TOP

▼ 検 索 条 件
大学
講座
発行年
和文/欧文
福岡歯科大学
再生医学研究センター
%
%
検索条件未指定の場合は、%と表示

上記講座業績の詳細検索(和文欧文別/発行年別の検索可能)

▼ 検 索 結 果 (上記の検索条件での検索結果です)
著書 (該当件数:2件)
1 .
福島忠男, 大野純, 鍛治屋浩, 御手洗誠, 早川徹. 骨組織の再生 第5章 サケ由来骨再生材料  歯科再生・修復医療と材料. 東京: シーエムシー出版; 2015. p.p35-49
2 .
山下潤朗. 第1章お口の健康とからだの健康 骨粗しょう症とお口の健康 お薬を使われている方は歯科医師にご相談を 第23日本歯科医学会総会記念誌編集員会 お口からはじめましょう からだの健康. 東京都: 医歯薬出版; 2016. p.20-21
総説  (該当件数: 3 件) 
1 .
福島忠男. サケ由来DNAを素材にした新規生体材料の開発. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 37: 75-89
2 .
Yamashita J, McCauley LK. Effects of intermittent administration of parathyroid hormone and parathyroid hormone-related protein on fracture healing: a narrative review of animal and human studies.. JBMR Plus. 2019; 3: e10250
3 .
Yamashita J. The therapeutic potential of parathyroid hormone in dental and oral medicine.. Oral Science International. 2020; 17: 3-14
原著論文  (該当件数: 37 件)
1 .
篠崎陽介, 大野純, 松浦尚志, 佐藤博信, 福島忠男. . . ; :
2 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 樋口拓哉, 脇勇士郎, 米田雅裕, 廣藤卓雄. . . ; :
3 .
Fukushima T, Ohno J, Imayoshi R, Mori N, Sakagami R, Mitarai M, Hayakawa T. DNA/protamine complex paste for an injectable dental material.. J Mater Sci Mater Med.. 2011; 22: 2607-2615
4 .
Kawaguchi M, Ohno J, Irie A, Fukushima T, Yamazaki J, Nakashima N. Dispersion stability and exothermic properties of DNA-functionalized single-walled carbon nanotubes. Int J Nanomedicine.. 2011; 6: 729-736
5 .
Hayakawa T, Hirayama S, Ohno J, Fukushima T. Computational Approach for Calcium Complex Formation of Aromatic Carboxylic Acid Monomers. Nano Biomedicine. 2011; 3: 200-207
6 .
Shinozaki Y, Mori N, Ohno J, Kawaguchi M, Kido H, Hayakawa T, Fukushima T. Rat Calvarial Tissues Response to Flowable DNA/protamine Complex Mixtures with DNA/chitosan Complex to be Used as a Protective Membrane for Guided Bone Regeneration. J Oral Tissue Engin. 2012; 9: 159-166
7 .
Hayakawa T, Fukushima T. Fibronectin Adsorption by using 27M Hz Quartz-crystal Microbalance Technique. Journal of Oral Tissue Engineering. 2012; 10: 28-33
8 .
Kawaguchi M, Yamazaki J, Ohno J, Fukushima T. Preparation and binding study of a complex made of DNA-treated single-walled carbon nanotubes and antibody for specific delivery of a "molecular heater" platform. International journal of nanomedicine. 2012; 7: 4363-4371
9 .
Shinozaki Y, Yanagi T, Yamaguchi Y, Kido H, Fukushima T. Osteogenic evaluation of DNA/Protamine complex paste in rat cranial defects. Journal of Hard Tissue Biology. 2013; 22: 401-408
10 .
Mori N, Ohno J, Sakagami R, Hayakawa T, Fukushima T. Cell viabilities and biodegradation rates of DNA/protamine complexes with two different molecular weights of DNA.. Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials. 2013; 101: 743-751
11 .
Irie A, Ohno J, Hayakawa T, Kido H, Fukushima T. Transparent film formation of DNA/cationic polymer complexes by hydrothermal hot pressing: observation of cell culture on films and biodegradation of films in vivo. Journal of Hard Tissue Biology. 2013; 22: 105-114
12 .
Inoue Y, Kawaguchi M, Masui I, Horibe H, Rikimaru T, Kuroki M, Katsumata Y, Mori N, Hayakawa T, Fukushima T. Biological and chemical assessment of DNA/Chitosan complex film. Journal of Hard Tissue Biology. 2014; 23: 399-406
13 .
Yamaguchi Y, Ohno J, Sato A, Kido H, Fukushima T. Mesenchymal stem cell spheroids exhibit enhanced in-vitro and in-vivo osteoregenerative potential.. BMC Biotechnology. 2014; 14: 105
14 .
Shinozaki Y, Toda M, Ohno J, Kawaguchi M, Kido H, Fukushima T. Evaluation of bone formation guided by DNA/protamine complex with FGF-2 in an adult rat calvarial defect model.. Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials. 2014; 102: 1669-1676
15 .
Toda M, Ohno J, Shinozaki Y, Ozaki M, Fukushima T. Osteogenic potential for replacing cells in rat cranial defects implanted with a DNA/protamine complex paste.. Bone. 2014; 67: 237-245
16 .
Otawa M, Tanoue R, Kido H, Sawa Y, Yamashita J. Intermittent Administration of Parathyroid Hormone Ameliorates Periapical Lesions in Mice . Journal of Endodontics. 2015; 41: 646-651
17 .
Kawaguchi M, Mori K, Kajiya H, Ikebe T, Fukushima T. In vivo evaluation of bone regeneration by DNA/protamine complex treatment with photothermal stress stimulation in an aged rat calvarial defect model. Journal of Oral Tissue Engineering. 2015; 13: 67-76
18 .
Katsumata Y, Kajiya H, Okabe K, Fukushima T, Ikebe T. A salmon DNA scaffold promotes osteogenesis through activation of sodium-dependent phosphate cotransporters.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2015; 468: 622-628
19 .
Yanagi T, Kajiya H, Kawaguchi M, Kido H, Fukushima T. Photothermal stress triggered by near infrared-irradiated carbon nanotubes promotes bone deposition in rat calvarial defects.. Journal of Biomaterials Applications. 2015; 29: 1109-1118
20 .
Kuroshima S, Al-Salihi Z, Yamashita J. Mouse anti-RANKL antibody delays oral wound healing and increases TRAP-positive mononuclear cells in bone marrow.. Clinical Oral Investigations. 2016; 20: 727-736,DOI:10.1007/s00784-015-1550-0
21 .
Seno K, Yasunaga M, Kajiya H, Izaki K, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Dynamics of M1 macrophages in oral mucosal lesions during the development of acute graft-versus-host disease in rats.. Clinical and Experimental Immunology. 2017; 190: 315-327
22 .
大野純, 瀬野恵衣, 古賀千尋, 池本理恵. 新ガイドラインから見直す口腔白板症. 日本臨床細胞学会九州連合会雑誌. 2017; : 51-55
23 .
Sato A, Kajiya H, Mori N, Sato H, Fukushima T, Kido H, Ohno J. Salmon DNA accelerates bone regeneration by inducing osteoblast migration.. PLoS One. 2017; 12: DOI:10.1371/journal.pone.0169522
24 .
Izaki K, Yasunaga M, Yamaguchi M, Kajiya H, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Lipopolysaccharide induces bacterial autophagy in epithelial keratinocytes of the gingival sulcus.. BMC Cell Biology.. 2018; 19: 18
25 .
Miyaguchi N, Kajiya H, Yamaguchi M, Sato A, Yasunaga M, Toshimitsu T, Yanagi T, Matsumoto A, Kido H, Ohno J. Bone morphogenetic protein-2 accelerates osteogenic differentiation in spheroid-derived mesenchymal stem cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2018; 27: 343-350
26 .
Yamaguchi M, Kajiya H, Egashira R, Yasunaga M, Izaki K, Sato A, Toshimitsu T, Naito T, Ohno J. Oxidative stress-induced interaction between autophagy and cellular senescence in human keratinocytes.. Journal of Hard Tissue Biology. 2018; 27: 199-208
27 .
Izaki K, Yasunaga M, Yamaguchi M, Kajiya H, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J, Yoshinari M, Kubo M, Kitazono T. Lipopolysaccharide induces bacterial autophagy in epithelial keratinocytes of the gingival sulcus.. BMC Cell Biology. 2018; 19: 18
28 .
Sawa N, Fujimoto H, Sawa Y, Yamashita J. Alternating differentiation and dedifferentiation between mature osteoblasts and osteocytes.. Scientific Reports. 2019; 9: 13842
29 .
Miyazono S, Shinozaki Y, Sato H, Isshi K, Yamashita J. Use of digital technology to improve objective and reliable assessment in dental student simulation laboratories.. Journal of Dental Education. 2019; 83: 1224-1232
30 .
Michalski MN, Zweifler LE, Sinder BP, Koh AJ, Yamashita J, Roca H, McCauley LK. Clodronate-loaded liposome treatment has site-specific skeletal effects.. Journal of Dental Research. 2019; 98: 459-467
31 .
Toshimitsu T, Kajiya H, Yasunaga M, Maeshiba M, Fujisaki S, Miyaguchi N, Yamaguchi M, Maeda H, Kojima H, Ohno J. Susceptibility of the Wnt/β-catenin pathway accelerates osteogenic differentiation of human periodontal ligament stem cell spheroids.. Journal of Hard Tissue Biology. 2019; 28: 121-128
32 .
Yasunaga M, Kajiya H, Toshimitsu T, Nakashima H, Tamaoki S, Ishikawa H, Maeda H, Ohno J. The early autophagic pathway contributes to osteogenic differentiation of human periodontal ligament stem cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2019; 28: 63-70
33 .
Matsumoto A, Kajiya H, Yamamoto N, Yanagi T, Imamura A, Okabe koji, Fukushima T, Kido H, Ohno J. Degradation rate of DNA scaffolds and bone regeneration.. Journal of Biomedical Materials Research: Part B Applied Biomaterials. 2019; 107: 122-128
34 .
Imamura A, Kajiya H, Fujisaki S, Maeshiba M, Yanagi T, Kojima H, Ohno J. Three-dimensional spheroids of mesenchymal stem/stromal cells promote osteogenesis by activating stemness and Wnt/β-catenin.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020; 523: 458-464
35 .
Matsuo S, Nakamura M, Oka K, Kajiya H, Ogata K, Ishii H, Ozaki M, Ohno J. Cyclophosphamide promotes arrested development of the dental root in mice.. Journal of Hard Tissue Biology. 2020; 29: 63-70
36 .
Sudo S, Kajiya H, Okano S, Sasaki M, Katsumata Y, Ohno J, Ikebe T, Hiraki A, Okabe K. Cisplatin-induced programmed cell death ligand-2 expression is associated with metastasis ability in oral squamous cell carcinoma.. Cancer Science. 2020; 111: 1113-1123
37 .
Goto K, Kajiya H, Tsutsumi T, Maeshiba M, Tsuzuki T, Ohgi K, Kawaguchi M, Ohno J, Okabe K. The stromal cell-derived factor-1 expression protected in periodontal tissues damage during occlusal traumatism.. Journal of Hard Tissue Biology. 2021; 30: 63-68
症例報告  (該当件数: 0 件)

発表(特別講演・シンポジウム) (該当件数: 127 件)
1 .
瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 廣藤卓雄, 大野純. 擦過ケラチノサイトでの分子変化は歯周環境変化のバイオマーカーである. 43第43回福岡歯科大学学会総会, 28.12.18. (福岡)
2 .
瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 廣藤卓雄 , 大野純. オートファジーによる口腔扁平上皮癌の自己複製能の制御. 43第43回福岡歯科大学学会総会, 28.12.18. (福岡)
3 .
前芝宗尚, 鍛治屋浩, 堤貴司, 都築尊, 岡部幸司, 大野純. 咬合不正によるアミロイドベータの発現上昇を介した認知能抑制作用. 第97回日本生理学学会, 2020年3月17-19日. (大分)
4 .
山口雄一郎, 大野純, 佐藤絢子, 城戸寛史, 佐藤博信. ラット間葉系幹細胞スフェロイドを用いた骨欠損モデルにおける骨再生促進. 第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月21日~23日. (福岡市)
5 .
Yamashita J, Koi K, Otawa M. Dramatic Improvement in Bone Qoality at Osteotomy Sites by Short-Term Administration of Osteoporosis Medication. 31stAO, 2016.2. (San Diego)
6 .
山下潤朗. クリニカルティッシュエンジニアリング. 2016年度福岡歯科大学咬合修復学講座同門会, 2016.5.7. (福岡)
7 .
松本彩子, 森南奈, 鍛治屋浩, 岡部幸司, 城戸寛史, 福島忠男. 幹細胞併用のためのサケ白子由来の骨誘導性DNAスカフォールドの開発. 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015.11.9-10. ( )
8 .
山下潤朗. サイトプレパレーション101. 第127回日本補綴歯科学会, 2018.6.16. (岡山)
9 .
山下潤朗. ビスフォスフォネート製剤による破骨細胞抑制が口腔内の骨創傷治癒に与える影響. 第45回日本口腔インプラント学会, 2016. (岡山)
10 .
大多和昌人, 山下潤朗. 骨髄穿孔と骨粗鬆症薬の応用が骨質の改善に及ぼす影響. 第124回日本補綴歯科学会学術大会, . ( 埼玉)
11 .
山下潤朗. 顎骨壊死 2017 アップデート. 2017年度近未来オステオインプラント学会, 2017.2.18. (福岡)
12 .
山下潤朗. Tooth Prognosis. 2017年度岡山大学歯学部補綴科朋来会, 2017.2.9. (岡山)
13 .
田村翔悟, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 早川徹, 福島忠男. DNA分子量の異なるDNA/プロタミン複合体の新生骨形成能. 第61回日本歯科理工学会学術講演会, 2013年4月13~14日. (日本 東京)
14 .
山下潤朗. 顎骨壊死2018 update. 2018年度大阪医科大学大阪口腔懇話会, 2018.6.30. (大阪)
15 .
田村翔悟, 岡暁子, 戸田雅子, 福島忠男, 尾崎正雄. マウス臼歯再植モデルにおける歯根膜の組織学的解析. 第51回日本小児歯科学会大会, 2013年5月24~25日. (日本 岐阜)
16 .
猿田陽平, 谷口祐介, 山口雄一郎, 一志恒太, 山下潤朗, 佐藤博信. ガイデッドサージェリー機器を利用した支台歯形成技能教育に関する研究. 平成28年度日本補綴歯科学会, 2016. (熊本)
17 .
田村翔悟, 岡暁子, 戸田雅子, 福島忠男, 尾崎正雄. DNA/プロタミン複合体を用いたマウス再植歯モデルの歯根膜修復過程. 第40回福岡歯科大学学会総会, 2013年12月15日. (日本 福岡)
18 .
谷口祐介, 松永興昌, 山下潤朗, 佐藤博信. セルフケアが困難となったインプラント治療患者に対し可撤式補綴装置で対応した症例. 第36回日本口腔インプラント学会, 2016. (高松)
19 .
戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 早川徹, 福島忠男. エラスチンによるDNA/プロタミン複合体への骨形成促進効果. 第61回日本歯科理工学会学術講演会, 2013年13~14日. (日本 東京)
20 .
猿田陽平, 谷口祐介, 山口雄一郎, 一志恒太, 山下潤朗, 佐藤博信. ナビゲーションシステムを応用した支台歯形成技能教育に関する研究. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016. (福岡)
21 .
宮﨑揚子, 大多和昌人, 柳束, 城戸寛史, 山下潤朗. 骨粗鬆症治療薬が外傷を与えた骨髄の骨形成に与える影響. 第34回日本口腔インプラント学会, 2017. (熊本)
22 .
Toda M, Ohno J, Hayakawa T, Fukushima T, Ozaki M. DNA/protamine complex can induce bone-formation. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年14-15日. (韓国 ソウル)
23 .
Miyazono S, Hirakawa T, Arima Y, Saruta Y, Shinozaki Y, Isshi K, Matsuura T, Yamashita J, Sato H. Using a digital evaluation software for students’ tooth preparation skill. 95thIADR, 2017. (San Francisco)
24 .
谷口愛樹, 沢稔彦, 山下潤朗. 三次元培養におけるマウス骨芽細胞の骨細胞への自発的分化. 第60回日本歯周病学会学術大会, 2017.. (福岡)
25 .
宮﨑揚子, 柳束, 佐藤絢子, 城戸寛史, 山下潤朗. 機械的刺激が増生骨の維持に与える影響. 第126回日本補綴歯科学会, 2017.6. (横浜)
26 .
沢稔彦, 谷口愛樹, 山下潤朗. 培養環境の変化は骨芽細胞と骨細胞の分化・脱分化に影響する. 第35回日本骨代謝学会, 2017. (福岡)
27 .
杉原明通, 松浦尚志, 山下潤朗. 壊死性潰瘍性歯肉炎の1症例. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12. (福岡)
28 .
平野雅裕, 松浦尚志, 山下潤朗. 口腔機能が崩壊している症例に戦略的抜歯を行い義歯で改善した1症例. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12. (福岡)
29 .
藤本啓貴, 松浦尚志, 山下潤朗. クローズドロック症例と神経咀嚼筋反射. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12. (福岡)
30 .
田中涼, 松浦尚志, 山下潤朗. 広範囲歯槽骨整形術を併用した抜歯即時総義歯の1症例. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12. (福岡)
31 .
宮﨑揚子, 山下潤朗. 骨髄穿孔と副甲状腺ホルモンの併用による骨密度の増大. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.. (福岡)
32 .
Miyazono S, Miyazaki Y, Yamashita J. Ectopically generated trabecular bone and its maintenance by titanium implants. 33th Academy of Osseointegration, 2018.03. (Los Angeles)
33 .
平野雅裕, 松浦尚志, 山下潤朗. 若年成人に総義歯治療を施し,審美・機能の回復を得た症例.. 第127回日本補綴歯科学会, 2018.06. (岡山)
34 .
宮園祥爾, 竹山光栄, 杉原明通, 藤本啓貴, 平野雅裕, 山下潤朗. 好中球と破骨細胞が骨創傷治癒に与える影響. 第36回日本骨代謝学会, 2018.06. (長崎)
35 .
Mori N, Washino K, Iwata T, Yoshida T, Fukushima T, Sakagami R, Yamato M, Okano T. Optimal conditions for creating rat periodontal ligament-derived multipotent mesenchymal stromal cell (RPDL-MSC) sheets . 12thCELL TRANSPLANT SOCIETY, 2013 2013年7月7-11日. (イタリア)
36 .
平野雅裕, 杉原明通, 藤本啓貴, 山下潤朗. マクロファージと破骨細胞の減少が骨創傷治癒に与える影響. 第36回日本骨代謝学会学術集会, 2018.06. (長崎)
37 .
藤本啓貴, 平野雅裕, 杉原明通, 山下潤朗. 血管新生抑制と骨創傷治癒. 第36回日本骨代謝学会, 2018.06. (長崎)
38 .
Miyazono S, Miyazaki Y, Yamashita J. Effect of implant placement on ectopically-induced trabecular bone. 104thAmerican Academy of Periodontology, 2018.. (Vancouver)
39 .
Hirano M, Miyazaki Y, Yamashita J. Concomitant suppression of osteoclasts and macrophages hinders osseous wound healing. 104th American Academy of Periodontology, 2018.. (Vancouver)
40 .
Fujimoto H, Hirano M, Sugihara A, Yamashita J. Effect of Antiangiogenic agents in tooth extraction socket healing. 104th American Academy of Periodontology, 2018.10. (Vancouver)
41 .
Takeyama H, Sugihara A, Fujimoto H, Hirano M, Miyazono S, Yamashita J. The effect of neutropenia and anti-resorptives in tooth extraction socket healing. 104th American Academy of Periodontology, 2018.. (Vancouver)
42 .
Hirano M, Fujimoto H, Miyazono S, Sugihara N, Sawa N, Yamashita J. Influence of macrophages and osteoclasts on healing of osseous wounds.. 66th JADR, 2018.12. (Sapporo)
43 .
Fujimoto M, Hirano M, Sugihara N, Miyazono S, Sawa N, Yamashita J. Antiangiogenesis and osseous wound healing. 66th JADR, 2018.12.. (Sapporo)
44 .
森南奈, 篠崎陽介, 大野純, 早川徹, 福島忠雄. ラット頭蓋骨におけるDNA/プロタミン複合体ペーストの骨形成能. 第22回硬組織再生生物学会, 2013年8月22日. (横浜市)
45 .
森南奈, 松本彩子, 鍛治屋浩, 大野純, 坂上竜資, 福島忠男. 異なるDNAの長さによる細胞毒性と生体分離性について. 第23回日本歯科医学会, 平成28年10月21-23日. (福岡市)
46 .
宮園祥爾, 平野雅裕, 藤本啓貴, 山下潤朗. マウス骨髄炎モデルの確立. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12. (福岡)
47 .
藤本啓貴, 平野雅裕, 宮園祥爾, 山下潤朗. 血管新生抑制剤が抜歯窩の治癒に与える影響. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12. (福岡)
48 .
平野雅裕, 藤本啓貴, 宮園祥爾, 山下潤朗. マクロファージと破骨細胞の抑制による骨壊死. 第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12. (福岡)
49 .
平野雅裕, 山下潤朗. マクロファージ枯渇と骨創傷治癒不全. 第128回日本補綴歯科学総会, 2019.06. (札幌)
50 .
山口雄一郎, 大野純, 佐藤絢子, 城戸寛史, 福島忠男. 骨髄由来間葉系幹細胞スフェロイドを用いたラット頭蓋骨骨欠損部位における骨再生効果の促進. 第36回日本バイオマテリアル学会, 2014年11月18日. (東京都)
51 .
宮園祥爾, 山下潤朗. マウス骨髄炎モデルの樹立と骨髄炎治療・予防法の確立. 第128回日本補綴歯科学会, 2019.06. (札幌)
52 .
藤本啓貴, 山下潤朗. 腫瘍性疾患治療に有効な血管新生抑制剤サリドマイドと口腔粘膜骨創傷治癒. 第128回日本補綴歯科学会, 2019.06. (札幌)
53 .
加我公行, 山下潤朗. インプラント支持固定性補綴装置を有する患者に対して可撤性義歯にて対応した症例. 第128回日本補綴歯科学会, 2019.06. (札幌)
54 .
山口雄一郎, 大野純, 佐藤絢子, 宮口直之, 城戸寛史, 福島忠男. ラット頭蓋骨骨欠損モデルにおける間葉系幹細胞スフェロイドを用いた骨再生効果. 第41回福岡歯科大学学会, 2014/12/14. (福岡)
55 .
山口雄一郎, 大野純, 佐藤絢子, 城戸寛史, 福島忠男. 骨髄由来間葉系幹細胞のスフェロイドを用いた骨再生効果促進. 第44回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会, 2014/9/13. (東京都)
56 .
森南奈, 松本彩子, 鍛治屋浩, 大城希美子, 吉永泰周, 村上弘, 廣松亮, 丸尾直樹, 有田晴一、有田陽一、河原ゆり、笠孝成, 坂上竜資, 大野純. 幹細胞併用のためのDNAスキャフォールドの開発. 平成28年度日本歯周病学会九州五大合同研修会, 平成28年11月6日. (長崎市)
57 .
佐藤絢子, 大野純, 篠崎陽介, 城戸寛史, 福島忠男. ラット頭蓋骨欠損モデルにおけるDNAディスクの骨形成能の評価. 第14回日本再生医療学会, 2015.3.19-21. (神奈川県)
58 .
佐藤絢子, 大野純, 山口雄一郎, 宮口直之, 城戸寛史, 福島忠男. マウスiPS細胞の骨分化誘導へのAutophagyの影響. 第41回福岡歯科大学学会, 2014.12.14. (福岡)
59 .
佐藤絢子, 大野純, 柳束, 山口雄一郎, 城戸寛史, 福島忠男. マウスiPS細胞におけるAutophagyによる骨分化誘導への影響. 第36回バイオマテリアル学会, 2014.11.17-18. (東京都)
60 .
安西寛真, 大野純, 橋本憲一郎, 池邉哲郎, 平木昭光. 液状化検体細胞診の臨床的検討 ー病理組織学的診断との関連についてー. 第38回日本口腔腫瘍学会, 2020年1月23〜24日. (東京)
61 .
山下潤朗. 骨代謝における副甲状腺ホルモン(PTH)の役割と骨増生への応用. H28日本補綴歯科学会, 2016/09/03. (熊本)
62 .
山下潤朗. インプラント治療と顎骨壊死を考える. 36日本口腔インプラント学会, 2016/11/5. (高松)
63 .
山下潤朗. 歯科医目線と患者目線 - 治療計画にインパクトを与える因子. 2北海道口腔医療研究会, 2016/08/28. (札幌)
64 .
篠崎陽介, 森南奈, 大野純, 城戸寛史, 早川徹, 福島忠男. FGF-2添加DNA/プロタミン複合体のラット頭蓋骨欠損モデル実験による骨形成能の評価. 第60回日本歯科理工学会, 平成24年10月. (福岡市)
65 .
Yasunaga M, Toshimitsu T, Nakashima H, Tamaoki S, Ishikawa H, Ohno J. Plasminogen activator inhibitor-1 promotes cementogenesis by human periodontal ligament stem cells under 3-D culture conditions. 第5回国際組織工学・再生医療学会世界会議, H30年9月5日-7日. (京都)
66 .
宮園祥爾, 篠崎陽介, 一志恒太, 松浦尚志, 山下潤朗, 佐藤博信. 学生実習における歯牙形成評価方法の比較.  日本補綴歯科学会九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016.9.3-4. (熊本市)
67 .
利光拓也, 小島寛, 鍛冶屋浩, 大野純. Wntによるスフェロイド培養細胞への骨分化誘導効果. 第59回歯科基礎医学会, 2017年9月16-18日. (塩尻市)
68 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 小島寛, 岡部幸司, 大野純. 3次元培養による間葉系幹細胞の骨形成におけるβ-cateninの相互作用. 第59回歯科基礎医学会, 2017年9月16-18日. (塩尻市)
69 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 歯根膜幹細胞の骨分化誘導におけるmTOR経路の役割. 第45回福岡歯科大学学会総会, H30年12月9日. (福岡)
70 .
中嶋宏樹, 安永まどか, 山口真広, 玉置幸雄, 大野純. 細胞老化刺激の骨分化誘導への影響. 第45回福岡歯科大学総会, H30年12月9日. (福岡)
71 .
田中文恵, 大野純, 泉喜和子, 橋本憲一郎, 平木昭光, 岡村和彦, 池邉哲郎, 橋本修一. 右側下顎骨に発生し線維性骨異形成症から悪性転化をとった1例. 70日本口腔科学会学術集会, 平成28年4月15~16日. (福岡)
72 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 城間可奈子, 首藤俊一, 佐々木三奈, 岡村和彦, 平木昭光, 大野純, 橋本修一, 池邉哲郎. 上顎歯肉に発生し悪性像を呈した炎症性筋線維芽細胞腫瘍の一例. 84日本口腔外科学会九州支部学術集会, 平成28年6月18日. (福岡)
73 .
Tanaka F, Yoshimoto S, Okamura K, Ohno J, Hashimoto S. Immunohistochemical analysis for the malignant transformation in ameloblastic carcinoma. 13日本病理学会カンファレンス, 平成28年7月29~30日. (兵庫)
74 .
Tanaka F, Yoshimoto S, Okamura K, Hashimoto K, Ohno J, Ikebe T, Hashimoto S. Ameloblastic carcinoma of the mandible case report. 27日本臨床口腔病理学会学術大会, 平成28年8月10~12日. (広島)
75 .
利光拓也, 大野純, 小島寛. 骨芽細胞様細胞に対するデキサメタゾンおよびヒドロコルチゾンによる骨分化誘導の比較. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
76 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 柳束, 岡部幸司, 小島寛, 大野純. 3Dスフェロイド培養でのマウス間葉系幹細胞における骨形成能の変化. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
77 .
藤崎誠一, 柳束, 加倉加恵, 佐藤絢子, 松本彩子, 豊田馨大, 大野純, 城戸寛史. 2つの脂肪組織由来の幹細胞の移植による下顎骨再生療法の検討. 49日本口腔インプラント学会, 2019.9.. (福岡)
78 .
利光拓也, 今村彩香, 安永まどか, 松尾聡, 小島寛, 鍛冶屋浩, 大野純. スフェロイド培養における骨分化誘導へのWnt3aの効果. 第16回日本再生医療学会, 2016年3月7-9日. (仙台市)
79 .
柳束, 藤﨑誠一, 安松香奈江, 豊田馨大, 加倉加恵, 大野純, 城戸寛史. 脱分化脂肪細胞(DFAT)スフェロイドの有用性と骨再生療法への応用. 49日本口腔インプラント学会, 2019.9.. (福岡)
80 .
松本彩子, 柳束, 佐藤絢子, 藤﨑誠一, 大野純, 城戸寛史. DNAスキャフォールドと骨再生. 49日本口腔インプラント学会, 2019.8.. (福岡)
81 .
江頭瑠依, 山口真広, 安永まどか, 内藤徹, 大野純. 高齢者歯肉溝上皮細胞における細菌性オートファジーの意義. 第148回日本歯科保存学会, 2018/6/14. (横浜)
82 .
高江洲雄, 宮崎揚子, 山下潤朗, 佐藤博信. モノリシックジルコニアクラウン 4年間の臨床的調査. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016年12月18日. (福岡市)
83 .
利光拓也, 小島寛, 鍛冶屋浩, 大野純. Wnt3aがスフェロイド培養ヒト歯根膜幹細胞の骨分化誘導に及ぼす影響. 第17回日本再生医療学会, 2018年3月21日〜23日. (横浜市)
84 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 柳束, 藤崎誠一, 小島寛, 大野純. 3Dスフェロイドを形成した間葉系幹細胞β-catenin を介する骨分化促進作用. 第17回日本再生医療学会, 2017年3月21日〜23日. (横浜市)
85 .
森南奈, 大野純, 坂上竜資, 福島忠雄. 異なる分子量を用いたDNA/プロタミン複合体の基礎的性質. 第40回福岡歯科大学学会, 平成25年12月15日. (福岡市)
86 .
Yanagi T, Kakura K, Fujisaki S, Isobe Y, Kajiya H, Ohno J, Kido H. Drastic effect of the new cell transplantation strategy for bone regeneration. 1iACD Annual Conference, 2017年5月5-7日. (New York)
87 .
森南奈, 永井淳, 大城希美子, 鬼塚得也, 福島忠雄, 坂上竜資. 異なる分子量を用いたDNA/プロタミン複合体の基礎的性質. 第57回日本生理学会, 平成26年5月23日~24日. (岐阜市)
88 .
戸田雅子, 大野純, 尾崎正雄, 福島忠男. 300base pair DNA/プロタミン複合体の骨形成促進効果. 第40回福岡歯科大学学会総会, 2013年12月15日. (日本 福岡)
89 .
田村翔悟, 戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 御手洗誠, 早川徹, 福島忠男. 超高分子DNAスキャホールドの作成と骨形成能. 第64回日本歯科理工学会, 2014/10/4-5. (広島市)
90 .
Tamura S, Oka K, Toda M, Fukushima T, Ozaki M. New Approach for the Tooth Replantation using DNA/Protamine Complex. 第55回韓国小児歯科学会, 2014/4/18-20. (韓国ソウル)
91 .
森南奈, 大野純, 坂上竜資, 早川徹, 福島忠男. 異なる分子量を用いたDNA/プロタミン複合体の基礎的性質. 第13回日本再生医療学会, 平成26年3月4日. (京都市)
92 .
前芝宗尚, 鍛治屋浩, 堤貴司, 都築尊, 大野純, 髙橋裕. アルツハイマー病における認知機能と咬合力との関連性について.  第45回福岡歯科大学学会総会, 2018.12.9. (福岡)
93 .
宮崎揚子, 柳束, 佐藤絢子, 高江洲雄, 城戸寛史, 山下潤朗. 外傷を与えた骨髄の骨形成に骨粗鬆症治療薬が与える影響. 60日本歯周病学会, 2017年5月12-13日. (福岡)
94 .
藤崎誠一, 鍛冶屋浩, 今村彩香, 柳束, 木戸寛史, 大野純. 脂肪由来の多分化能を有する幹細胞を用いた顎骨再建療法の検討. 第45回福岡歯科大学学会, 2018年12月9日. (福岡市)
95 .
Yanagi T, Kajiya H, Imamura A, Kakura K, Okabe K, Kido H, Ohno J. Enhancement of bone regeneration using de-differentiated fat cells spheroids. 35日本骨代謝学会, 2017年7月28-29. (福岡)
96 .
松本彩子, 鍛治屋浩, 山本南奈, 柳束, 今村彩香, 藤崎誠一, 岡部幸司, 城戸寛史, 大野純. 低分解性のDNAスキャフォールドが骨再生に及ぼす効果 . 44福岡歯科大学学会, 2017年12月3日. (福岡)
97 .
中山敬介, 古賀千尋, 大野純, 青木将虎, 橋本憲一郎, 江崎和久, 中村芳明, 平木昭光, 池邊哲郎. 福岡歯科大学口腔医療センターにおける細胞診の臨床的検討. 0第62回日本口腔外科学会, 2017.10.20-10.22. (京都府)
98 .
髙江洲雄, 佐藤博信, 山下潤朗. 血管新生阻害薬が歯槽骨創傷治癒に与える影響. 0第126回日本補綴歯科学会, 2017.7.2. (横浜市)
99 .
宮口直之, 佐藤絢子, 柳束, 松本彩子, 藤崎誠一, 城戸寛史, 大野純. スフェロイド化hMSCsのBMP-2添加による骨分化誘導の促進効果 . 35日本口腔インプラント学会九州支部会, 2018年1月27-28日. (北九州)
100 .
松尾聡, 戸田雅子, 岡暁子, 板家智, 鍛治屋浩, 尾崎正雄, 大野純. シスプラチン刺激によるヘルトヴィッヒ上皮鞘細胞でのIGf-1発現変化. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
101 .
麻生一成, 古賀千尋, 中山敬介, 土井添雄介, 土橋佑基, 横上智, 津江文武, 松浦洋志, 大野純, 岡村和彦, 金子高士. 福岡歯科大学口腔医療センターにおける細胞診の臨床的検討. 0第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
102 .
田村翔悟, 戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 御手洗誠, 早川徹, 福島忠男. 超高分子DNAスキャホールドの作成と骨形成能. 第41回福岡歯科大学学会, 2014.12.14. (福岡市)
103 .
松本彩子, 森南奈, 鍛治屋浩, 岡部幸司, 城戸寛史, 福島忠男. サケ白子由来DNAスキャフォールドの性質分析.  福岡歯科大学学会,  . ( )
104 .
佐藤絢子, 柳束, 松本彩子, 宮口直之, 谷口祐介, 大野純, 城戸寛史. ビーグル犬下顎骨骨欠損部におけるDNA/プロタミン複合体の骨再生能の評価(.   福岡歯科大学学会,  . ( )
105 .
森南奈, 篠崎陽介, 大野純, 坂上竜資, 福島忠男. DNA/プロタミン複合体の骨形成能に対する評価. 第38回福岡歯科大学学会, 平成23年12月11日. (福岡市)
106 .
山口雄一郎, 佐藤絢子, 大野純, 川口稔, 城戸寛史, 福島忠男. 間葉系幹細胞スフェロイドを用いた骨再生効果の促進. 第40回福岡歯科大学学会, 12月15日. (福岡市)
107 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹, 福島忠男. ヒト・ケラチノサイトでの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第41回福岡歯科大学学会, 2014年12月14日. (福岡市)
108 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹, 福島忠男. ヒト・ケラチノサイトの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
109 .
宮口直之, 大野純, 山口雄一郎, 佐藤絢子, 城戸寛史, 福島忠男. スフェロイド化間葉系幹細胞でのAutophagy発現. 第41回福岡歯科大学学会, 2014.12.14. (福岡県)
110 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 谷口奈央, 山田和彦, 廣藤卓雄. LPS刺激ヒトケラチノサイトでのオートファジー経路 Autophagy pathway in LSP-stimulated human keratinocytes. 第142回日本歯科保存学会2015年度春期学術大会, 2015/6/25-26. (北九州市)
111 .
佐藤絢子, 松本彩子, 柳束, 大野純, 鍛治屋浩, 城戸寛史, 橋本修一. 骨伝導能を有する多孔性DNAスキャフォールドの開発.  第15回日本再生医療学会総会, 2016.3.16. ( )
112 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 瀬野恵衣, 山田和彦, 米田雅裕, 前田英史, 廣藤卓雄. LPS刺激歯根膜細胞におけるオートファージーの役割. 第145回日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会, 2016.10.27-28. (松本市)
113 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 瀬野恵衣, 田中文恵, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS 刺激ヒトケラチノサイトでのオートファジー経路. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
114 .
瀬野恵衣, 大野純, 萩尾佳那子, 山口真広, 廣藤卓雄. STAT3非依存性オートファージーによる口腔扁平上皮癌細胞の自己複製能の制御. 第105回日本病理学会総会, 2016/5/12-14. (仙台市(仙台国際センター))
115 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 米田雅裕, 脇勇士郎, 廣藤卓雄. オートファージーを用いたヒトケラチノサイトのLPS刺激適応能. 第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016/5/20-21. (鹿児島市)
116 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 樋口拓哉, 脇勇士郎, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS刺激ケラチノサイトの病原体処理作用はTRIF依存型オートファージが関与する. 第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016/10/6-8. (新潟市)
117 .
萩尾佳那子, 安永まどか, 大野純, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 歯肉溝上皮細胞におけるゼノファジーの役割. 第146回日本歯科保存学会, H29年6月8-9日. (青森)
118 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 歯根膜幹細胞の骨分化誘導におけるmTOR依存性オートファジーの影響. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
119 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 急性GVHD口腔粘膜病変におけるM1マクロファージの役割. 第44回福岡歯科大学学会総会, H29年12月3日. (福岡)
120 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 樋口拓哉, 脇勇士郎, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS刺激ヒト不死化歯根膜細胞におけるオートファージーの役割. 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017.5.12-13. (福岡市)
121 .
松尾聡, 中村雅子, 岡暁子, 板家智, 石井華子, 尾崎正雄, 大野純. 抗がん剤刺激によるヘルトヴィッヒ上皮鞘のIGF-1R発現変化. 第56回日本小児歯科学会大会, 2018.5.17-18. (大阪)
122 .
石井華子, 戸田雅子, 岡暁子, 松尾聡, 尾崎正雄, 大野純. 抗がん剤刺激によるヘルトビィッヒ上皮鞘細胞の動態変化. 第56回日本小児歯科学会, 2018.5.17-18. (大阪)
123 .
江頭留依, 山口真広, 安永まどか, 内藤徹, 大野純. 高齢者歯肉溝上皮細胞における細菌性オートファージーの意義. 第148回日本歯科保存学会2018年度春季学術大会, 2018.6.14-15. (横浜市)
124 .
安永まどか, 大野純, 玉置幸雄, 石川博之. 歯根膜幹細胞における骨分化誘導とAMPK/mTOR経路の関連. . 第78回日本矯正歯科学会学術大会, R1年11月20日-22日. (長崎)
125 .
中嶋宏樹, 安永まどか, 山口真広, 玉置幸雄, 大野純. 細胞老化刺激は骨分化誘導を抑制するか?. 第46回福岡歯科大学学会, R1年12月15日. (福岡)
126 .
Ishii H, Ishii K, Ohno J, Ozaki M. Dynamic shanges in HERS cells treated with chemotherapeutic drug. 49韓国小児歯学会, 2019.4.27-28. (韓国(ソウル))
127 .
石井華子, 松尾聡, 中村雅子, 岡暁子, 大野純, 尾崎正雄. ヘルトヴィッヒ上皮鞘細胞の抗がん剤刺激による動態変化の検討. 46福岡歯科大学総会, 2019.12.15. (福岡市)
レポート (該当件数: 0 件)


Copyright(C)2005 Fukuoka Gakuen All Rights Reserved