H, Matsuo S, Toda M, Mori N, Fujisaki S, Oka K, Ozaki M, Ohno J. Cisplatin-induced sonic hedgehog signaling mediates epithelial-mesenchymal transition in hertwig's epithelial root sheath cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2021; 30: 115-122
267 .
Kumagai T, Kashiwamura H, Katsumata M, Ozaki M. Verification of antibacterial activity to enamel surfaces of new type of surface coating.. Pediatric Dental Journal. 2021; 31: 86-91
268 .
升井一朗, 貴島聡子, 南レイラ, 高田俊輔, 石川博之. 高齢者の口腔機能と咬合との関係に関する予備的研究 . 福岡歯科大学学会雑誌 . 2021; 46: 137-147
269 .
Maeshiba M, Kajiya H, Tsutsumi T, Migita K, Goto K, Kono Y, Tsuzuki T, Ohno J. Occlusal disharmony transiently decrease cognition via cognitive suppressor molecules and partially restores cognitive ability via clearance molecules.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022; 594: 74-80
270 .
Ishikawa S, Nikaido M, Otani T, Ogata K, Iida H, Inai Y, Tamaoki S, Inai T. Inhibition of retinoid X receptor improved the morphology, localization of desmosomal proteins, and paracellular permeability in three-dimensional cultures of mouse keratinocytes.. Microscopy. 2022; -: -
271 .
國見亮太, 梶本昇, 佐藤平, 丸田道人, 都留寛治, 玉置幸雄. インコ法による矯正用ステンレス鋼製ワイヤーの色調コントロール. 日本歯科理工学会誌 歯科材料・器機. 2022; : in press
272 .
Niidome Y, Hatakeyama J, Takezaki M, Yoneda M, Hatakeyama Y, Tamaoki S. Immunohistochemical study of 78kDa glucose-regulated protein (Grp78) and cripto in the spheno-occipital synchondrosis.. American Journal of BioSicence. 2022; 10: 31-34
症例報告  (該当件数: 57 件)
1 .
京極絵美, 馬場篤子, 大橋和子, 村上憲二, 姫野良祐, 本川渉. 上下顎の左右小臼歯部に5歯の埋伏過剰小臼歯が認められた1症例. 福岡歯科大誌. 2001; 28: 37-43
2 .
沖恵理, 酒井利雄, 太田文隆, 鬼木泰久, 伊東隆三, 大慈弥裕之. 頬粘膜筋弁法とpush- back法による口蓋形成術を行った反対咬合症例. 西日歯矯正誌. 2001; 45: 157-164
3 .
山口勉, 太田文隆, 酒井利雄, 冨永宗嗣, 伊東隆三, 石川博之. Distal Jetを用いた上顎大臼歯の遠心移動. 西日歯矯正誌. 2001; 46: 86-93
4 .
高田圭介, 尾崎正雄, 久保山博子, 矢田育男, 本川渉. 埋伏下顎側切歯の牽引誘導症例. 小児口外誌. 2002; 12: 6-11
5 .
国松明日香, 小笠原榮希, 石田万喜子, 渡辺滋子, 本川渉. 上顎正中部に過剰歯がみられた一卵性双生児の2例. 小児歯誌. 2002; 40: 557-564
6 .
荒川周幸, 冨永真理子, 太田文隆, 石川博之. 著しい叢生と右側第一大臼歯のcrossbiteを伴った成人症例. 西日歯矯正誌. 2002; 46: 189-196
7 .
久永豊, 石川博之. 著しい臼歯部デンタルコンペンセーションを伴った骨格性下顎前突の外科矯正治療例. 福岡歯科大誌. 2002; 29: 45-54
8 .
比嘉和, 馬場篤子, 小笠原靖, 一木數由, 湯浅賢治, 本川渉. 小児における上顎洞粘液貯留嚢胞の3例. 小児歯科学雑誌. 2003; 41: 745-750
9 .
世良仁, 大関悟, 田苗正夫, 本田武司, 林秀, 本川渉. 歯牙様硬組織を伴った先天性エプーリスの1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2003; 49: 347-350
10 .
吉田亜貴, 荒川周幸, 石川博之. Pendulum Applianceを用いて上顎第一大臼歯の遠心移動を行った3症例. Orthodontic Waves. 2003; 62: 36-48
11 .
久保田智彦, 志岐晶子, 緒方克也, 本川渉. 低血糖を合併したMenkes病の1症例. 障害者歯科. 2004; 25: 127-131
12 .
Takada K, Fukushima H, Watanabe S, Ishida M, Ogasawara H, Motokawa W. Occlusal guidance of two Kabuki make-up syndrome patients: case reports. J Clin Pediatr Dent. 2004; 28: 113-118
13 .
志岐晶子, 久保田智彦, 緒方克也. Menkes病患者の全身麻酔経験. 日本歯科麻酔学会雑誌. 2004; 32: 246-247
14 .
酒井利雄, 荒川周幸, 石川博之. 上顎中切歯及び犬歯の2歯埋伏に対して牽引誘導を試みた2症例. 西日本歯科矯正学会雑誌. 2004; 48: 161-173
15 .
佐藤嘉晃, 石川博之, 高師則行, 高道理, 大畑昇, 飯塚正, 向後隆男, 山口博雄, 飯田順一郎, 井上農夫男. 線維性骨異形成症による顔面非対称を伴う外科的矯正治療の1例. 日本顎変形症学会雑誌. 2005; 15: 140-150
16 .
葉山康臣, 尾崎正雄, 石井香, 井上淳治, 本川渉. 上顎左側犬歯の移転歯を伴った叢生症例. 小児歯誌. 2005; 43: P680~P688
17 .
寺谷烈, 秦雄一郎, 崔旭鎮, 木下尚一, 石川博之. 成長期に下顎の側方偏位が増悪した上顎犬歯の埋伏症例. 九州矯正歯科学会雑誌. 2005; 1: 81-90
18 .
小島寛, 三浦真理, 小口春久. 第一小臼歯先天欠如の4症例-藤田の列端退化説との対比-. 小児歯誌. 2005; 43: 697-702
19 .
冨永晋二, 加藤喜久, 都留佑子, 三瀬健三郎, 岩本繁, 谷口省吾. 頸部郭清術後長時間してから発症した声門下浮腫に緊急気管挿管を行った1症例. 日本歯科麻酔学会雑誌. 2006; 34: 518-519
20 .
舩戸大, 久保田智彦, 本田攻, 須賀裕一, 塚本末廣, 小島寛, 中島孝久, 平塚正雄, 本川渉. Down症候群患者の舌に発生した膿原性肉芽腫の1例. 障害者歯. 2006; 27: 66-70
21 .
三浦正資, 高岸ミキ, 岡村和彦, 尾崎正雄, 本川渉, 池邉哲郎, 大関悟. 先天性エプーリスの1例. 小児口腔外科学会誌. 2006; 16: 36-39
22 .
Shinji H, Kimura M, Iizuka S, Miura T, Shinji S, Sato S, Ozaki M, Motokawa W. Assessing anxiety in pre-school dental patients with a doll placement test. Pediatric Dental Journal. 2006; 16: 123-127
23 .
杉本あゆみ, 久保山博子, 安藤匡子, 高村伊都子, 井上貴仁, 満留昭久, 本川渉. 乳幼児期に舌咬傷を繰り返したHypnic Myoclonic の1例. 小児歯科学雑誌. 2007; 45: 103-108
24 .
加藤喜久, 塚本末廣, 岩本繁, 野上堅太郎, 冨永晋二, 眞鍋庸三, 久保田智彦, 小島寛, 谷口省吾. 強度脊椎変形のため体位確保が困難と予想された脳性麻痺患者の全身麻酔経験. 日歯麻誌. 2007; 35: 80-81
25 .
土井充, 野上堅太郎, 冨永晋二, 加藤喜久, 久保田智彦, 谷口省吾. 全身麻酔下歯科治療の周術期管理に視覚的支援を応用したSotos症候群の1例. 日歯麻会誌. 2008; 36: 33-37
26 .
土井充, 野上堅太郎, 冨永晋二, 加藤喜久, 久保田智彦, 谷口省吾. 全身麻酔下歯科治療の周術期管理に視覚的支援を応用したSotos症候群の1例. 日本歯科麻酔学会雑誌. 2008; 36: 33-37
27 .
馬場篤子, 本川渉. カルシペックスⅡの乳歯および幼若永久歯への臨床応用. ザ・クインテッセンス. 2008; 27: 202-207
28 .
永渕友理絵, 尾崎正雄, 杉本あゆみ, 本川 渉. ミニチュア歯科診療室と人形を用いた小児の歯科協力度の評価. 福岡歯大誌. 2009; 35: 143-150
29 .
Mariko Shigeoka, Kenichi Yanagita, Masao Ozaki, Wataru Motokawa. Management of the malposition tooth that was caused by dentigerous cyst associated with impacted supernumerary tooth by using an obturator. Pediatric Dental Journal . 2009; 19: 240-246
30 .
山口博康, 矢作保澄, 横出将典, 高水正明, 馬場篤子, 比嘉和, 本川渉. テトラサイクリン・プレステロン歯科用軟膏の有用性ー歯周疾患患者および小児歯科患者における効果ー. Dental Review. 2009; 69: 121-129
31 .
Shimizu H, Ozaki M, Takahashi Y. Prosthetic treatment for severe open bite malocclusion and loss of several teeth. . N Y State Dent J. 2009; 75: 59-61
32 .
宮定真弓, 谷口省吾, 野上堅太郎, 田中裕実子, 加藤達也, 市山友子, 柳田憲一. 先天性Addison病患児の集中歯科治療に対する周術期管理経験. 日歯麻会誌. 2009; 37: 231-232
33 .
比嘉和, 馬場篤子, 尾崎正雄, 久芳陽一, 内田竜司, 本川渉. 上顎右側第二大臼歯の萌出を障害すると考えられた複合性歯牙腫の1例. 小児歯科学雑誌. 2010; 48: 448-453
34 .
藤岡保, 加藤喜久, 安河内尊, 待木浩一, 須藤輝勝, 松本大史, 村上郁夫, 本田誠三, 他多数. 歯科治療における自閉症患者への視覚支援を用いた事例. . 2010; : 58−60
35 .
比嘉和, 馬場篤子, 小笠原榮希, 石井香, 尾崎正雄. 下顎第一大臼歯の埋伏に牽引と咬合治療による長期管理を行った一例. 小児歯科学雑誌. 2012; 50: 320-325
36 .
黒木まどか, 堀部晴美, 塚本末廣, 日高三郎, 栢豪洋. 口腔保湿剤の水分保持能力―温風乾燥時の残存水分量率と残存重量率―. 老年歯学. 2012; 26: 438-443
37 .
阿部朗子, 石川博之. 矯正治療中に自然萌出を認めた含歯性嚢胞による埋伏歯の症例. 九州矯正歯科学会雑誌. 2013; 9: 33-42
38 .
吉田智治 , 玉置幸雄 , 秦雄一郎 , 阿部朗子 , 坂井真実子 , 泉喜和子 , 池邉哲郎 , 石川 博之 . 開咬と上顎歯列弓の狭窄を伴う骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療. 福岡歯科大学雑誌. 2013; 38: 181-188
39 .
馬場篤子, 野村祐子, 久保山博子, 京極絵美, 橋本敏昭, 尾崎正雄. 乳幼児における固定が困難な外傷歯の保存的治療の2症例. 日本外傷歯学会雑誌. 2015; 11: 103-109
40 .
高村雄太郎, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. 左側下顎頭の変形を伴う骨格性上顎前突に対し下顎骨延長術を行った長期経過症例. 日本顎変形症学会雑誌. 2016; 26: 284-292
41 .
高田俊輔, 玉置幸雄, 秦省三郎, 阿部朗子, 石川博之. 犬歯の移転により非対称な抜歯を行った上下顎前突症例. 九州矯正歯科学会雑誌. 2016; 12: 50-59
42 .
阿部亜美, 馬場篤子, 内田竜司, 尾崎正雄. 小児に発生した腺様歯原性腫瘍の1例. 小児口腔外科. 2016; 26: 19-25
43 .
逢坂洋輔, 田村翔悟, 岡暁子, 立岡迪子, 戸田雅子, 加藤陽子, 吉田一惠, 平山耕司, 馬場篤子, 尾崎正雄. 歯原性腫瘍により埋伏した下顎第一大臼歯を萌出誘導した2例. 小児歯科学雑誌. 2016; 54: 518-527
44 .
柏村晴子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 乳歯再植後に後継永久歯交換まで長期経過観察を行った1例. 日本外傷歯学会雑誌. 2016; 12: 112-117
45 .
尾崎茜, 木村敬次リチャード, 前浜和佳奈, 今村彩香, 宮村沙央里, 小島寛. ウェブサイト上の動画を用いた患者の不安軽減策. 日本障害者歯科学会雑誌. 2017; 38: 203-206
46 .
Kashiwamura H, Oka K, Tuchihashi Y, Yoshioka H, Kato M, Baba A, Kagawa T, Okamura K, Ozaki M. A case of high density abnormality in x-ray findings of mandible caused by leakage of root canal filling paste. . Pediatric Dental Journal. 2017; 27: 162-168
47 .
柏村晴子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 乳歯再植後に後継永久歯交換まで長期経過観察を行った1例. 日本外傷歯学会雑誌. 2017; 12: 112-117
48 .
Baba A, Oka K, Kawano M, Kuba Y, Ozaki M. Apexification with calcium hydroxide in a Non-vital permanent incisor following trauma: a case report with 21–year follow-up.. Journal of Japan Association of Dental Traumatology. 2018; 14: 75-78
49 .
椛島浩明, 米田雅裕, 中牟田博敬, 大曲紗生, 荒木公一, 都築 尊, 柏村晴子, 廣藤卓雄. 全身的な配慮が必要な患者へ漢方薬を応用して外科処置を行った3症例. 日本歯科保存学雑誌. 2018; 61: 145-152
50 .
高田俊輔, 石川博之, 玉置幸雄. パワーアームを用いた下顎大臼歯の近心移動.. 九州矯正歯科学会雑誌. 2019; 15: 57-61
51 .
Nakamura M, Oka K, Harada H, Ogata K, Matsuo S, Rikitake M, Ohki S, Kumagai T, Kato Y, Baba A, Ozaki M. Ectopic junctional epithelium adhered to the buccal crown surface of an upper central incisor.. Pediatric Dental Journal. 2020; 30: 51-55
52 .
高江洲雄, 谷口祐介, 石井太郎, 玉置幸雄, 城戸寛史, 松浦向志. 唇顎口蓋裂を有する患者に対し片側リテーナーのオールセラミック接着ブリッジの補綴治療を行った症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 121-128
53 .
田崎園子, 原麻莉, 中山朋子, 尾崎茜, 原田真澄, 樋口勝規, 小島寛. 当院障害者歯科におけるインシデントの分析. 日本障害者歯科学会雑誌. 2020; : 100-105
54 .
中山朋子, 前濱和佳奈, 緒方麻記, 中嶋真理子, 尾崎茜, 水谷慎介, 小島寛. 特別支援学校(知的障害)の児童・生徒の保護者がかかりつけ歯科医療機関に求める医療サービスおよび歯科医療機関の種類とう蝕罹患状況との関連. 日本障害者歯科学会雑誌. 2020; : 366-374
55 .
土橋容子, 馬場篤子, 岡暁子, 田村翔悟, 難波みち子, 内田竜司, 岡村和彦, 尾崎正雄. 幼児の上顎乳前歯歯肉部に発生した結節性筋膜炎の1例. 小児歯科学雑誌. 2020; 58: 173-181
56 .
梶原弘一郎, 安永まどか, 北城紗和, 玉置幸雄. 上顎左側第二大臼歯を上顎左側第三大臼歯に置き換えた叢生症例. 九州矯正歯科学会雑誌. 2021; 17: 48-52
57 .
大木調, 岡暁子, 藤池美保子, 阿部亜美, 板家智, 橋村隆, 吉本尚平, 岡村和彦, 馬場篤子, 尾崎正雄. 下顎第二大臼歯の萌出を障害した歯牙腫(Developing Odontoma)に対応した1例. 小児歯科学雑誌. 2021; 59: 140-147
発表(特別講演・シンポジウム) (該当件数: 773 件)
1 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の側貌パターンの違いによる術後軟組織輪郭線の予測の妥当性. 第9回九州矯正歯科学会学術大会, H26年2月8-9日. (那覇)
2 .
半田千恵, 玉置幸雄, 梶井貴史, 坂井真実子, 成冨雅則, 石川博之. 下顎の回転を伴うアクチバトールの治療効果と初診時の顎顔面形態との関連性. 第9回九州矯正歯科学会学術大会, H26年2月8-9日. (那覇)
3 .
松本達朋, 成冨雅則, 石川博之. アレルゲンの異なる金属アレルギー患者の矯正治療の経験. 第9回九州矯正歯科学会学術大会, H26年2月8-9日. (那覇)
4 .
近藤光, 麻生裕美, 力武美保子, 宮原那実, 岡暁子, 尾崎正雄. 下顎乳前歯部歯肉に乳頭腫が疑われた一例. 第33回日本小児歯科学会九州地方会大会, 2015.11.15. (福岡市)
5 .
酒井亜希子, 逢坂洋輔, 立岡迪子, 阿部亜美, 馬場篤子, 尾崎正雄. 外傷により変色した乳歯の長期観察例. 第33回日本小児歯科学会九州地方会および総会, 2015.11.15. (福岡市)
6 .
岡暁子, 板家智, 吉良迪子, 藤原尚樹, 原田英光. 歯周組織発生制御におけるHERSの新規役割. 第56回歯科基礎医学会, 2014.9.25-27. (福岡市)
7 .
岡暁子. 軟口蓋発生メカニズムの解明. 第52回日本小児歯科学会, 2014.5.16-17. (東京)
8 .
長嶺和希, 木村敬次リチャード, 工藤恵, 原田真澄, 小島寛. 特別支援学校における児童・生徒の萠出遅延に関する実態調査. 第30回日本障害者歯科学会, 平成25年10月11日-13日. (神戸市)
9 .
天野郁子, 田﨑園子, 吉田知江, 木村敬次リチャード, 小島寛. 色素性乾皮症患者の歯科治療経験. 第30回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 平成25年10月11日-13日. (神戸市)
10 .
工藤恵, 友岡みわ, 原田真澄, 木村敬次リチャード, 加地千晶, 吉田知江, 天野郁子, 小島寛. 特別支援学校(肢体不自由)児童生徒の永久歯萌出遅延に関する調査. 第31回日本小児歯科学会九州地方大会, 平成25年10月20日. (福岡市)
11 .
梶井貴史, 玉置幸雄, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 口唇口蓋裂患者の顎裂部における側切歯先天性欠如の頻度について. 第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, H25年10月24-25日. (名古屋)
12 .
木村敬次リチャード, 天野郁子, 小島寛. 障害者の常用薬剤の解析―添付文書に記載されてある口腔領域の副作用について―. 第40回福岡歯科大学学会総会, 平成25年12月15日. (福岡市)
13 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の側貌パターンの分類と術後の軟組織側貌形態の予測. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会, H25年6月22日-6月23日. (大阪)
14 .
花本博, 秋山茂久, 工藤千穂, 久木富美子, 田中健司, 木村敬次リチャード, 杉田英之, 財間達也, 中川泰彰, 森崎市治郎, 丹羽均. 地域障害者歯科診療所における静脈内鎮静下歯科治療の実態調査. 第30回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 平成25年10月11日-13日. (神戸市)
15 .
高村雄太郎, 玉置幸雄, 秦雄一郎, 梶井貴史, 石川博之. 左側下顎頭の変形を伴う骨格性上顎前突に対し下顎骨延長を行った症例. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会, H25年6月22日-6月23日. (大阪)
16 .
吉岡秀郎, 田中健司, 廣瀬陽介, 河本みれい, 小倉孝文, 横田祐介, 木村敬次リチャード, 丹羽均, 森崎市治郎. 全身麻酔下での障害者の下顎埋伏智歯抜歯に関する検討. 第30回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 平成25年10月11日-13日. (神戸市)
17 .
鴨頭奈央子, 松田裕子, 畠山雄次, 玉置幸雄, 石川博之. アメロゲニン変異マウスのエナメル芽細胞分化過程におけるLAMP-1局在の組織学的検討. 第44回福岡歯科大学学会, 平成29年12月3日. (福岡)
18 .
根来香奈江, 永尾潤一, 有田健一, 成田由香, 田崎園子, 城戸寛史, 田中芳彦. 細菌感染による母体のIL-17Aが仔の脳神経発達メカニズムに与える影響について. 62歯科基礎医学会学術大会, 2020年9月11日. (WEB開催)
19 .
阿部朗子, 高村雄太郎, 松本達朋, 玉置幸雄, 石川博之. 顔面非対称症例の歯列弓および歯槽骨弓形態と歯軸傾斜の3次元的評価. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会, H25年6月22日-6月23日. (大阪)
20 .
Oka K, Kira M, Tsuruga H, Harada H, Fujiwara N, Sawa Y, Ozaki M. The role of Fibrillin during tooth root and periodontal ligament tissue development. 第11回International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation, 2013年5月27~30日. (フランス ラ・ロンド・レ・モール)
21 .
田崎園子, 有田健一, 永尾潤一, 成田由香, 根来香奈江, 小島寛, 田中芳彦. Th17細胞を介した免疫応答による口腔カンジダ症の病態制御機構の解明. 62歯科基礎医学会学術大会, 2020年9月11日. (WEB開催)
22 .
Oka K, Kira M, Higa A, Tsuruga H, Sawa Y, Ozaki M. Fibrillin-1 and Fibrillin-2 expression in craniofacial development. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年6月14~15日. (韓国 ソウル)
23 .
柏村晴子, 岡暁子, 田村翔悟, 力武美保子, 香川豊宏, 岡村和彦, 橋本修一, 尾崎正雄. パノラマエックス線写真にて下顎骨内に広範囲に及ぶ根管貼薬剤の存在を認めた症例 ―第2報―. 第42回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2016.12.13. (福岡市)
24 .
永尾潤一, 成田由香, 有田健一, 根来香奈江, 田崎園子, 田中芳彦. 歯周病源細菌の抗原性に着目した歯周病の病態形成機構の解明. 62歯科基礎医学会学術大会, 2020年9月11日. (WEB開催)
25 .
馬場篤子, 岡本愛彦, 谷口邦久, 大関悟, 尾崎正雄. 上顎前歯部歯肉に発生した結節性筋膜炎の1例. 第25回日本小児口腔外科学学術大会, 2013年11月2~3日. (日本 東京)
26 .
柏村晴子, 岡暁子, 田村翔悟, 土橋容子, 力武美保子, 逢坂洋輔, 馬場篤子, 尾崎正雄. パノラマエックス線写真にて下顎骨内に広範囲に及ぶ根管貼薬剤の存在を認めた症例  -第二報-. 第34回日本小児歯科学会九州地方会大会及び総会, 2016.10.30. (宮崎市)
27 .
成田由香, 永尾潤一, 有田健一, 田崎園子, 根来香奈江, 田中芳彦. 歯周病の病態形成に関与するT細胞抗原の探索. 62歯科基礎医学会学術大会, 2020年9月11日. (WEB開催)
28 .
Kira M, Oka K, Tsuruga H, Sawa Y, Ozaki M. THE EXPRESSION OF FIBRILLIN-1 AND FIBRILLIN-2 DURING TOOTH DEVELOPMENT. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年6月14~15日. (韓国 ソウル)
29 .
力武美保子, 岡暁子, 板家智, 宮原那実, 酒井亜希子, 阿部亜美, 柏村晴子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 上顎中切歯Nollaの分類における正中埋伏過剰歯の位置に関する研究. 第54回日本小児歯科学会大会, 2016.5.26-28. (東京都)
30 .
有田健一, 永尾潤一, 成田由香, 根来香奈江, 田崎園子, 田中芳彦. バイオフィルムに着目したう蝕予防法の開発に向けた新しいアプローチ. 62歯科基礎医学会学術大会, 2020年9月11日. (WEB開催)
31 .
力武美保子, 岡暁子, 板家智, 宮原那実, 酒井亜希子, 阿部亜美, 柏村晴子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 上顎中切歯Nollaの分類における正中埋伏過剰歯の位置に関する研究. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
32 .
野口晴加, 井上庸子, 森下孝一郎, 坂上竜資, 長門俊一. 高圧電顕トモグラフィーを用いた歯根膜主線維の三次元構造解析法. 第31回福岡歯科大学学会総会, 2004年12月5日. (福岡市)
33 .
比嘉ありさ, 岡暁子, 吉良迪子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 口蓋発生におけるFibrillin-1および-2の発現. 第51回日本小児歯科学会大会, 2013年5月23日~24日. (日本 岐阜)
34 .
田村翔悟, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 早川徹, 福島忠男. DNA分子量の異なるDNA/プロタミン複合体の新生骨形成能. 第61回日本歯科理工学会学術講演会, 2013年4月13~14日. (日本 東京)
35 .
田村翔悟, 岡暁子, 戸田雅子, 福島忠男, 尾崎正雄. マウス臼歯再植モデルにおける歯根膜の組織学的解析. 第51回日本小児歯科学会大会, 2013年5月24~25日. (日本 岐阜)
36 .
田村翔悟, 岡暁子, 戸田雅子, 福島忠男, 尾崎正雄. DNA/プロタミン複合体を用いたマウス再植歯モデルの歯根膜修復過程. 第40回福岡歯科大学学会総会, 2013年12月15日. (日本 福岡)
37 .
戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 早川徹, 福島忠男. エラスチンによるDNA/プロタミン複合体への骨形成促進効果. 第61回日本歯科理工学会学術講演会, 2013年13~14日. (日本 東京)
38 .
Itaya S, Oka K, Baba A, Ishii K, Ozaki M. RESARCH ON POSITION OF IMPACTED MESIODENS IN INFANT BY MEANS OF CONE-BEAM CT. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年6月14~15日. (韓国 ソウル)
39 .
Toda M, Ohno J, Hayakawa T, Fukushima T, Ozaki M. DNA/protamine complex can induce bone-formation. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年14-15日. (韓国 ソウル)
40 .
Oka K, Kurihara S, Ogata K, Higa A, Ozaki M, Yang C, Sakai T. The role of TGF-beta signaling in soft palate development. 2017International cleft congress, 2017.2.8-11. (Chennai India)
41 .
高田俊輔, 内山貴誠, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病モデルマウス腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現. 第28回日本糖尿病合併症学会, H25年9月13日-9月14日. (北海道 旭川)
42 .
内山貴誠, 高田俊輔, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. Ⅰ型とⅡ型糖尿病モデルマウスにおける腎リンパ管新生. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, 平成25年9月21日-22日. (岡山)
43 .
岡暁子, 板家智, 緒方佳代子, 戸田雅子, 藤原尚樹, 大津圭史, 立岡迪子, 尾崎正雄, 原田英光. 皮-間葉転換を起こしたヘルトヴィッヒ上皮鞘は,歯根膜を構成する細胞外基質を産生する. 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016.08.24~26. (札幌市)
44 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 歯の発生において、Fibrillin-1とFibrillin-2は上皮-間葉で異なる発現を示す. 第40回福岡歯科大学学会総会, 2013年12月15日. (日本 福岡)
45 .
馬場篤子, 阿部亜美, 鶴田勝久, 豊原達也, 尾崎正雄. 含歯性嚢胞を疑わせた第一大臼歯の発育異常の一症例. 第33回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2015.11.15. (福岡市)
46 .
戸田雅子, 岡暁子, 尾崎正雄. 顔面発生時の神経堤細胞における恒常的BMP シグナル活性化の影響. 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016.08.24~26. (札幌市)
47 .
高田俊輔, 内山貴誠, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病環境下の糸球体内皮細胞におけるTLR2とTLR4の発現. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, H25年9月21日-9月22日. (岡山)
48 .
逢坂洋輔, 馬場篤子, 藤村和, 林容子, 酒井亜希子, 尾崎正雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院小児歯科における歯牙外傷の臨床統計的観察. 第31回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2013年10月20日. (日本 福岡)
49 .
田村翔悟, 岡暁子, 板家智, 緒方佳代子, 戸田雅子, 立岡迪子, 尾崎正雄. マウス外傷脱落モデルを用いた再植後歯根膜再生促進に関する研究. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21~23. (福岡市)
50 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. マウスケラチノサイトの分化誘導における細胞接着分子の発現変化. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, H25年9月20日-9月22日. (岡山)
51 .
栗原調, 岡暁子, 緒方佳代子, 田村翔悟, 板家智, 戸田雅子, 立岡迪子, 尾崎正雄. Tenascin CはTGF-bシグナルの制御によって軟口蓋発生に関与する. 第43回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2016.12.18. (福岡市)
52 .
生野啓一郎, 梶井貴史, 岡晃, 斉藤文男, 猪子英俊, 石川博之, 飯田順一郎. 下顎前突症(mandibular prognathism)のゲノムワイド関連解析. 第57回日本人類遺伝学会, H24年10月24-27日. (東京)
53 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 上田耕一郎, 石川博之, 水田祥代. 小児がん治療後の歯科的長期フォローアップ. 第55回日本小児血液・がん学会学術集会, H25年11月30日-12月1日. (福岡)
54 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. 小児がん治療が引き起こす永久歯の形成障害について. 第19回西日本小児がんセミナー, H26年3月1日. (大阪)
55 .
田﨑園子, 原麻莉, 尾崎茜, 前濱和佳奈, 今村彩香, 中山朋子, 小島寛. 病院新築に伴い自閉スペクトラム症者に提供した視覚的情報とその効果について. 第24回日本歯科医学会学術大会, 2021年9月23日~9月25日. (オンライン)
56 .
半田千恵, 玉置幸雄, 梶井貴史, 坂井真実子, 成冨雅則, 石川博之. アクチバトールの治療効果と下顎頭の成長および下顎骨体の回転との関連. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
57 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. エナメル質の形成におけるmatrix metalloproteinase-20(MMP20)の役割. 12第43回福岡歯科大学学会総会, 2016年12月18日. (福岡市)
58 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 石川博之. 小児癌の化学療法が引き起こす永久歯形成障害の危険因子について. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
59 .
藤田隆寛, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維の形成機構におけるMAGP-1の機能解析. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
60 .
永尾潤一, 岸川咲吏, 豊永憲司, 根来香奈江, 田﨑園子, 田中芳彦. 歯周病発症を制御する免疫制御機構の解明. 第63回歯科基礎医学会学術大会, 2021年10月9日-2021年10月11日. (WEB)
61 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 山崎純, 石川博之. マウスケラチノサイトの分化誘導時における細胞接着分子の発現変化. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
62 .
梶井貴史, 松尾嘉之, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之. 変形性顎関節症患者の顎関節症状について. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
63 .
陶山大輝, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. 三次元培養シートに包埋した皮膚線維芽細胞の石灰化物形成. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
64 .
梶井貴史, 陶山大樹, 泉喜和子, 永嶌勝之. 歯槽部分骨切り術を併用して上顎中切歯の著しい舌側傾斜と過萌出を改善したAngleⅡ級2類症例. 2019日本矯正歯科学会総会, 2019.11.20~22. (長崎)
65 .
川越慈, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜オキシタラン線維の改造機構. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
66 .
平野成美, 梶井貴史, 泉喜和子, 藤田貴寛, 玉置幸雄. 特発性下顎頭吸収を伴う骨格性Ⅱ級患者に対する上下顎同時移動術字の骨片の位置と術後の安定性との関連. 78回日本矯正歯科学会総会, 2019.11. (長崎)
67 .
玉置幸雄. Ⅱ級アクチバトールの効果の個体差と顎顔面形態との関連. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
68 .
Hata S, Suyama T, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J. Activation of keratinocyte-derived latent TGF-β1 induced fibroblast differentiation in a wound-healing model of rat skin.. 第87回日本薬理学会年会, 平成26年3月19-21日. (宮城)
69 .
加地千晶, 原田真澄, 天野郁子, 緒方麻記, 木村敬次リチャード, 前濱和佳奈, 長嶺和希, 宮村沙央里, 小島寛. 自閉症スペクトラム患者に特有な歯科治療時の拒否行動パターン. 第33回日本障害者歯科学会, 2016年9月30日-10月2日. (さいたま市)
70 .
Matsuda Y, Tamaoki S. Functional appliance in late mixed dentition.. 第13回台湾口腔矯正歯学会, H30年9月1日-2日. (台北)
71 .
玉置幸雄. 職場スタッフの歯並びの矯正と健康. 第91回日本産業衛生学会, H30年5月17日. (熊本)
72 .
石井太郎, 三宅佑宜, 八田光世, 玉置幸雄, 石川博之. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてTRPV2阻害薬が瘢痕収縮を抑制する. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H30年5月24日-25日. (大阪)
73 .
髙田俊輔, 石川博之, 梶井貴史, 玉置幸雄. 外科的矯正治療と矯正単独治療患者の骨格別における口腔関連QoLの比較. 第28回日本顎変形症学会総会, H30年6月14日-15日. (大阪)
74 .
黒木まどか, 塚本末廣, 知念正剛, 堀部晴美, 日高三郎, 栢豪洋. 口腔ケアジェル(リフレケアⓇH)の保湿能について~ろ紙試験法による他の口腔保湿剤との比較~. 23日本老年歯科医学会, 2012.6.22-23. (つくば)
75 .
梶井貴史, 米津博文, 池邉哲郎. 顔面非対称患者におけるcondylar ratioと特発性下顎頭吸収について. 第31回日本顎関節学会総会・学術大会, H30年7月7日-8日. (北九州)
76 .
山野貴史, 西総一郎, 杉野真理子, 梶井貴史. earable計測機を用いた咀嚼に伴う外耳道運動の測定の試み. 第33回日耳鼻九州連合地方部会学術講演会, H30年7月14日-15日. (別府)
77 .
石井太郎, 三宅佑宜, 八田光世, 内田邦敏, 山﨑純. ラット皮膚創傷治癒モデルの瘢痕収縮に対するTRPV2阻害薬の抑制効果. 第60回歯科基礎医学会学術大会, H30年9月5日-7日. (福岡)
78 .
山之内香, 川越慈, 中冨佑香 , 中島一記 , 敦賀英知 , 沢禎彦 , 石川博之 . ヒト無色素毛様体上皮細胞によるオキシタラン線維形成の解析. 第69回日本解剖学会九州支部学術集会, H25年11月1日. (鹿児島)
79 .
Yasunaga M, Toshimitsu T, Nakashima H, Tamaoki S, Ishikawa H, Ohno J. Plasminogen activator inhibitor-1 promotes cementogenesis by human periodontal ligament stem cells under 3-D culture conditions. 第5回国際組織工学・再生医療学会世界会議, H30年9月5日-7日. (京都)
80 .
高田俊輔 , 内山貴誠 , 敦賀英知 , 畠山雄次 , 石川博之 , 沢禎彦 . 糖尿病環境下の腎糸球体におけるToll-like receptor(TLR)2と4の発現. 第51回日本糖尿病学会九州地方会, H25年11月8日-9日. (沖縄)
81 .
松吉綾子, 兼松めぐみ, 上村吏絵, 天野郁子, 久保田智彦, 小島寛. 超音波スケーラー使用時の飛沫汚染について(第2報) 原子吸光光度法を用いた分析. Page349第24回障害者歯科学会, 2007年11月24・25日. (長崎市)
82 .
山野貴史, 梶井貴史. earable計測機を用いた咀嚼に伴う外耳道運動の測定の試み. 第28回日本耳科学会総会・学術講演会, H30年10月3日-6日. (大阪)
83 .
内山貴誠 , 高田俊輔 , 石川博之 , 沢禎彦 . Ⅰ型とⅡ型糖尿病マウスにおける腎リンパ管増生. 第51回日本糖尿病学会九州地方会, 平成25年11月8日-9日. (沖縄)
84 .
松吉綾子, 上村吏絵, 兼松めぐみ, 上村愛佳, 小島寛. 超音波スケーラー使用時の飛沫汚染について . 第24回障害者歯科学会, 2007年11月24・25日. (長崎市)
85 .
藤田隆寛, 髙田俊輔, 玉置幸雄, 石川博之. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における先天異常患者の実態調査-保険適応となる疾患について-. 第36回日本頭蓋顎顔面外科学会, H30年10月11日-12日. (札幌)
86 .
梶井貴史, 岡晃, 斉藤文男, 八田光世, 玉置幸雄, 飯田順一郎. 骨格性下顎前突症のゲノムワイド関連解析により得た感受性遺伝子PLXNA2は軟骨内骨化に関与する. 第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, H30年10月11日-12日. (札幌)
87 .
緒方麻記, 木村敬次リチャード, 天野郁子, 小島寛, 松岡奈保子. 肢体不自由児特別支援学校の児童・生徒における定期歯科受診状況に関する実態調査~保護者・介助者へのアンケート調査~. 第34回日本小児歯科学会・九州地方会大会, 2016年10月30日. (宮崎市)
88 .
梶原弘一郎, 高良憲洋, 髙田俊輔, 玉置幸雄, 吉永泰周, 沢禎彦, 坂上竜資. P. gingivalis LPSに起因する糖尿病性腎症の発症とTLR阻害剤による予防効果に関する研究. 第61回秋季歯周病学会学術大会, H30年10月25日-27日. (大阪)
89 .
藤田隆寛, 髙田俊輔, 玉置幸雄, 石川博之. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査. 第77回日本矯正歯科学会学術大会, H30年10月30日-11月1日. (横浜)
90 .
髙田俊輔, 石川博之, 梶原弘一郎, 玉置幸雄. AngleⅡ級1類患者における外科的矯正治療と矯正単独治療の口腔関連QoLの比較. 第77回日本矯正歯科学会学術大会, H30年10月30日-11月1日. (横浜)
91 .
三浦真理, 小島寛, 八若保孝. 特別支援学校(肢体不自由)の児童・生徒の歯科口腔保健とかかりつけ歯科受診状況について. 第34回日本障害者歯科学会, 2017年10月27-29日. (福岡市)
92 .
松田裕子, 鴨頭奈央子, 竹崎公章, 畠山雄次, 玉置幸雄, 石川博之. マウス頭蓋底軟骨結合の成長制御に関連するタンパクについて. 第77回日本矯正歯科学会学術大会, H30年10月30日-11月1日. (横浜)
93 .
緒方武文, 前浜和佳奈, 緒方麻記, 小島寛. 障害者施設利用者が服用する常用薬剤に関する実態調査. 第34回日本障害者歯科学会, 2017年10月27-29日. (福岡市)
94 .
玉置幸雄. 埋伏犬歯の3次元診断と牽引方向. 第36回日本小児歯科学会九州地方大会, H30年10月21日. (福岡)
95 .
前濱和佳奈, 木村敬次リチャード, 小島寛, 天野郁子, 加地千晶, 緒方麻記, 原田真澄, 尾崎茜, 利光拓也, 三浦真理, 八若保孝. 特別支援学校(肢体不自由)の児童・生徒の保護者が歯科医療機関に求めること. 第34回日本障害者歯科学会, 2017年10月27-29日. (福岡市)
96 .
梶井貴史, 岡晃, 斉藤文男, 三井純, 飯田順一郎. 次世代シークエンサーを用いた全エクソーム解析による骨格性下顎前突症の感受性遺伝子検索. 第77回日本矯正歯科学会学術大会, H30年10月30日-11月1日. (横浜)
97 .
加地千晶, 高良憲洋, 天野郁子, 原田真澄, 緒方麻記, 前浜和佳奈, 小島寛. 歯科治療を拒否する自閉症者に特徴的に認められる外部行動. 第44回福岡歯科大学学会, 2017年12月3日. (福岡市)
98 .
利光拓也, 小島寛, 鍛冶屋浩, 大野純. Wntによるスフェロイド培養細胞への骨分化誘導効果. 第59回歯科基礎医学会, 2017年9月16-18日. (塩尻市)
99 .
Kajii TS, Oka A, Saito F, Mitsui J, Iida J. Whole-genome sequencing in a Japanese pedigree ascertained as mandibular prognathism. The 66thAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H30年11月17日-18日. (札幌)
100 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 小島寛, 岡部幸司, 大野純. 3次元培養による間葉系幹細胞の骨形成におけるβ-cateninの相互作用. 第59回歯科基礎医学会, 2017年9月16-18日. (塩尻市)
101 .
Kajiwara K, Takara K, Takata S, Tamaoki S, Yoshinaga Y, Sawa Y, Sakagami R. Study for the diabetic nephropathy promoted by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide and the prevension effect by TLR blocker. The 66thAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H30年11月17日-18日. (札幌)
102 .
三浦真理, 小島寛, 八若保孝. 特別支援学校児童・生徒の永久歯萠出時期について. 第53回日本小児歯科学会, 2015年5月21日-22日. (広島市)
103 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 有田健一, 安松香奈江, 小島寛, 田中芳彦. 口腔カンジダ症に対してT細胞応答を誘導する抗原探索. 第54回歯科基礎医学会, 2017年9月16-18日. (塩尻市)
104 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 歯根膜幹細胞の骨分化誘導におけるmTOR経路の役割. 第45回福岡歯科大学学会総会, H30年12月9日. (福岡)
105 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 小島寛, 田中芳彦. 口腔カンジダ症を選択的に標的とする免疫制御機構の解明. 第57回歯科基礎医学会, 2015年9月11日-13日. (新潟市)
106 .
中嶋宏樹, 安永まどか, 山口真広, 玉置幸雄, 大野純. 細胞老化刺激の骨分化誘導への影響. 第45回福岡歯科大学総会, H30年12月9日. (福岡)
107 .
橋本麻利江, 永尾潤一, 田崎園子, 成田由香, 長環, 湯浅賢治, 田中芳彦. 新規免疫系シグナル分子によるアレルギー制御機構の解明. 第57回歯科基礎医学会, 2015年9月11日-13日. (新潟市)
108 .
木村敬次リチャード, 天野郁子, 加地千晶, 原田真澄, 緒方麻記, 高良憲洋, 田崎園子, 利光拓也, 今村彩香, 小島寛. 障害者のために病院ウェブサイトに動画を掲載することの取り組み. 第33回日本障害者歯科学会, 2016年9月30日-10月2日. (さいたま市)
109 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 安松香奈江, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. Candida albicansに対するT細胞免疫機構の解明. 第61回日本医真菌学会, 2017年9月30日-10月1日. (金沢市)
110 .
三宅佑宜, 八田光世, 内田邦敏, 玉置幸雄. ケラチノサイトのフェノタイプ変化に関与する転写因子の解析. 第45回福岡歯科大学学会総会, H30年12月9日. (福岡)
111 .
Sonoko T, Tamaki C, Junichi N, Yuka N, Marie H, Shojiro I, Kanae Y, Keita T, Kenichi A, Hiroshi K, Toshihiko T. Investigation of mechanisms underlying the T cell response in oral candidasis.. 第46回日本免疫学会, 2017年12月12-14日. (仙台市)
112 .
藤田隆寛, 玉置幸雄. 上顎右側中切歯の逆性埋伏による正中不一致を伴う上下顎叢生症例. 第14回九州矯正歯科学会学術大会, H31年2月16日-17日. (福岡)
113 .
永尾潤一, 田崎園子, 橋本麻利江, 成田由香, 長環, 田中芳彦. 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalisに対する免疫制御機構の解明. 第57回歯科基礎医学会, 2015年9月11日-13日. (新潟市)
114 .
尾崎茜, 木村敬次リチャード, 前濱和佳奈, 今村彩香, 宮村沙央里, 小島寛. 海外から歯科治療を希望し受診した患者の一症例. 第33回日本障害者歯科学会, 2016年9月30日-10月2日. (さいたま市)
115 .
阿部朗子, 比嘉礼美, 平野成美, 玉置幸雄, 石川博之. 萌出方向の異常を伴う未萌出上顎犬歯に関する実態調査. 第14回九州矯正歯科学会学術大会, H31年2月16日-17日. (福岡)
116 .
成田由香, 田崎園子, 橋本麻利江, 永尾潤一, 長環, 田中芳彦. 免疫応答を誘導する歯周病原細菌の菌体成分の探索. 第57回歯科基礎医学会, 2015年9月11日-13日. (新潟市)
117 .
原田華, 岡暁子, 宮原那実, 柏村晴子, 戸田雅子, 栗原調, 松尾聡, 馬場篤子, 石井香, 尾崎正雄. 早期産で出生した小児にみられた上顎乳前歯の形態異常及びエナメル質形成不全の2症例. 第6回日本小児診療多職種研究会, 2017.11.3. (沖縄)
118 .
髙田俊輔, 藤田隆寛, 高木誠司, 玉置幸雄, 大慈弥裕之, 石川博之. 片側性口唇口蓋裂患者に術前顎矯正治療のチームアプローチを行い5年経過した2症例. 第14回九州矯正歯科学会学術大会, H31年2月16日-17日. (福岡)
119 .
長環, 田崎園子, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 田中芳彦. Candida albicansの新規T細胞分化誘導抗原の探索. 第57回歯科基礎医学会, 2015年9月11日-13日. (新潟市)
120 .
下川奈津子, 玉置幸雄, 石川博之. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における過去16年間の外科的矯正治療症例の動向. 第14回九州矯正歯科学会学術大会, H31年2月16日-17日. (福岡)
121 .
天野郁子, 利光拓也, 田崎園子, 加地千晶, 長嶺和希, 原田真澄, 緒方麻記, 高良憲洋, 尾崎茜, 前濱和佳奈, 木村敬次リチャード. 当院障害者歯科における静脈内鎮静法および全身麻酔法の検討. 第32回日本障害者歯科学会, 2015年11月6日-8日. (名古屋市)
122 .
戸田雅子, 岡暁子, 原田華, 立岡迪子, 熊谷徹弥, 馬場篤子, 尾崎正雄. 歯冠部に連続したエプーリス様軟組織を伴って萌出した上顎中切歯の1例. 第55回日本小児歯科学会大会, 2017.5.25-26. (北九州市)
123 .
Tamaoki S. 3D Imaging and Evaluation of Unerupted Maxillary Canine Positions. 第13回台湾口腔矯正歯学会, H30年9月1日-2日. (台北)
124 .
緒方麻記, 木村敬次リチャード, 小島寛. 動画を用いた間接的モデリング法の障害者への取り組み. 第42回福岡歯科大学学会, 2015年12月13日. (福岡市)
125 .
前濱和佳奈, 天野郁子, 小島寛. 当院障害者歯科における初診患者の薬物的行動管理についての検討. 第42回福岡歯科大学学会, 2015年12月13日. (福岡市)
126 .
松尾聡, 戸田雅子, 岡暁子, 板家智, 力武美保子, 尾崎正雄, 大野純. 抗がん剤刺激によるヘルトヴィッヒ上皮鞘細胞でのIGF-1R発現変化. 第55回日本小児歯科学会, 2017.5.25-26. (北九州市)
127 .
利光拓也, 大野純, 橋本修一, 小島寛. スフェロイド培養での間葉系幹細胞における糖鎖構造発現の変化. 第42回福岡歯科大学学会, 2015年12月13日. (福岡市)
128 .
栗原調, 岡暁子, 緒方佳代子, 戸田雅子, 板家智, 田村翔悟, 立岡迪子, 比嘉ありさ, Luo G, 尾崎正雄. 口蓋発生におけるTenascinの発現とTGF-βシグナルによる制御. 第55回日本小児歯科学会大会, 2017.5.25-26. (北九州市)
129 .
Nakamura M, Oka K, Ozaki M. Osteogenic potential for replacing cells in rat cranial defects implanted with a DNA/protamine complex paste. 第58回韓国小児歯科学会, 2017.4.22-23. (韓国ソウル)
130 .
前濱和佳奈, 木村敬次リチャード, 天野郁子, 加地千晶, 原田真澄, 緒方麻記, 小島寛. 特別支援学校(肢体不自由)の児童・生徒の保護者へのアンケート―こんな歯科があればいいな―. 第33回日本障害者歯科学会, 2016年9月30日-10月2日. (さいたま市)
131 .
馬場篤子. 学術委員会企画テーブルセミナー 生涯小児歯科医であるために―より専門性を究めよう!― 日本医師会女性医師支援センターや日本女性薬剤師会の取り組みについて. 第30回日本小児歯科学会, 2012/5/12. (東京都)
132 .
有田健一, 永尾潤一, 成田由香, 安松香奈江, 田崎園子, 長環, 田中芳彦. バイオフィルム形成阻害に着目した新しい齲蝕予防法の開発. 61歯科基礎医学会, 10/12-10/14. (東京都千代田区)
133 .
馬場篤子. 女性が語る小児歯科の魅力―更なる可能性を探る― チームワークの大切さ―大学に勤務している者としての立場から― . 第30回日本小児歯科学会九州地方会, 2012/10/28. (長崎市)
134 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 顔面発生におけるFibllin1およびFibrillin2の発現. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡市)
135 .
河野祐里, 鍛治屋浩, 前芝宗尚, 安永まどか, 岡部幸司, 玉置幸雄, 大野純. 歯根膜幹細胞の分化誘導とメカニカルストレス(MS)との相関性. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021.12.12. (福岡)
136 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. The Expression of Fibrillin-1 and Fibrillin-2 During Tooth Development. 第53回韓国小児歯科学会大会, 2012年4月28日. (Seoul)
137 .
野上堅太郎, 加藤喜久, 田中裕実子, 市山友子, 谷口省吾. 視覚的ガイダンスを見ながら行うCPRの検討. 第37回日本歯科麻酔学会, 2009/10/9. (名古屋)
138 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 歯根膜発生におけるFibrillin-1およびFibrillin-2の発現. 第50回日本小児歯科学会, 2012年5月12日. (東京)
139 .
比嘉ありさ, 岡暁子, 吉良迪子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 口蓋発生におけるFibrillin1およびFibrillin2の発現. 第39回福岡歯科大学学会総会, 2012年11月18日. (福岡市)
140 .
高良憲洋, 梶原弘一郎, 藤田隆寛, 坂上竜資, 沢禎彦, 小島寛. CLEC-2を介した頭蓋冠骨芽細胞の石灰化抑制. 第125回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2020年3月25日. (宇部市)
141 .
藤村和, 岡暁子, 柏村晴子, 逢坂洋輔, 馬場篤子, 尾崎正雄. 外傷による歯根破折を伴う幼若永久歯に予後観察を行った1例. 第52回小児歯科学会, 2014.5.16-17. (東京都)
142 .
Kajiwara K, Takata S, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide promote diabetic nephropathy through TLR2. 94thGeneral Session & Exhibition of the IADR, H28年6月22日-25日. (Seoul, Republic of Korea)
143 .
森山剛, 泉喜和子, 宮原慧, 梶原弘一郎, 佐藤守. Statistical analysis of midface correction treatment using automated image analysis.. 10回目IEEE GCCE, 2021.10.12. (京都)
144 .
平塚正雄, 加藤喜久, 中島孝久, 冨永晋二, 谷口省吾. 介護老人福祉施設における急変症例に関する検討. 第39回日本歯科麻酔学会, 2011/10/8. (神戸)
145 .
Takata S, Kajiwara K, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. PThe cytokine inductions in glomerular endothelial cells with Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide through TLR2. 94thGeneral Session & Exhibition of the IADR, H28年6月22日-25日. (Seoul, Republic of Korea)
146 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. カンジダ症を制御するT細胞応答の誘導. 第58回歯科基礎医学会, 2016年8月24-26日. (札幌市)
147 .
Kajii TS, Matsuo Y, Ishikawa H. Maxillofacial morphology of Class II patients with temporomandibular disorders involving osseous change of the condyle. 10thAsian Pacific Orthodontic Conference, H28年9月1日-3日. (Bali, Indonesia)
148 .
Yamauchi Y, Ishikawa H, Nakashima K, Hata S, Yamane K, Kajii TS. Comparison of the DAI and the PAR Index before and after treatment of fixed appliance. 10thAsian Pacific Orthodontic Conference, H28年9月1日-3日. (Bali, Indonesia)
149 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. Candida albicansに対するT細胞応答を誘導する表層抗原探索. 第60回日本医真菌学会, 2016年10月1-2日. (台東区)
150 .
Sakaguchi Y, Kajii TS, Handa C, Yasunaga M, Tamaoki S, Ishikawa H. Evaluation of effect of maxillary protractive appliance using superimposition of cephalometric tracings on zygomatic process. 10thAsian Pacific Orthodontic Conference, H28年9月1日-3日. (Bali, Indonesia)
151 .
小島寛, 三浦真理, 長嶺和希, 緒方麻記, 木村敬次リチャード, 八若保孝. 特別支援学校(肢体不自由)の児童・生徒の歯科口腔保健について. 第23回日本歯科医学会, 2016年10月21-23日. (福岡市)
152 .
石井太郎, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてTGF-β1を介した筋線維芽細胞の分化が瘢痕収縮を促進する. 第40回日本口蓋裂学会・学術集会, H28年5月26日-27日. (大阪)
153 .
Kamogashira N, Fujita T, Nakashima K, Matsuda Y, Hatakeyama J, Hatakeyama Y, Sawa Y, Ishikawa H. The detection of oxytalan fiber produced human periodontal ligament cells using Wheat Germ Agglutinin. 第58回歯科基礎医学会学術大会, H28年8月24日-26日. (北海道)
154 .
木村敬次リチャード, 天野郁子, 小島寛. わが国の医薬品の口腔領域副作用調査. 第23回日本歯科医学会, 2016年10月21-23日. (福岡市)
155 .
梶井貴史, 生野啓一郎, 岡晃, 斉藤文男, 飯田順一郎, 石川博之. ゲノムワイド関連解析(GWAS)による骨格性下顎前突症の感受性遺伝子領域同定. 第23回日本歯科医学会総会, H28年10月21日-23日. (福岡)
156 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. 口腔カンジダ症を制御する免疫制御機構の解明. 第23回日本歯科医学会, 2016年10月21-23日. (福岡市)
157 .
山内由宣, 石川博之, 中島一記, 秦省三郎, 山根香, 川越慈, 高田俊輔, 阿部朗子, 玉置幸雄, 梶井貴史. Dental Aesthetic Index (DAI) と Peer Assessment Rating Index (PAR Index) を用いた矯正歯科治療の客観的評価. 第23回日本歯科医学会総会, H28年10月21日-23日. (福岡)
158 .
高良憲洋, 加地千晶, 畠山雄次, 小島寛, 沢禎彦. ポドプラニンノックアウトマウスに関する形態学的研究. 第72回日本解剖学会, 2016年10月29日. (長崎市)
159 .
青野広子, 中村加奈子, 岡暁子, 晴佐久悟, 飯野英親. 看護師の疾病を有する小児への口腔アセスメントに関する知識・意識・実施状況・ニーズの調査. 1福岡歯科大学学会, 2018.12. (福岡)
160 .
Moriyama T, Izumi K, Miyahara K, Kajiwara K, Sato M. A quantitative evaluation of forehead correction treatment using automated image analysis.. 3rdGlobal Conference on Life Sciences and Technologies, 2021.3.9-11. (Nara)
161 .
高田俊輔, 石川博之, 玉置幸雄, 陶山大輝, 秦省三郎, 中島一記, 阿部朗子, 梶井貴史, 西村紗和. 矯正治療患者の初診時口腔関連Quality of Life(QOL)と顎顔面形態との関連. 第23回日本歯科医学会総会, H28年10月21日-23日. (福岡)
162 .
TASAKI Sonoko, CHO Tamaki, NAGAO Jun-ich, NARITA Yuka, HASHIMOTO Marie, IKEZAKI Shojiro, YASUMATSU Kanae, ARITA Kenichi, KOJIMA Hiroshi, TANAKA Yoshihiko. Investigation of the mechanism of T cell response in oral candidasis.. 第45回日本免疫学会, 2016年12月5-7日. (宜野湾市)
163 .
力武美保子, 藤兼亮輔, 武石幸容, 岡暁子, 尾崎正雄, 日高真純. DNA損傷が引き起こすアポトーシス誘導に関わるHMGAの分子機能解析 . 第44回福岡歯科大学大学総会, 2017.12.3. (福岡市)
164 .
Moriyama T, Izumi K, Miyahara K, Kajiwara K, Sato M. Statistical analysis of midface correction treatment using automated image analysis.. 10thGlobal Conference on Consumer Electronics, 2021.10.13-15. (Kyoto)
165 .
坂口結, 梶井貴史, 熊野千恵, 玉置幸雄, 石川博之. 上顎の縫合性成長と下顎頭の軟骨性成長および下顎の回転を分離する分析を用いた上顎前方牽引装置の効果の評価. 第23回日本歯科医学会総会, H28年10月21日-23日. (福岡)
166 .
利光拓也, 大野純, 小島寛. 骨芽細胞様細胞に対するデキサメタゾンおよびヒドロコルチゾンによる骨分化誘導の比較. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
167 .
馬場篤子, 岡暁子, 酒井亜希子, 原田華, 立岡迪子, 斎藤敏昭, 玉置幸雄, 尾崎正雄. Pallister-Hall症候群の一例. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
168 .
玉置幸雄. 美しい歯並びですてきなスマイル ~歯並びと口もとの関係~. 第12回3大学合同シンポジウム, H28年11月5日. (福岡)
169 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 柳束, 岡部幸司, 小島寛, 大野純. 3Dスフェロイド培養でのマウス間葉系幹細胞における骨形成能の変化. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
170 .
緒方佳代子, 岡暁子, 進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 尾崎正雄, 岡部幸司. 神経堤細胞特異的TRPM7欠損マウスを用いた歯の発達におけるTRPM7の役割解析. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
171 .
原田真澄, 加地千晶, 木村敬次リチャード, 緒方麻記, 田崎園子, 小島寛. 当科で行っている自閉症患者における歯科治療へのトレーニング. 第9回障害者歯科アクティブネットワーク九州, 平成26年7月13日. (北九州市)
172 .
中島一記. オキシタラン線維の咬合の安定性における役割を考察する. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
173 .
宮村沙央里, 前濱和佳奈, 緒方麻記, 尾崎茜, 小島寛. 障害者施設利用者の歯科口腔保健について. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
174 .
髙橋沙希, 安永まどか, 中嶋宏樹, 大野純, 玉置幸雄. 前骨芽細胞へのDNA損傷はオートファジーを介して分化誘導を促進する. 第80回日本矯正歯科学会学術大会, 2021年11月3日-5日. (横浜)
175 .
田崎園子, 長環, 橋本麻利江, 今吉理恵子, 永尾潤一, 小島寛, 田中芳彦. Mild heat stress下で発現するCandida albicansの表層抗原探索. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 平成26年9月25日-27日. (福岡市)
176 .
玉置幸雄, 高村雄太郎, 安永まどか, 阿部朗子, 石川博之. 骨格性下顎前突の早期治療に対する拡大ネジ付上顎前方牽引装置の効果. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
177 .
利光拓也, 今村彩香, 安永まどか, 松尾聡, 小島寛, 鍛冶屋浩, 大野純. スフェロイド培養における骨分化誘導へのWnt3aの効果. 第16回日本再生医療学会, 2016年3月7-9日. (仙台市)
178 .
今吉理恵子, 田崎園子, 橋本麻利江, 永尾潤一, 長環, 田中芳彦. 免疫応答を誘導する歯周病原細菌の抗原決定基の探索. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 平成26年9月25日-27日. (福岡市)
179 .
阿部朗子, 川越慈, 玉置幸雄, 石川博之. CBCTを用いた上顎切歯の歯根吸収における犬歯の定量的な評価について. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
180 .
高良憲洋, 加地千晶, 畠山雄次, 小島寛, 沢禎彦. Wnt1-Cre; Pdpn△/△マウス歯・骨の形態学的検討. 第122回日本解剖学会, 2017年3月28日. (長崎市)
181 .
加藤真由美, 尾崎正雄. 小児歯科医としての学校歯科活動第2報. 第35回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2017.11.19. (佐賀市)
182 .
西村麻友子, 藤田亜美, 玉置幸雄. 口内炎治療に用いられる漢方薬による神経伝導抑制作用の検討. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021年12月12日. (福岡)
183 .
橋本麻利江, 永尾潤一, 田崎園子, 今吉理恵子, 長環, 湯浅賢治, 田中芳彦. アレルギー反応に関連した新しいシグナル分子の同定とその機能解析. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 平成26年9月25日-27日. (福岡市)
184 .
秦省三郎, 石川博之, 中島一記, 山内由宣, 高田俊輔, 山根香, 藤田隆寛, 陶山大輝, 梶井貴史. AngleⅡ級1類症例の1期治療および2期治療による咬合改善度の評価. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
185 .
吉岡華子, 岡暁子, 尾崎正雄. 第一大臼歯の近心傾斜をペンデュラム装置により改善した1症例について. 第35回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2017.11.19. (佐賀市)
186 .
上地有香, 藤兼亮輔, 森田祥, 玉置幸雄, 日高真純. アポトーシス誘導におけるBLMとミスマッチ修復タンパク質との相互作用の解析. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021年12月12日. (福岡)
187 .
永尾潤一, 長環, 今吉理恵子, 橋本麻利江, 田崎園子, 田中芳彦. 病原真菌Candida glabrataのHsp70タンパク質Sse1の機能解析. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 平成26年9月25日-27日. (福岡市)
188 .
高田俊輔, 石川博之, 玉置幸雄, 山根香, 陶山大輝, 秦省三郎, 中島一記, 阿部朗子, 梶井貴史, 西村紗和. 矯正治療患者の初診時口腔関連Quality of Life(QOL)と不正咬合との関連. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
189 .
竹崎公章, 松田裕子, 林慶和, 畠山純子, 米田雅裕, 畠山雄次, 玉置幸雄. Growth Differentiation Factor 5 (GDF5)による高密度培養の未分化間葉細胞遊走に与えるBMP受容体―Smads経路の役割の検討. 第63回歯科基礎医学会学術大会, 2021年10月9日. (Web開催)
190 .
長環, 永尾潤一, 今吉理恵子, 橋本麻利江, 田崎園子, 田中芳彦. サケ由来プロタミン派生ペプチドの抗真菌活性に関する評価. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 平成26年9月25日-27日. (福岡市)
191 .
坂口結, 梶井貴史, 熊野千恵, 玉置幸雄, 石川博之. 頬骨突起および下顎管でのトレースの重ね合わせを用いた上顎前方牽引装置の治療効果の評価. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
192 .
熊谷徹弥, 柏村晴子, 田村翔悟, 中村雅子, 酒井亜希子, 岡暁子, 尾崎正雄. 亜鉛-フッ素徐放性ガラスを用いた新規シール材のう蝕予防に関する研究-S.mutans菌の酸産生抑制効果について-. 第35回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2017.11.19. (佐賀市)
193 .
石井太郎, 秦省三郎, 中島一記, 山崎純, 石川博之. TGF-βシグナリングを介した瘢痕収縮を評価するためのラット皮膚創傷治癒モデルの作成. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
194 .
玉置幸雄. 外科的矯正治療後の顔貌の3次元予測. 第43回福岡歯科大学学会総会, H28年12月18日. (福岡)
195 .
根来香奈江, 永尾潤一, 有田健一, 成田由香, 田崎園子, 城戸寛史, 田中芳彦. 細菌感染による母体のIL-17Aが子の脳神経発達メカニズムに与える影響について. 62歯科基礎医学会, 2020年9月11日-10月9日. (web)
196 .
國見亮太, 梶本昇, 佐藤平, 丸田道人, 都留寛治, 玉置幸雄. インコ法による歯科矯正用ステンレススチールワイヤーの色調コントロール. 第80回日本矯正歯科学会学術大会, 2021年11月3日-5日. (横浜)
197 .
坂口結, 梶井貴史, 熊野千恵, 玉置幸雄, 石川博之. 頬骨突起および下顎管を用いたトレースの重ね合わせで評価した上顎前方牽引装置の治療効果. 第43回福岡歯科大学学会総会, H28年12月18日. (福岡)
198 .
田崎園子, 原麻莉, 重松愛子, 前濱和佳奈, 尾崎茜, 今村彩香, 原田真澄, 樋口勝規, 小島寛. 当院障害者歯科におけるインシデントの分析. 37日本障害者歯科学会総会および学術大会, 2020年11月13日. (WEB開催)
199 .
石川翔子, 玉置幸雄, 高木誠司. 熱傷後瘢痕拘縮のため下顎前歯歯軸の著しい唇側傾斜が生じた反対咬合症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会, 2021年11月3日-5日. (横浜)
200 .
松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. 化学合成により作製されたLRAPの骨芽細胞分化に与える影響. 第43回福岡歯科大学学会総会・学術大会, H28年12月18日. (福岡)
201 .
柏村晴子, 熊谷徹弥, 板家智, 宮原那実, 原田華, 岡暁子, 尾崎正雄. 亜鉛-フッ素徐放性ガラスを用いた新規シール材のう蝕予防に関する研究-エナメル質の脱灰抑制効果について-. 第35回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2017.11.19. (佐賀市)
202 .
永尾潤一, 成田由香, 有田健一, 根来香奈江, 田崎園子, 田中芳彦. 歯周病細菌の抗原性に着目した歯周病の病態形成機構の解明. 62歯科基礎医学会, 2020年9月11日-10月9日. (web)
203 .
塚本史佳, 下川奈津子, 安永まどか, 玉置幸雄. 機械学習を用いた骨格性Ⅲ級の正貌形態の分類. 第17回九州矯正歯科学会学術大会, 2022年2月10日-28日. (オンデマンド配信)
204 .
梶原弘一郎, 高田俊輔, 沢禎彦, 石川博之. Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide が誘導する糖尿病性腎症と TLR4 阻害の効果. 第43回福岡歯科大学学会総会・学術大会, H28年12月18日. (福岡)
205 .
立岡迪子, 岡暁子, 逢坂洋輔, 中村雅子, 大木調, 緒方佳代子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 隣在歯の発育状態からみた下顎第二小臼歯の先天性欠如の予測. 第35回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2017.11.19. (佐賀市)
206 .
大林佑子, 力武美保子, 藤兼亮輔, 池邉哲郎, 平木昭光, 日髙真純. DNA損傷応答経路の抑制は化学療法剤によるアポトーシス誘導を促進する. 37福岡歯科大学学会, 2019年12月15日. (福岡県)
207 .
樋口礼美, 高田俊輔, 安永まどか, 玉置幸雄. 片側性口唇口蓋裂患者におけるPNAM使用による上顎歯槽形態の三次元的変化. 第17回九州矯正歯科学会学術大会, 2022年2月10日-28日. (オンデマンド配信)
208 .
鴨頭奈央子, 藤田隆寛, 中島一記, 松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. レクチンを用いた歯根膜におけるオキシタラン線維の検出の検討. 第43回福岡歯科大学学会総会, H28年12月18日. (福岡)
209 .
Tasaki S, Cho T, Nagao J, Arita K, NaritaY, Yasumatsu K, Tanaka Y. Exploration of the major T-cell antigen in oral candidiasis. 48The Japanese Society for Immunology, 2019.12. (静岡)
210 .
中嶋宏樹, 高田俊輔, 玉置幸雄. 福岡歯科大学矯正歯科における上顎前方牽引装置使用患者の長期的経過. 第17回九州矯正歯科学会学術大会, 2022年2月10日-28日. (オンデマンド配信)
211 .
安永まどか, 利光拓也, 佐藤絢子, 大野純, 石川博之. 歯根膜幹細胞と骨芽細胞様細胞での骨分化誘導におけるオートファジーの関与. 第43回福岡歯科大学学会総会・学術大会, H28年12月18日. (福岡)
212 .
石井太郎, 玉置幸雄. 上顎両側犬歯の萌出方向異常のため開窓牽引を行った症例. 第17回九州矯正歯科学会学術大会, 2022年2月10日-28日. (オンデマンド配信)
213 .
松田裕子, 畠山雄次, 中島一記, 鴨頭奈央子, 畠山純子, 玉置幸雄, 沢禎彦, 石川博之. LAMP-1は化学合成ロイシンリッチアメロジェニンペプチドの骨芽細胞分化に関与する. 第14回日本再生歯科医学会, H29年2月25日. (北海道)
214 .
Nagao J, Narita Y, Arita K, Yasumatsu K, Tasaki S, Cho T, Tanaka Y. Investigation of pathological mechanism of periodontal disease via T-cell mediated immune response. 48The Japanese Society for Immunology, 2019.12.. (静岡)
215 .
安永まどか, 鍛冶屋浩, 利光拓也, 中嶋宏樹, 玉置幸雄, 石川博之, 前田英史, 大野純. ヒト歯根膜幹細胞の骨分化誘導へのオートファジー初期関連因子の関与(学会賞受賞講演). 第29回硬組織再生生物学会学術大会・総会, 2021年8月28日. (オンライン開催)
216 .
鴨頭奈央子, 松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜線維芽細胞のオキシタラン線維形成における成長因子の影響. 第14回日本再生歯科医学会学術大会, H29年2月25日. (北海道)
217 .
大林佑子, 力武美保子, 藤兼亮輔, 池邉哲郎, 平木昭光, 日髙真純. 化学療法剤の細胞障害作用を制御するDNA損傷応答経路. 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月3〜6日. (福岡県)
218 .
阿部朗子, 樋口礼美, 玉置幸雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における埋伏歯に関する実態調査. 第17回九州矯正歯科学会学術大会, 2022年2月10日-28日. (オンデマンド配信)
219 .
松田裕子, 畠山雄次, 中島一記, 鴨頭奈央子, 畠山純子, 玉置幸雄, 沢禎彦, 石川博之. LAMP-1は化学合成ロイシンリッチアメロジェニンペプチドの骨芽細胞分化に関与する. 第16回日本再生医療学会総会, H29年3月7日~9日. (宮城)
220 .
梶原弘一郎, 安永まどか, 北城紗和, 玉置幸雄. 予後不良である上顎左側第二大臼歯を抜去し第三大臼歯に置き換えた叢生症例. 第17回九州矯正歯科学会学術大会, 2022年2月10日-28日. (オンデマンド配信)
221 .
安永まどか, 利光拓也, 佐藤絢子, 大野純, 石川博之. 歯根膜幹細胞の骨分化誘導におけるオートファジーの関与. 第16回日本再生医療学会総会, H29年3月7日~9日. (宮城)
222 .
梶原弘一郎, 沢禎彦. P. gingivalis LPS が誘導する糖尿病性腎症モデルマウス腎におけるSGLT2の過剰発現についての研究. 第63回歯科基礎医学会学術大会, 2021年10月9日-11日. (神奈川:WEB開催)
223 .
梶井貴史, 坂口結, 石川博之. 変形性顎関節症を伴う骨格性Ⅱ級不正咬合患者の顎顔面形態の特徴. 第12回九州矯正歯科学会学術大会, H29年3月18-19日. (宮崎)
224 .
江頭瑠依, 山口真広, 安永まどか, 内藤徹, 大野純. 高齢者歯肉溝上皮細胞における細菌性オートファジーの意義. 第148回日本歯科保存学会, 2018/6/14. (横浜)
225 .
Kajiwara K, Sawa Y, Tamaoki S. Abnormal expression of SGLT2 in the kidney of a P. gingivalis LPS-induced diabetic nephropathy mouse model.. 第69回JADR総会・学術大会, 2021年10月24日-25日. (福岡:WEB開催)
226 .
阿部朗子, 玉置幸雄, 石川博之. 犬歯の萌出方向の異常による隣在歯の歯根吸収と側切歯歯冠の傾斜との関連について. 第12回九州矯正歯科学会学術大会, H29年3月18-19日. (宮崎)
227 .
石井太郎, 石井華子, 土橋容子, 岡暁子, 尾崎正雄, 玉置幸雄. 上顎両側犬歯の萌出方向異常のため開窓牽引を行った症例.. 第58回日本小児歯科学会大会, R2年5月21日-5月22日. (オンライン)
228 .
梶原弘一郎, 沢禎彦, 玉置幸雄. P. gingivalis LPS誘導性糖尿病性腎症マウスにおけるSGLT2の過剰発現について. 第127回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2022年3月27日-29日. (大阪)
229 .
山根香, 石川博之, 髙田俊輔, 陶山大輝, 秦省三郎, 中島一記, 阿部朗子, 西村紗和, 玉置幸雄, 梶井貴史. AngleⅡ級1類患者におけるGOHAIを用いた初診時口腔関連QOLの調査. 第12回九州矯正歯科学会学術大会, H29年3月18日-19日. (宮崎)
230 .
坂口結, 梶井貴史, 熊野千恵, 玉置幸雄, 石川博之. 頬骨突起および下顎管でのセファログラムの重ね合わせを用いた上顎前方牽引装置の効果の予測. 第12回九州矯正歯科学会学術大会, H29年3月18-19日. (宮崎)
231 .
髙田俊輔, 泉喜和子, 玉置幸雄, 池邉哲郎, 石川博之. 顎矯正手術で顎関係および上下顎歯列幅径の調和を図った下顎前突症の5年経過症例. . 第30回日本顎変形症学会総会・学術大会, R2年6月24日-7月9日. (オンライン)
232 .
Kaji C, Tomooka M, Amano I, Kojima H, Sawa Y. The expression of podoplanin and P-cadherin on mouse choroid plexus. 第36回日本微小循環学会, 2011年2月12日. (名古屋市)
233 .
Tasaki S, Cho T, Nagao J, Narita Y, Hashimoto M, Ikezaki S, Yasumatu K, Toyoda K, Arita-Morioka K, Kojima H, Tanaka Y. Investigation of mechanisms underlying the T cell response in oral candidiasis. 第46回日本免疫学会, 2017年12月12〜14. (仙台市)
234 .
下川奈津子, 石川博之, 髙田俊輔, 藤田隆寛, 玉置幸雄. 骨格性下顎前突症の外科的矯正治療前後における上下顎切歯歯軸傾斜についての検討. . 第30回日本顎変形症学会総会・学術大会, R2年6月24日-7月9日. (オンライン)
235 .
加地千晶, 友岡みわ, 天野郁子, 今泉友里, 野田雄也, 畠山雄次, 敦賀英知, 小島寛, 沢禎彦. 口腔組織と脳におけるポドプラニンとカドヘリンの共発現. 第53回歯科基礎医学会, 2011年10月1日. (岐阜市)
236 .
秦省三郎, 岡村和彦, 八田光世, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてケラチノサイトによる潜在型TGF-β₁の放出が線維芽細胞から筋線維芽細胞への分化に関与する. 第66回日本薬理学会西南部会, H25年11月16日. (福岡)
237 .
Ikezaki S, Nagao J, Hashimoto M, Tasaki S, Yasumatu K, Toyoda K, Narita Y, Arita-Morioka K, Cho T, Tanaka Y. A novel alternative splicing of T-cell signaling molecule modulates TCR-mediated responses in Th2 cells. 第46回日本免疫学会, 2017年12月12〜14. (仙台市)
238 .
Kajiwara K, Sawa Y, Fujita T, Tamaoki S. Immunohistochemical study for the expression of renal physiologically active molecules in Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide-induced diabetic nephropathy.. 第62回歯科基礎医学会学術大会, R2年9月11日-10月9日. (オンライン)
239 .
天野郁子, 今泉友里, 野田雄也, 加地千晶, 友岡みわ, 畠山雄次, 敦賀英知, 小島寛, 沢禎彦. マウス顎下腺の顆粒管における胎盤カドヘリンの産生. 第53回歯科基礎医学会, 2011年10月2日. (岐阜市)
240 .
高田俊輔, 内山貴誠, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病モデルマウス腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
241 .
竹崎公章, 松田裕子, 大多和奈央子, 林慶和, 畠山雄次, 玉置幸雄. 軟骨形成におけるGrowth Differentiation Factor 5 (GDF5)の未分化間葉細胞遊走に与える影響. . 第79回日本矯正歯科学会学術大会, 令和2年10月4日-6日. (オンライン)
242 .
加地千晶, 畑実, 豊田愛佳, 小島寛. 精神遅滞患者におけるブクブクうがい修得までの一症例. 第28回日本障害者歯科学会, 2011年11月5日. (福岡市)
243 .
秦省三郎, 岡村和彦, 八田光世, 石川博之, 山崎純. 潜在型TGF-β1が重層化ケラチノサイトから放出されて線維芽細胞のフェノタイプ変化をおこす. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
244 .
尾崎茜, 北河憲雄, 大谷崇仁, 小島寛, 稲井哲一郎. マウスケラチノサイトの三次元培養系の確率. 第73回日本解剖学会九州支部学術集会, 2017年10月28日. (福岡市)
245 .
玉置幸雄, 下川奈津子, 石川博之. Aiを用いた骨格性反対咬合症例における顔面非対称パターンの検討.. 第79回日本矯正歯科学会学術大会, 令和2年10月4日-6日. (オンライン)
246 .
畑実, 加地千晶, 石井義将, 小島寛. 障害者歯科における全身麻酔下歯科治療後の術後管理時のトラブル. 第28回日本障害者歯科学会, 2011年11月6日. (福岡市)
247 .
玉置幸雄. 唇顎口蓋裂患者の出生時に行う口蓋床を用いた術前顎矯正治療. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
248 .
利光拓也, 小島寛, 鍛冶屋浩, 大野純. Wnt3aがスフェロイド培養ヒト歯根膜幹細胞の骨分化誘導に及ぼす影響. 第17回日本再生医療学会, 2018年3月21日〜23日. (横浜市)
249 .
梶原弘一郎, 沢禎彦, 玉置幸雄. P. gingivalis LPS 誘導性糖尿病性腎症マウスにおける白血球接着因子とFGF23およびACE2の発現.. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会, R3年3月28日-30日. (オンライン)
250 .
大石桂子, 石井義将, 豊田愛佳, 小島寛. 当院障害者歯科における静脈内鎮静法および全身麻酔法の検討. 第28回日本障害者歯科学会, 2011年11月6日. (福岡市)
251 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. マウスケラチノサイトの分化誘導時による細胞接着分子発現変化. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
252 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 柳束, 藤崎誠一, 小島寛, 大野純. 3Dスフェロイドを形成した間葉系幹細胞β-catenin を介する骨分化促進作用. 第17回日本再生医療学会, 2017年3月21日〜23日. (横浜市)
253 .
Fujita T, Ishikawa H, Takata S, Yasunaga M, Shimokawa N, Hirano N, Tamaoki S. Craniofacial and pharyngeal morphology in Down syndrome patients.. The 9thInternational Orthodontic Congress, R2年10月4日-7日. (オンライン)
254 .
加地千晶, 友岡みわ, 天野郁子, 今泉友里, 野田雄也, 畠山雄次, 敦賀英知, 小島寛, 沢禎彦. 正常マウスの脳におけるポドプラニンとカドヘリンの共発現. 第38回福岡歯科大学学会, 2011年12月11日. (福岡市)
255 .
半田千恵, 玉置幸雄, 梶井貴史, 坂井真実子, 成冨雅則, 石川博之. 下顎頭の成長と下顎の回転とを分離したアクチバトールの治療効果の評価. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
256 .
田崎園子, 長環, 橋本麻利江, 今吉理恵子, 永尾潤一, 小島寛, 田中芳彦. Mild heat stress下のCandida albicansバイオフィルム形成時に発現する遺伝子群の解析. 第58回日本医真菌学会総会・学術集会, 平成26年11月1日-2日. (横浜市)
257 .
Takata S, Ishikawa H, Fujita T, Yasunaga M, Tamaoki S, Kajiwara K, Miyake Y, Ishikawa S. Prediction of the outcome of functional appliance treatment in Class II patients.. The 9thInternational Orthodontic Congress, R2年10月4日-7日. (オンライン)
258 .
吉田知江, 畑実, 石井義将, 長嶺和希, 小島寛. 当院障害者歯科における初診患者への静脈内鎮静法の適用について. 第38回福岡歯科大学学会, 2011年12月11日. (福岡市)
259 .
内山貴誠, 高田俊輔, 石川博之, 沢禎彦. Ⅰ型とⅡ型糖尿病モデルマウスにおける腎リンパ管新生について. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
260 .
橋本麻利江, 長環, 永尾潤一, 今吉理恵子, 田崎園子, 田中芳彦. プロタミンペプチドの濃度依存的抗真菌活性について. 第58回日本医真菌学会総会・学術集会, 平成26年11月1日-2日. (横浜市)
261 .
Miyake Y, Tamaoki S, Hatta M. Effects of the transcription factor SNAI2 on the phenotypic plasticity of HaCaT cells.. The 9thInternational Orthodontic Congress, R2年10月4日-6日. (オンライン)
262 .
長嶺和希, 石井義将, 畑実, 手嶋文史, 塚本末廣, 小島寛. 特別支援学校の児童・生徒における永久歯の萠出時期に関する調査報告. 第38回福岡歯科大学学会, 2011年12月11日. (福岡市)
263 .
陶山大輝, 秦省三郎, 石川博之, 山崎純. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚線維芽細胞の石灰化物形成におけるリン酸の効果. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
264 .
木築麻紀子, 天野郁子, 野上堅太郎, 山添淳一, 加藤喜久. 当園歯科における静脈麻酔か歯科治療の検討. 第31回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 平成26年11月14日-16日. (仙台市)
265 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 池崎晶二郎, 成田由香, 有田健一, 安松香奈江, 豊田馨大, 小島寛, 田中芳彦. The effect of Candida albicans components-specific T cells on the prevention of oral candidiasis. 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月5日〜7日. (福岡市)
266 .
Yasunaga M, Ishikawa H, Takata S, Tamaoki S. Orthodontic perspective in Larsen syndrome a case report.. The 9thInternational Orthodontic Congress, R2年10月4日-6日. (オンライン)
267 .
Kaji C, Tomooka M, Kojima H, Sawa Y. The expression of podoplanin and classical cadherins in the mouse choroid plexus. 第37回日本微小循環学会, 2012年3月17日. (盛岡市)
268 .
木村敬次リチャード, 天野郁子, 長嶺和希, 加地千晶, 緒方麻記, 吉田知江, 酒井崇裕, 利光拓也, 小島寛. 特別支援学校の生徒における常用薬剤の解析. 第31回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 平成26年11月14日-16日. (仙台市)
269 .
Suyama T, Ishikawa H, Fujita T, Yasunaga M, Higa R, Tamaoki S. The maxillofacial morphological characteristics of patients with oligodontia.. The 9thInternational Orthodontic Congress, R2年10月4日-6日. (オンライン)
270 .
Kaji C, Tomooka M, Hatakeyama Y, Tsuruga E, Kojima H, Sawa Y. Distribusion of podoplanin expressing cells in the oral tissue.. 90International Association for Dental Research, 22 June 2012. ( Iguaçu Falls, Brazil)
271 .
原田真澄, 木村敬次リチャード, 緒方麻記, 田崎園子, 高良憲洋, 尾崎茜, 豊田裕輔, 小島寛. 反芻習癖により多発性齲蝕を誘発した知的障害者の1症例. 第31回日本障害者歯科学会総会・学術大会, 平成26年11月14日-16日. (仙台市)
272 .
西村紗和. 歯科医師として、今思うこと. 第1回公益財団法人 がんの子どもを守る会 高知支部, H28年10月8日. (高知)
273 .
池崎晶二郎, 長環, 永尾潤一, 田崎園子, 安松香奈江, 豊田馨大, 成田由香, 有田健一, 池邊哲郎, 田中芳彦. Mild heat stress response mechanism in Candida albicans biofilm formation. 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月5日〜7日. (福岡市)
274 .
Kajiwara K, Sawa Y, Fujita T, Tamaoki S. An immunohistochemical study on the expression of bioactive molecules in the mouse kidney in P. gingivalis LPS-induced diabetic nephropathy.. 第68回国際歯科研究学会総会・学術大会, R2年11月7日-21日. (オンライン)
275 .
友岡みわ, 畑実, 長嶺和希, 石井義将, 小島寛. 狭口蓋のDown症候群患者に義歯を作製し良好な経過を得た1例. 第29回日本障害者歯科学会, 2012年9月30日. (札幌市)
276 .
有田健一, 永尾潤一, 成田由香, 池崎晶二郎, 安松香奈江, 豊田馨大, 田崎園子, 長環, 田中芳彦. Regulation of extracellular amyloid fibril dependent biofilm formation using Myricetin delivertives. 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月5日〜7日. (福岡市)
277 .
畑実, 友岡みわ, 天野郁子, 加地千晶, 小島寛. 診療参加型の障害者歯科臨床実習を行った学生に対するアンケート調査. 第29回日本障害者歯科学会, 2012年9月30日. (札幌市)
278 .
豊田馨大, 成田由香, 永尾潤一, 有田健一, 安松香奈江, 池崎晶二郎, 田崎園子, 長環, 木戸寛文, 田中芳彦. Identification of antigenic proteins involved in T cell responses to periodontal pathogenic bacteria. 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月5日〜7日. (福岡市)
279 .
永尾純一, 成田由香, 豊田繋大, 有田健一, 安松香奈江, 池崎晶次郎, 田崎園子, 長環, 田中義彦. Investigation of regulatory mechanism of T-cell immune response against periodontal pathogenic bacteria. 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月5日~7日. (福岡市)
280 .
安松香奈江, 永尾潤一, 豊田繋大, 成田由香, 有田健一, 池崎晶次郎, 田崎園子, 長環, 木戸寛史, 田中義彦. Influence of maternal immune activation by bacterial infection on the fetal brain development. 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月5日~7日. (福岡市)
281 .
長環, 田崎園子, 池崎晶次郎, 永尾潤一, 成田由香, 有田健一, 安松香奈江, 豊田繋大, 田中芳彦. Analysis of T cell antigen-candidates from the membrane protein fraction of mycelial cell in C. albicans. 第60回歯科基礎医学会, 2018年9月5日~7日. (福岡市)
282 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 池崎晶次郎, 成田由香, 有田健一, 安松香奈江, 豊田繋大, 小島寛, 田中芳彦. Candida albicans 構成タンパク質を特異的に認識するTh17細胞による口腔カンジダ症抑制効果の検討. 第62回日本医真菌学会, 2018年9月8日~9日. (東京都)
283 .
池崎晶次郎, 長環, 永尾潤一, 田崎園子, 安松香奈江, 豊田繋大, 成田由香, 有田健一, 池邉哲郎, 田中芳彦. 病原真菌Candida albicans のmild heat stress 条件応答機構の解明. 第62回日本医真菌学会, 2018年9月8日~9日. (東京都)
284 .
中嶋真理子, 前濱和佳奈, 緒方麻記, 中山朋子, 小島寛. 当科受診患者の抜歯原因調査. 第35回日本障害者歯科学会, 2018年11月16日~18日. (東京都)
285 .
田崎園子, 長環, 小島寛, 田中芳彦. 口腔カンジダ症を制御するTh17細胞を介した免疫応答の解析. 第35回日本障害者歯科学会, 2018年11月16日~18日. (東京都)
286 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 池崎晶次郎, 安松香奈江, 豊田繋大, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. Exploration of novel T cell antigen of Candida albicans against oral candidiasis. 第47回日本免疫学会, 2018年12月10日~12日. (福岡市)
287 .
戸田雅子, 大野純, 尾崎正雄, 福島忠男. 300base pair DNA/プロタミン複合体の骨形成促進効果. 第40回福岡歯科大学学会総会, 2013年12月15日. (日本 福岡)
288 .
田村翔悟, 戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 御手洗誠, 早川徹, 福島忠男. 超高分子DNAスキャホールドの作成と骨形成能. 第64回日本歯科理工学会, 2014/10/4-5. (広島市)
289 .
安松香奈江, 永尾潤一, 成田由香, 有田健一, 池崎晶次郎, 田崎園子, 豊田繋大, 長環, 木戸寛史, 田中芳彦. The influence of maternal inflammation by bacterial infection on fetal brain development. 第47回日本免疫学会, 2018年12月10日~12日. (福岡市)
290 .
Tamura S, Oka K, Toda M, Fukushima T, Ozaki M. New Approach for the Tooth Replantation using DNA/Protamine Complex. 第55回韓国小児歯科学会, 2014/4/18-20. (韓国ソウル)
291 .
梶原弘一朗, 高良憲洋, 高田俊輔, 玉置幸雄, 吉永泰周, 坂上竜資. Study for the diabetic nephropathy promoted by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide and the prevention effect by TLR blocker. 第66回国際歯科研究学会日本部総会・学術大会, 2018年11月17日~18日. (札幌市)
292 .
中山朋子, 前濱和佳奈, 中嶋真理子, 緒方麻記, 小島寛. 知的能力障害児の保護者がかかりつけ歯科医療機関に求める医療サービスならびに設備. 第45回福岡歯科大学学会, 2018年12月9日. (福岡市)
293 .
山口真広, 森田浩光, 高良憲洋, 緒方武文, 中島正人, 石川博之, 高橋裕. フィリピンにおける歯科医療ボランティア活動. 第45回福岡歯科大学学会, 2018年12月9日. (福岡市)
294 .
尾崎茜, 北河憲雄, 大谷崇仁, 緒方佳代子, 瀬尾皓, 小島寛, 稲井哲一郎. 血清がケラチノサイトの角化,分化およびタイト結合に及ぼす影響についての解析. 第45回福岡歯科大学学会, 2018年12月9日. (福岡市)
295 .
藤崎誠一, 鍛冶屋浩, 今村彩香, 柳束, 木戸寛史, 大野純. 脂肪由来の多分化能を有する幹細胞を用いた顎骨再建療法の検討. 第45回福岡歯科大学学会, 2018年12月9日. (福岡市)
296 .
Yanagi T, Kajiya H, Imamura A, Kakura K, Okabe K, Kido H, Ohno J. Enhancement of bone regeneration using de-differentiated fat cells spheroids. 35日本骨代謝学会, 2017年7月28-29. (福岡)
297 .
玉置幸雄, 秦雄一郎, 高村雄太郎, 梶井貴史, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 口唇口蓋裂における術前外鼻矯正装置の効果. 第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H25年5月30-31日. (佐賀)
298 .
尾崎正雄, 篠原徹雄, 大星博明, 萩家康弘. 口腔歯学教育のための患者型ロボットの開発. 第14回日本VR医学会, 2014.9.13. (東京)
299 .
松本彩子, 鍛治屋浩, 山本南奈, 柳束, 今村彩香, 藤崎誠一, 岡部幸司, 城戸寛史, 大野純. 低分解性のDNAスキャフォールドが骨再生に及ぼす効果 . 44福岡歯科大学学会, 2017年12月3日. (福岡)
300 .
尾崎正雄, 阿南壽, 大星博明, 池邉哲郎, 谷口省吾, 埴岡隆, 高橋裕, 北村憲司. 口腔医学教育のための患者型ロボットシュミレーション実習. 第33回日本歯科医学教育学会, 2014.7.4-5. (北九州市)
301 .
秦雄一郎, 玉置幸雄, 高村雄太郎, 梶井貴史, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 術前顎矯正を行った片側性口唇口蓋裂患者の5歳時の顎態評価. 第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H25年5月30-31日. (佐賀)
302 .
山之内香, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維形成におけるMAGP-1の機能. 第56回春季日本歯周病学会学術大会, H25年5月31日-6月1日. (東京)
303 .
内田邦敏, 石井太郎, 八田光世, 山﨑純. TGFβ-1シグナルを介した線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化におけるTRPV2の役割. 1第69回西日本生理学会, 2018年10月5-6日. (北九州)
304 .
川越慈, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜オキシタラン線維の分解機構. 第56回春季日本歯周病学会学術大会, H25年5月31日-6月1日. (東京)
305 .
Takata S , Ishikawa H, Sawa Y . Severe periodontal disease exacerbate Diabetic Nephropathy through Toll-like receptor(TLR)2 and TLR 4.. 第57回春季日本歯周病学会, H26年5月23日. (岐阜)
306 .
秦省三郎, 山崎純, 梶井貴史, 石川博之. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてケラチノサイト由来の潜在型TGF-β1が筋線維芽細胞への分化誘導を促進する. 第38回日本口蓋裂学会学術集会, H26年5月29-30日. (北海道)
307 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 外科的矯正治療を施行した骨格性下顎前突患者の側貌パターンの違いによる術後軟組織形態の比較. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, H26年6月10-11日. (福岡)
308 .
成冨雅則, 梶井貴史, 中島一記, 阿部朗子, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之, 利谷幸治, 泉喜和子, 升井一郎, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における過去11年間の外科的矯正治療適用症例の動向. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, H26年6月10-11日. (福岡)
309 .
宮原那実, 板家智, 比嘉ありさ, 立岡迪子, 逢坂洋輔, 柏村晴子, 岡暁子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院小児歯科外来における初診患者の実態調査. 第32回日本小児歯科学会九州地方会, 2014.11.23. (北九州市)
310 .
緒方佳代子, 岡暁子, 福島秀文, 板家智, Luo G, 岡部幸司, 尾崎正雄. 歯の石灰化機構におけるTRPM7の役割. 第53回日本小児歯科学会大会, 2015.5.21-22. (広島市)
311 .
高村雄太郎, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. 骨格性下顎前突の壮年期患者における外科的矯正治療後の長期経過. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, H26年6月10-11日. (福岡)
312 .
逢坂洋輔, 田村翔悟, 柏村晴子, 土橋容子, 酒井亜希子, 阿部亜美, 岡暁子, 尾崎正雄. 埋伏した下顎第一大臼歯を牽引誘導した一症例. 第32回日本小児歯科学会九州地方会, 2014.11.23. (北九州市)
313 .
比嘉ありさ, 岡暁子, 吉良迪子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 口蓋発生時のFibrillin1蛋白の発現は細胞増殖を調整している. 第38回日本口蓋裂学会, 2014.5.29-30. (札幌市)
314 .
馬場篤子. 福岡歯科大学医科歯科総合病院小児歯科における口腔外傷の臨床統計的観察. 第63回日本小児保健協会学術集会, 2016.6.23-25. (さいたま市)
315 .
梶井貴史, 玉置幸雄, 石川博之. 変形性顎関節症を伴う顎変形症患者の顎関節症状について. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, H26年6月10-11日. (福岡)
316 .
松尾聡, 戸田雅子, 岡暁子, 板家智, 鍛治屋浩, 尾崎正雄, 大野純. シスプラチン刺激によるヘルトヴィッヒ上皮鞘細胞でのIGf-1発現変化. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
317 .
梶原弘一朗, 高良憲洋, 藤田隆寛, 坂上竜資, 小島寛, 沢禎彦. Porphyromonas gingivalis LPS が誘導する糖尿病性腎症の発症とTLR4阻害剤による効果. 61歯科基礎医学会, 10/14. (東京都)
318 .
Sawa Y, Takata S, Ishikawa H, Hatakeyama Y, Tsuruga E. Promotion of nephropathy by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide in diabetic kidney. 第92回 General Session & Exhibition of the IADR, 平成26年 6月25-28日. (Cape Town, South Africa)
319 .
緒方佳代子, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡暁子, 永嶌勝之, 尾崎正雄, 岡部幸司. Chanzime:TRPM7は歯の石灰化に関与する. 第33回日本骨代謝学会学術集会, 2015.7.23-25. (東京都)
320 .
馬場篤子, 阿部亜美, 柏村晴子, 酒井亜希子, 熊谷徹弥, 原田華, 尾崎正雄. 幼若永久歯外傷の2症例. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
321 .
栗原調, 岡暁子, 緒方佳代子, 田村翔悟, 板家智, 戸田雅子, 立岡迪子, 尾崎正雄. Tenascin C は、TGF-βシグナルの制御によって軟口蓋発生に関与する. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
322 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石井太郎, 梶井貴史, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてMMP阻害薬が線維芽細胞から筋線維芽細胞への分化を抑制する. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25-27日. (福岡)
323 .
馬場篤子, 泉喜和子, 後藤加寿子, 立岡迪子, 比嘉奈津美, 宮口厳. 女性歯科医師の活躍のための環境整備等に関する調査報告~福岡歯科大学での結果~. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
324 .
高良憲洋, 梶原弘一朗, 藤田隆寛, Takenori Kanai, 玉置幸雄, 坂上竜資, 沢禎彦, 小島寛. CLEC-2 suppresses calcification in calvarial osteoblasts. 4International association for Dental research, 11/28. (Brisbane)
325 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. 歯周病原菌由来TLRリガンドによる糖尿病性腎症の促進. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25日-27日. (福岡)
326 .
緒方佳代子, 岡暁子, 福島秀文, 岡本富士雄, 永嶌勝之, 尾崎正雄, 岡部幸司. 歯の石灰化におけるTRPM7の役割. 第57回歯科基礎医学会学術大会, 2015.9.11-13. (新潟)
327 .
柏村晴子, 岡暁子, 田村翔悟, 土橋容子, 力武美保子, 逢坂洋輔, 馬場篤子, 尾崎正雄. パノラマエックス線写真にて下顎骨内に広範囲に及ぶ根管貼薬剤の存在を認めた症例-第二報-. 第34回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2016.10.30. (宮崎市)
328 .
板家智, 岡暁子, 立岡迪子, 藤原尚樹, 原田英光, 尾崎正雄. ヘルトヴィッヒ上皮鞘は、EMTを起こし歯根膜形成に関与する. 第57回歯科基礎医学会学術大会, 2015.9.11-13. (新潟市)
329 .
原田華, 岡暁子, 宮原那実, 戸田雅子, 栗原調, 松尾聡, 馬場篤子, 石井香, 尾崎正雄. 気管挿管が原因と考えられた上顎乳前歯の形態異常及びエナメル質形成不全の2症例. 第34回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2016.10.30. (宮崎市)
330 .
Kira-Tatsuoka M, Oka K, Harada H, Fujiwara N, Itaya S, Ozaki M, Sawa Y. Immunohistochemical expression of fibrillin-1 and fibrillin-2 during tooth development . 第4回Tripartite Conference on Tooth and Bone Development & Regeneration, 2015.6.12-14. (東京都 成田)
331 .
熊谷徹弥, 酒井亜希子, 緒方佳代子, 板家智, 戸田雅子, 立岡迪子, 阿部亜美, 馬場篤子, 岡暁子, 尾崎正雄. 本学医科歯科総合病院小児歯科における歯の外傷の臨床統計. 第34回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2016.10.30. (宮崎市)
332 .
加藤真由美, 尾崎正雄. 小児歯科医としての学校歯科活動 第1報. 第34回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, 2016.10.30. (宮崎市)
333 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. ケラチノサイト遊走時におけるインテグリン及びTRPV1チャネルの関与. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25-27日. (福岡)
334 .
馬場篤子. 私たちを含めた女性歯科医師の置かれている現況. 第53回日本小児歯科学会大会, 2015.5.21-22. (広島市)
335 .
陶山大輝, 秦省三郎, 石川博之, 山崎純. ラット真皮由来三次元細胞培養シートにおける石灰化物形成に対する無機リン酸イオンの効果. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25-27日. (福岡)
336 .
馬場篤子, 橋本敏昭, 尾崎正雄. 固定が困難な乳幼児外傷の二症例. 第15回日本外傷歯学会・第7回アジア国際外傷歯学会合同学術大会, 2015.7.10-12. (北九州市)
337 .
西村紗和, 玉置幸雄, 石川博之. 矯正歯科患者における金属アレルギーに関する実態調査. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
338 .
板家智, 吉良迪子, 田村翔悟, 比嘉ありさ, 敦賀英知, 沢禎彦, 岡暁子, 尾崎正雄. 歯根膜線維形成に対する歯原性上皮細胞の関与. 第52回日本小児歯科学会, 2014.5.16-17. (東京都)
339 .
戸田雅子, 田村翔悟, 大野純, 岡暁子, 尾崎正雄. DNA/プロタミン複合体の骨形成促進効果. 第52回日本小児歯科学会, 2014.5.16-17. (東京)
340 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療後の側貌輪郭線の予測に影響する要因の検討. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
341 .
尾崎正雄, 阿南壽, 大星博明, 池邉哲郎, 谷口省吾, 埴岡隆, 高橋裕, 北村憲司. 口腔医学教育のための患者型シミュレーション実習. 第33回日本歯科医学教育学会, 平成26年7月4日. (鹿児島市)
342 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 沢禎彦, 石川博之. Porphyromonas gingivalis由来LPSは腎糸球体のTLR2/4を介して糖尿病性腎症を促進する. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
343 .
土橋容子, 勝俣真里, 藤村理衣, 岡暁子, 尾崎正雄. 井戸水摂取を原因とする斑状歯発生が疑われた症例. 第52回日本小児歯科学会, 2014.5.16-17. (東京)
344 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 山崎純, 石川博之. ケラチノサイト遊走に関わるインテグリン分子及びTRPV1チャネルとの関連性について. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
345 .
陶山大輝, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚線維芽細胞の石灰化物形成に関わる因子. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
346 .
Kashiwamura H, Hayama Y, Ozaki M. Study of dental caries prevention by new material(Nano Seal). 第55回韓国小児歯科学会, 2014.4.18-20. (韓国ソウル)
347 .
秦省三郎, 梶井貴史, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性上顎前突を呈するWilliams症候群の1例. 第32回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, H26年11月6-7日. (大阪)
348 .
畠山雄次, 松田裕子, 畠山純子, 岡暁子, 阿南壽, 稲井哲一朗, 石川博之, 沢禎彦. The study of functional differentiation of GDFs in chondrocyte cell kinetics. 000第56回歯科基礎医学会, 2014年9月25日-27日. (福岡市)
349 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病マウス腎糸球体におけるTLR2/4とLPS誘導性サイトカインの発現 . 第70回日本顕微鏡学会, H26年5月11-13日. (千葉)
350 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. 小児がん治療後の歯科的長期フォローアップの必要性について. 第40回JPLSG 長期フォローアップ委員会, 平成26年7月21日. (東京)
351 .
田村翔悟, 戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 御手洗誠, 早川徹, 福島忠男. 超高分子DNAスキャホールドの作成と骨形成能. 第41回福岡歯科大学学会, 2014.12.14. (福岡市)
352 .
温水佳世子, 梶井貴史, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 口唇口蓋裂患者における上顎犬歯の萌出方向について. 第9回九州矯正歯科学会学術大会, H26年2月8-9日. (那覇)
353 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. 小児がんに対する化学療法と永久歯欠損率について. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会, H26年11月28-30日. (岡山)
354 .
内藤徹, 小島寛, 大星博明, 石川博之. 8大学連携口腔医学プロジェクトチーム:口腔医学および口腔ケアに関する歯科医療関係者の認識について. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
355 .
藤田隆寛, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維の形成過程におけるMAGP-1解析. 第9回九州矯正歯科学会学術大会, H26年2月8-9日. (那覇)
356 .
南暁利, 西浦利博, 酒井利雄, 石橋一成, 阿部公生. The mRNA expression of adrenergic receptor subtypes in ODU rat submandibular glands. 第43回歯科基礎医学会学術大会, 2001年9月19日. (埼玉)
357 .
山本勝己, 森田雅之, 城戸寛史, 冨永晋二, 谷口省吾, 松浦正朗. インプラント手術における静脈内鎮静法に対する患者の評価について. 56日本口腔科学会, 2002年5月10日. (東京)
358 .
Ishikawa H. Non-extraction treatment of Class III malocclusions. The 4thKorean Society of Orthodontists, 30-Mar. (Seoul)
359 .
Ishikawa H. Non-surgical and non-extraction treatment of adult Class III malocclusions. The 1st International Congress of Japan Association of Adult Orthodontics, 24-Jun. (Tokyo)
360 .
Ishikawa H. Non-Surgical treatment of Skeletal Class III malocclusions by compensatory rotation of dento-alveolar structure. The 4thAsian-Pacific Orthodontic Conference, 21-Nov. (Singapore)
361 .
Saito T, Hotta N, Ishikawa H. The prevalence of TMJ osteoarthrosis in orthodontic patients at Fukuoka Dental College Hospital. The 4thAsian-Pacific Orthodontic Conference, 11-Nov. (Singapore)
362 .
Arakawa N, Ishikawa H. Quantitative evaluation of fatigue of the human masseter muscle by acoustic hardness measurements. The 4th Asian-pacific Orthodontic Conference, 21-Nov. (Singapore)
363 .
Sato A, Hisanaga Y, Nagato T. Three-dimensional structure of apical vesicles of tuft cell of the main excretory duct in the rat submandibular gland. 第17回国際形態科学シンポジウム, 平成14年9月12日. (Timisoara)
364 .
酒井利雄, 西浦利博, 太田文隆, 阿部公生, 石川博之. 骨芽細胞における破骨細胞分化調節因子のメカニズムによる発現調節. 第44回歯科基礎医学会学術大会, 2002年10月4日. (東京)
365 .
石川博之. 口蓋裂患者の術後瘢痕組織と顎発育. 第21回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 6-Nov. (東京)
366 .
酒井利雄, 西浦利博, 成冨雅則, 阿部公生, 石川博之. 骨芽細胞におけるRANKL遺伝子の周期的細胞伸縮刺激による発現誘導機構. 第45回歯科基礎医学会学術大会, 2003年9月18日. (盛岡)
367 .
Yahiro J, Inoue Y, Mizumachi E, Morishita K, Nagato T. Ion etching techniques for immunohistochemistry at both light microscopic and scanning microscopic levels. P4-10716th Internationhal Congress of the IFAA, August 22~26, 27, 2004. (Kyoto)
368 .
Mizumachi E, Hisanaga Y, Morishita K, Yahiro J, Nagato T. Three dimentional reconstruction of capillary networks in the rat thready filform papillae by scanning electron microscopy frm ion-etched Epoxy resin semi-thin sections. P2-20116th Internationhal Congress of the IFAA, August 24 2004. (Kyoto)
369 .
Inoue Y, Morishita K, Yahiro J, Ishikawa H, Nagato T. Scanning microscopic observation of decalcified harg tissues by using ion -etched semi-thin sections. P3-06516th Internationhal Congress of the IFAA, August 25 2004. (Kyoto)
370 .
廣藤卓雄, 山田和彦, 米田雅裕, 久間一宏, 高橋裕, 松浦正朗, 佐藤博信, 井上廣, 坂上竜資, 本川渉, 本田武司. 自己評価のできる臨床シミュレーションシステムの導入-登院前実習への応用とその評価-. 第3回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会 第3回研究発表会, 2004年7月21-24日. (京都)
371 .
石川博之. 咬合育成における小児歯科と矯正歯科の連携. 第42回日本小児歯科学会, 20-May. (福岡)
372 .
Sato A, Kodama J, Inoue Y, Nagato Y. Analysis of the tubulovesicular system of tuft cells in the main excretory duct of the rat submandibular gland by EFTEM-TEM tomography. 第16回国際解剖学会, 平成16年8月25日. (京都)
373 .
加藤喜久, 亀山貴美子, 氷室秀高, 冨永晋二, 野上堅太郎, 木通敏文, 舩戸大, 谷口省吾. 開業歯科医院における全身麻酔症例の統計的検討. 第21回障害者歯科学会, 2004.11.13-11.14. (大阪府)
374 .
成冨雅則, 西浦利博, 酒井利雄, 阿部公生, 石川博之. 骨芽細胞におけるIL-6の周期的細胞伸縮刺激による発現誘導. 第46回歯科基礎医学会学術大会, 2004年9月25日. (広島)
375 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 世良仁, 向坊重広, 高山義之, 宇治寿隆, 大関悟, 本田武司, 谷口省吾, 石川博之. 顎矯正手術に関するアンケート調査結果報告 II.麻酔に関するアンケート,III.矯正に関するアンケート. -第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月3日. (徳島)
376 .
Ishikawa H. Adult Skeletal Class III treatment by compensatory rotation of dentoalveolar structure (CRD). The 50thAnnual Meeting of the Nishi-Nippon Orthodontic Society, 15-Feb. (Fukuoka)
377 .
Kawanabe H, Ishikawa H. Effects of basic fibroblast growth administration on would healing process of rat palates with scar tissue formation. The 50thAnnual Meeting of the Nishi-Nippon Orthodontic Society, 15-Feb. (Fukuoka)
378 .
石川博之. 矯正歯科治療の評価基準を求めて.顔面(骨格)形態における評価~アンケート調査~. 第64回日本矯正歯科学会, 12-Oct. (横浜)
379 .
Sato A, Kodama J, Inoue Y, Nagato T. Three-dimensional reconstruction of the tubulovesicular system of the tuft cells in the main excretory duct of the rat submandibular gland by EFTEM-TEM tomography. 4thCellular and Molecular Biology, October 9, 2005. (Poitiers)
380 .
福島秀文, 岡本富士雄, 藤加寿子, 鍛治屋浩, 福本敏, 尾崎正雄, 本川渉, 岡部幸司, 自見英治郎. B細胞分化と破骨細胞分化におけるNF-kBシグナルの役割. 第47回 歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
381 .
渡邉真一郎, 小串真一郎, 石川博之, 山本勝己, 松浦正朗, 宇治寿隆. インプラントを固定源として濾胞性歯嚢胞に起因する埋伏永久歯の牽引を行った1症例. 西日本歯科矯正学会, 2005/2/20-21. (福岡市)
382 .
米田雅裕, 尾崎正雄, 内藤徹, 久間一宏, 城戸寛史, 清水博史, 坂上竜資, 佐藤博信, 大関悟, 石川博之, 谷口省吾,湯浅賢治,本川渉,本田武司,廣藤卓雄. 福岡歯科大学臨床研修歯科医海外研修の教育効果について. 第24回日本歯科医学教育学会総会, 2005/7/7-8. (徳島)
383 .
Oogushi S, Kawanabe H, Tamaoki S, Hasegawa A, Ishikawa H. A study examining the measurement of lip and cheek pressure on dentition. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
384 .
寺谷烈, 中村充志, 向坊友宏. 大臼歯の遠心移動に関する力学的検討. 第6回バイオメカ二クスワークショップ仙台, 2006/11/25. (仙台)
385 .
阿部朗子, 玉置幸雄, 石川博之. 外科矯正治療における臼歯部歯系の補償の3次元計測. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
386 .
久永豊, 石川博之. 破骨細胞および破歯細胞出現部位における歯根膜毛細血管の3次元形態学的研究. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
387 .
井上庸子, 玉置幸雄, 井上知加予, 石川博之. 上顎前突患者における成長前後の自己組織化マップの比較. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
388 .
Choi W, Kawanabe H, Hata Y, Ishikawa H, Taniguchi K. Immunohistochemical study on effects of bFGF on collagen remodeling in palatal wound healing of rats. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
389 .
酒井利雄, 阿部朗子, 石川博之, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 大関悟. 上顎Le Fort I 型3分割術を併用した骨格性上顎前突症例. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
390 .
崔旭鎮, 川鍋仁, 秦雄一郎, 石川博之, 谷口邦久, 沢禎彦. ラット口蓋部骨露出創の治癒過程においてbFGF投与がcollagen remodelingに与える効果. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006/12/10. (福岡)
391 .
久永豊, 野口晴香, 石川博之, 坂上竜資, 長門俊一. 破骨細胞および破歯細胞出現部位における歯根膜血管の走行ー連続切片による3次元形態観察ー. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006/12/10. (福岡)
392 .
野上堅太郎, 香川豊宏, 加藤喜久, 谷口省吾, 湯浅賢治. インタラクティブコンテンツを用いた歯科麻酔学学習ツールの開発. 第33回福岡歯科大学学会, 2006/12/10. (福岡)
393 .
久永豊. スマイルの審美的評価. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
394 .
久永豊, 石川博之. 破骨細胞および破歯細胞出現部位における歯根膜毛細血管の3次元形態学的研究. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
395 .
廣瀬武尚, 金子憲章, 升井一朗, 緒方稔泰, 藤村哲之, 石川博之. 矯正治療中に外傷を受けた歯牙を保存治療できた1症例ー生活歯として歯牙の着色が消退した症例ー. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006/12/10. (福岡)
396 .
小島寛, 三浦真理. 養護学校生徒の歯の萌出障害について. 第44回日本小児歯科学会, 2006年5月25-26日. (松本市)
397 .
Nogami K, Manabe Y, Iwamoto S, Katoh Y, Seto M, Taniguchi S. Effect of dexmedetomidine added to lidocaine on regional blood flow. 11thIFDAS, 2006/10/4-7. (Yokohama)
398 .
川鍋仁, 秦雄一郎, 崔旭鎮, 石川博之, 谷口邦久. フィブリン糊塗布後のbFGF投与が口蓋部瘢痕形成ラットの骨膜性成長に与える効果. 第30回日本口蓋裂学会, 2006/05/24-26. ()
399 .
柴田祐子, 山本幸枝, 平塚正雄, 二宮静香, 前川藍, 稲田晴久, 加藤喜久, 中島孝久, 氷室秀高, 佐藤邦彦. 脳血管障害患者の体位変換が循環変動に及ぼす影響. 第23回日本障害者歯科学会, 2006年10月20-21日. (仙台市)
400 .
平塚正雄, 柴田祐子, 山本幸枝, 前川藍, 二宮静香, 稲田晴久, 加藤喜久, 中島孝久, 氷室秀高, 佐藤邦彦. 脳血管障害患者の心機能に関する検討. 第23回日本障害者歯科学会, 2006年10月20-21日. (仙台市)
401 .
山本幸枝, 平塚正雄, 柴田祐子, 前川藍, 二宮静香, 稲田晴久, 加藤喜久, 中島孝久, 氷室秀高, 佐藤邦彦. 脳血管障害患者の口腔粘膜寒冷刺激が循環動態に及ぼす影響. 第23回日本障害者歯科学会, 2006年10月20-21日. (仙台市)
402 .
三浦真理, 小島寛, 及川透, 八若保孝. Wiskott-Aldrich症候群にみられた歯の形成障害. 第23回日本障害者歯科学会, 2006年10月20-21日. (仙台市)
403 .
加藤喜久, 塚本末廣, 小林暁史, 須賀裕一, 小島寛. Rubinstein-Taybi症候群に合併した歯牙萌出異常. 第23回日本障害者歯科学会, 2006年10月20-21日. (仙台市)
404 .
塚本末廣, 本田攻, 笹原愛子, 久保田智彦, 小島寛. 唾液腺マッサージと嚥下体操が嚥下機能に与える影響. 第23回日本障害者歯科学会, 2006年10月20-21日. (仙台市)
405 .
松吉綾子, 松延瑠理子, 上村吏絵, 高辻史絵, 小島寛. 超音波スケーラー使用時の飛沫汚染について. 第33回福岡歯科大学学会, 2006年12月10日. (福岡市)
406 .
杉本あゆみ, 久保山博子, 比嘉和, 馬場篤子, 本川渉. 乳幼児期に舌咬傷を繰り返したHypnic myocloniaの一例. 第44回日本小児歯科学会大会および総会, 5月25日. (長野)
407 .
柳田憲一, 副島美賀子, 江崎直子, 中野裕子, 福村ひろみ, 古庄佳奈子, 藤瀬多佳子, 本川渉. 肢体不自由児・知的障害児通園施設における歯科的取り組みについて. 第13回日本歯科医療福祉学会総会, 6月10日. (札幌)
408 .
何陽介. エナメル質初期齲蝕の再石灰化と酸性フッ素リン酸溶液のpHについて. 第95回福岡歯科大学大学院歯学研究科発表会, 6月26日. (福岡)
409 .
Ozaki M, Yada I, Motokawa W. The Study of Three-Dimensional Construction by Dental CT for Surgery of the Impacted Supernumerary Teeth. 5Conference of Pediatric Dentistry Association of Asia, 6月23日. (Taiwan)
410 .
比嘉和, 馬場篤子, 柏村晴子, 豊村純弘, 吉村薫, 本川渉. 小児の唾液曵糸性とう蝕との関連性. 24日本小児歯科学会 九州地方会学会および総会, 2006年11月26日. (鹿児島)
411 .
葉山康臣, 尾崎正雄, 柳田憲一, 本川渉. デンタルCTを用いた画像診断について. 24日本小児歯科学会九州地方会学会および総会, 2006年11月26日. (鹿児島)
412 .
尾崎正雄, 柏村晴子, 本川渉. 3次元画像を用いた歯科教材のバーチャルリアリティ化に関する研究. 33福岡歯科大学学会総会, 12月10日. (福岡市)
413 .
野村祐子, 尾崎正雄, 柳田憲一, 馬場篤子, 本川渉. 本学小児歯科における全身麻酔による歯科治療の統計的検索. 33福岡歯科大学学会総会, 12月10日. (福岡)
414 .
本田攻, 須賀裕一, 久保田智彦, 塚本末廣, 小島寛. 養護学校生徒の歯の萌出遅延の頻度について. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006年12月10日. (福岡市)
415 .
石川昌嗣, 重冨澄保, 佐藤博信, 川口稔, 泉利雄, 坂上竜資, 廣藤卓雄, 本川渉, 本田武司. 講座統合型臨床実習への移行―鋳造歯冠修復基礎実習での3年間の試み―. 第25回日本歯科医学教育学会総会, 2006年6月16日、17日. (仙台市)
416 .
秦雄一郎, 川鍋仁, 崔旭鎮, 石川博之, 谷口邦久. bFGF投与が創傷治癒過程における口蓋骨面の血管網にあたえる経時的な効果. 第30回日本口蓋裂学会, 2006/5/24-26. (長野)
417 .
Narutomi M, Nishiura T, Sakai T, Ishikawa H, Abe K. Cyclic mechanical strain induces interleukin-6 expression via prostaglandin E2 produced by cyclooxygenase-2 in osteoblast-like cells. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
418 .
Nakamura A, Teratani T, Ishikawa H. Photoelastic stress analysis of mandibular molars moved distally with the SAS. 第5回アジアインプラント矯正学会, 2006/7/16-17. (岡山)
419 .
豊田正仰, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 井上庸子, 石川博之. 術前矯正にチタンスクリューを併用し,上下移動術を行った骨格性II級・開咬の1症例. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006.9.15. (札幌)
420 .
吉田智治, 柳原一之, 吉田憲生, 石川博之. ガム咀嚼運動時の咬筋疲労と顎運動の関係について. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006/12/10. (福岡)
421 .
吉田智治, 柳原一之, 吉田憲生, 石川博之. ガム咀嚼運動時の咬筋疲労が顎運動に及ぼす影響について. 第2回九州矯正歯科学会, 2007/2/17-18. (宮崎)
422 .
酒井利雄, 阿部朗子, 大櫛幸子, 石川博之. 上顎骨Le Fort I 型3分割術で治療した骨格性上顎前突症例. 第2回九州矯正歯科学会, 2007/2/17-18. (宮崎)
423 .
三嶋一平, 久永豊, 石川博之. 上下顎の垂直的顎関係が及ぼすアクチバトールの治療効果への影響. 第2回九州矯正歯科学会, 2007/2/17-18. (宮崎)
424 .
崔旭鎮, 川鍋仁, 秦雄一郎, 石川博之, 谷口邦久, 沢禎彦. 口蓋部創傷治癒過程におけるbFGF投与後のcollagen remodelingの病理組織学的観察. 第2回九州矯正歯科学会, 2007/2/17-18. (宮崎)
425 .
Ishikawa H. Orthodontic treatment of cases with facial asymmetry. The 11thAnnual Conference of Taiwan Orthodontic Society, 2007/7/29. (Taipei)
426 .
松吉綾子, 上村吏絵, 兼松めぐみ, 上村愛佳, 小島寛. 超音波スケーラーの飛沫汚染について. 第24回日本障害者歯科学会, 2007.11.24~5. (長崎市)
427 .
泉喜和子, 宇治寿隆, 寺川紘子, 村山敦, 久永豊, 石川博之, 池邉哲郎, 下田恒久. 再度行った上下顎移動術の1例 下顎頭を偏位のない位置に修正できたのか?. 17顎変形症学会, 2007年6月20日. (新潟)
428 .
久永豊, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 石川博之. 顔面非対称症例の初診時における硬組織と軟組織の比較検討. 17顎変形症学会, 2007年6月20日. (新潟)
429 .
Ozaki M, Motokawa W. Development of dental traning system using virtual reality. 85 IADR, 3月21-24日. (New orleans)
430 .
加藤喜久, 平塚正雄, 稲田晴久, 久保田智彦, 小林暁史, 小島寛. 脳血管障害患者に対する予備力評価の検討. 第18回老年歯科医学会, 2007.6.20-22. (札幌)
431 .
秦雄一郎, 川鍋仁, 久永豊, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋骨面の創傷治癒過程におけるbFGF投与が血管網構築にあたえる効果. 第2回九州矯正歯科学会, 2007/2/17-18. (宮崎)
432 .
吉田智治, 久永豊, 吉田憲生, 石川博之. 硬さの異なるガム咀嚼における咬筋内酸素動態と顎運動軌跡の解析. 第35回福歯大総会, 12月14日. (福岡)
433 .
岩澤佳奈, 植木猛士, 天野郁子, 野田雄也, 沢禎彦, 石川博之. マウスリンパ管における白血球接着因子の発現. 1第35回福岡歯科大学学会総会, 12/14. (福岡市)
434 .
井上知加予, 玉置幸雄, 石川博之. SOMによる外科的矯正治療後の軟組織側貌形態のパターンの抽出. 1福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
435 .
玉置幸雄, 石川博之, 井上知加予. Visual classification of soft tissue profiles by using the self-organizing map(SOM). 1The2 Joint Meeting of KAO and JOS(韓国), 2008.11.6~2008.11.8. (ソウル)
436 .
向坊友宏, 寺谷烈, 松家茂樹, 石川博之. 種々の牽引方法が上顎切歯後退におよぼす影響について. 1第4回九州矯正歯科学会, 2008.2.21-22. (佐賀)
437 .
中島一記, 敦賀英知, 中冨佑香, 久永豊, 石川博之, 沢禎彦. 細胞伸展刺激により発現が促進されるfibulin-5は、オキシタラン線維の凝集を調節する. 1福岡歯科大学学会総会, 12/14. (福岡市)
438 .
井上知加予, 玉置幸雄, 石川博之. 自己組織化マップを用いた骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療後における側貌形態の分類と視覚化. 1日本矯正歯科学会大会, 2008.9.16~2008.9.18. (千葉)
439 .
Yoshida T, Ishikawa H, Yoshida N, Hisanaga Y. Analysis of masseter muscle oxygenation and jaw movement during experimental gum chewing with different hardness. 1The2 Joint Meeting of KAO and JOS, 11月6日ー8日. (韓国ソウル)
440 .
向坊友宏, 寺谷烈, 石川博之, 松家茂樹. 種々の牽引方法による上顎切歯後退の光弾性応力解析. 1第67回日本矯正学会, 2008.9.16-18. (千葉)
441 .
吉田智治, 久永豊, 吉田憲生, 石川博之. ガム咀嚼時の咬筋内酸素動態と顎運動軌跡の解析. 第67回日本矯正歯科学会大会, 9月16~18日. (千葉)
442 .
向坊友宏, 寺谷烈, 松家茂樹, 石川博之. 結紮方法および牽引方法の違いが上顎切歯後退に与える影響について. 1第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.24. (福岡)
443 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. Stretching modulates oxytalan fibers in periodontal ligaments.. 1第50回歯科基礎医学会学術大会, 9/23~25. (東京)
444 .
植木猛士, 岩澤佳奈, 畑 実, 敦賀英知, 沢 禎彦, 石川博之. リンパ管内皮細胞における白血球接着因子の発現. 1第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
445 .
石田彩, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之, 木下浩二, 大慈弥裕之. 片側性唇顎口蓋裂患者における口蓋床型装置を用いた術前顎矯正治療による 歯槽形態変化の分析 . 1第4回九州矯正歯科学会, 2008.2.21-22. (佐賀)
446 .
中冨佑香, 中島一記, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維の沈着過程におけるEMILINの役割. 1第35回福岡歯科大学学会総会, 12/14. (福岡)
447 .
長谷川綾, 酒井幸子, 石川博之. 上顎歯列の拡大を想定した安静時における口腔周囲筋圧の変化. 1福歯大総会, 12月14日. (福岡)
448 .
成冨雅則, 久永豊, 石川博之. モーションキャプチャーシステムによる口唇動作の対称性の解析. 1日本矯正歯科学会, 2008.9.16~2008.9.18. (千葉)
449 .
石田彩, 秦雄一郎, 川鍋仁, 玉置幸雄, 石川博之, 木下浩二, 大慈弥裕之. 片側性口唇口蓋裂患者に対する術前顎矯正治療後の歯槽形態の変化. 1第32回日本口蓋裂学会, 2008.5.28-29. (広島)
450 .
長谷川綾, 大櫛幸子, 石川博之. 上顎歯列弓の模擬的拡大に伴う口腔周囲筋圧の変化. 1日本矯正歯科学会大会, 9月16~18日. (千葉)
451 .
久永豊. 一般歯科治療と矯正歯科治療の連携. 1福岡歯科大学学会総会, 12月14日. (福岡)
452 .
Nakashima K, Nakatomi Y, Tsuruga E, Ishikawa H, Sawa Y. Stretching stimulates fibulin-5 expression, and controls oxytalan fibers ass embly.. 1第50回歯科基礎医学会学術大会, 9月23~25日. (東京)
453 .
中島一記, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. 細胞伸展刺激により発現が促進されるfibulin-5 は、微細線維の凝集を調節する. 1歯科基礎医学会学術大会, 9月23~25日. (東京)
454 .
米田雅裕, 内藤徹, 山田和彦, 久間一宏, 岡田一三, 鈴木奈央, 小島寛, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における医療安全への取り組み. 第24回日本歯科人間工学会/日本人間工学会・口と健康部会、研究発表会, 2008.8.30-31. (北九州市)
455 .
久保田智彦. 現在の佐賀県障がい者歯科保健の調査. 1障がい者歯科保健研修会(佐賀県歯科医師会), 2008.2.25. (佐賀市)
456 .
久保田智彦. 障がいを持つ人たちの「8020」は達成できるか”すべての人に8020を”. 1佐賀県県民公開講座, 2008.1.19. (佐賀市)
457 .
松吉綾子, 兼松めぐみ, 上村吏絵, 天野郁子, 久保田智彦, 小島寛. 超音波スケーラー使用時の飛沫汚染について(第2報)原子吸光光度法を用いた分析. 第25回日本障害者歯科学会, 2008.10.10~11. (品川)
458 .
松吉綾子, 兼松めぐみ, 上村吏絵, 天野郁子, 久保田智彦, 小島寛. 超音波スケーラーの飛沫汚染について(第2報)原子吸光光度法を用いた分析. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.23. (福岡市)
459 .
中冨祐香, 中島一記, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. Stretching modulates oxytalan fibers in periodontal ligaments.. 日本歯科基礎医学会, 2008/9/23-25. (東京)
460 .
二宮静香, 平塚正雄, 木村藍, 柴田祐子, 倉田碧, 稲田晴久, 加藤喜久, 庄島慶一, 中島孝久, 冨永晋二. 要介護高齢者における機能的口腔ケアが循環動態に及ぼす影響 意思疎通の程度による検討. 第19回老年歯科学会, 2008.6.19-20. (岡山)
461 .
加藤喜久, 緒方克也, 上村愛佳, 志岐晶子, 石倉行男, 野上堅太郎, 小島寛. 障がい者歯科治療における全身麻酔の適応について 過去140症例からみた考察(第1報). 25回障害者歯科学会, 2008.10.10-10.11. (東京都)
462 .
塚本末廣, 加藤喜久, 石原洋二郎, 笹原愛子, 石井義将, 上野年洋, 小島寛, 氷室秀高. 熾烈な咬耗を呈する脳性麻痺アテトーゼ型患者の歯科治療経験. 25回障害者歯科, 2008.10.10−10.11. (東京都)
463 .
Katoh Y, Kitagawa J, Himuro H, Kojima H. Statistical case analysis of dental treatment under general anesthesia, in dental clinic. 第1回韓国障害者歯科学会, 2008.4.26. (ソウル)
464 .
敦賀英知, 中島一記, 中冨佑香, 石川博之, 沢禎彦. Integrin alphavbeta3 regulates microfibril assembly in human periodontal ligament cells.  日本歯科基礎医学会, 2008/9/23-25. (東京)
465 .
中島一記, 中冨佑香, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. Stretching stimulates fibulin-5 expression, and controls oxytalan fibers assembly.  日本歯科基礎医学会, 2008/9/23-25. (東京)
466 .
玉置幸雄, 阿部朗子, 井上知加予, 廣瀬武尚, 石川博之. 自己組織化マップ(SOM)を用いた軟組織側貌形態の分類と実際の側貌との類似性について. 1九州矯正歯科学会, 2009.2.21~2009.2.22. (佐賀)
467 .
井上知加予, 玉置幸雄, 石川博之. 自己組織化マップを用いた骨格性下顎前突患者側貌形態の分類. 1九州矯正歯科学会, 2009.2.21~2009.2.22. (佐賀)
468 .
中島一記, 中冨佑香, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展装置を用いた歯根膜オキシタラン線維の解析 ―Fibulin-5の発現と機能解析― . 1九州矯正歯科学会, 2/21,22. (佐賀市)
469 .
Nakashima K, Nakatomi Y, Tsuruga E, Ishikawa H, Sawa Y. Stretching stimulates fibulin-5 expression, and controls oxytalan fibers ass embly. . 1第50回歯科基礎医学会学術集会, 9/23~25. (東京)
470 .
成冨雅則, 久永豊, 石川博之. 母音発音時における口唇動作の対称性の解析. 1九州矯正歯科, 2009.2.21~2009.2.22. (佐賀)
471 .
吉田智治, 石川博之, 吉田憲生, 久永豊. 異なる硬さのガム咀嚼時の咬筋内酸素動態と顎運動軌跡の解析. 1九州矯正歯科学会学術大会, 2月21日~22日. (佐賀)
472 .
中冨佑香, 中島一記, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜のオキシタラン線維形成過程におけるEMILIN-1の機能解析. 1第4回九州矯正歯科学会学術大会, 2/21,22. (佐賀市)
473 .
長谷川綾, 酒井幸子, 石川博之. 模擬的歯列弓拡大方法の違いによる口腔周囲筋圧の比較. 1九州矯正歯科学会学術大会, 2月21~22日. (佐賀)
474 .
久保田智彦. 患者急変の対応. 1歯の健康力推進歯科医師等養成講習会, 2009.8.30. (佐賀市)
475 .
石川博之. 日本の中で矯正治療が健全に発展していくために. 第50回北海道矯正歯科学会, 6/21. (札幌)
476 .
石川博之. 顎変形症の評価基準を求めて-顔面非対称症例の評価基準を求めて-. 第68回日本矯正歯科学会, 2009/11/15. (福岡)
477 .
二宮静香, 倉田碧, 左真奈美, 木村藍, 稲田晴久, 眞武俊寿, 加藤喜久, 中島孝久, 平塚正雄. 介護老人福祉施設に入所している総義歯患者の栄養状態に関する検討. ?障害者歯科, 2009.10.30-11.1. (名古屋)
478 .
中嶋真理子, 加藤喜久, 上村愛佳, 赤木恵津子, 岩本繁, 塚本末廣, 小島寛. Coffin-Lowry症候群の歯科治療経験. ?障害者歯科, 2009.10.30-11.1. (名古屋)
479 .
野上堅太郎, 加藤喜久, 田中裕美子, 市山友子, 谷口省吾. 視覚的ガイダンスを見ながら行うCPRの検討. 第37回歯科麻酔学会, 2009.10.9-10.10. (名古屋)
480 .
柴田祐子, 平塚正雄, 稲田晴久, 二宮静香, 倉田碧, 加藤喜久, 北川順三, 秋山愁一, 宮崎仁美. 脳血管障害患者の口腔ケア時に対する循環動態に関する調査 亜急性期入院時と回復期入院時での比較. 第20回老年歯科医学会, 21.6.18−6.20. (横浜)
481 .
稲田晴久, 平塚正雄, 柴田祐子, 二宮静香, 倉田碧, 中島孝久, 庄島慶一, 氷室秀高, 加藤喜久. 要介護高齢者における口腔ケア介入時のSpO2および脈拍数の変動について. 第20回老年歯科医学会, 2009.6.18-6.20. (横浜)
482 .
西村紗和, 植木猛士, 中冨佑香, 中島一記, 岩澤佳奈, 畠山雄次, 敦賀英知, 石川博之, 沢 禎彦. LYVE-1陽性マクロファージの口腔粘膜における分布. 0歯科基礎医学会, 2009年9月. (新潟)
483 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢 禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維形成過程におけるEMILIN-1の機能. 0第51回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2009年9月. (新潟)
484 .
中島一記, 中冨佑香, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. 細胞進展刺激によるオキシタラン線維の凝集機構. 0第51回歯科基礎医学会学術大会・総会, H21年9月9-11日. (新潟)
485 .
向坊友宏, 松家茂樹, 石川博之. スライディングメカニクスによる上顎切歯後退時の摩擦抵抗値の測定と光弾性応力解析. 0第68回 日本矯正歯科学会大会, H21年11月16-18日. (福岡)
486 .
長谷川綾, 堀越恵美子, 吉田智治, 石川博之. 上顎歯列弓の模擬的拡大方法の違いによる口唇圧・頬圧の変化の比較. 0第68回 日本矯正歯科学会大会 , H21年11月16-18日 . (福岡 )
487 .
岩澤佳奈, 植木猛士, 西村紗和, 中島一記, 中富佑香, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢 禎彦. マウス舌リンパ管内皮細胞における白血球接着因子の発現について. 0第51回歯科基礎医学会学術大会・総会 , H21年9月9-11日 . (新潟 )
488 .
井上知加予, 玉置幸雄, 石川博之. SOMによる外科的矯正治療を行った下顎前突患者の軟組織側貌パターンの抽出 . 0第19回日本顎変形症学会 , H21年6月4日 . (仙台)
489 .
井上知加予, 玉置幸雄, 石川博之. SOMによる骨格性下顎前突患者の軟組織側貌形態パターンの分類 . 0第68回 日本矯正歯科学会大会 , H21年11月16-18日 . (福岡)
490 .
秦雄一郎, 植木猛士, 敦賀英知, 沢 禎彦, 谷口邦久, 石川博之. 術直後のbFGFの局所投与はラット口蓋部の創傷治癒における筋線維芽細胞のアポトーシスを促進する. 0第68回 日本矯正歯科学会大会 , H21年11月16-18日 . (福岡)
491 .
石田 彩, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之, 木下浩二, 大慈弥裕之. 片側性唇顎口蓋裂患者における口蓋床型装置を用いた術前顎矯正治療による歯槽形態変化の分析. 0第4回九州矯正歯科学会学術大会 , H21年2月21-22日 . (佐賀)
492 .
向坊友宏, 寺谷 烈, 松家茂樹, 石川博之. 種々の牽引方法が上顎切歯後退におよぼす影響について. 0第4回九州矯正歯科学会学術大会 , H21年2月21-22日 . (佐賀 )
493 .
石田 彩, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之, 木下浩二, 大慈弥裕之. 片側性口唇口蓋裂患者における術前顎矯正治療による歯槽形態の変化の三次元分析 . 0第68回 日本矯正歯科学会大会, H21年11月16-18日. (福岡)
494 .
成冨雅則, 久永豊, 石川博之. 母音発音時における口唇動作の対称性の解析. 1九州矯正歯科学会学術大会, 平成21年2月21日. (佐賀)
495 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川歩, 廣藤卓雄. 臨床研修歯科医の針刺し防止についての意識の調査. 第25回日本歯科人間工学会研究発表会, 2010/1/30. (大阪市)
496 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川歩, 松浦正朗, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学 臨床研修歯科医の針刺し防止についての意識の調査. 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2010/7/22-24. (盛岡市)
497 .
玉置幸雄, 秦雄一郎, 植木猛士, 石川博之, 髙木誠司, 大慈弥裕之. 術前外鼻矯正装置の維持安定のためのnasal stentの改良. 第34回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H22年5月27-28日. (東京)
498 .
吉田智治, 植木猛士, 玉置幸雄, 石川博之. SOMを用いた外科的矯正治療後の軟組織側貌パターンの抽出. 第20回日本顎変形症学会総会, H22年6月15-16日. (札幌)
499 .
久永豊, 成冨雅則, 石川博之. 上顎第二大臼歯抜去後の第三大臼歯の移動方法について. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
500 .
阿部朗子, 玉置幸雄, 石川博之. 歯冠-歯槽形態および歯冠形態とで計測した臼歯歯軸の頬舌的傾斜の比較. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
501 .
長谷川洋輔, 秦雄一郎, 渡邉真一郎, 小串真一郎, 久永豊, 石川博之. 含歯性嚢胞による下顎埋伏大臼歯の牽引にSkeletal Anchorage Systemを用いた症例. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
502 .
植木猛士, 秦雄一郎, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋部の創傷治癒における筋線維芽細胞のアポトーシスに対するbFGF投与の定量的評価. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
503 .
中島一記, 中冨佑香, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展刺激によりfibulin-5は発現しオキシタラン線維の凝集を調節する. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
504 .
玉置幸雄. 顎変形症の発症原因解明の最前線 自己組織化マップを応用した骨格性下顎前突症患者の成長予測について. 第20回日本顎変形症学会総会, H22年6月15-16日. (札幌)
505 .
玉置幸雄, 井上庸子, 坂井真実子, 照屋恭子, 石川博之. 自己組織化マップによる成長期前歯部反対咬合患者の予後の推定の検討. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
506 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1は伸展刺激により増加するオキシタラン線維の形成量を調整する. 第52回歯科基礎医学会学術大会, H22年9月21-22日. (東京)
507 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 小児血液腫瘍の化学療法が引き起こす歯の形成障害について. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
508 .
堀越恵美子, 吉田智治, 久永豊, 長谷川綾, 半田千恵, 石川博之. ガム咀嚼時の咬筋浅部と深部の酸素動態の解析. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
509 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1はオキシタラン線維の形成量を調整する. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
510 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4とFibulin-5は微細線維へのエラスチン沈着に関係する. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
511 .
堀越恵美子, 吉田智治, 久永豊, 長谷川綾, 半田千恵, 石川博之. 近赤外分光法を用いたガム咀嚼時の咬筋浅部と深部の酸素動態の違いについて. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
512 .
中島一記, 中冨佑香, 山内由宣, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維の形成過程におけるfibulin-5の発現と機能. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
513 .
井上庸子, 石川博之. リモデリング時に生じる“矯正力による痛み”に関与する神経について. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
514 .
西村紗和, 沢禎彦, 石川博之. 造血幹細胞移植療法が引き起す歯の形成障害について. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
515 .
畑実, 石井義将, 有田光太郎, 上村愛佳, 加地千晶, 工藤恵, 小島寛. 精神遅滞患者における下顎骨骨折の一症例. 第27回障害者歯科学会, 2010.10.23-10.24. (東京)
516 .
玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の硬組織・軟組織からなる側貌パターンの抽出. 第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム, 2011年6月16‐17日. (東京)
517 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 超大量化学療法が誘起する歯の形成障害に及ぼす通常化学療法の相乗効果の検討 . 第53回日本小児血液・がん学会学術集会, 2011年11月25日‐26日. (前橋)
518 .
尾崎正雄, 柏村晴子, 成冨雅則. 試作フッ素系ナノシール材による齲蝕予防法に関する研究. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
519 .
秦雄一郎, 植木猛士, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋の創傷治癒過程においてbFGF投与は瘢痕組織による歯列成長抑制を緩和する. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
520 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維形成過程におけるEMILIN-1の役割. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
521 .
堀越恵美子, 吉田智治, 長谷川綾, 半田千恵, 石川博之. ガム咀嚼時の筋内酸素動態と筋電図の解析による咬筋疲労の評価. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
522 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 小児がんに対するブスルファンの超大量投与療法が引き起こす永久歯の形成障害について. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
523 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin は歯周組織の弾性線維形成過程においてエラスチン/LOX 複合体を形成する. 2011日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
524 .
秦省三郎, 岡村和彦, 山﨑純, 石川博之. ラット皮膚再構築モデルにおける表皮の重層化に伴う線維化関連タンパクの発現. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
525 .
内藤徹, 米田雅裕, 小島寛, 埴岡隆, 池邉哲郎, 大星博明. 医学部は歯科医師の医学教育をどうあるべきと考えているか?. 第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2011.7.15-17. (東京)
526 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1のオキシタラン線維の形成量調節機構の解析. 第53回第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2011年9月30‐10月2日. (岐阜)
527 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織の弾性線維形成過程における Fibulin とエラスチン/LOX 複合体の解析. 第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2011年9月30日‐10月2日. (岐阜)
528 .
西村紗和, 沢禎彦, 石川博之. 小児がん治療のためのブスルファン投与が引き起こす永久歯の形成障害について. 第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2011年9月30日‐10月2日. (岐阜)
529 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 村上弘, 秦省三郎, 内田竜司, 池邉哲郎, 山崎純. TRPM8の選択的拮抗薬による舌癌細胞における浸潤能の抑制. 福岡歯科大学会総会, 2011.12.11. (福岡)
530 .
山之内香, 川越慈, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト無色素毛様体上皮細胞によるオキシタラン線維形成. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
531 .
秦省三郎, 秦雄一郎, 岡村和彦, 石川博之, 山﨑純. ラット皮膚培養再構築系における線維芽細胞から筋線維芽細胞への転換機序の検討. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
532 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4 はエラスチン/LOXL-2 複合体形成に関係し、弾性線維の形成を調整する. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
533 .
成冨雅則, 石川博之. 成長期における骨格性上顎前突に対するアクチバトールの有用性について. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
534 .
吉田智治, 秦雄一郎, 泉喜和子, 池邉哲郎, 石川博之. 上顎急速拡大および上下顎移動術を施行した骨格性開咬症例. 第38回岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
535 .
畠山雄次, 畠山純子, 岡曉子, 敦賀英知, 稲井哲一朗, 沢禎彦. Growth/Differentiation Factor-5(GDF-5)による歯髄由来細胞の象牙芽細胞分化に与える影響. 1日本解剖学会九州支部学術集会, 平成22年10月9日. (福岡)
536 .
畠山雄次, 畠山純子, 岡曉子, 敦賀英知, 稲井哲一朗, 沢禎彦. アメロジェニン遺伝子機能喪失マウスの歯根形成完了期におけるセメント質吸収に関する組織学的検討. P2-51歯科基礎医学会, 平成23年9月30日〜10月1日. (岐阜)
537 .
畠山雄次, 畠山純子, 岡曉子, 敦賀英知, 稲井哲一朗, 沢禎彦. マウス歯周組織形成過程におけるLysosome-associated membrane protein-1 (LAMP-1)の免疫組織学的検討. 14日本解剖学会九州支部学術集会, 平成23年10月22日. (宮崎)
538 .
阿部朗子, 玉置幸雄, 石川博之. 3次元デジタル模型による臼歯歯軸の頬舌的傾斜の計測. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26-27日. (福岡)
539 .
堀越恵美子, 吉田智治, 長谷川綾, 半田千恵, 石川博之. 近赤外分光法を用いたガム咀嚼時の咬筋浅部と深部の酸素動態の解析. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26-27日. (福岡)
540 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織の弾性線維形成過程においてFibulin-4とFibulin-5はエラスチン沈着に関与する. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26-27日. (福岡)
541 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜のオキシタラン線維形成過程においてEMILIN-1はFibrillin-1沈着量の調整を行う. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26-27日. (福岡)
542 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 小児がんに対する自家末梢血幹細胞移植を付帯する超大量化学療法後に発生する歯の形成障害について. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26-27日. (福岡)
543 .
成冨雅則, 石川博之. Ⅱ期治療終了後の結果から検討したアクチバトールの有用性について. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26-27日. (福岡)
544 .
Katoh Y, Kubota T, Tomooka M, Yoshida T. Investigation of dysphagia in severe motor and intellectual disabilities facilities . 第4回韓国障害者歯科, 2011.4.9. (ソウル)
545 .
黒木まどか, 塚本末廣, 知念正剛, 堀部晴美, 日高三郎, 栢豪洋. 口腔保湿剤の水分保持能力-温風乾燥時の残存水分量率と残存重量率-. 22日本老年歯科医学会, 2011.6.16. (東京)
546 .
平塚正雄, 加藤喜久, 中嶋孝久, 冨永晋二, 谷口省吾. 介護老人福祉施設における急変症例に関する検討. 障害者歯科, . (福岡)
547 .
加藤喜久, 天野郁子, 小島寛. 知的障害者の舌機能訓練症例から得た保護者の心理への対応. 障害者歯科, . (福岡)
548 .
左真奈美, 二宮静香, 高倉李香, 柴田祐子, 眞武俊寿, 加藤喜久, 平塚正雄. リハビリテーション病院歯科における多職種の院内研修 第1報 交流研修について. 第22回老年歯科医学会, 2011.6.15-6.17. (東京)
549 .
天野郁子, 加藤喜久, 小島寛. 知的障害者に対して行った舌機能訓練. 障害者歯科, . (福岡)
550 .
平塚正雄, 眞武俊寿, 二宮静香, 左真奈美, 柴田祐子, 高倉李香, 加藤喜久. リハビリテーション病院と歯科医師会の医療連携につながる取り組みについて. 第22回老年歯科医学会, 2011.6.15-6.17. (東京)
551 .
玉置幸雄, 秦雄一郎, 植木猛士, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 両側性唇顎裂に用いる術前外鼻矯正装置の改良. 第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H23年5月25-26日. (新潟)
552 .
秦雄一郎, 植木猛士, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. 術直後のbFGF投与がラット口蓋の創傷治癒過程におけるコラーゲン線維の蓄積と歯列幅径に与える効果. 第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2011年5月25-26日. (新潟)
553 .
中冨佑香, 敦賀英知, 中島一記, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1は歯根膜オキシタラン線維の形成量を調節する. 第43回日本結合組織学会学術大会, 2011年6月9-11日. (大分)
554 .
内藤徹, 大星博明, 小島寛, 米田雅裕, 敦賀英知. 歯学部における医学教育の重要性に関する質問票調査. 第22回日本老年歯科医瓦解, 2011/6/15-17. (東京)
555 .
岡暁子. 軟口蓋発生時に特徴的にあらわれる細胞外基質とその役割. 第49回日本小児歯科学会大会, 2011年11月27日. (盛岡市)
556 .
岡暁子. 下顎骨発生におけるTGF-betaシグナルの役割. 第49回日本小児歯科学会大会, 2011年11月27日. (盛岡市)
557 .
阿部朗子, 高村雄太郎, 松本達朋, 玉置幸雄, 石川博之. 顎変形症患者における歯列弓および歯槽弓の3次元計測. 第22回日本顎変形症学会総会, H24年6月17日-19日. (福岡)
558 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 自己組織化マップを用いた骨格性下顎前突患者の硬組織および軟組織の関連性の検討. 第22回日本顎変形症学会総会, H24年6月17日-19日. (福岡)
559 .
石川博之. 良い噛み合わせ、悪い噛み合わせとは?顎変形症とは?なぜ、治療する必要があるの?どこに行けば良いの?. 第22回日本顎変形症学会総会市民公開講座, H24年6月23日. (福岡)
560 .
中島一記, 山内由宣, 藤田隆寛, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維は線維芽細胞長軸に直交し走行する. 第54回歯科基礎医学会学術大会, H24年9月14日-16日. (福島)
561 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織におけるFibulin-4とLOXL2/エラスチン複合体の解析. 第54回歯科基礎医学会学術大会, H24年9月14日-16日. (福島)
562 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚三次元モデルにおいて上皮のTGFβ1とインテグリンαvが線維芽細胞の形態変化を制御する. 第54回歯科基礎医学会学術大会, H24年9月14日-16日. (福島)
563 .
中島一記, 山内由宣, 藤田隆寛, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展刺激によりオキシタラン線維は歯根膜線維芽細胞長軸に直交し走行する. 第71回日本矯正歯科学会大会, H24年9月26日-28日. (盛岡)
564 .
堀越恵美子, 吉田智治, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. ガム咀嚼時の咬筋疲労の評価に対する近赤外分光法の有用性の検討. 第71回日本矯正歯科学会大会, H24年9月26日-28日. (盛岡)
565 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4 は弾性線維形成過程において LOXL-2/エラスチン複合体形成を調整する. 第71回日本矯正歯科学会大会, H24年9月26日-28日. (盛岡)
566 .
半田千恵, 玉置幸雄, 坂井真実子, 成冨雅則, 梶井貴史, 石川博之. 下顎骨成長の回転成分の分析によるアクチバトールの効果の評価. 第71回日本矯正歯科学会大会, H24年9月26日-28日. (盛岡)
567 .
梶井貴史. 矯正歯科的観点からの顎関節症への知識. 第32回日本顎関節学会, H24年9月30日. (横浜)
568 .
植木猛士, 秦雄一郎, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ラット口蓋部瘢痕組織における弾性系線維に対するbFGF投与の効果. 第7回九州矯正歯科学会学術大会, 2012年2月4日-5日. (別府)
569 .
堀越恵美子, 吉田智治, 半田千恵, 石川博之. ガム咀嚼時の咬筋内酸素飽和度と表面筋電図周波数中央値との比較. 第7回九州矯正歯科学会学術大会, 2012年2月4日-5日. (別府)
570 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 弾性線維形成過程において形成されるエラスチン/LOXL-2 複合体は Fibulin-4 によって調整される. 第7回九州矯正歯科学会学術大会, 平成24年2月4日-5日. (別府)
571 .
成冨雅則, 石川博之. 成長期における骨格性上顎前突に対するアクチバトールの有用性について. 第7回九州矯正歯科学会学術大会, 平成24年2月4日-5日. (別府)
572 .
長谷川綾, 秦雄一郎, 石川博之. Skeletal Anchorage Systemを用いて臼歯関係の左右差を改善した上顎前突症例. 第7回九州矯正歯科学会学術大会, 平成24年2月4日-5日. (別府)
573 .
Hata S, Okamura K, Hatta M, Suyama T, Ishikawa H, Yamazaki J. TGFβ1 and integrin αv -mediated transformation from fibroblast to myofibroblast in an in situ wound-healing model of rat skin. 第86回日本薬理学会年会, H25年3月21-23日. (福岡)
574 .
玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 唇顎口蓋裂患者における術前外鼻矯正装置を用いた鼻口唇形態の改善. 第30回日本頭蓋顎顔面外科学会, H24年11月1日-2日. (大阪)
575 .
玉置幸雄, 坂井真実子, 石川博之. 自己組織化マップによる矯正治療後の軟組織側貌のバリエーションの視覚化. 第22回日本歯科医学会, H24年11月9日-11日. (大阪)
576 .
秦雄一郎, 玉置幸雄, 中島一記, 梶井貴史, 敦賀英知, 石川博之. bFGFによる口蓋裂術後瘢痕形成の制御. 第22回日本歯科医学会, H24年11月9日-11日. (大阪)
577 .
秦省三郎, 岡村和彦, 山崎純, 石川博之. ラット皮膚三次元モデルにおけるTGFβ1とintegrinによる線維芽細胞の形態変化. 第71回日本矯正歯科学会, H24年9月26日-28日. (盛岡)
578 .
半田千恵, 玉置幸雄, 坂井真実子, 成冨雅則, 梶井貴史, 石川博之. アクチバトールの治療効果には成長に伴う下顎の回転が影響する. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
579 .
宮崎綾子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. ケラチノサイトPam212細胞におけるCa2+による細胞接着因子発現の変化. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
580 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織においてFibulin-4はLOXL2/エラスチン複合体形成を調節する. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
581 .
堀越恵美子, 吉田智治, 梶井貴史, 玉置幸雄, 石川博之. ガム咀嚼時の咬筋の酸素飽和度と筋電図の変化の関連. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
582 .
西村紗和, 沢禎彦, 石川博之. 小児癌の抗癌剤治療が引き起こす永久歯の形成障害について. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
583 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山﨑純. ラット皮膚三次元モデルにおいて上皮由来のTGFβ1とインテグリンが筋線維芽細胞の形成を制御する. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
584 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 外科的矯正治療を行った骨格性下顎前突患者の側貌パターンの検討. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
585 .
玉置幸雄, 秦雄一郎, 高村雄太郎, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 術前顎矯正治療における福岡大学形成外科と福岡歯科大学矯正歯科とのチームアプローチ. 第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H24年5月24日-26日. (京都)
586 .
秦雄一郎, 玉置幸雄, 敦賀英知, 谷口邦久, 石川博之. bFGFによる口蓋裂術後瘢痕形成の制御と粘膜の再生. 第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H24年5月24日-26日. (京都)
587 .
Nakashima K, Yamauchi Y, Hujita T, Tamaoki S, Tsuruga E, Sawa Y, Ishikawa H. Stretching induces Oxytalan fibers being arranged at right angles to human periodontal ligament cells’axis. The 60thAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H24年12月14日-15日. (新潟)
588 .
Yamauchi Y, Nakatomi Y, Nakashima K, Tsuruga E, Sawa Y, Ishikawa H. Fibulin-4 controls LOXL2/tropoelastin complex during elastic fibers formation. TheAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H24年12月14日-15日. (新潟)
589 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山﨑純. ラット皮膚培養再構築系で再現されたTGFβや張力による線維芽細胞から筋線維芽細胞への転換制御. 第85回日本薬理学会, H24年3月14日‐16日. (京都)
590 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4はLOXL2/エラスチン複合体形成を調節する. 第44回第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究会大会合同学術集会, H24年6月7日-8日. (東京)
591 .
山之内香, 川越慈, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 毛様体小帯の形成においてFibrillin-1とFibrillin-2は必須である. 第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究会大会合同学術集会, H24年6月7日-8日. (東京)
592 .
中冨佑香, 敦賀英知, 山内由宣, 中島一記, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1 は Fibrillin-1 と細胞内で結合しオキシタラン線維形成量調節している. 第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究会大会合同学術集会, H24年6月7日-8日. (東京)
593 .
岡暁子. Roles of Collagen and Periostin Expression during Soft Palate Development. 第53回韓国小児歯科学会総会, 2012年4月28日. (ソウル)
594 .
岡暁子. 軟口蓋発生におけるPeriostinの役割. 第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2012年5月24日. (京都市)
595 .
生野啓一郎, 梶井貴史, 岡晃, 斉藤文男, 猪子英俊, 石川博之, 飯田順一郎. 日本人集団を用いた骨格性下顎前突症のゲノムワイド関連解析. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7-9日. (松本)
596 .
中島一記, 藤田隆寛, 山之内香, 川越慈, 山内由宣, 中冨佑香, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展装置を用いた擬似的歯根膜におけるオキシタラン線維の走行解析. 第8回九州矯正歯科学会学術大会, 平成 25年 2月2日 - 3日. (小倉)
597 .
半田千恵, 玉置幸雄, 坂井真実子, 成冨雅則, 梶井貴史, 石川博之. 成長に伴う下顎の回転はアクチバトールの治療効果に影響する. 第8回九州矯正歯科学会学術大会, 平成 25年 2月2日- 3日. (小倉)
598 .
川越慈, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜線維芽細胞によるオキシタラン線維の分解過程. 第8回九州矯正歯科学会学術大会, 平成 25年 2月2日 - 3日. (小倉)
599 .
Takata S, Uchiyama T, Tsuruga E, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. Expression of toll-like receptors in glomerular endothelial cells under diabetic conditions. 第38回日本微小循環学会総会, 平成25年2月8日-9日. (東京)
600 .
高田俊輔, 内山貴誠, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病環境下の腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現について. 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 平成25年3月28日-30日. (香川)
601 .
内山貴誠, 高田俊輔, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病モデルマウスにおける腎リンパ管増生について. 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 平成25年3月28日-30日. (香川)
602 .
梶井貴史. 上顔面の成長の促進と抑制. 第8回九州矯正歯科学会学術大会, 平成 25年 2月2日- 3日. (小倉)
603 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. Promotion of diabetic nephropathy by Porphyromonas gingivalis LPS. 第62回国際歯科研究学会日本部会, H26年12月4ー5日. (大阪)
604 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の側貌パターンの違いが外科的矯正治療後の軟組織予測に与える影響. 第41回福岡歯科大学学会総会, H26年12月14日. (福岡)
605 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. 歯周病原菌由来LPSによるTLRを介した糖尿病性腎症の促進について. 第41回福岡歯科大学学会総会, H26年12月14日. (福岡)
606 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. インテグリン及びTRPV1チャネルがケラチノサイト遊走に与える影響. 第41回福岡歯科大学学会総会, H26年12月14日. (福岡)
607 .
川越慈, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. 禎彦,ヒト無色素毛様体上皮細胞およびヒト歯根膜線維芽細胞におけるオキシタラン線維の分解過程. 第41回福岡歯科大学学会総会, H26年12月14日. (福岡)
608 .
梶井貴史, 石川博之, 松尾嘉之, 成冨雅則, 玉置幸雄. Comparison of past and present symptoms of temporomandibular disorders in osteoarthritis patients. 第114回American Association of Orthodontists, H26年4月25-29日. (New Orleans)
609 .
Kajii T, Ishikawa H, Tamaoki S. Comparison of past and present symptoms of temporomandibular disorders in jaw deformity patients with osteoarthritis. 第9回Asian Pacific Orthodontic Congress, H26年10月17-20日. ( Borneo, Malaysia)
610 .
府川晃久, 鍛冶屋浩, 永嶌勝之, 池邉哲郎, 大関悟, Alex Solterman. Is Maspin expression on tumor budding able to be a prognostic factor in Squanous cell carcinoma?. 第22回欧州頭蓋顎顔面外科学会議, 2014.9.23-26. (チェコ)
611 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 田中文恵, 利光拓也, 内藤徹, 橋本修一. マウス口腔メラノーマにおける腫瘍関連マクロファージの動態. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31 . (札幌市)
612 .
阿部朗子, 川越慈, 貴田初美, 半田千恵, 玉置幸雄, 石川博之. 永久歯の萌出方向の異常による隣在歯の歯根吸収について. 第10回九州矯正歯科学会学術大会, H27年3月7日. (長崎)
613 .
半田千恵, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. アクチバトールの治療効果には下顎頭の成長と下顎の回転とが関与するCondylar growth and mandibular rotation contribute to effects of activator treatment. . 第10回九州矯正歯科学会学術大会, H27年3月8日. (長崎)
614 .
今村耕太, 梶井貴史, 石川博之. .ガム咀嚼とクレンチングにおける近赤外分光法と筋電図の同時計測. 第10回九州矯正歯科学会学術大会, H26年3月8日. (長崎)
615 .
坂口結, 半田千恵, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. 上顎骨の縫合性成長の分析による上顎前方牽引装置の治療効果の評価. 第10回九州矯正歯科学会学術大会, H26年3月8日. (長崎)
616 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. Coordinate involvement of TRPV1 channels and integrin β4 in directional migration. 第88回日本薬理学会年会, H27年3月18-20日. (愛知)
617 .
Sakai M, Tamaoki S, Ishikawa H. Influence of profile patterns on postoperative soft tissue changes in mandibular prognathism. 第115回American Association of Orthodontists, H27年5月14-19日. (サンフランシスコ)
618 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の側貌パターンの違いが術後の軟組織側貌の予測に与える影響. 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会, H27年6月4-5日. (東京)
619 .
梶井貴史, 松尾嘉之, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性上顎前突患者における変形性顎関節症の発症と顎顔面形態の特徴について. 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会, H27年6月4-5日. (東京)
620 .
Hata S, Yamazaki J, Kajii T, Ishikawa H. MMP inhibitor suppresses myofibroblastic differentiation in three-dimensional wound-healing model of rat skin. 115thAmerican Association of Orthodontists, H27年5月14日-19日. (サンフランシスコ)
621 .
Sakai M, Tamaoki S, Ishikawa H. Influence of profile patterns on postoperative soft tissue changes in mandibular prognathism. 115thAmerican Association of Orthodontists, H27年5月14日-19日. (サンフランシスコ)
622 .
Tamaoki S, Sakai M, Kajii T, Ishikawa H. The prediction of post-operative soft tissue profile based on various facial patterns of mandibular prognathism. 10thTaiwan Orthodontic Society, H27年8月22日-23日. (台北)
623 .
Kajii T, Ikuno K, Oka A, Saito F, Iida J, Ishikawa H. Genome-wide association study for mandibular prognathism using microsatellite. 8thInternational Orthodontic Congress, H27年9月27日-30日. (London)
624 .
Nakashima K, Ishikawa H, Hata S, Handa C, Yamauchi Y, Yamanouchi K, Kajii T. Evaluation of effects of activator and headgear treatment using the Peer Assessment Rating Index. 8thInternational Orthodontic Congress, H27年9月27日-30日. (London)
625 .
Nishimura S, Tamaoki S, Kajii T, Ishikawa H. Importance of questioning about the metal allergy in orthodontic patients. 8thInternational Orthodontic Congress, H27年9月27日-30日. (London)
626 .
Handa C, Kajii T, Ishikawa H. Estimation of effects of activator treatment on mandibular growth using analyzing components of condylar growth and total rotation of the mandible. 8thInternational Orthodontic Congress, H27年9月27日-30日. (London)
627 .
Miyazaki A, Ohkubo T, Yamazaki J, Ishikawa H. TRPV1 channel regulates directional cell migration in company with integrin β4. The 63rdAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H27年10月30日-31日. (Fukuoka)
628 .
Suyama T. Rat dermal fibroblastic transdifferentiation and calcification in a three-dimensional culture sheet.. The 4thTAO Residents Meeting and the 2015 APOS Residents Forum, H27年12月4日. (台中)
629 .
梶井貴史, 秦省三郎, 高村雄太郎, 玉置幸雄, 石川博之, 大慈弥裕之. 口唇口蓋裂患者における顎裂側の上顎犬歯の萌出方向について. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H27年5月21日-22日. (東京)
630 .
坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性下顎前突患者の側貌パターンの違いが術後の軟組織側貌の予測に与える影響. 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会, H27年6月4日-5日. (東京)
631 .
梶井貴史, 松尾嘉之, 玉置幸雄, 石川博之. 骨格性上顎前突患者における変形性顎関節症の発症と顎顔面形態の特徴について. 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会, H27年6月4日-5日. (東京)
632 .
阿部朗子, 川越慈, 藤田隆寛, 梶原弘一郎, 松田裕子, 石井太郎, 安永まどか, 鴨頭奈央子, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. 上顎犬歯の埋伏状態と切歯の歯根吸収との関連について. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
633 .
中島一記, 石川博之, 秦省三郎, 半田千恵, 山内由宣, 山之内香, 梶井貴史. アクチバトールとヘッドギアを用いたPAR Indexによる治療効果の評価. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
634 .
西村紗和, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. マルチブラケット治療後の患者における GOHAI を用いた口腔関連 QOL 調査. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
635 .
陶山大輝, 山崎純, 石川博之. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚由来線維芽細胞の形質転換および石灰化物形成に関わる因子. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
636 .
松尾嘉之, 梶井貴史, 坂口結, 石川博之. 変形性顎関節症を伴う骨格性上顎前突症患者の顎顔面形態の特徴. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
637 .
坂口結, 梶井貴史, 半田千恵, 玉置幸雄, 石川博之. 頬骨突起でのトレースの重ね合わせを用いた上顎前方牽引装置の治療効果の評価. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
638 .
陶山大輝, 石井太郎, 石川博之, 山崎純. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚由来線維芽細胞の形質転換と石灰化物形成. 第42回福岡歯科大学学会総会, H27年12月13日. (福岡)
639 .
松尾嘉之, 梶井貴史, 石川博之. 変形性顎関節症を伴う骨格性上顎前突症患者における顎顔面形態の特徴. 第42回福岡歯科大学学会総会, H27年12月13日. (福岡)
640 .
松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. エナメルマトリックスデリバディブによる軟骨細胞分化および増殖に与えるLAMP-3の関与に関する検討. 第13回日本再生歯科医学会学術大会・総会, H27年8月29日. (新潟)
641 .
松田裕子, 畠山雄次, 中島一記, 鴨頭奈央子, 畠山純子, 沢禎彦, 石川博之. ペプチド固相合成法(F-moc法)により作製されたLRAPの軟骨および骨形成に与える影響. 第57回歯科基礎医学会学術大会・総会, H27年9月11日-13日. (新潟)
642 .
高村雄太郎, 梶井貴史, 秦省三郎, 玉置幸雄, 石川博之, 高木誠司, 大慈弥裕之. 口唇口蓋裂患者における顎裂側と非顎裂側の上顎犬歯の萌出方向の比較. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
643 .
永嶌勝之, 福島秀文, 岡本富士雄, 緒方佳代子, 長岡良礼, 岡部幸司. BHD 複合体分子 FNIP2 タンパクの量的制御機構は mTORC シグナル活性を制御する . 第57回歯科基礎医学会, 2015.9.12. (新潟)
644 .
藤田隆寛, 中島一記, 山内由宣, 山之内香, 川越慈, 敦賀英知, 石川博之, 稲井哲一朗. 眼球および歯根膜オキシタラン線維の形成過程におけるMAGP-1の解析. 第42回福岡歯科大学学会総会, H27年12月13日. (福岡)
645 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 上田耕一郎, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. Laterality of tooth formation anomalies in long-term survivors treated by anti-cancer chemotherapies of pediatric cancers. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会, H27年11月27日-29日. (山梨)
646 .
安河内ひとみ, 内田初美, 久保美由紀, 手嶋直美, 江端紀代美, 縄田和歌子, 常岡由美子, 本田笑香, 森田浩光, 小島寛, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における歯科衛生士業務の調査報告-平成24年4月~27年9月の比較-. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
647 .
尾崎茜, 木村慶次リチャード, 前濱和佳奈, 今村彩香, 宮村沙央里, 小島寛. 海外から歯科治療を希望し受信した患者の一症例. 第33回日本障害者歯科学会, 9月30日〜10月2日. (埼玉県)
648 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. Cadherin/cateninシグナルを介したMMP-20のエナメル質形成制御機構. 9第58回歯科基礎医学会, 2016年8月24日-8月27日. (札幌)
649 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. エナメル質形成におけるプロテアーゼの役割. 7第58回歯科基礎医学会, 2016年8月24日-8月27日. (札幌)
650 .
岡部幸司, 緒方佳代子, 進正史, 岡本富士雄, 岡暁子, 鍛治屋浩. エナメル質石灰化に関わるTRPチャネルの発現と機能. 6第58回歯科基礎医学会, 2016年 8月24日-8月27日. (札幌)
651 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. MMP-20はcadherin/cateninのシグナル調節を介してエナメル質形成を制御する. 5第34回日本骨代謝学会学術大会, 2016年7/20-7/23. (大阪)
652 .
Kaji C, Takara K, Hatakeyama Y, Kojima H, Sawa Y. The Morphological Investigation of Head and Neck Organs in the Systemic Podoplanin Knockout Mice.. 94thGeneral Session & Exhibition of the IADR, June 22-25, 2016. (Seoul)
653 .
木村敬次リチャード. 当科における間接的モデリング法の取り組み. 第11回障害者歯科アクティブネットワーク九州, 2016年7月3日. (長崎市)
654 .
坂口結, 梶井貴史, 半田千恵, 玉置幸雄, 石川博之. 上顎前方牽引装置の治療効果を上顎の縫合性成長、下顎骨の軟骨性成長および下顎の内部回転を分離する分析を用いて評価する. 第11回九州矯正歯科学会学術大会, H28年2月6日-7日. (福岡)
655 .
山内由宣, 石川博之, 中島一記, 秦省三郎, 半田千恵, 山之内香, 坂井真実子, 高田俊輔, 宮崎綾子, 梶井貴史. 歯科矯正治療前後のDAI と PAR Index による評価の比較. 第11回九州矯正歯科学会学術大会, H28年2月6日-7日. (福岡)
656 .
宮崎綾子, 西村紗和, 高田俊輔, 玉置幸雄, 梶井貴史, 石川博之. 矯正初診患者におけるGOHAIを用いた口腔関連QOLの調査~矯正単独治療患者と顎変形症患者との比較~. 第11回九州矯正歯科学会学術大会, H28年2月6日-7日. (福岡)
657 .
高村雄太郎, 玉置幸雄, 石川博之. 拡大ネジ付き上顎前方牽引装置を用いた際の下顎歯列弓幅径の変化. 第11回九州矯正歯科学会学術大会, H28年2月6日-7日. (福岡)
658 .
安永まどか, 坂井真実子, 玉置幸雄, 石川博之. AngleⅡ級1類における切歯後退による口唇の前後的位置の変化. 第11回九州矯正歯科学会学術大会, H28年2月6日-7日. (福岡)
659 .
Suyama T, Hatta M, Yamazaki J. Transdifferentiation and calcification of rat dermal mesenchymal cells in three-dimensional culture. 第89回日本薬理学会年会, H28年3月9日-11日. (横浜)
660 .
石井太郎, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. ラット皮膚創傷治癒モデルの収縮に対するTRPチャネル阻害薬の抑制効果. 第41回日本口蓋裂学会学術大会・学術集会, H29年5月18日-19日. (東京)
661 .
萩尾佳那子, 安永まどか, 大野純, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯肉溝上皮細胞におけるゼノファジーの役割. 第146回日本歯科保存学会, H29年6月8-9日. (青森)
662 .
梶井貴史, 米津博文, 池辺哲郎, 玉置幸雄, 石川博之. 変形性顎関節症を伴う骨格性上顎前突患者の顎顔面形態の特徴. 第27回日本顎変形症学会総会・学術大会, H29年6月15日-16日. (東京)
663 .
斉藤文男, 梶井貴史, 岡晃, 生野啓一郎, 飯田順一郎. 骨格性下顎前突症のマイクロサテライトマーカーを用いたゲノムワイド関連解析. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18日-20日. (札幌)
664 .
坂口結, 梶井貴史, 玉置幸雄, 石川博之. Björkによるセファログラムの重ね合わせの変法を用いた上顎前方牽引装置の治療効果の予測. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
665 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 歯根膜幹細胞の骨分化誘導におけるmTOR依存性オートファジーの影響. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
666 .
石井太郎, 秦省三郎, 八田光世, 内田邦敏, 玉置幸雄, 石川博之, 山崎純. TRPチャネル阻害薬はラット皮膚創傷治癒モデルの瘢痕収縮を抑制する. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
667 .
藤田隆寛, 梶井貴史, 坂口結, 玉置幸雄, 石川博之. 変形性顎関節症を伴う骨格性Ⅱ級患者では下顎頭の短小化が下顎枝の後方回転に直接影響を与える. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
668 .
玉置幸雄, 藤田隆寛, 阿部朗子, 石川博之. CBCTおよびパノラマエックス線画像を用いた上顎埋伏犬歯の位置の評価. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
669 .
高田俊輔, 石川博之, 玉置幸雄, 陶山大輝, 秦省三郎, 阿部朗子, 梶井貴史. 外科・非外科矯正治療患者における GOHAI を用いた口腔関連 QoL の比較. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
670 .
松田裕子, 鴨頭奈央子, 畠山雄次, 沢禎彦, 玉置幸雄, 石川博之. 化学合成ロイシンリッチアメロジェニンペプチドの骨芽細胞および軟骨細胞動態に与える影響. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
671 .
高田俊輔, 高木誠司, 大慈弥裕之, 玉置幸雄, 石川博之. 小下顎症に用いるPre epiglottic baton plate(PEBP)のbatonの長さの設定方法と適合性の改良. 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会, H29年11月16-17日. (福岡)
672 .
玉置幸雄, 山根香, 高田俊輔, 石川博之, 髙木誠司, 大慈弥裕之. Binder症候群に起因する鼻上顎複合体の劣成長による骨格性反対咬合の1例. 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会, H29年11月16-17日. (福岡)
673 .
Kajiwara K, Takata S, Fujita T, Takara K, Hatakeyama Y, Tamaoki S, Ishikawa H, Sawa Y. Effects of TLR4 blocking on diabetic nephropathy promoted by the Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide. 第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会, H29年11月18-19日. (東京)
674 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 急性GVHD口腔粘膜病変におけるM1マクロファージの役割. 第44回福岡歯科大学学会総会, H29年12月3日. (福岡)
675 .
石井太郎, 秦省三郎, 三宅佑宜, 八田光世, 内田邦敏, 玉置幸雄, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルの瘢痕収縮に対するTRPチャネル阻害薬の効果. 第44回福岡歯科大学学会総会, H29年12月3日. (福岡)
676 .
阿部朗子. 萌出中の埋伏犬歯による切歯の歯根吸収の3次元診断. 第13回九州矯正歯科学会学術大会, H30年2月17-18日. (鹿児島)
677 .
陶山大輝, 玉置幸雄. 骨格性Ⅲ級に対してスリーインサイザーで治療を行った叢生症例. 第13回九州矯正歯科学会学術大会, H30年2月17-18日. (鹿児島)
678 .
池崎晶二郎, 永尾潤一, 橋本麻利江, 田崎園子, 安松香奈江, 成田由香, 有田健一, 長環, 池辺哲郎, 田中芳彦. ヘルパーT細胞に発言する新規免疫シグナル分子の同定と機能解析. 第59回歯科基礎医学会, 平成29年9月16日~18日. (長野)
679 .
秦省三郎, 玉置幸雄. 金属アレルギーを伴うAngleⅡ級1類ハイアングル症例. 第13回九州矯正歯科学会学術大会, H30年2月17-18日. (鹿児島)
680 .
Kajii T, Oka A, Iida J, Hatta M, Yamazaki J, Yamashita J, Tamaoki S. The function of PLXNA2, which was suggested to be candidate genes by genome-wide association study for mandibular prognathism, on chondrocytes. 11thAsian Pacific Orthodontic Conference, H30年3月5日-7日. (Philippines)
681 .
進正史, 緒方佳代子, 岡暁子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 岡部幸司. TRPM7のキナーゼドメインを介したエナメル質形成制御. 1第35回日本骨代謝学会学術集会, 平成29年7月27日〜7月29日. (福岡市)
682 .
進正史, 緒方佳代子, 圓谷智之, 岡暁子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 片桐千秋, 尾崎正雄, 松下正之, 岡部幸司. TRPM7キナーゼを介するリン酸化シグナルとエナメル質形成制御. 3第68回西日本生理学会, 平成29年10月6日〜10月7日. (福岡市)
683 .
内藤徹, 小島寛, 大星博明, 石川博之, 8大学連携口腔医学プロジェクトチーム. 口腔医学および口腔ケアに関する歯科医療関係者の認識について. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
684 .
玉置幸雄. 口唇周囲疾患に対する non - surgical treatment 「唇顎口蓋裂患者における手術前顎矯正治療と顎成長について」. 第103回州・沖縄形成外科学会・学術集会, H29年3月11日. (福岡)
685 .
山口真広, 森田浩光, 高良憲洋, 緒方武文, 中島正人, 石川博之, 高橋裕. フィリピンにおける歯科医療ボランティア活動 . 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.8. (福岡市)
686 .
Tamura S, Oka K , Satoshi I, Kira-Tatuoka M, Toda M, Higa A, Ozaki M. Effects of Fibrillin Application on Periodontal Ligament Regeneration in Mouse Model of Tooth Replantation.. 第48回韓国小児歯科学会, 2018.4.28-29. (韓国)
687 .
Kumagai T, Kashiwamura H, Ozaki M. Resarch of sealing material for dental caries prevention that uses glass materials releasing Zinc and fruoride.. 第48回韓国小児歯科学会, 2018.4.28-29. (韓国)
688 .
松尾聡, 中村雅子, 岡暁子, 板家智, 石井華子, 尾崎正雄, 大野純. 抗がん剤刺激によるヘルトヴィッヒ上皮鞘のIGF-1R発現変化. 第56回日本小児歯科学会大会, 2018.5.17-18. (大阪)
689 .
石井華子, 戸田雅子, 岡暁子, 松尾聡, 尾崎正雄, 大野純. 抗がん剤刺激によるヘルトビィッヒ上皮鞘細胞の動態変化. 第56回日本小児歯科学会, 2018.5.17-18. (大阪)
690 .
柏村晴子, 熊谷徹弥, 田村翔悟, 宮原那実, 尾崎正雄. 亜鉛-フッ素徐放性ガラスを用いた新規シール材(ケアダイン シールド)の酸蝕に対する耐酸性試験.. 第56回日本小児歯科学会, 2018.5.17-18. (大阪)
691 .
力武美保子, 藤兼亮輔, 武石幸容, 大林祐子, 岡暁子, 尾崎正雄, 日高真純. ミスマッチ修復タンパク質に依存したアポトーシス誘導におけるFAN1の機能. 第41回日本分子生物学会, 2018.11.28-30. (横浜)
692 .
土橋容子, 馬場篤子, 田村翔悟, 宮原那実, 岡暁子, 尾崎正雄. 上顎前歯部歯肉に発生した結節性筋膜炎の一例. 第56回日本小児歯科学会, 2018.5.17-18. (大阪)
693 .
馬場篤子, 岡暁子, 中村雅子, 松尾那実, 力武美保子, 大木調, 柏村晴子, 阿南尋, 尾崎正雄. 歯冠・歯根破折を起こした根末完成歯の保存及び長期経過観察を行った1例. 第45回福岡歯科大学学会, 2018.12.9. (福岡市)
694 .
Kumagai T, Kashiwamura H, Ozaki M. Resarch of sealing material for dental caries prevention that uses glass materials releasing Zinc and fruoride. 第Early Childhood Carise, 2018.11.1-5. (バンコク)
695 .
藤兼亮輔, 武石幸容, 力武美保子, 大林佑子, 関口睦夫, 日高真純. Functional analysis of MutLa/b/g complexes on the apoptotic pathway induced by O6-methylguanine. 1P-122第41回日本分子生物学会年会, 平成30年11月28-30日. (横浜)
696 .
Hatta M, Miyake Y, Uchida K, Yamazaki J. Suppression of keratin 13 expression by transforming growth factor-β1-induced epithelial-mesenchymal transition in human keratinocyte HaCaT cells. 18thWorld Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 平成30年7月1〜6日. (京都)
697 .
三宅佑宜, 内田邦敏, 玉置幸雄, 八田光世. ケラチノサイトのフェノタイプ変化に関与する転写因子の解析. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2018年12月9日. (福岡市)
698 .
江頭留依, 山口真広, 安永まどか, 内藤徹, 大野純. 高齢者歯肉溝上皮細胞における細菌性オートファージーの意義. 第148回日本歯科保存学会2018年度春季学術大会, 2018.6.14-15. (横浜市)
699 .
進正史, 緒方佳代子, 圓谷智之, 岡暁子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 片桐千秋, 尾崎正雄, 松下正之, 岡部幸司. エナメル質形成におけるTRPM7のキナーゼ活性とチャネル機能の意義. 4第95回日本生理学会大会, 平成30年3月28日〜3月30日. (高松市)
700 .
馬場篤子, 橋本敏昭, 尾崎正雄, 阿南尋. 歯冠・歯根破折を起こした根末完成歯の保存及び長期経過観察を行った1例. 18日本外傷歯学会総会・学術大会, 2018.9.5-7. (福岡市)
701 .
大木調, 岡暁子, 緒方佳代子, 中村雅子, 奥原滋, 尾崎正雄, 井関祥子, 阪井丘芳. TGF-β and Shh in the palatal  epithelium induce Tenascin C expression in the palatal mesenchyme. 60歯科基礎医学会・学術大会, 2018.9.5-7. (福岡)
702 .
柏村晴子, 緒方祐子, 藤原百合, 山本一郎, 倉重弘, 岡暁子, 尾崎正雄. 後続母音い列の側音化構音に対しEPG装置を用い改善がみられた一症例. 7日本小児診療多職種研究会, 2018.11.24-25. (北九州市)
703 .
田村翔悟, 馬場篤子, 田平和久, 石井華子, 熊谷徹弥, 松尾聡, 岡暁子, 尾崎正雄. 本学医科歯科総合病院小児歯科における歯の外傷の臨床統計. 45福岡歯科大学学会総会, 2018.12.9. (福岡市)
704 .
馬場篤子, 岡暁子, 中村雅子, 大木調, 松尾那実, 石井華子, 田平和久, 柏村晴子, 尾崎正雄. 根未完成乳歯に完成根管処置を施した後、アペキソゲネーシス様治癒経過を示した1例. 第37回日本小児歯科学会九州地方大会及び総会, 2019.11.10. (北九州市)
705 .
力武美保子, 岡暁子, 阿部亜美, 板家智, 田村翔梧, 松尾聡, 熊谷徹弥, 馬場篤子, 尾崎正雄. Hellman ⅠⅠA~ⅠⅠC期に下顎乳臼歯部の歯牙腫を摘出した2症例. 第37回日本小児歯科学会九州地方大会および総会, 2019.11.10. (北九州市)
706 .
Miyake Y, Hatta M. The role of transcription factor SNAI2 in EMT during wound healing.. 第32回TAO 32nd Annual Meeting & 8th Resident Meeting, 2019年12月6日. (台湾)
707 .
Kajii T, Oka A, Saito F, Mitsui J, Iida J. Whole-exome sequencing in a Japanese pedigree with mandibular prognathism.. The 95th European Orthodontic Society Congress., R1年6月17日-22日. (France)
708 .
Tamaoki S. Growth modification of Class II malocclusion with functional appliance. . The 60thanniversary of the Korean Association of Orthodontics, R1年10月2日-4日. (Korean)
709 .
Kajiwara K, Takara K, Fujita T, Kanai T, Sakagami R, Kojima H, Sawa Y, Tamaoki S. Effect of TLR4 inhibitors on porphyromonas gingivalis LPS-induced diabetic nephropathy.. 第67回JADR総会・学術大会/第4回IADR APR(Asia Pacific Region)学術大会, R1年11月28日-30日. (Australia)
710 .
Fujita T, Kajiwara K, Takara K, Tamaoki S, Sakagami R, Sawa Y. Development of scar suppression method applying TGF-β function of microfibril protein.. 第67回JADR総会・学術大会/第4回IADR APR, R1年11月28日-30日. (Australia)
711 .
Miyake Y, Hatta M. The role of transcription factor SNAI2 in EMT during wound healing. . 32ndTAO 32nd Annual Meeting & 8th Resident Meeting, R1年12月6日-8日. (台湾)
712 .
高田俊輔, 藤田隆寛, 玉置幸雄, 高木誠司, 大慈弥裕之, 石川博之. 術前顎矯正を行った片側性唇顎口蓋裂患者の歯齢ⅡAおよびⅡC期における咬合と顎顔面形態について.. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会, R1年5月30-31日. (新潟)
713 .
梶井貴史, 山野貴史, 藤田隆寛, 平野成美, 近藤寿志. earable計測機による外耳道運動の計測の試みと咀嚼運動との関連性について.. 第32回日本顎関節学会総会・学術大会, R1年7月27日-28日. (東京)
714 .
國見亮太, 丸田道人, 梶本昇, 玉置幸雄, 都留寛治. 交番電流電解法による歯科矯正用SUSワイヤーの審美性改善 Part 1. 発色と表面性状.. 第74回日本歯科理工学会学術講演会, R1年10月5日-6日. (長崎)
715 .
石川翔子, 北河憲雄, 大谷崇仁, 緒方佳代子, 稲井哲一朗. レチノイドがケラチノサイトの角化に及ぼす影響について.. 第61回歯科基礎医学会学術大会, R1年10月12日-14日. (東京)
716 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 池崎晶二郎, 成田由香, 有田健一, 安松香奈江, 小島寛, 田中芳彦. Th17細胞を介して口腔カンジダ症を抑制するCandida albicans 表層抗原の探索. 63日本医真菌学会, 10/11-10/12. (千葉市)
717 .
梶原弘一郎, 高良憲洋, 藤田隆寛, 坂上竜資, 小島寛, 沢禎彦. Porphyromonas. gingivalis LPSが誘導する糖尿病性腎症の発症とTLR4阻害剤の効果について. . 第61回歯科基礎医学会学術大会, R1年10月12日-14日. (東京)
718 .
池崎晶二郎, 長環, 永尾潤一, 田崎園子, 山口正視, 有田健一, 知花博治, 池邊哲朗, 田中芳彦. Candida albicans のバイオフィルム形成にmild heat stress が及ぼす影響の解析. 63日本医真菌学会, 10/11-10/12. (千葉市)
719 .
平野成美, 梶井貴史, 泉喜和子, 藤田隆寛, 玉置幸雄. 特発性下顎頭吸収を伴う骨格性Ⅱ級患者に対する上下顎同時移動術時の骨片の位置と術後の安定性との関連. . 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20日-22日. (長崎)
720 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 有田健一, 成田由香, 安松香奈江 , 小島寛, 田中芳彦. 口腔カンジダ症を制御するTh17細胞応答を誘導するT細胞抗原探索. 61歯科基礎医学会, 10/12-10/14. (東京都千代田区)
721 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 歯根膜幹細胞における骨分化誘導とAMPK/mTOR経路の関連. . 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20日-22日. (長崎)
722 .
陶山大輝, 比嘉礼美, 玉置幸雄, 石川博之. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における永久歯先天欠如に関する実態調査. . 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20-22日. (長崎)
723 .
梶井貴史, 陶山大輝, 泉喜和子, 永嶌勝之. 歯槽部部分骨切り術を併用して上顎中切歯の著しい舌側傾斜と過萌出を改善したAngleⅡ級2類症例.. 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20-22日. (長崎)
724 .
成田由香, 永尾潤一, 有田健一, 田崎園子, 安松香奈江, 長環, 田中芳彦. 歯周炎を誘発するT細胞抗原エピトープの同定. 61歯科基礎医学会, 10/12-10/14. (東京都千代田区)
725 .
玉置幸雄, 下川奈津子, 石川博之. AIによる骨格性反対咬合症例における顔面非対称パターンの抽出.. 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20日-22日. (長崎)
726 .
永尾潤一, 成田由香, 有田健一, 安松香奈江, 田崎園子, 長環, 田中芳彦. 宿主免疫応答による歯周病の病態形成機構の解明. 61歯科基礎医学会, 10/12-10/14. (東京都千代田区)
727 .
阿部朗子, 玉置幸雄, 石川博之. CBCTを用いた萌出方向の異常を伴う上顎未萌出犬歯の定量的評価について. . 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20日-22日. (長崎)
728 .
梁尚陽, 永尾潤一, 成田由香, 有田健一, 安松香奈江 安松香奈江, 田崎園子, 長環, 田中芳彦. 歯周病の病態形成におけるプロバイオティクスの機能. 61視界 歯科基礎医学会, 10/12-10/14. (東京都千代田区)
729 .
藤田隆寛, 高田俊輔, 玉置幸雄, 石川博之. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査.. 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20日-22日. (長崎)
730 .
田崎園子, 原麻莉, 緒方武文, 松尾勇弥, 原田真澄, 樋口勝規, 小島寛. 当科におけるインシデント発生要因に関する調査報告. 36日本障害者歯科学会, 11/22-11/24. (岐阜県岐阜市)
731 .
髙田俊輔, 石川博之, 玉置幸雄. 上顎前突の2期的治療におけるアクチバトールとヘッドギアの効果の比較.. 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20-22日. (長崎)
732 .
田崎園子, 長環, 小島寛, 田中芳彦. Candida albicans に対してTh17細胞応答を誘導する表層抗原の探索. 36日本障害者歯科学会, 令和元年11/22-11/24. (岐阜県岐阜市)
733 .
三宅佑宜, 内田邦敏, 玉置幸雄, 八田光世. HaCaT細胞フェノタイプ変化における転写因子SNAI2の役割.. 第46回福岡歯科大学学会, R1年12月15日. (福岡)
734 .
中山朋子, 前濱和佳奈, 緒方麻記, 中島真理子, 水谷慎介, 小島寛. 知的能力障害時のかかりつけ歯科医療機関の選択と齲蝕の状況. 36日本障害者歯科学会, 11/22-11/24. (岐阜県岐阜市)
735 .
中嶋宏樹, 安永まどか, 山口真広, 玉置幸雄, 大野純. 細胞老化刺激は骨分化誘導を抑制するか?. 第46回福岡歯科大学学会, R1年12月15日. (福岡)
736 .
中島真理子, 中山朋子, 前濱和佳奈, 緒方麻記, 尾崎茜, 水谷慎介, 小島寛. 知的障害者施設利用者における齲蝕経験指数および現在歯数について. 36日本障害者歯科学会, 11/22-11/24. (岐阜県岐阜市)
737 .
松田裕子, 玉置幸雄. 埋伏した下顎左側犬歯を開窓・牽引した症例.. 第15回九州矯正歯科学会学術大会, R2年2月8日-9日. (熊本)
738 .
陶山大輝, 玉置幸雄. 外傷により保存不可能となった上顎左側中切歯を伴う歯性上顎前突症例. . 第15回九州矯正歯科学会学術大会, R2年2月8日-9日. (熊本)
739 .
髙田俊輔, 石川博之, 松田裕子, 坂口結, 玉置幸雄. 判別分析を用いたアクチバトールの治療効果の予測. . 第15回九州矯正歯科学会学術大会, R2年2月8日-9日. (熊本)
740 .
藤田隆寛, 石川博之, 安永まどか, 髙田俊輔, 玉置幸雄. Down症候群患者の頭蓋顎顔面形態の特徴. . 第15回九州矯正歯科学会学術大会, R2年2月8日-9日. (熊本)
741 .
玉置幸雄, 下川奈津子, 石川博之. AIで抽出された骨格性下顎前突症例における顔面非対称パターンの特徴.. 第15回九州矯正歯科学会学術大会, R2年2月8日-9日. (熊本)
742 .
山野貴史, 梶井貴史. earable計測機を用いた最大開口量と外耳道運動についての検討. 第29回日本耳科学会, 10月10~12日. (山形市)
743 .
米田雅裕, 永井淳, 廣藤卓雄 , 牧野路子, 松崎映津子, 佐藤絢子, 馬場篤子, 森田浩光, 樋口勝規, 阿南壽. 本学6年生対象臨床研修説明会における診療プレゼンテーションー概要およびアンケート報告. 第46回福岡歯科大学学会総会, 2019.12.15. (福岡市)
744 .
高良憲洋, 梶原弘一朗, 藤田隆寛, 坂上竜資, 沢禎彦, 小島寛, . CLEC-2による頭蓋冠骨芽細胞の石灰化抑制. 61歯科基礎医学会, 10/12. (東京都)
745 .
Ishii H, Ishii K, Ohno J, Ozaki M. Dynamic shanges in HERS cells treated with chemotherapeutic drug. 49韓国小児歯学会, 2019.4.27-28. (韓国(ソウル))
746 .
馬場篤子, 岡暁子, 田村翔悟, 中村雅子, 尾崎正雄. 開窓により萌出誘導できた埋伏大臼歯の2例. 57日本小児歯科学会大会, 2019.6.10-11. (札幌市)
747 .
熊谷徹弥, 柏村晴子, 尾崎正雄. 亜鉛ーフッ素徐放性ガラスを用いたシール材(ケアダインシールド)によるバイオフィルム形成抑制効果に関する研究. 57日本小児歯科学会大会, 2019.6.10-11. (札幌市)
748 .
力武美保子, 岡暁子, 尾崎正雄. ファンコ二貧血関連因子FAN1のミスマッチ修復タンパク質に依存したアポトーシス誘導. 57日本小児歯科学会大会, 2019.6.10-11. (札幌市)
749 .
田村翔悟, 岡暁子, 中村雅子, 松尾那実, 田平和久, 馬場篤子, 尾崎正雄. 本学医科歯科総合病院小児歯科における上顎中切歯の外傷予後に関する臨床的統計. 46福岡歯科大学総会, 2019.12.15. (福岡市)
750 .
石井華子, 松尾聡, 中村雅子, 岡暁子, 大野純, 尾崎正雄. ヘルトヴィッヒ上皮鞘細胞の抗がん剤刺激による動態変化の検討. 46福岡歯科大学総会, 2019.12.15. (福岡市)
751 .
田村翔悟, 岡暁子, 中村雅子, 松尾那実, 田平和久, 柏村晴子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 上顎中切歯外傷における処置とその予後に関する調査. 第58回日本小児歯科学会, 2020年5月21日-22日. (誌上開催)
752 .
尾崎正雄. 小児の口腔外科手術を安全に行うためのポイント. 30西日本臨床小児口腔外科学会総会・学術大会, 2020.2.9. (北九州市)
753 .
馬場篤子. 小児の口腔外傷~軟組織損傷の処置について~. 30西日本臨床小児口腔外科学会総会・学術大会, 2020.2.9. (北九州市)
754 .
Obayashi Y, Fujikane R, Morita S, Uechi Y, Ikebe T, Hiraki A, Hidaka M. Suppression of TopBP1 expression impairs the DNA damage response and promotes the induction of apoptosis by chemotherapeutic agents.. 第43回日本分子生物学会, 2020年12月4日. (Web開催)
755 .
三宅佑宜, 八田光世, 内田邦敏, 玉置幸雄. ケラチノサイトのフェノタイプ変化に関与する転写因子SNAI2の機能解析. 第46回福岡歯科大学学会総会, 2020年2月12-14. (福岡市)
756 .
石川翔子, 大谷崇仁, 緒方佳代子, 二階堂美咲, 玉置幸雄, 稲井哲一朗. RAR、RXRがケラチノサイトの角化に及ぼす影響について. 47福岡歯科大学学会, 12月. (誌上)
757 .
岡暁子. 新病院での研究の役割を考える-“つなぐ"を意識して歯の発生研究から見える子ど健康健康. 第47回福岡歯科大学総会, 2020年12月~1月. (福岡(web開催))
758 .
筑紫可奈子, 岡暁子, 田村翔悟, 田口雅英, 三輪佳愛, 大木調, 柏村晴子, 馬場篤子, 尾崎正雄. 第一大臼歯萌出渉外に関する実態調査. 第47回福岡歯科大学学会, 2020年12月-2021年1月. (福岡市(誌上開催))
759 .
幡地秀栄, 馬場篤子, 藤池美保子, 松尾聡, 熊谷徹弥, 大木調, 土橋容子, 岡暁子, 尾崎正雄. 小児の口腔軟組織外傷の4例. 第47回福岡歯科大学学会, 2020年12月-2021年1月. (福岡市(誌上開催))
760 .
吉田真理絵, 田村翔悟, 石井華子, 田平和久, 柏村晴子, 馬場篤子, 岡暁子, 尾崎正雄. 出生時に舌尖に過誤腫を認められた1例. 第47回福岡歯科大学学会, 2020年12-2021年1月. (福岡市(誌上開催))
761 .
藤兼亮輔, 森田祥, 上地有香, 日髙真純. アルキル化損傷応答におけるミスマッチ修復因子PMS1の機能の解析. 第44回日本分子生物学会, 2021.12.02. (横浜)
762 .
横尾嘉宣, 吉住潤子, 森山祐輔, 富沢美沙, 石川翔子, 玉置幸雄, 平木昭光, 池邉哲郎. イスラム教徒である顎変形症患者に対する外科的矯正治療の1例. 第31回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2021年6月11日、12日. (仙台市)
763 .
三宅佑宜, 八田光世. SNAI2 is induced by transforming growth factor-β1 but is not essential for epithelial-mesenchymal transition in human keratinocyte HaCaT cells.. 第94回日本生化学大会, 2021年11月3-5日. (横浜市)
764 .
森山剛, 泉喜和子, 宮原慧, 梶原弘一郎, 佐藤守. A quantitative evaluation of forehead correction treatment using automatead image analysis.. 第3回LifeTech2021, 2021.3.9. (奈良)
765 .
馬場篤子. 小児の軟組織損傷の処置について. 第21回日本外傷歯学会, 2021年9月18日-19日. (誌上開催)
766 .
馬場篤子. 未来の歯科医療の担い手である女性歯科医の育成と支援に向けて~日本小児歯科学会女性小児歯医委員会の取組み~. 第24回日本歯科医学会, 2021年9月23日-25日(10月31日). (Web開催)
767 .
馬場篤子. Apexification中に歯根囊胞を形成した外傷歯の一例. 第32回西日本臨床小児口腔外科学会, 2021年4月29日. (北九州市)
768 .
柏村晴子, 岡暁子, 馬場篤子, 田村翔悟, 大木調, 尾崎正雄. 過剰歯の摘出により水平転位した上顎中切歯歯軸が自然に改善した1例. 第59回日本小児歯科学会, 2021年6月6日-20日. (web開催(鹿児島))
769 .
熊谷徹弥, 柏村晴子, 尾崎正雄. ケアダインシールドのバイオフィルム抑制効果に関する研究. 第59回日本小児歯科学会, 2021年6月6日-20日. (web開催(鹿児島))
770 .
三輪佳愛, 柏村晴子, 馬場篤子, 筑紫可奈子, 田口雅英, 岡暁子, 尾崎正雄. 小児における口腔機能と構音獲得率の検討. 第48回福岡歯科大学学会, 2021年12月12日. (福岡市)
771 .
横田いづみ, 柏村晴子, 白石朋子, 田村翔悟, 石井華子, 幡地秀栄, 土橋容子, 馬場篤子, 岡暁子, 尾崎正雄. 埋伏過剰歯が中切歯歯胚に与える影響に関する調査. 第48回福岡歯科大学学会, 2021年12月12日. (福岡市)
772 .
田平和久, 高見由佳, 森奈千子, 石井華子, 松尾聡, 熊谷徹弥, 馬場篤子, 岡暁子, 尾崎正雄. 水平埋伏した下顎第二大臼歯を抜歯し、第三大臼歯を外科的に脱臼後、意図的に萌出誘導させた1例. 第39回日本小児歯科学会九州地方会, 2021年11月28日-12月5日. (web開催(長崎))
773 .
吉田真理絵, 鶴田勝久, 豊原達也, 藤池美保子, 大木調, 土橋容子, 馬場篤子, 岡暁子, 尾崎正雄. 外傷により上顎中切歯に歯根破折を呈した2例. 第39回日本小児歯科学会九州地方会, 2021年11月28日-12月5日. (web開始(長崎))
レポート (該当件数: 3 件)
1 .
Kawanabe H, Ishikawa H, Kinoshita S, Taniguchi K. Effects of basic fibroblast growth factor administration on wound healing process of rat palates with scar tissue formation. Dent Jpn. 2005; 41: 75-77
2 .
Sawa Y, Iwasawa K, Ishikawa H. Expression of podoplanin in the mouse tooth germ and apical bud cells.. Acta Histochem Cytochem. 2008; 41: 121-126
3 .
尾崎正雄. 最近の小児歯科事情と治療技術. . 2013; : 123-129

Copyright(C)2005 Fukuoka Gakuen All Rights Reserved