TOP

▼ 検 索 条 件
大学
講座
発行年
和文/欧文
福岡医療短期大学
短大
%
%
検索条件未指定の場合は、%と表示

上記講座業績の詳細検索(和文欧文別/発行年別の検索可能)

▼ 検 索 結 果 (上記の検索条件での検索結果です)
著書 (該当件数:192件)
1 .
高瀬文広, 八尋春海, 早瀬博範, 林祐二, 角山照彦, 前田譲治, 光冨省吾, 中谷安男, 大木正明, 佐藤勇治. 大統領 大陸横断鉄道 ウォール街 アポロ計画 等 八尋春海 映画で楽しむアメリカの歴史American History through Movies. 東京: 金星堂; 2000. p.219
2 .
高瀬文広, 中谷安男, 秋好礼子, デニス・ウールブライト, 中島千春, 林祐二, 市川郢康, 八尋春海, 中田亜紀, 松元康子. マトリックス The Matrix 中谷安男 Impressive Movie Scenes (君と見たことを忘れない). 東京: 金星堂; 2001. p.53-56
3 .
高瀬文広, 八尋春海, 中谷安男, 秋好礼子, 八尋真由実. 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズDaylight (デイライト). 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2001. p.143
4 .
高瀬文広, 八尋春海, 八尋真由実, 中谷安男, 秋好礼子, 中島千春. 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズ Charlie's Angels (チャーリーズエンジェル). 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2001. p.141
5 .
高瀬文広, 八尋春海, 大木正明, 大津隆広, マルコム・スワンソン, マーニー・セイディ, ジェームス・ヒックス, 與古光宏, 鈴木右文, デニス・ウールブライト. Unit4 野生動物の保護 『愛は霧のかなたに』 八尋春海 Challenging Environmental Issues through Movies. 東京: 金星堂; 2001. p.13-16
6 .
高瀬文広, 秋好礼子, 中島千春, 新山美紀, 八尋春海, 八尋真由実. 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズ Human Nature (ヒューマンネイチュア). 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2002. p.141
7 .
Takase F. An Integrated Educational Approach to Communication. Tokyo: Sanseido; 2002. p.160
8 .
高瀬文広, 多数. 高瀬文広 英語 II Manual. 東京: 第一学習社; 2003. p.279
9 .
高瀬文広, 中島千春, 八尋春海, 八尋真由実, 秋好礼子, 新山美紀. 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズThe Sweetest Thing (クリスティーナの好きなコト). 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2003. p.156
10 .
高瀬文広, 赤野一郎, 井上永幸, 総勢43名. 井上永幸 ウィズダム英和辞典. 東京: 三省堂; 2003. p.2350
11 .
高瀬文広, ジェームズ・ヒックス, 八尋春海, 中島千春, 八尋真由実, デニス・ウールブライト, 林祐二, 秋好礼子. 高瀬文広 Every Movie Tells a Story (映画が語る現代社会). 東京: 金星堂; 2003. p.67
12 .
高瀬文広, 八尋春海, 中谷安男, 藤本幸治, 清水孝子. 中谷安男、八尋春海 映画英語教育論. 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2003. p.88-101
13 .
高瀬文広, 八尋春海, 砂川典子, 道行千枝, 與古光宏. 八尋春海 Enjoy! スクリーン・イングリッシュ. 福岡: 海鳥社; 2003. p.87-92
14 .
高瀬文広, 河村敬一, 日高義治. 高瀬文広 日本語コミュニケーションI. 東京: ぎょうせい; 2003. p.160
15 .
高瀬文広, 中谷安男, 中島千春, 八尋春海, 八尋真由実, 秋好礼子, 森崎友紀子. 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズ Dreamcatcher (ドリームキャッチャー). 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2003. p.169
16 .
高瀬文広, 秋好礼子. The quarter English series PRACTICE FOR THE TOEIC TEST TOEICテストのリスニング・リーディング. 東京: 南雲堂フェニックス; 2004. p.149
17 .
高瀬文広, 多数. VOYAGER Reading Course Manual. 東京: 第一学習社; 2004. p.144-159
18 .
高瀬文広, 多数. スピーチ ディベート VOICE Oral Communication II Manual. 東京: 第一学習者; 2004. p.130-137, 180-185
19 .
高瀬文広, 多数. CROWN English Series II Manual. 東京: 三省堂; 2004. p.144-155
20 .
高瀬文広, 秋好礼子, 津田晶子, 八尋春海, 八尋真由実, 鶴田知嘉香, 中島千春. 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズ Ice Age (アイス・エイジ). 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2004. p.144
21 .
高瀬文広, 秋好礼子, 中谷安男, 津田晶子, 八尋春海, 八尋真由実, 中島千春. 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズ School of Rock (スクール・オブ・ロック). 名古屋: スクリーンプレイ出版; 2004. p.211
22 .
大石明子. 栄養指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2005年度対応. 東京: クインテッセンス; 2004. p.111-130
23 .
升井一朗, 金子憲章, 日高三郎, 緒方稔泰, 井田高之, 井上勇介, 廣瀬武尚, 藤村哲之, 東納恵子, 堀部晴美, 松尾忠行. 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2005年度対応. 東京: クインテッセンス; 2004. p.5-351
24 .
松尾忠行. 口腔衛生学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2005年度対応. 東京: クインテッセンス; 2004. p.61-88
25 .
岡本富士雄, (分担執筆). 生理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.21-31
26 .
高瀬文広, 鶴田知嘉香, 今田桂子, 熊抱ゆかり, 多賀亜紀, 八尋春海. The Lord of the Rings 八尋春海 映画の舞台を訪ねて. 福岡: 海鳥社; 2005. p.45-50
27 .
真鍋庸三, (分担執筆). 麻酔 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2005. p.187-190
28 .
大石明子. 栄養指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2006年度対応. 東京: クインテッセンス; 2005. p.115-134
29 .
升井一朗, 金子憲章, 日高三郎, 緒方稔泰, 井田高之, 井上勇介, 廣瀬武尚, 藤村哲之, 松尾忠行, 東納恵子, 堀部晴美. 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2006年度対応. 東京: クインテッセンス; 2005. p.5-368
30 .
松尾忠行. 口腔衛生学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2006年度対応. 東京: クインテッセンス; 2005. p.63-91
31 .
岡本富士雄, (分担執筆). 生理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.21-31
32 .
高瀬文広, 八尋真由実, 林裕二, Malcom Swanson, 今田桂子, Peter Carter, 熊抱ゆかり, 宮内比奈, 八尋春海, 安丸雅子. 全章のPart 1 林裕次 Seize the main points of the TOEIC Test. 東京: 金星堂; 2006. p.85
33 .
高瀬文広, 多数. 高瀬文広 Voyager English Course I Manual. 東京: 第一学習社; 2006. p.240
34 .
大石明子. 栄養指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2007年度対応. 東京: クインテッセンス; 2006. p.114-132
35 .
升井一朗, 金子憲章, 日高三郎, 緒方稔泰, 井田高之 , 井上勇介, 廣瀬武尚, 藤村哲之, 松尾忠行, 東納恵子, 堀部晴美. 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2007年度対応. 東京: クインテッセンス; 2006. p.5-351
36 .
升井一朗. 第2章、第3章 古森孝英 医療従事者のための口腔外科学. 京都: 永末書店; 2006. p.176-181
37 .
松尾忠行. 口腔衛生学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2007年度対応. 東京: クインテッセンス; 2006. p.63-91
38 .
岡本富士雄, (分担執筆). 生理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2007. p.21-31
39 .
堀尾恵一, 升井一朗, 山川烈. 重み付き距離測度に基づくSOMとその顎変形症診断支援システムへの応用 徳高平蔵、大北正昭、藤村喜久郎 自己組織化マップとその応用. 東京: シュプリンガー・ジャパン; 2007. p.185-196
40 .
田中克江, 多数. 村山正治 学校臨床のヒント-SCのための73のキーワード. 東京: 金剛出版; 2007. p.129-131
41 .
田中克江, 多数. 木之下隆夫 日本の心理臨床の歩みと未来-現場からの提言. 京都: 人文書院; 2007. p.237-242
42 .
松尾忠行. 口腔衛生学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2008年度対応. 東京: クインテッセンス株式会社; 2007. p.59-84
43 .
林裕二, 八尋真由実, 安丸雅子, マルコム・ロス・スワンソン, 高瀬文広, 今田桂子, ピーター・カーター, 熊抱ゆかり, 砂川典子. Seize the main points of the TOEIC Test 林裕二他 Seize the main points of the TOEIC Test. 東京: 金星堂; 2007. p.1-85
44 .
長環, 升井一朗. 感染と感染症 渕端孟、祖父江鎮雄、谷明、西村康 イラストでわかる歯科医学の基礎. 京都、東京: 永末書店; 2007. p.254-276
45 .
長環, 升井一朗. 口腔感染症 渕端孟、祖父江鎮雄、谷明、西村康 イラストでわかる歯科医学の基礎. 京都、東京: 永末書店; 2007. p.363-368
46 .
高瀬文広, 秋好礼子, 篠原一英, 鶴田知嘉香, 八尋春海, 八尋真由実, 中島千春. 名作映画完全セリフ・シリーズ Juno(ジュノ) 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズ Juno(ジュノ) . 名古屋: (株)フォーイン スクリーンプレイ事業部; 2008. p.153
47 .
升井一朗. 口腔外科学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス; 2008. p.162-173
48 .
升井一朗. 歯科臨床概論 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.124-131
49 .
松尾忠行. 口腔衛生学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.60-85
50 .
井上勇介. 歯科診療補助 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.255-266
51 .
. 矯正歯科学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.192-200
52 .
廣瀬武尚. 歯科保健指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.295-327
53 .
力丸哲也. 歯科保存学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.132 - 138
54 .
力丸哲也. 歯科予防処置 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.206 - 226
55 .
井田高之. 社会福祉 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.103-105
56 .
日高三郎. 栄養指導(生化学) 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.106-111,121
57 .
大石明子. 栄養指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.111-123
58 .
東納恵子. 歯科予防処置 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.206-237
59 .
金子憲章. 歯科保存学(歯内療法、歯周治療) 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.138-150
60 .
堀部晴美. 歯科診療補助 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.238-294
61 .
緒方稔泰. 歯科補綴学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.151-161
62 .
緒方稔泰. 歯科診療補助 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.279-283
63 .
筒井昭仁, 松尾忠行. 第3章齲蝕の予防 1.基礎知識 荒川浩久他編 口腔衛生学. 東京: 学建書院; 2008. p.41-48
64 .
長環. 微生物学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2009年度対応. 東京: クインテッセンス; 2008. p.42-50
65 .
升井一朗. 縫合と歯周包帯 石川達也、布施祐二、真木吉信、松井恭平、松崎晃 歯科衛生士の臨床. 東京: 医歯薬出版; 2008. p.722~733
66 .
升井一朗. 口腔・顎顔面外科の患者 石川達也、布施祐二、真木吉信、松井恭平、松崎晃 歯科衛生士の臨床. 東京: 医歯薬出版; 2008. p.872~886
67 .
高瀬文広, 八尋春海, 八尋真由実, 鶴田知嘉香, 中島千春, 秋好礼子. 名作映画完全セリフ・シリーズ Night at the Museum (ナイト・ミュージアム) 高瀬文広 名作映画完全セリフ・シリーズ Night at the Museum (ナイト・ミュージアム). 名古屋: (株)フォーイン スクリーンプレイ事業部; 2008. p.173
68 .
力丸哲也. 歯科保存学、歯科予防処置 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.136-142,211-231
69 .
井田高之. 社会福祉 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年度対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.106-108
70 .
松尾忠行. 口腔衛生学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年度対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.62-87
71 .
筒井昭仁, 松尾忠行. 第3章 齲蝕の予防 1.基礎知識 荒川浩久、他編 歯科衛生士テキスト 口腔衛生学. 東京: 学建書院; 2009. p.41-48
72 .
緒方稔泰. 歯科補綴学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス; 2009. p.155-165
73 .
堀部晴美. 歯科診療補助 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.244-301
74 .
金子憲章. 歯科保存学 Ⅱ歯内療法 Ⅲ歯周療法 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.142-154
75 .
大石明子. 栄養指導 Ⅱ栄養学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス; 2009. p.114-127
76 .
日高三郎. 栄養指導 Ⅰ生化学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.109-114
77 .
廣瀬武尚. 矯正歯科学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2010年度対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.197-205
78 .
廣瀬武尚. 歯科保健指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年度対応. 東京: クインテッセンス; 2009. p.302-334
79 .
長環. 微生物学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2010年度対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2009. p.43-51
80 .
高瀬文広, 八尋春海, 小林明子, 新山美紀, 田中雅子, 八尋真由実, 與古光宏, 秋好礼子. 八尋春海 GHOST WHISPER Spirit Guide. 名古屋: (株)フォーイン スクリーンプレイ事業部; 2010. p.176
81 .
力丸哲也. 歯科保存学p129-135 歯科予防処置p200-223 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2011年対応第1~19回全重要問題解説集. : クインテッセンス出版; 2010. p.p129-135 p200-223
82 .
堀部晴美. 歯科診療補助 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2011年対応. 東京: クインテッセンス; 2010. p.236-288
83 .
廣瀬武尚. 矯正歯科学・歯科保健指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2011年度対応. 東京: クインテッセンス; 2010. p.186-193,289-322
84 .
井田高之. 社会福祉 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2011年対応. 東京: クインテッセンス; 2010. p.100-103
85 .
井上勇介. 歯科診療補助 主要歯科材料の種類と取り扱い 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2011年対応. 東京都: クインテッセンス; 2010. p.251-261
86 .
松尾忠行. 口腔衛生学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2011年度対応. 東京: クインテッセンス; 2010. p.58-81
87 .
八尋春海, 高瀬文広, 秋好礼子, 今田桂子, マルコムスワンソン, 新山美紀. ニック・ペイン教授、ネッド・ゴードン、ガブリエル・ランセ 八尋春海 GHOST WHISPER Sprit Guide. 名古屋: 株式会社フォーイン; 2010. p.58-73
88 .
高瀬文広, 吉田徹夫, 村里好俊, 角山照彦, 兼本円, 角山照彦, 秋好礼子, 壬生正博, 荒木雪葉. 5章17世紀 貴族の社会、6章18世七年戦争 高瀬文広、吉田徹夫、村里好俊 映画で楽しむイギリスの歴史. 東京: 金星堂出版; 2010. p.112-158
89 .
長環, 升井一朗. 感染と感染症、口腔感染症 淵端猛、祖父江鎮雄、西村康 第2版イラストでわかる歯科医学の基礎. 京都: 末永書店; 2010. p.252-272, 352-357
90 .
長環. 微生物学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2011年度対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2010. p.42-49
91 .
Masui I, Horibe H. 25. Tooth Cleaning Aids ⅡTooth brushing Nagato Natsume MANUAL FOR ORAL CARE. : Quintessence; 2011. p.80-85
92 .
井上勇介. 歯科診療補助論・主要歯科材料の種類、取り扱いと管理 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2012年度対応版. 東京: クインテッセンス; 2011. p.285-294
93 .
松尾忠行. 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国歯対策集. 東京: クインテッセンス株式会社; 2011. p.62-83
94 .
黒木まどか. 歯科衛生士国試対策集2012年度対応1~20回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策研究会 . 東京都: クインテッセンス出版; 2011. p.P224~P236、P337、P338、P355、P356
95 .
貴島聡子. 歯科衛生士国試対策研究会歯科衛生士国試対策集,2012年度対応1~20回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集,2012年度対応1~20回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2011. p.331,350,357
96 .
廣瀬武尚. 不正咬合と治療 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国歯対策集. 東京: クインテッセンス株式会社; 2011. p.178-186
97 .
升井一朗. 2-10.神経疾患  3-2.出血に対する止血処置 古森孝英 歯科衛生士のための口腔外科学. 京都: 永末書店; 2011. p.175-180 195-199
98 .
力丸哲也. 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2012年度対応1~20回全重要問題解説集. : クインテッセンス出版; 2011. p.140~154, 201~224, 351, 355~356
99 .
栢豪洋, 金子憲章, 力丸哲也. chapter10歯周外科治療 栢豪洋 他 新・歯科衛生士教育マニュアル 歯周病学. : クインテッセンス出版; 2011. p.p131-153
100 .
長環. 微生物学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2012年度対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2011. p.46-53
101 .
八尋晴海, 高瀬文広, 篠原一英, 鶴田里美香, 鶴田知嘉香, 與古光 宏, 山崎祐一, 秋好礼子. Screenplay 名作映画完全セリフ集『サンセット大通り Sunset Boulevard』 八尋晴美 Screenplay 名作映画完全セリフ集『サンセット大通り Sunset Boulevard』. 名古屋: (株)フォーイン スクリーンプレイ事業部; 2011. p.183
102 .
荒木剛, 今村浩司, 片岡靖子, 永田千鶴, 畑香理, 古野みはる, 本郷秀和, 松岡佐智, 村山浩一郎, 渡邊暁.   鬼崎信好 コメディカルのための社会福祉概論. 東京都: 講談社; 2012. p.12-21
103 .
黒木まどか. 歯科衛生士国試対策集2013年対応1-21回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策研究会 . 東京都: クインテッセンス出版; 2012. p.P167,P170-174,P200,P311-314
104 .
後藤加寿子. 歯の欠損と治療、補綴治療時の診療補助 歯科衛生士国試対策集2013年対応1-21回全重要問題解説集 . 東京都: クインテッセンス出版; 2012. p.140-148,275-278,301-302,311,321-322,331-332
105 .
松尾忠行. 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2013年対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2012. p.56-76
106 .
力丸哲也. 歯・歯髄・歯周組織の疾患と治療 歯周病予防処置 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2013年対応第1~21回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2012. p.p126-p140 p180-p200 p300-p301 p305-p307 p311 p320-p321 p324-p326 p331
107 .
冨永晋二.   歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2013年対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2012. p. 
108 .
Ohki M, Takase F, Yoshimura K, Shinohara I, Malcolm S, Yamashita Y, Nagai T, Tanaka M, Miyauchi S, Kobayashi A, Sunagawa N. Movies with Environmental Issues : Chapter 2 Avatar Movies with Environmental Issues. 東京: 金星堂; 2012. p.65
109 .
貴島聡子. P321,P331 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2013年対応第1~21回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2012. p.321,331
110 .
石井綾子. 歯科衛生士国試対策集2013年度対応1~21回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2013年度対応1~21回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2012. p.P297~230.P306.P310.P315~P317.P324
111 .
長環. 微生物学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2013年度対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2012. p.42-48
112 .
黒木まどか. 歯科衛生士概論、う蝕予防処置 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2014年度対応1~22回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2013. p.109、204-215、314、333-335
113 .
松尾忠行. 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2014年対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p.p.56-77
114 .
後藤加寿子. 歯の欠損と治療、補綴治療時の診療補助 歯科衛生士国試対策集2014年対応. 東京: クインテッセンス出版; 2013. p.p.141-149,281-286,309, 330,340-341
115 .
冨永晋二.   歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2014年対応. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p. 
116 .
升井一朗. Part 1 第2章 先天異常と発育異常 池辺哲郎・升井一朗 新・歯科衛生士教育マニュアル 口腔外科学・歯科麻酔学. 東京: クインテッセンス出版; 2013. p.39~47
117 .
升井一朗. Part 2 第10章 神経系疾患 池辺哲郎・升井一朗ほか 新・歯科衛生士教育マニュアル. 東京: クインテッセンス出版; 2013. p.140~145
118 .
貴島聡子.   歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2014年対応第1~22回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p.312,320,328
119 .
廣瀬武尚. 不正咬合と治療・歯科保健指導 歯科衛生士国試対策研究会 2013年度対応 第1~21回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス; 2013. p.p159-166、p212-241
120 .
力丸哲也. 歯・歯髄・歯周組織の疾患と治療 歯周病予防処置 歯科衛生士国試対策集 2014年対応第1~22回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2013. p.p127-p141 p183-p203
121 .
後藤加寿子. 歯の欠損と治療、補綴治療時の診療補助 歯科衛生士国試対策集2015年対応1-23回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2014. p.147-154、288-293
122 .
貴島聡子. 歯科衛生士国試対策集 2015年対応第1~23回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2014. p.126,127,129,277,326
123 .
鬼崎信好, 古野みはる, 荒木剛, 今村浩司, 片岡靖子, 永田千鶴, 畑香理, 本郷秀和, 松岡佐智, 村山浩一郎, 渡邊暁.   鬼崎信好 コメディカルのための社会福祉概論. 東京: 講談社; 2014. p.P12~P23
124 .
歯科衛生士国試対策研究会, 古野みはる.      歯科衛生士国試対策集2015年対応1-23回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2014. p.P96~P99
125 .
力丸哲也, 廣瀬武尚, 井上勇介, 堀部晴美, 松尾忠行, 後藤加寿子, 貴島聡子, 黒木まどか, 石井綾子, 前田豊美. 歯髄・歯周組織の疾患と治療 歯周病予防処置 歯科衛生士国試対策集 2015年対応 第1~23回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2014. p.132-147, 190-211
126 .
黒木まどか. う蝕予防処置 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2015年対応第1~23回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2014. p.p211-222,p319-322,p341,p342,p347
127 .
八尋春海, 高瀬文広, 鶴田知嘉香, 鶴田里美香, 吉村圭, 山崎祐一, 篠原一英, 秋好礼子. 翻訳・解説・コラム 八尋春海 Screenplay 名作映画完全セリフ集 STAND BY ME スタンド・バイ・ミー. 名古屋: 株式会社フォーイン スクリーンプレイ事業部; 2014. p.139
128 .
歯科衛生士国試対策研究会, 冨永晋二. 歯科麻酔学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2014. p. 
129 .
廣瀬武尚. 不正咬合と治療・歯科保健指導 歯科衛生士国試対策研究会 2014年度対応 第1~22回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス; 2014. p.p161-168、p216-247
130 .
八尋晴海, 高瀬文広, 秋好礼子, 新山美紀, 中島千春, 藤山和久, 樋口真弓, 松尾祐美子, 藤原まみ, 石橋一樹.   八尋晴海 名作映画完全セリフ集スクリーンプレイシリーズ170 『食べて、祈って、恋をして』. 名古屋: 株式会社フォーイン スクリーンプレイ事業部; 2014. p.179
131 .
前田豊美. 歯科衛生士国家試験対策集 2016年対応 第1~24回全重要問題解説集.東京:クインテッセンス出版株式会社:2015.p315,321,334-335,347 歯科衛生士国家試験対策集 2016年対応 第1~24回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2015. p.p315,321,334-335,347
132 .
力丸哲也. 歯・歯髄・歯周組織の疾患と治療 歯周病予防処置 歯科衛生士国試対策集 2016年対応第1~24回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2015. p.p133-p148 p191-p210
133 .
貴島聡子. 歯科衛生士国試対策集 2016年対応第1~24回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2015. p.130,277,316,335
134 .
貴島聡子. 第48章妊娠中の患者The Pregnant Patient ウィルキンス歯科衛生士の臨床 原著第11版 日本語版翻訳(共著) ウィルキンス歯科衛生士の臨床 原著第11版. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2015. p.684-694
135 .
後藤加寿子. 歯の欠損と治療、補綴治療時の診療補助 歯科衛生士国試対策集2016年対応1-24回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2015. p.p148-155,288-293
136 .
升井一朗. 口腔・顎顔面外科の患者 ウィルキンス歯科衛生士の臨床 原著第11版. 東京: 医歯薬出版; 2015. p.758-769
137 .
瀧内博也, 内藤徹. 高齢者の理解と歯科治療 栢豪洋 新・歯科衛生士教育マニュアル 歯科臨床の基礎と概論. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2015. p.110-120
138 .
升井一朗. 第3章口腔疾患と歯科専門各科3-4顎・口腔領域の疾患と治療 栢 豪洋、升井一朗、石川隆義、山田隆文 歯科臨床の基礎と概論. 東京: クインテッセンス出版; 2015. p.80-90
139 .
曾根田健三, 寶壷貴之, 高瀬文広, 篠原一英, 岡島雄太, 上原寿和子, 一月正充.   曾根田健三 アメリカ映画の名セリフベスト. 名古屋: 株式会社フォーイン スクリーンプレイ事業部; 2015. p.253
140 .
黒木まどか. 第Ⅷ編 特別な配慮を要する患者:第48章妊娠中の患者The Pregnant Patient(共筆) ウィルキンス 歯科衛生士の臨床 原著第11版. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2015. p.684−694
141 .
高瀬文広, 吉村圭, 鶴田里美香, 鶴田知嘉香, Nikandrov Nikolai, 浦田毅彦, 岡崎修平, イネス多恵子, 鹿子木一郎, 藤山和久, 鹿子木リンダ. 映画で学ぶ 英語で楽しむ English Delight of Movie English and TOEIC 高瀬文広 映画で学ぶ 英語で楽しむ English Delight of Movie English and TOEIC. 京都: ミネルヴァ書房; 2015. p.p.1-p.98
142 .
黒木まどか. 歯科予防処置論:う蝕予防処置 歯科衛生士国試対策集 2016年対応 第1〜24回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2015. p.210−221,320,322,323341,342,347
143 .
前田豊美. 歯科衛生士概論、歯科臨床の基礎 歯科衛生士国試対策集 2017年対応 第1~25回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2016. p.p104-118,306,316,317,318,324,335,336
144 .
中園栄里. 栄養・食生活の基礎 生活指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2017年度対応1~25回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2016. p.98-100, 236
145 .
貴島聡子. 歯科保存修復学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2017年対応第1~25回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2016. p.P306,324,325
146 .
歯科衛生士国試対策研究会, 冨永晋二. 麻酔科学分野 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京都: クインテッセンス出版; 2016. p.157他
147 .
後藤加寿子. 歯科衛生士国試対策集2017年度対応 歯科衛生士国試対策集2017年度対応. 東京都: クインテッセンス出版; 2016. p.pp.127-133,273-278
148 .
黒木まどか. 歯科予防処置論:う蝕予防処置 歯科衛生士国試対策集 2017年対応 第1-25回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2016. p.p201−212、p312-314、p331、p332
149 .
貴島聡子. 保存修復55項目 すぐひける、現場で役立つ歯科衛生士のためのポケット版最新歯科用語辞典. 東京: クインテッセンス出版; 2016. p.p8-350
150 .
歯科衛生士国試対策研究会, 冨永晋二. 第26回国家試験問題(2017年3月実施)ほか 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2018年対応. 東京都文京区: クインテッセンス出版; 2017. p.333他
151 .
貴島聡子. 保存修復学 歯科衛生士国試対策集2018年対応第1~26回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2017. p.p311,330,331
152 .
後藤加寿子. 歯の欠損と治療、補綴治療時の診療補助 歯科衛生士国試対策集2015年対応1-23回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策集2018年対応1-26回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2017. p.p.127-133、273-278
153 .
力丸哲也. 歯・歯髄・歯周組織の疾患と治療、歯周病予防処置 歯科衛生士国試対策集2018年対応第1~26回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2017. p.302,306-308,326-327,
154 .
黒木まどか. 特集:口腔ケア用品の選択と使用~高齢者の口腔・義歯清掃から機能訓練まで~[口腔保湿剤] デンタルハイジーン 37巻12号. 東京都: 医歯薬出版株式会社; 2017. p.pp.41-43
155 .
黒木まどか. 歯科予防処置論:う蝕予防処置 歯科衛生士国試対策集 2018年対応 第1-26回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2017. p.p.p186-197、p306、p307、p317、p325-327
156 .
升井一朗. 手術に必要なコミュニケーション ―タイムアウト 中島丘、長坂浩 磨こう!コミュニケーション・センス 歯科医院での医療安全のために. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2017. p.61-64
157 .
中園栄里. 歯科保健指導論 生活習慣指導 食生活指導 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2018年度対応1~26回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2017. p.219-231
158 .
升井一朗. 第4章 ⑬口腔外科用機器 合場千佳子、末瀨一彦、畠中能子、升井一朗、松井恭平、山田小枝子 最新歯科衛生士教本 歯科機器. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2017. p.133-149
159 .
升井一朗, 前田豊美. 第4章 ⑥歯科麻酔時の診療補助 松井恭平、合場千佳子、高阪利美 最新歯科衛生士教本 歯科診療補助論 第2版. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2017. p.161-172
160 .
内藤徹, 秋竹純, 牧野路子, 水谷慎介. 高齢者の歯科診療はじめの一歩介護介助の基本スキル. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.1-94
161 .
森田浩光, 堀部晴美, 加藤智崇, 常岡由美子. Chapter 9. 事例から学ぶチーム医療4 多職種との協働 -熊本地震の事例から- 槻木恵一 中久木 康一 災害歯科医学. 東京: 医歯薬出版; 2017. p.106-108
162 .
森田浩光, 堀部晴美, 加藤智崇, 常岡由美子. 事例から学ぶチーム医療 4他職種との協働ー熊本地震の事例からー 槻木恵一、中久木康一 災害歯科医学. 東京: 医歯薬出版; 2018. p.106-108
163 .
歯科衛生士国試対策研究会, 冨永晋二. 臨床歯科医学 顎・口腔領域の疾患と治療 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2019年対応. 東京都: クインテッセンス出版; 2018. p.144-148
164 .
黒木まどか. 特集:子どもの口腔保健・地域保健「子どもの歯科・口腔疾患に関する保健統計」 小児看護. 京都府: へるす出版; 2018. p.pp.17-22
165 .
黒木まどか. 歯科予防処置論:う蝕予防処置 歯科衛生士国試対策集 2019年対応 第1-27回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2018. p.p.p190-200、p297、p307、p326、p327
166 .
後藤加寿子. 歯科衛生士国試対策集2019年度対応 歯科衛生士国試対策集2019年度対応. 東京都: クインテッセンス出版; 2018. p.pp.127-133,273-278
167 .
貴島聡子. 歯科保存修復学、歯科薬理学 歯科衛生士国試対策集2019年対応第1~27回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2018. p.P297,P331
168 .
力丸哲也. 歯・歯髄・歯周組織の疾患と治療p114-p129 歯周病予防処置p173-p190 歯科衛生士国試対策集2019年対応第1~27回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2018. p.p1-p382
169 .
後藤加寿子. 歯の欠損と治療、補綴治療時の診療補助 歯科衛生士国試対策集2020年対応1-28回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2019. p.128-135, 274-279
170 .
貴島聡子. 歯科保存修復学、歯科薬理学 歯科衛生士国試対策集2020年対応第1~28回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2019. p.pp300,pp316,317
171 .
歯科衛生士国試対策研究会, 冨永晋二. 顎・口腔領域の疾患と治療 第28回 2019年実施分 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京都: クインテッセンス出版; 2019. p.135-147 313 319 329 332
172 .
黒木まどか. 歯科予防処置論:う蝕予防処置 歯科衛生士国試対策集 2020年対応 第1-28回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2019. p.p.p190-200,p307,p317,p326
173 .
黒木まどか. う蝕予防処置論 歯科衛生士国試対策集2020年対応1~28回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2019. p.190-200, 307,317,326, 327
174 .
田畑洋一, 門田光司, 鬼崎信好, 本郷秀和, 秋竹純. 16,21,28,72,79,90,124,129,237,308,367,372,403 九州社会福祉学会 21世紀の現代社会福祉用語辞典(第2版). 東京: 学文社; 2019. p.1-471
175 .
力丸哲也. 歯髄・歯周組織の疾患と治療 歯科予防処置論 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集 2020年対応 第1~28回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2019. p.p14-p128, p173-p190
176 .
貴島聡子. 歯科薬理学 歯科衛生士国試対策集2021年対応第1~29回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2020. p.301
177 .
後藤加寿子. 歯の欠損と治療、補綴治療時の診療補助 歯科衛生士国試対策集2021年度対応1-29回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2020. p.128-135,278-283
178 .
歯科衛生士国試対策研究会, 冨永晋二. 臨床歯科医学 顎・口腔領域の疾患と治療 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2020. p.144-147,316,319,329
179 .
黒木まどか. う蝕予防処置論 歯科衛生士国試対策集2021年対応1~29回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2020. p.192-203,212,332,333
180 .
川口智弘, 髙橋 裕, 後藤加寿子, 星合愛子. 第8章 有床義歯治療の臨床ステップと診療補助 3 有床義歯 ③装着から調整 歯科衛生士講座 歯冠修復と欠損補綴の治療と診療補助 欠損補綴の治療と診療補助. 京都府: 永末書店; 2020. p.154-157
181 .
中園栄里. 生活指導 食生活指導 歯科衛生士国試対策集2021年対応第1~29回全重要問題解説集. 東京都: クインテッセンス出版; 2020. p.225-227,229-235
182 .
黒木まどか. う蝕予防処置論 歯科衛生士国試対策集2022年対応1~30回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版; 2021. p.p.210-222,339,340,362
183 .
Yanagi Y , Matuura T , Taguchi T . Scaffold-Free biofabrication of liver. Kenzan Method for Scaffold-Free Biofabrication . ドイツ: Springer; 2021. p.79-90
184 .
Yanagi Y, Xiu-Ying Zhang, Nagata K, Taguchi T. Regeneration of the diaphragm. Kenzan Method for Scaffold-Free Biofabrication . ドイツ: Springer; 2021. p.139-147
185 .
田口智章. アジア開発国における小児外科高度医療の国際連携 一般社団法人医療・介護・教育研究財団 第14回業績集 . 日本: 一般財団法人 医療・介護・教育研究財団 ; 2021. p.7-12
186 .
田口智章. 発行によせて 難治性下痢症診断の手引き-小児難治性下痢症診断アルゴリズムとその解説- . 日本: 株式会社診断と治療 ; 2021. p.Ⅳ
187 .
田口智章. Hirschsprung病 クリニカルガイド 小児科 専門医の診断・治療 . 日本: 株式会社南山堂 ; 2021. p.676-680
188 .
森沙耶香. 歯科衛生士国試対策集2022年対応第1~30回全重要問題解説集 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集2020年対応. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2021. p.366
189 .
田口智章. 難治性小児消化器疾患の医療水準向上および移行期・成人期のQOL向上に関する研究(20FC0201) 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業)令和2年度 総括・分担研究報告書 . 日本: 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業) ; 2021. p.全ページ
190 .
Kawakubo N, Taguchi T. Tumors of the head and neck. Pediatric Surgical Oncology. アメリカ: Pediatric Surgical Oncology; 2022. p.91-96
191 .
Kinoshita Y, Taguchi T. Testicular tumors. Pediatric Surgical Oncology . アメリカ: Pediatric Surgical Oncology; 2022. p.240-242
192 .
Souzaki R, Taguchi T. Navigational techniques in pediatric surgical oncology. Pediatric Surgical Oncology . アメリカ: Pediatric Surgical Oncology; 2022. p.439-445
総説  (該当件数: 17 件) 
1 .
日高三郎. 中将湯による骨粗鬆症の予防と治療:ラットモデルによる評価. 薬局. 2000; 51: 1749-1753
2 .
日高三郎. 特集 骨粗鬆症と漢方:ラットモデルによる評価 ―温経湯、八味地黄丸、十全大補湯、中将湯を中心に―. 漢方と最新治療. 2003; 12: 307-312
3 .
大倉義文, 朔啓二郎. スタチンで記憶障害が起きることがあるのか?. 治療. 2006; 88: 705-708
4 .
栢豪洋, 金子憲章, 藤村哲之, 緒方稔泰. 歯周病とブラッシング. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2007; 4: 2-9
5 .
Hidaka S, Okamoto S, Liu SY. Natural products effective on the in vitro formation of calcium phosphate precipitates. J Trad Med. 2009; 26: 201-209
6 .
Hidaka S. Natural products with potential for osteoporosis examined in vivo and in vitro.. J Trad Med . 2009; 26: 1-10
7 .
升井一朗. 特色ある歯科衛生士学生教育と効果的な受験生獲得の事例報告  -福岡医療短期大学について-. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2013; 2: 35~56
8 .
升井一朗. 学位授与機構認定短期大学専攻科における歯科衛生士教育の実情  -福岡医療短期大学認定専攻科について-. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2014; 3: 28~43
9 .
古野みはる. 支援技術の基礎(1)個別支援のあり方~意思決定支援を中心に~. 知的障害福祉研究. 2017; 730: 24-27
10 .
古野みはる. 支援技術の基礎(2)個別支援のあり方~対人援助の基礎~. 知的障害福祉研究. 2017; 731: 42-45
11 .
山口真広, 森田浩光, 都築尊, 加藤智崇, 常岡由美子, 亀井寛子, 首藤沙耶香, 久家雅美, 北野香, 永井淳. 平成29年7月九州北部豪雨における福岡歯科大学による災害時歯科医療支援活動報告. 福岡歯科大学学会雑誌. 2018; 44: 21-25
12 .
山口真広, 森田浩光, 都築尊, 加藤智崇, 常岡由美子, 亀井寛子, 首藤沙耶香, 久家雅美, 北野香, 永井淳. 九州北部豪雨における福岡歯科大学による災害時歯科医療支援活動報告. 福岡歯科大学学会雑誌. 2018; 44: 21-25
13 .
升井一朗, 松尾忠行, 力丸哲也, 堀部晴美, 中園栄里, 末松美保子, 古野みはる, 北村憲司. “口腔機能向上でイキイキ長寿社会の実現” ー文部科学省私立大学研究ブランディング事業における1年間の取組みー. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌 . 2019; 1: p35-p42
14 .
吉丸耕一朗, 松浦俊治, 小幡聡, 小柳和子, 田口智章. 【小児外科疾患における公費負担医療の種類と申請方法】Hirschsprung病類縁疾患 . 小児外科. 2021; 53: 308-312
15 .
Yoshimaru K, Yanagi Y, Obata S, Takahashi Y, Irie K, Omori A, Matsuura T, Taguchi T. Acetylcholinesterase staining for the pathological diagnosis of Hirschsprung’s disease. . Surgery Today. 2021; 51: 181-186
16 .
田口智章, 吉丸耕一朗, 近藤琢也, 黒木まどか, 貴島聡子, 石井綾子. 災害時小児周産期リエゾン . 小児外科. 2021; 53: 1195-1200
17 .
宗崎良太 , 田口智章. 孤立性腸管重複症(後腹膜) . 小児外科. 2021; 53: 990-993
原著論文  (該当件数: 300 件)
1 .
末松美保子. . . ; :
2 .
秋竹純. . . ; :
3 .
末竹規哲, 升井一朗, 山川烈. ネオファジィニューロンを応用した顎変形症術後側貌の予測. Med Imag Tech(日本医用工学会誌). 2000; 18: 688-697
4 .
Takase F, Nakatani Y. Learning Strategies of Japanese EFL Learners. KASELE (The Kyushu Academic Society of English Language Education). 2000; 28: 1-8
5 .
高瀬文広, 中谷安男. 高校生の英語学習方法に関するストラテジーの認識-ニーズ・アナリシスに基づく検証A Study on EFL Learning Strategies among High School Students:Using Needs Analysis. JACET Annual Review of English Learning and Teaching (大学英語教育学会). 2000; 5: 119-129
6 .
Hidaka S, Yamada Y, Wakae H. The bone mineral contents in patients of temporomandibular disorder by a computerized measuring system. 口腔診断誌. 2000; : 245-253
7 .
Hidaka S, Okamoto Y, Yamada Y, Miyazaki K, Kimura T. Alterations in the periodontium after ovariectomy in rats: The effects of a Japanese herbal medicine, Chujo-to. Phytother Res. 2000; : 527-533
8 .
日高三郎, 池田豊子, 知念正剛. イリノイ大学医学部に於ける“医学教育と文学”:”BODY ELECTRIC“掲載の作品について. 比較文化研究. 2000; : 9-18
9 .
田中克江. ケース研究 I .食事を拒否する. 児童心理. 2000; 54: 72-75
10 .
知念正剛. 流体中での滴の運動. 福岡歯科大学教養課程紀要. 2000; : 37-42
11 .
町田弘幸, 福田英明, 有馬洋, 井由紀子, 中島宏, 重松小百合, 大久保優美子, 片山仁, 原田弘美, 佐藤靖典. 高齢者の健康度についての研究-社会活動参加型の高齢者を対象として-. 自然と文化. 2000; : 1-8
12 .
高瀬文広. 日本の若者のCommunication Competenceの研究. 西南英語英文学研究会QUESt. 2000; 17: 13-29
13 .
高瀬文広. An Emic Study of Japanese Young people's Perceptions of Interpersonal Communication Competence. 西南学院大学修士論文. 2000; :  
14 .
末松美保子, 外山真由美. 介護福祉士の段階実習を試みて. 産労総合研究所. 2000;  : 101-112
15 .
Okura Y, Brink M, Itabe H, Scheidegger KJ, Kalangos A, Delafontaine P. Oxidized low-density lipoprotein is associated with apoptosis of vascular smooth muscle cells in human atherosclerotic plaques. Circulation. 2000; 102: 2680-2686
16 .
水谷晃彦, 堀田訓子, 石川博之, 伊東隆三, 福島忠男, 宮崎光治, 井上勇介. 矯正用化学重合型グラスアイオノマーセメントのエナメル質への接着性に及ぼす汚染及び酸処理の影響. 接着歯学. 2001; 19: 133-139
17 .
高橋美如, 尾崎正雄, 今村まり子, 久保山博子, 京極絵美, 本川渉. 乳歯列期小児のカリエスリスク判定に関する研究-齲蝕活動性試験の比較及び応用方法の検討. 小児歯誌. 2001; 39: 13-19
18 .
日高三郎, 大内紘三, 佐久本寿代. 東南アジア地域女性の口腔に関する健康意識調査. 自然と文化;福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2001; 28: 1-8
19 .
Takase F. Intercultural Communication Through Movies: Cultural Analysis Using " The Matrix". STEM Journal (The Society for Teaching English through Media: Republic of Korea). 2001; 12: 182
20 .
高瀬文広. 読解力および聴解力を高める指導とその評価:Risk-Takerを育てる読解力養成の取り組み. 九州地区英語教育研究団体連合会九州地区英語教育研究大会報告書. 2001; 48: 84-90
21 .
高瀬文広. 「日本語コミュニケーション」の研究:積極的な自己開示による『話す力』の養成について. 日本コミュニケーション学会 Proceedings. 2001; 7: 82-93
22 .
高瀬文広. DVDの英語教育機器としての将来性について Future Prospects of English Teaching through DVD Technology. 映画英語教育学会映画英語教育研究. 2001; 6: 45-51
23 .
高瀬文広. 「日本語コミュニケーション」と英語教育との関係についての研究A Study of Relations between "Japanese Communication" and English Education. 九州英語教育学会学会紀要KASELE. 2001; 29: 113-115
24 .
日高三郎. 法華経の中の“歯”、“口”、“舌”. 日歯医史誌. 2001; : 16-21
25 .
Sakamoto H, Hidaka S, Ikeda T, Tang Ann C. Women's health consciousness in the southest Asia area-Comparison among Taiwan, the Philippines, Malaysia, Indonesia and Japan. 九州保健福祉大研究紀要. 2001; : 189-201
26 .
Fukushima T, Inoue Y, Miyazaki K, Ito T. Effect of primers containing N-methylolacry- lamide or N-methylolmethacrylamide on dentine bond durability of a resin composite after 5 years. J Dent. 2001; 29: 227-234
27 .
Fukushima T, Inoue Y, Hayakawa T, Taniguchi K, Miyazaki K, Okahata Y. Preparation of and Tissue Response to DNA-Lipid Films. J Dent Res. 2001; 80: 1772-1776
28 .
Okura Y, Brink M, Zahid AA, Anwar A, Delafontaine P. Decreased expression of insulin-like growth factor-1 and apoptosis of vascular smooth muscle cells in human atherosclerotic plaque. J Mol Cell Cardiol. 2001; 33: 1777-1789
29 .
Hidaka S, Okamoto Y, Yamada Y, Ouchi K. Morphology and Chemical Analysis of the Gizzard Teeth from Sea Hares Aplysia Kurodai Baba and  Aplysia parvula Monck(Gastropoda:Opisthobranchia) (アメフラシとクロヘリアメフラシのGizzard歯の形態と化学分析). 自然と文化;福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2002; 29: 11-17
30 .
Takase F. A Study of the Cross-cultural Comparison of Nonverbal Communication Based on Kinesics through Korean, American and Japanese Movies. STEM Journal (The Society for Teaching English through Media: Republic of Korea). 2002; 13: 227-243
31 .
田中克江. 過干渉の親の抱えるストレス―その背景と心の境界. 児童心理. 2002; 56: 25-29
32 .
田中克江, 安部恒久, 長尾博. 特別企画 相談室20年のあゆみ-未来へのかけ橋. 九州大学心理臨床研究. 2002; 21: 8-9
33 .
日高三郎. 仏の三十二相と歯科医学. 日歯医史誌. 2002; 24: 321-326
34 .
日高三郎, 塚本末廣, 岡本佳三. ポリフェノールとゼラチンの共存がリン酸カルシウム沈殿物形成に与える影響. J Trad Med. 2002; 19: 189-192
35 .
知念正剛. Visual Basic言語でのプログラム教育. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2002; : 25-32
36 .
松尾忠行. 地域の学童および保護者の歯科保健に関するQOLと学校歯科保健状況の関連. 口腔衛生学会雑誌. 2002; 52: 119-134
37 .
香月真理子, 日高三郎, 大内紘三, 稲葉修. トゥースピクによる歯間乳頭マッサージの血流促進効果の評価. 口腔衛生会誌. 2002; 52: 186-189
38 .
北村憲司, 佐藤博信, 栢豪洋, 羽生哲也, 中島與志行, 藤英俊, 本田武司, 阿部興紀, 水田信, 谷口邦久, 上西秀則,宮崎光治,境脩,大関悟,青野一哉. 本学における教員組織の見直し ―大講座制への移行―. 日歯教誌. 2002; 17: 409-419
39 .
日高三郎, 大内紘三, 佐久本寿代. ガム咀嚼が手足の運動応答と適応能に与える効果. 自然と文化;福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2002; 29: 19-24
40 .
高橋美如, 尾崎正雄, 今村まり子, 堀部晴実, 木山純子, 林一郎, 本川渉. 学童期のカリエスリスク判定に関する研究 -齲蝕活動性試験結果と生活習慣に関するアンケート調査結果との関連性について-. 福岡歯科大誌. 2002; 29: 213-219
41 .
城田知子, 大石明子, 篠原明子, 内田和宏, 清原裕, 藤島正敏. 地域高齢者の栄養状態と加齢に伴う10年間の変化:久山町研究. 日老医誌. 2002; 39: 69-74
42 .
今泉綾子, 秋竹純. 介護技術「コミュニケーション」授業方法の一考察. 自然と文化. 2003; : 1-7
43 .
今泉綾子, 秋竹純. 介護保険導入後における福祉施設の経営戦略. 自然と文化. 2003; : 9-30
44 .
Higuchi K, Katayama T, Iwai S, Hidaka M, Horiuchi T, Maki H. Fate of DNA replication fork encountering a single DNA lesion during oriC plasmid DNA replication in vitro. Genes Cells. 2003; 8: 437-449
45 .
日高三郎, 松尾忠行, 大内紘三. 唾液のリン酸カルシウム沈殿物形成抑制能の検査法(A Method for Testing the Salivary Ability against the Formation of Calcium Phosphate Precipitates). 口腔衛生学会雑誌. 2003; 53: 137-144
46 .
Hidaka S. Effects of human saliva on the formation of calcium phosphate precipitates in the presence of glycyrrhiza and tannic acid. 歯基礎誌. 2003; 45: 64-68
47 .
池田豊子, 日高三郎. ロバート・バーンズの”Address to the Toothache”:歯痛について. 自然と文化. 2003; 30: 43-48
48 .
Hidaka S, Liu S Y. Effects of gelatins on calcium phosphate precipitation: A possible application for distinguishing bovine bone gelatin from porcine skin gelatin. J. Foods Comp. Analy. 2003; 16: 477-483
49 .
Hidaka S, Okamoto Y. Effects of fluoride in conjunction with metal ions on the formation of calcium phosphate precipitates. Bull Fukuoka Dent Coll Health Sci. 2003; 30: 31-42
50 .
Okura Y, Hayashi K, Shingu T, Kuga Y, Nomura S, Kajiyama G, Nakashima Y, Saku K. Angiotensin-converting enzyme insertion/deletion genotype is associated with the activities of plasma coagulation factor VII and X independent of triglyceride metabolism. Coron Artery Dis. 2003; 14: 285-291
51 .
升井一朗, 金子憲章, 緒方稔泰, 下河辺宏功, 本間和代, 金子潤. 歯科衛生士を養成する短期大学教員の短期大学と専門学校に対するイメージ調査. 全国短期大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2003; 7: 1-4
52 .
Inoue Y, Fukushima T, Hayakawa T, Kaminishi H, Miyazaki K, Okahata Y. Antibacterial characteristics of newly developed amphiphilic lipids and DNA-lipid complexes against bacteria. J Biomed Mater Res. 2003; 65A: 203-208
53 .
知念正剛. 滴を使っての粘性係数測定. 自然と文化. 2003; 30: 49-51
54 .
Ojima M, Shizukuishi S, Matsuo T, Kanesaki N, Hanioka T. Comparative clinical study in plaque removal efficacy of a new sonic toothbrush (Float-brush) with floating bristle action. J Clin Dent. 2003; 14: 42-44
55 .
Takase F. A Study of Developing English Textbooks and Teaching Methodology through Movies. STEM Journal (The Society for Teaching English through Media: Republic of Korea). 2003; 4: 133-150
56 .
Hidaka S, Okamoto Y, Miyazaki K, Uesugi T. Tha evaluation of a soybean product fuji-flavone P40 as an antiosteoporotic agent in rats. Phytother Res. 2003; 17: 112-119
57 .
末松美保子, 中山文夫. 家族の存在が与える主観的幸福度への影響~施設入所者と通所者の比較~. 産労総合研究所. 2003; 5: 42-45
58 .
日高三郎, 池田豊子. 19世紀西欧の医師の権力とエチケットの役割りの分析. 比較文化研究. 2004; 65: 79-87
59 .
Fukushima T, Hayakawa T, Inoue Y, Miyazaki K, Okahata Y. Intercalation behavior and tensile strength of DNA-lipid films for the dental application. Biomaterials. 2004; 25: 5491-5497
60 .
Okura Y, Takao M, Zhang B, Nakashima Y, Saku K. Cardiovascular Risk Factor profiles and Endothelial Function in Coronary Artery Disease Patients Treated with Statins. Hypertens Res. 2004; 27: 723–729
61 .
Okura Y, Hayashi K, Shingu T, Kajiyama G, Nakashima Y, Saku K. Diagnostic evaluation of acute pancreatitis in two patients with hypertriglyceridemia. World J Gastroent. 2004; 10: 3691-3695
62 .
Hidaka S, Okamoto Y, Arita M. A hot water extract of chlorella pyrenoidosa reduces body weight and serum lipids in ovariectomized rats. Phytother Res. 2004; 18: 164-168
63 .
田中克江. 親面接の「甘え焦点化法」的な読み方. 九州大学心理臨床研究. 2004; 23: 45-46
64 .
田中克江, 吉岡和子. 看護学生に対する合宿型アサーショントレーニングの実践的研究-自己効力感尺度による効果の検討. 自然と文化. 2004; 31: 17-23
65 .
Hidaka S, Okamoto Y, Tono K, Gondo M. Studies on the rate of oral calcium phosphate precipitation and on the crystallinity of the precipitates. I. Effects of fluoride and silicic acid. 自然と文化. 2004; : 1-9
66 .
知念正剛. 高等学校での「情報」科目必修化に備えて. 自然と文化. 2004; 31: 25-30
67 .
安藤智恵, 向野賢治, 武田誠司, 多々良一郎, 荒川規矩男, 大倉義文, 中島與志行, 朔啓二郎. 免疫低下モデルマウスにおける運動強度とMRSA感染症の関連. 臨床と研究. 2004; 81: 303-306
68 .
Hidaka S, Ouchi K. Activation with EGTA treatment of phospholipase A2 from Naja naja and porcine pancreas. 自然と文化;福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2004; : 11-16
69 .
日高三郎, 塚本末廣, 劉勝彦. 漢方薬とヒト唾液の反応性. 和漢医薬学雑誌. 2004; 19: 107-111
70 .
Toh K, Kukita T, Wu Z, Kukita A, Sandra F, Tang QY, Nomiyama H, Iijima T. Possible involvement of MIP-1alpha in the recruitment of osteoclast progenitors to the distal tibia in rats with adjuvant-induced arthritis. Lab Invest. 2004; 84: 1092-1102
71 .
Okamoto Y, Hidaka S, Miyazaki K. Hydroxyapatite crystalline from calcified deposits in heart and tongue of DBA/2NCrj mice. J Fukuoka Dent Coll. 2004; 31: 57-64
72 .
升井一朗, 栢豪洋, 井田高之, 柴谷貴子. 歯学教育における「歯科医師・歯科衛生士によるチーム医療等」に関する教育内容の調査. 全国短期大学歯科衛生士教育協議会誌. 2004; 8: 1-5
73 .
升井一朗, 栢豪洋, 井田高之, 柴谷貴子. 歯学教育における「歯科医師・歯科衛生士によるチーム医療等」に関する教育内容の調査 その2.歯学部卒前教育における”歯科衛生士とのチーム医療の現状. 全国短期大学歯科衛生士教育協議会誌. 2005; 9: 25-28
74 .
高橋美如, 権藤美香, 堀部晴美, 東納恵子, 升井一朗. 介護老人保健施設における口腔介護実習の取り組み―アンケート結果から考察する今後の課題―. 2004年度歯科衛生士専任教員秋期学術研修会報告集. 2005; 1: 122-130
75 .
堀尾恵一, 升井一朗, 熊本将志, 山川烈. 重み付き距離測度に基づく自己組織化マップによる階層型パターン分類法. 電子情報通信学会論文誌. 2005; J88-DII: 2260-2268
76 .
Fukushima T, Hayakawa T, Kawaguchi M, Ogura R, Inoue Y, Morishita K, Miyazaki K. PBS buffer solutions with different pH values can change porosity of DNA/chitosan complexes. Dent Mater J. 2005; 24: 414-421
77 .
松尾忠行, 埴岡隆. 口腔の慢性炎症が健康に影響を及ぼすことの理解と自覚を促すための生活習慣病予防ツールの開発. 日本健康教育学会誌. 2005; 13 suppl: 90-91
78 .
劉中憲, 松尾忠行, 埴岡隆. 外国の文言と画像によるたばこ箱警告表示に対する日本人女性の反応. 日本健康教育学会誌. 2005; 13: 138-139
79 .
Hidaka S, Tsukamoto S, Okamoto Y. In vitro study of the adsorption of Chinese traditional (Kampo) medicines, herbs, and tea to hydroxyapatite. Bull Fukuoka Dent Coll Health Sci. 2005; 32: 17-24
80 .
Hidaka S, Okamoto Y. Frequency of occurrence of spontaneous calcified deposits in heart and tongue of DBA/2NCrj mice. Bull Fukuoka Dent Coll Health Sci. 2005; 32: 25-29
81 .
上西秀則, 小倉理恵子, 豊田美香, 長環, 井上勇介. 抗菌性を有する床用レジンの試作. 医学と生物学. 2005; 149: 194-198
82 .
日高三郎, 池田豊子. 19世紀西欧の医師の権力とエチケットの役割りの分析(2). 比較文化研究. 2005; 68: 31-38
83 .
Nomiyama H, Egami K, Wada N, Toh K, Horiuchi M, Matsusaki H, Miura R, Yoshie O, Kukita T. Identification of genes differentially expressed in osteoclast-like cells. J Interferon Cytokine Res. 2005; 25: 227-231
84 .
馬場史子, 山口佳那子, 木村友美, 田頭美穂, 今村まり子, 尾崎正雄, 馬場篤子, 葉山康臣, 本川渉. 福岡市早良区保健福祉センターに来所した乳幼児に対する口腔内ケアの実態調査. 福岡歯科大学学会雑誌. 2005; 31: 131-139
85 .
埴岡隆, 松尾忠行, 新保秀樹, 松瀬亮一. 職域における歯肉溝滲出液生化学検査の応用-口腔の健康状況およびライフスタイルとの関連性. 口腔衛生学会雑誌. 2005; 55: 543-551
86 .
金崎信夫, 知念正剛. BASICを用いたTeX用論文作成システム. 自然と文化. 2005; 32: 85-95
87 .
有馬洋, 井田高之, 秋竹純, 齊田直樹. 学校週5日制における養護学校通学者の学外生活の実態と意識-市内養護学校通学者の実態調査より-. 自然と文化. 2005; : 9-16
88 .
知念正剛, 金崎信夫. 新入生コンピュータ操作能力の調査と新しいカリキュラムの試み. 自然と文化. 2005; 32: 41-47
89 .
田中克江, 毛利史枝, 知念正剛, 吉岡和子. 介護福祉養成におけるコミュニケーション教育-これまでの養成プログラムの検討. 自然と文化. 2005; 32: 31-40
90 .
日高三郎, 東納恵子, 岡本佳三. 洗口剤によるin vitroリン酸カルシウム沈殿物形成の抑制. 口腔衛生会誌. 2005; 55: 165-172
91 .
東納恵子, 日高三郎, 権藤美香. 緑茶浸出液と市販お茶類飲料水の総ポリフェノール量とゼラチン複合体量の比較. 自然と文化. 2005; 32: 1-7
92 .
Kazuno T, Fukushima T, Hayakawa T, Inoue Y, Ogura R, Kaminishi H, Miyazaki K. Antibacterial activities and bonding of MMA/TBB resin containing amphiphilic lipids. Dent Mater J. 2005; 24: 244-250
93 .
日高三郎, 池田豊子. 19世紀西欧の医師の権力とエチケットの役割りの分析(3)-20世紀の病院医療-. 比較文化研究. 2006; 73: 57-65
94 .
吉岡和子, 太田あや乃, 田中克江. 不登校や引きこもりの家族に対するアサーション・プログラムの開発. 九州大学心理臨床研究. 2006; 25: 105-111
95 .
毛利史枝, 田中克江, 齊田直樹. 介護福祉士養成短期大学におけるコミュニケーション教育の取り組み -2年生短期大学17校の現状と課題-. 自然と文化. 2006; 33: 97-106
96 .
Fukushima T, Hayakawa T, Okamura K, Takeda S, Inoue Y, Miyazaki K, Okahata Y. Buffer solution can control the porosity of DNA-chitosan complexes. J Biomed Mater Res Part B. 2006; 76B: 121-139
97 .
Inoue Y, Fukushima T, Hayakawa T, Ogura R, Kaminishi H, Miyazaki K, Okahata Y. Antifungal activity of DNA-lipid complexes and DNA-lipid films against Candida species. Journal of Biomedical Materials Research. 2006; 76A: 126-132
98 .
Hidaka S, Okamoto Y, Uchiyama S, Nakatsuma A, Hashimoto K, Ohnishi S T, Yamaguchi M. Royal jelly prevents osteoporosis in rats: Beneficial effects in ovariectomy model and in bone tissue culture model. Evid Based Complement Alternat Med. 2006; 3: 339-348
99 .
Hidaka S, Okamoto Y, Tsukamoto S. Calculus and plaque formation in the Japnabese monkeys(Macaca fuscata). 自然と文化. 2006; : 13-16
100 .
Tang QY, KuKita T, Ushijima Y, Kukita A, Nagata K, Sandra F, Watanabe T, Toh K, Okuma Y, Kawasaki S, Rasubala L, Teramachi J, Miyamoto I, Wu Z, Iijima T. Regulation of osteoclastogenesis by Simon extracts composed of caffeic acid and related compounds: successful suppression of bone destruction accompanied with adjuvant-induced arthritis in rats. Histochem Cell Biol. 2006; 125: 215-225
101 .
秋竹純. 足浴が精神の安定に及ぼす影響について-唾液HPを指標にした研究-. 自然と文化. 2006; : 85-88
102 .
末松美保子, 井田高之. 第三者による病院機能評価の現状と課題. 自然と文化. 2006; : 73-83
103 .
知念正剛. 専門教科を素材にした情報教育の試み. 教育システム情報学会研究報告「情報教育の実績と新しい展開」. 2006; 20: 182-185
104 .
知念正剛, 日高三郎, 緒方稔泰, 藤村哲之, 金子憲章. 食品の口腔内残留物の定量的測定 ~玄米茶と玄米茶ゼリーの洗浄効果. 自然と文化. 2006; : 49-54
105 .
Masui I, Horio K, Yamakawa T, Suetake N, Ikebe T, Ozeki S. . . 2006; :
106 .
末松美保子, 日高三郎. 介護現場からの報告-高齢者ケアにおける“心の通い”について-. 自然と文化. 2006; : 1-11
107 .
Kawaguchi M, Fukushima T, Hayakawa T, Nakashima N, Inoue Y, Takeda S, Okamura K, Taniguchi K. Preparation of carbon nanotube-alginate nanocomposite gel for tissue engineering. Dent Mater J. 2006; 25: 719-725
108 .
Hayakawa T, Fukushima T, Kawaguchi M, Inoue Y, Taniguchi K, Kaminishi H. Monitoring of DNA complex formation by means of quartz crystal microbalance. J Oral Tissue Engin. 2006; 4: 61-67
109 .
上西秀則, 小倉理恵子, 長環, 豊田美香, 井上勇介, 松永勝政. 植物製油を添加した歯磨剤の抗菌作用. 医学と生物学. 2006; 150: 117-122
110 .
力丸哲也, 加藤熈, 坂上竜資. 口腔ガス測定器B/BチェッカーTMを用いた口臭測定の検討. 日本歯科保存学雑誌. 2007; 50: 198-202
111 .
田中丸治宣, 大岡知子, 本間和代, 柴谷貴子, 山口恵, 日下和代, 玉木裕子, 嶋野浪江, 貴島聡子, 福田雅臣, 宮崎晶子. 歯科衛生士養成短期大学における学内実習実施状況. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2007; : 26-39
112 .
高瀬文広. 異文化理解教育と映画. 英語教育 The English Teachers' Magazine (大修館書店). 2007; 56: 22-23
113 .
古野みはる. 介護保険制度の改正と今後の課題~福岡県介護保険広域連合の実態を通して~. 福岡県立大学人間社会学部紀要. 2007; 15: 118-119
114 .
Hidaka S, Oishi A. An in vitro study of the effect of some dietary components on calculus formation: Regulation of calcium phosphate precipitation. Oral Dis. 2007; 13: 296-302
115 .
高瀬文広. アメリカ映画にみられる日本人に対するステレオタイプと偏見. 九州大学大学院人間環境学府修士論文. 2007; : 85
116 .
日高三郎, 岡本佳三, 塚本末廣. In Vitro リン酸カルシウム沈殿物形成:フッ化物とアガロースの共存効果. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2007; : 1-6
117 .
升井一朗, 栢豪洋, 堀部晴美, 金子憲章, 緒方稔泰, 有馬洋, 大倉義文. 学科間相互乗り入れ授業による口腔介護教育  -平成18年度特色ある教育支援プログラムに選定されて-. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2007; : 10-16
118 .
升井一朗, 栢豪洋, 堀部晴美, 金子憲章, 緒方稔泰, 有馬洋, 大倉義文. 学科間相互乗り入れ授業による口腔介護教育-平成18年度特色ある教育支援プログラムに選定されて-. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2007; : 10-16
119 .
知念正剛, 金崎信夫. 平成18年度入学者のパソコンリテラシー. JSiSE Research Report. 2007; 21: 100-103
120 .
Fukushima T, Kawaguchi M, Hayakawa T, Takeda S, Inoue Y, Ohno J, Taniguchi K. Drug binding and releasing characteristics of DNA/lipid/PLGA film. Dent Mater J. 2007; 26: 854-860
121 .
Hayakawa T, Fukushima T, Kawaguchi M, Inoue Y. Preparation and tissue response of lipid-coated b-FGF. J Oral Tissue Engin. 2007; 5: 96-103
122 .
斎田直樹, 有馬洋, 秋竹純, 末松美保子, 升井一郎, 栢豪洋, 大倉義文. 施設実習における「口腔ケア」教育取り組み状況と事前教育習熟度との関連について―文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」選定校における取り組みー. 介護福祉教育. 2008; 第13巻: 35-42
123 .
Hidaka S, Okamoto Y, Tsukamoto S, Oishi A. The possible role of starch in oral calcification: Their in vitro formation of hydroxyapatite is regulated by a combination of protein and mineral content in dietary starch flour.. The Open Food Sci. J. 2008; 2: 10-22
124 .
Hidaka S, Okamoto Y, Ishiyama K, Hashimoto K. Inhibition of the formation of oral calcium phosphate precipitates: The possible effects of certain honeybee products. . J.Periodont.Res.. 2008; 43: 450-458
125 .
日高三郎, 知念正剛, 末松美保子, 東納恵子, 岡本佳三. ポリフェノール量を基準とした緑茶(煎茶)浸出液の調製条件とその洗浄効果.. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2008; : 1-8
126 .
Kunitomo E, Terao Y, Okamoto S, Rikimaru T, Hamada S, Kawabata S. Molecular and biological characterization of histidine triad protein in group A streptococci. . Microbes Infect. 2008; 10: 414-423
127 .
古野みはる, 本郷秀和, 佐伯幸雄, 鬼﨑信好. 指定福祉NPOにおける社会福祉士の活動実態と役割-常勤社会福祉士を配置する指定NPOの実態調査を基礎にして-. 九州社会福祉学. 2008; : 1-26
128 .
大和孝子, 永田瑞生, 太田英明, 青峰正裕. コーヒー抽出液によるストレス緩和に関する研究. 食品工業. 2008; 51: 57-63
129 .
Okamoto F, Kajiya H, Toh K, Uchida S, Yoshikawa M, Sasaki S, Kido MA, Tanaka T, Okabe K. Intracellular ClC-3 chloride channels promote bone resorption in vitro through organelle acidification in mouse osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol. 2008; 294: C693-701
130 .
齊田直樹, 有馬洋, 秋竹純, 末松美保子, 升井一郎, 栢豪洋, 大倉義文. 施設実習における「口腔ケア」教育取り組み状況と事前教育習熟度との関連について―文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」選定校における取り組み. 介護福祉教育. 2008; 13: 35-42
131 .
Hidaka S, Okamoto Y, Tsukamoto S. Studies on the rate of oral calcium phosphates precipitation and on the crystallinity of the precipitates. II. Effects of ferric and indium ions. J Fukuoka Dent Coll. 2008; 34: 7-18
132 .
金崎信夫, 知念正剛. 有限な自然数の集合における特定部分集合の要素数. 自然と文化. 2008; 35: 27-34
133 .
知念正剛, 金崎信夫. 「物理学」講義における効果的な演示実験の導入. 自然と文化. 2008; 35: 35-41
134 .
Kawaguchi M, Fukushima T, Hayakawa T, Inoue Y, Ohno J. Pre-intercalated DNA/lipid/PLGA film as a drug carrier. J Oral Tissue Engin. 2008; 6: 97-105
135 .
堀部晴美, 升井一朗, 大石明子, 大倉義文, 貴島聡子, 栢豪洋. 地域支援事業への学生の参画とその教育効果  -「健康と食育・口腔ケアを考える会」を実施して-. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2008; : 29-37
136 .
柴谷貴子, 大岡知子, 畠中能子, 濱本一美, 金子憲章, 荒井桂, 升井一朗. 全国大学歯科衛生士教育協議会会員校専任教員における歯科医療系資格および学位  -2002年度と2007年度の比較-. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2008; : 14-18
137 .
柴谷貴子, 大岡知子, 畠中能子, 濱本一美, 金子憲章, 荒井桂, 升井一朗. 全国大学歯科衛生士教育協議会会員校専任教員における歯科医療系資格および学位―2002年度と2007年度の比較―. 全国大学歯科衛生士教育協議会誌. 2008; 2: 14~18
138 .
堀部晴美, 升井一朗, 大石明子, 大倉義文, 貴島聡子, 栢豪洋. 地域支援事業への学生の参画とその教育効果 ―「健康と食育・口腔ケアを考える会」を実施して―. 全国大学歯科衛生士教育協議会誌. 2008; 2: 29~37
139 .
東納恵子, 貴島聡子, 貴島正子, 松尾忠行, 日高三郎. 本学歯科衛生学科1年生のう蝕予防処置実習における唾液を用いた生化学的実験の実施. 全国大学歯科衛生士教育協議会誌. 2008; 2: 29-37
140 .
古賀 崇了, 堀尾恵一, 升井一朗, 山川 烈. 良否を含む顎矯正手術事例の自己組織化学習による集約とその手術計画立案への援用. 知能と情報. 2008; 20: 41-52
141 .
知念正剛, 金崎信夫. 教科「情報」を履修した学生への情報教育. JSiSE Research Report. 2008; 22: 9-14
142 .
Fukushima T, Kawaguchi M, Hayakawa T, Ohno J, Iwahashi T, Taniguchi K, Inoue Y, Takeda S. Complexation of DNA with cationic polyamino acid for biomaterial purposes. J Oral Tissue Engin. 2008; 6: 24-32
143 .
末松美保子, 秋竹純, 有馬洋, 斎田直樹, 升井一郎, 栢豪洋, 大倉義文. 施設実習における保健福祉・歯科衛生学科学生合同参加による実践「口腔ケア」教育の活性化の検討― 文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」選定校における取り組みー. 介護福祉教育. 2008; 13: 26-34
144 .
古野みはる, 鬼﨑信好, 本郷秀和. 福岡県介護保険広域連合を巡る課題. 九州社会福祉学. 2009; : 79-100
145 .
西山敦子, 永田瑞生, 大和孝子, 青峰正裕. 一酸化窒素は糖尿病マウスの運動量を増加させる. 中村学園大学・短期大学部研究紀要. 2009; : 263-270
146 .
大和孝子, 永田瑞生, 西山敦子, 太田英明, 青峰正裕. マウスの摂食・摂水日内リズムに及ぼすカプサイシンの影響―糖尿病マウスと正常マウスの比較―. 調理食品と技術. 2009; 15: 16-26
147 .
大和孝子, 永田瑞生, 西山敦子, 太田英明, 青峰正裕. 缶コーヒー中の一酸化窒素(NO)含量とそれらの投与によるラット血清中のNO量. ソフト・ドリンク技術資料. 2009; 158: 309-321
148 .
日高三郎, 大石明子. 毎日の食事が口腔内リン酸カルシウム形成に与える影響. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要 岡. 2009; : 1-14
149 .
Hidaka S. Natural products with potential for osteoporosis examined in vivo and in vitro . J Trad. Med. 2009; 26: 1-10
150 .
田中克江, 吉岡和子, 中村晋介, 麦島剛, 岩橋宗哉. 中高年求職者に対する心理的支援プログラムの試み―「福岡県再就職応援セミ ナー」における効果の検討― . 福岡県立大学心理臨床研究. 2009; 1: 81-90
151 .
大倉義文, 栢豪洋. 歯科衛生学科認定専攻科における医学関連教育の実践. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2009; : 22-32
152 .
Fukushima T, Ohno J, Hayakawa T, Kawaguchi M, Inoue Y, Takeda S, Toyoda M, Okahata Y. Mold fabrication and biological assessment of porous DNA-chitosan complexes. . J Biomed Mater Res B Appl Biomater. . 2009; 91 : 746-754
153 .
知念正剛, 金崎信夫. 高等教育での新たな情報教育. JSiSE Research Report. 2009; 23: 12-15
154 .
知念正剛, 金崎信夫. Visual Basic 言語による歯科医師国家試験学習用e-ラーニングシステムの開発. 自然と文化. 2009; : 15-24
155 .
升井一朗, 堀部晴美, 緒方稔泰, 廣瀬武尚, 大倉義文, 栢 豪洋. 介護予防新時代における歯科衛生士の口腔機能向上支援をスキルアップする実践教育ー社会人の学びなおしニーズ対応教育推進プログラムに選定されてー. 全国大学歯科衛生士教育協議会誌. 2009; : 5-8
156 .
Kaneko N, Rikimaru T, Fujimura T, Mori S, Hidaka S, Kaya H. Preparation of rat gingival mitochondria with an improved isolation method. . Int J Dent. . 2010; 275103 : 1-6
157 .
知念正剛. 液体粘度の温度依存性. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀. 2010; : 41-46
158 .
知念正剛. ViSmart粘度センサによる液体粘度の測定. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2010; : 47-50
159 .
Hidaka S, Oishi A, Kuroki M. The influence of Japanese-type and Western-type meals in the formation of oral calcium phosphate precipitates. Nature and culture. 2010; : 1-16
160 .
Nakamura T, Meshitsuka S, Kitagawa S, Abe N, 中略, Sekiguchi M, Yamagata Y. Structural and dynamic features of the MutT protein in the recognition of nucleotides with the mutagenic 8-oxoguanine base. J Biol Chem. 2010; 285: 444-452
161 .
末松美保子, 青野一哉. 高齢者介護の危機的状況下での介護福祉士の資質向上お よび処遇改善方策を考える. 産労総合研究所介護人材Q&A. 2010; : .
162 .
田中丸治宣, 藤原愛子, 本間和代, 吉田 隆, 日下和代, 宮田隆義, 長谷徹, 佐藤治美, 石川隆義, 大岡知子, 升井一朗. 歯科衛生士養成大学・短期大学入学者の入学志望動向. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2010; 4: 13-22
163 .
Kajiya H, Okamoto F, Nemoto T, Kimachi K, Goto K, Nakayana S, Okabe K. RANKL-induced TRPV2 expression regulates osteoclastogenesis via calcium oscillations. . Cell Calcium. . 2010; 48: 260-269
164 .
高瀬文広. 「高等学校学習指導要領案」の中身と学校現場での様々な反応予測について. 比較文化研究. 2010; 1: 1-4
165 .
末松美保子, 青野一哉. 高齢者介護の危機的状況下での介護福祉士の資質向上および処遇改善方策を考える. 介護人材Q&A. 2010; : 1~12
166 .
末松美保子, 齊田直樹, 秋竹純, 大倉義文, 高瀬文広. 地域と連携した介護予防コミュニケーション授業の展開-高齢者との関わり方のスキルを高めるための体験学習. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要『自然と文化』. 2011; : 1-7
167 .
秋竹純, 齊田直樹, 末松美保子, 古野みはる, 永田瑞生, 高瀬文広, 知念正剛, 大倉義文. 本学における介護福祉士等「潜在的有資格者再就業支援研修」の実践報告-平成22年度福岡県福祉介護人材確保臨時対策事業実施後のアンケートより-. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要『自然と文化』. 2011; : 9-14
168 .
古野みはる. 高齢者虐待・DV防止法の支援課題-高齢者夫婦のDV事例を通して-. 九州社会福祉学. 2011; : 105-117
169 .
貴島聡子, 升井一朗, 堀部晴美, 廣瀬武尚, 栢 豪洋, 田中丸治宣, 柴谷貴子, 本間和代. 歯科衛生士教育における要支援・要介護高齢者への口腔ケア教育の現状 -全国大学歯科衛生士教育協議会加盟校における調査報告-. 全国大学歯科衛生士教育協議会会誌. 2011; 5: 21-27
170 .
黒木まどか, 堀部晴美, 末松美保子, 日高三郎, 栢 豪洋. 市販保湿剤における口腔内の脱灰と石灰化に対する効果の可能性:Ⅰ.pHと滴定酸性度の測定. 日本口腔ケア学会雑誌. 2011; 5: 16-21
171 .
笹本実, 鈴木奈央, 渡辺猛, 力丸哲也, 鬼塚得也, 永井淳, 森智昌, 加藤熈 , 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル)のメルカプトエタノールに対するin vitro での消臭効果について. 日歯保存誌. 2011; 54: 97-102
172 .
Goto K, Kajiya H, Nemoto T, Tsutsumi T, Tsuzuki T, Sato H, Okabe K. Hyperocclusion Stimulates Osteoclastogenesis via CCL2 Expression . J Dent Res. 2011; 90: 793-798
173 .
知念正剛, 日高三郎, 黒木まどか. ViSmart 粘度計による口腔保湿剤の粘度測定. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2011; : 21-25
174 .
松尾忠行, 松本亜矢子, 内藤徹, 鈴木奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 若年女性における口臭の自覚に関連する因子の検討. 日本口臭学会会誌. 2011; 2: 25-31
175 .
塚本末廣, 黒木まどか, 日高三郎. 口腔乾燥症に適用される漢方製剤のin vitroにおけるリン酸カルシウム沈殿物形成抑制について. 老年歯学. 2011; 26: 291-297
176 .
高瀬文広, 大倉義文, 知念正剛, 末松美保子, 秋竹純, 齊藤直樹, 古野みはる, 永田瑞生, 栢豪洋. 「コレクト」を活用した就業力・学習支援の取り組みに関する研究. 福岡歯科大学学会. 2011; 37: 125-132
177 .
Goto K, Kajiya H, Nemoto T, Tsutsumi T, Sato H, Okabe K. Hyperocclusion Stimulates Osteoclastogenesis via CCL2 Expression. J Dent Res. 2011; :
178 .
笹本実, 鈴木奈央, 渡辺猛, 力丸哲也, 鬼塚得也, 永井淳, 森智昌, 加藤熙, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果について. 日歯保存誌. 2011; 54: 97~102
179 .
Nagata T, Nishiyama A, Yamato T, Obata T, Aomine M. Diabetes modulates ethanol-induced increase in serotonin release from rat hippocampus: an in vivo microdialysis study.. Nutr Neurosci.. 2011; 14: 96-105
180 .
古野みはる. 福岡県における成年後見センターの現状. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要『自然と文化』. 2011; : 15-20
181 .
黒木まどか, 堀部晴美, 日高三郎, 栢豪洋. 市販保湿剤における口腔内の脱灰と石灰化に対する効果の可能性 Ⅱ.In vitro リン酸カルシウム沈殿物形成に対する影響. 日本口腔ケア学会雑誌. 2012; 6: 32-39
182 .
永田瑞生, 西山敦子, 大和孝子, 平山隼人, 仁後亮介, 青峰正裕. 高血糖はストレス抵抗性を減弱するか. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要,第39 号,2012 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2012; : 1-11
183 .
知念正剛, 日高三郎, 黒木まどか. 微少量液体での粘度測定. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2012; : 13-18
184 .
末松美保子, 黒木まどか, 古野みはる, 松吉綾子, 秋竹純, 齊田直樹, 前田豊美. 複数の学科学生の学生合同参加による「口腔ケア実習」教育を活用した他職 種理解と職種間連携学習の効果-文部科学省「大学生の就業力支援育成事 業」選定校における取組み-. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2012; : 19-27
185 .
三谷泰, 古野みはる, 永田瑞生, 高瀬文広, 知念正剛, 末松美保子, 秋竹純, 齊田直樹, 大倉義文. グループホームの存在意義と変化する終末期の環境の調査研究 . 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2012; : 29-40
186 .
水城充子, 古野みはる, 高瀬文広, 大倉義文, 知念正剛, 末松美保子, 秋竹純, 齊田直樹, 永田瑞生. 福岡市内での車椅子の利用可能性とバリアフリーの実態調査の研究 . 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要,第39 号,2012 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要,第39 号,2012 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要,第39 号,2012 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要,第39 号,2012 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2012; : 41-52
187 .
秋竹純, 古野みはる. 介護従事者による不適切ケアの現状と今後の課題-実習終了後の介護学生 に対する介護従事者の「不適切ケア」アンケート報告-. 福岡歯科大学・福岡医療短期大学紀要. 2012; : 53-59
188 .
松尾忠行, 松吉綾子, 黒木まどか, 貴島聡子, 升井一朗. 短期大学歯科衛生学科3年生の臨床実習における精神健康度の断面研究. 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2012; 2: 78-83
189 .
吉田隆, 柴谷貴子, 日下和代, 田中宣子, 鈴木幸江, 小菅直樹, 石川隆義, 藤原愛子, 延原靖子, 中石裕子, 升井一朗. 大学課程における歯科衛生士養成教育の質保証に関する研究  -カリキュラムを中心として-. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2012; 28: 67-75
190 .
塚本末廣, 黒木まどか, 日高三郎. リン酸カルシウム沈殿物形成のIn vitro研究:緑茶カテキン‐ゼラチン混合物の歯石形成抑制効果の可能性. 日本老年歯科医学会誌. 2013; 28: 271-276
191 .
Nikandrov N, Takase F. Anna Karenina movie in a mirror of english language education . STEM Journal. 2013; 14: 107-134
192 .
知念正剛, 黒木まどか, 貴島聡子, 前田豊美, 日高三郎. 口腔保湿剤の粘度と水分保持能力との関係について. 老年歯科医学. 2013; 28: 3-9
193 .
Tsutsumi T, Kajiya H, Goto K, Takahashi Y, Okabe K. Hyperocclusion up-regulates CCL3 expression in CCL2- and CCR2-deficient mice.. Journal of dental research. 2013; 92: 65-70
194 .
Hanioka T, Tsutsui A, Yamamoto M, Haresaku S, Shimada K, Watanabe T, Matsuo T, Ojima M. Impact of various effects of smoking in the mouth on motivating dental patients to quit smoking.. International Journal of Statistics in Medical Research. 2013; 2: 40-46
195 .
石川隆義, 吉田隆, 日下和代, 田中宣子, 鈴木幸江, 土田智子, 本間和代, 田中治宣, 柴谷貴子, 延原康子, 升井一朗. 歯科衛生士養成大学・短期大学における教員の専門性並びに研究への認識について. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2013; 2: 21-28
196 .
石井綾子, 米田雅裕, 鈴木奈央, 廣藤卓雄, 井上勇介. 福岡医療短期大学歯科衛生学科臨床実習性の医療安全についての意識調査. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2013; 29: 122-127
197 .
貴島聡子, 黒木まどか, 升井一朗, 日高三郎. In vitro リン酸カルシウム沈殿物形成の研究:過酸化尿素の影響と促進物質の共存効果. 歯科審美. 2014; 26: p8-13
198 .
Nakazono E, Miyazaki H, Abe S, Imai K, Masuda T, Iwamoto M, Moriguchi R, Ueno H, Ono M, Yazumi K, Moriyama K. Discontinuation of leisure time impact-loading exercise is related to reduction of a calcaneus quantitative ultrasound parameter in young adult Japanese females: a 3-year follow-up study. Osteoporos Int.. 2014; 25: 485-495
199 .
Inoue Y, Kawaguchi M, Masui I, Horibe H, Rikimaru T, Kuroki M, Katsumata Y, Mori N, Hayakawa T, Fukushima T. Biological and chemical assessment of DNA/Chitosan complex film. Journal of Hard Tissue Biology. 2014; 23: 399-406
200 .
大倉義文, 古野みはる, 黒木まどか, 栢豪洋. 介護福祉士初年次アクティブ・ラーニング教育におけるルーブリック評価. . 2015; : .
201 .
末松美保子. 『医療的ケア「喀痰吸引」教育の実践と課題  -アンケート調査から捉えた「医療的ケア(喀痰吸引)」教育における学生の認識-』. 介護福祉教育. 2015; 20: 78-83
202 .
力丸哲也, 大倉義文, 栢豪洋. 口腔内ブラッシングによる大脳前頭前野の活性変化についての検討 -近赤外線分光法を用いた機能局在の解析- . 老年歯科医学. 2015; : p329-338
203 .
大倉義文, 黒木まどか, 古野みはる, 力丸哲也, 岩下望, 栢豪洋. ジェネリックスキルと歯科衛生士初年次科目成績との関連  ~Progress Report On Generic Skills (PROG) テストによるジェネリックスキルの測定および育成について~ . 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2015; : p22-31
204 .
大倉義文, 黒木まどか, 古野みはる, 前田豊美, 高瀬文広, 升井一朗, 廣瀨武尚, 力丸哲也, 石井綾子, 栢豪洋. 初年次アクティブ・ラーニング教育におけるルーブリック評価  ~ルーブリック評価の指標を活用する授業プログラム改善の方策~ . 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2015; : p32-45
205 .
大倉義文, 高瀬文広, 黒木まどか, 古野みはる, 前田豊美, 升井一朗, 廣瀨武尚, 力丸哲也, 石井綾子, 栢豪洋. 歯科衛生士初年次教育プログラムへのルーブリック評価の導入 ~マインドマップ活用プログラムにおけるジェネリックスキル評価の方策について~ . 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2015; : p46-56
206 .
黒木まどか, 塚本末廣, 知念正剛, 堀部晴美, 末松美保子, 日高三郎, 栢豪洋. 市販口腔保湿剤の水分保持能力:蒸留水,ヒアルロン酸との比較. 日本口腔ケア学会. 2015; 9: 28−33
207 .
秋竹純. 介護従業者による不適切ケアの現状と今後の課題 ―実習終了後の介護学生に対する介護従事者の「不適切ケア」アンケート報告―. 介護福祉教育. 2015; : 52-56 
208 .
吉田隆, 有泉祐吾, 日下和代, 田中宣子, 鈴木幸江, 土田智子, 本間和代, 久本たき子, 畠中能子, 中村真理子, 升井一朗. 歯科衛生士教育における学生の就学実態からみた学生支援に関する検討-就学状況と学生支援の現状-. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2015; 31: 55-63
209 .
力丸哲也, 大倉義文, 栢豪洋. 口腔内ブラッシングによる大脳前頭前野の活性変化についての検討ー近赤外線分光法を用いた機能局在の解析ー. 老年歯科医学. 2015; 29: 329-339
210 .
大倉義文, 黒木まどか, 古野みはる, 力丸哲也, 岩下望, 栢豪洋. ジェネリックスキルと歯科衛生士初年次科目成績との関連. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2015; : 22-31
211 .
大倉義文, 黒木まどか, 古野みはる, 前田豊美, 高瀬文広, 升井一朗, 廣瀬武尚, 力丸哲也, 石井綾子, 岩下望, 栢豪洋. 初年次導入アクティブ・ラーニング教育におけるルーブリック評価~ルーブリック評価の指標を活用する授業プログラム改善の方策~. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2015; : 32-45
212 .
大倉義文, 高瀬文広, 黒木まどか, 古野みはる, 前田豊美, 升井一朗, 廣瀬武尚, 力丸哲也, 石井綾子, 岩下望, 栢豪洋. 歯科衛生士初年次教育プログラムへのルーブリック評価の導入~マインドマップ活用プログラムにおけるジェネリックスキル評価の方策について~. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2015; : 46-56
213 .
秋竹純. 介護従事者による不適切ケアの現状と今後の課題-実習終了後の介護学生に対する介護従事者の「不適切ケア」アンケート報告-. 「介護福祉教育」No.38. 2015; 38: 52-56
214 .
Yoneda M, Yamada M, Suzuki N, IShii A, Fujimoto A, Masuo Y, Fukuchi H, Morita H, Yamada K, Matsuo T, Uemura R, Koga C, Hirofuji T . Halitosis patients at a newly established satellite dental hospital: Analysis of patients and the role of dental hygienists . International Journal of Clinical Preventive Dentistry. 2015; 11: 7-14
215 .
大倉義文, 古野みはる, 黒木まどか, 栢豪洋. 授業プログラム改善のためのルーブリック評価指標の活用法. 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2015; 6: p.48~60
216 .
前田豊美, 黒木まどか, 貴島聡子, 知念正剛. とろみ調整剤および口腔保湿剤の粘度と水分保持能力の比較. 老年歯科医学. 2016; 31: 9-17
217 .
Ishii A, Yoneda M, Suzuki N, Haraga M, Yamada K, Morita H, Hirahashi K, Koga C, Inoue Y, Hirofuji T. Consciousness and knowledge of nursing home workers about oral malodor. Journal of Oral Hygiene & Health. 2016; 4: DOI:10.4172/2332-0702.1000207
218 .
力丸哲也, 石井綾子, 堀部晴美, 大倉義文, 末松美保子, 前田豊美, 松尾忠行, 井上勇介. 歯科衛生学科リンチ実習生による口腔リハビリテーションの有用性. 福岡歯科大学学会雑誌. 2016; 42ページ: 1-6
219 .
Tsuzuki T, Kajiya H, Goto K, Tsutsumi T, Nemoto T, Okabe K, Takahashi Y. Hyperocclusion stimulates the expression of collagen type XII in periodontal ligament.. Archives of Oral Biology. 2016; 66: 86-91,DOI:10.1016/j.archoralbio.2016.02.009
220 .
大倉義文, 高瀬文広, 古野みはる, 黒木まどか, 末松美保子, 秋竹純, 齊田直樹, 前田豊美, 力丸哲也, 栢豪洋. 介護福祉士初年次導入教育プログラムへのルーブリック評価の導入 ~マインドマップ活用プログラムにおけるジェネリックスキルの評価~. 介護福祉教育. 2016; 21: p.68-80
221 .
大倉義文, 古野みはる, 黒木まどか, 栢豪洋. 介護福祉士卒業後1年目におけるジェネリックスキルの定着度 〜卒後追跡調査を通じたジェネリックスキル評価の有効性について〜. 介護福祉教育. 2016; 21: p.81-92
222 .
大倉義文, 古野みはる, 黒木まどか, 末松美保子, 力丸哲也, 前田豊美, 栢豪洋. 介護福祉人材養成教育におけるジェネリックスキル評価の意義 〜Progress Report On Generic Skills (PROG)テストによるジェネリックスキルの測定と初年次科目成績との関連について〜. 介護福祉教育,. 2016; 21: p.56-67
223 .
升井一朗, 栢豪洋, 本間和代, 佐藤治美, 合場千佳子, 高阪利美, 山田隆文, 土田智子, 池田理恵, 向井正視. ”大学改革支援・学位授与機構”の認定専攻科における歯科衛生士教育の現状. 日本歯科衛生教育学会. 2016; 7: 122-128
224 .
吉田隆, 有泉祐吾, 日下和代, 田中宣子, 鈴木幸江, 土田智子, 本間和代, 久本たき子, 畠中能子, 中村真理子, 升井一朗. 歯科衛生士養成教育における学生の就学実態からみた学生支援に関する検討. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2016; 32: 137-146
225 .
瀬野文, 森田浩光, 木村英隆. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生指導により慢性歯周炎が改善した一症例. 日本臨床歯周病学会会誌. 2017; : in press
226 .
大倉義文, 黒木まどか, 古野みはる, 前田豊美, 力丸哲也, 栢豪洋. 歯科医学関連における自己理解・自己管理に関する学生自己評価の変化―ポートフォリオと学修成果に関する自己評価の特徴について―. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2017; 33: 93-105
227 .
黒木まどか, 前田豊美, 松尾忠行. 動物・植物性食品の粘度と水分保持能力の研究:市販とろみ調整剤と市販口腔保湿剤との比較. 日本口腔ケア学会雑誌. 2017; 12: 11-18
228 .
大倉義文, 黒木まどか, 井上勇介, 古野みはる, 前田豊美, 力丸哲也, 栢豪洋. 歯科衛生士学生教育における主体的な学びを可視化するための教学評価. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2017; : 17~28
229 .
大倉義文, 古野みはる, 黒木まどか, 井上勇介, 力丸哲也, 前田豊美, 栢豪洋. ポートフォリオの取組改善に伴う学修自己管理能力と汎用的能力の伸張  ~質問紙調査による学修成果に関する特徴と経年変化の解析~. 介護福祉教育. 2017; 22: p.40-54
230 .
大倉義文, 古野みはる, 黒木まどか, 井上勇介, 力丸哲也, 前田豊美, 栢豪洋. 大学教学調査による介護福祉教育の主体的な学びに関する検討 ~大学間での共通質問事項を用いた汎用的学生自己評価の活用~ . 介護福祉教育. 2017; 22: p.55-66
231 .
Kawaguchi M, Mori K, Goto K, Ishii A, Ikebe T. Tomographic evaluation of bone regeneration by photothermal stimulation in a rat calvarial defect.. Journal og Oral Tissue Engineering. 2018; 16: 57-64
232 .
Yoneda M, Hirofuji T, Omagari S, Morita H, Ishii A, Matsuo T, Suzuki N, Tsuzuki T, Taniguchi Y, Koga C, Takahashi Y. Evaluation of a new ceramic-containing toothbrush bristle 1. Questionnaire survey on dental hygienist students about its usability and first impressions.. Journal of Oral Hygiene & Health. 2018; 6: 240
233 .
Tsutsumi T, Kajiya H, Tsuzuki T, Goto K, Okabe K, Takahashi Y. Micro-computed tomography for evaluating alveolar bone resorption induced by hyperocclusion.. Journal of Prosthodontic Research. 2018; 62: 298-302
234 .
林下里見, 今村有香. 子どもに利用できる口腔ケア用品. . 2018; : 91-95
235 .
Haresaku S, Aoki H, Makino M, Monji M, Kansui A, Miyoshi M, Yoshida R, Kubota K, Kuroki M, Jinnouchi A, Naito T. Effect of an educational program concerning oral assessment and healthcare on nurses’ performance of oral health checkups in a hospital.. Journal of Oral Hygiene & Health. 2018; 6: 232
236 .
Haresaku S, Aoki H, Makino M, Monji M, Kansui A, Kubota K, Kuroki M, Naito T. Practices, attitudes, and confidence of nurses in the performance of oral health checkups for elderly patients in a Japanese hospital.. Oral Health and Preventive Dentistry. 2018; 16: 517-524
237 .
Ohgi K, Kajiya H, Goto K, Okamoto F, Yoshinaga Y, Okabe K, Sakagami R. Toll-like receptor 2 activation primes and upregulates osteoclastogenesis via lox-1.. Lipids in Health and Disease. 2018; 17: 132
238 .
Tsuzuki T, Tsutsumi T, Goto K, Matsuura T, Taniguchi Y, Kakura K, Kido H. Effect of platform shape on the expression of type XII collagen and cell adhesion molecules in rat oral mucosa.. Journal of Japanese Society of Oral Implantology. 2018; 31: 216-224
239 .
Otsuka Y, Ueda M, Nakazono E, Tsuda T, Jin X, Noguchi K, Sata S, Miyazaki H, Abe S, Imai K, Iwamoto M, Masuda T, Moriguchi R, Nakano S, Tsuda H. Relationship between plasma protein S levels and apolipoprotein C-II in Japanese middle-aged obese women and young nonobese women.. Blood Coagulation & Fibrinolysis. 2018; 29: 39-47
240 .
Rikimaru T, Okura Y. Trigeminal nerve-related cold stimuli activate the cerebral prefrontal cortex regions related to cognitive performance.. The Journal of Fukuoka Dental College. 2018; 44: 85-96
241 .
古賀裕章, 古川徹生, 升井一朗, 堀尾恵一. SOM2およびCCA-SOMを用いた顎顔面骨格形状と嚥下能力との関係性解析. 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌). 2018; 30: 517-524
242 .
Haresaku S, Monji M, Miyoshi M, Kubota K, Kuroki M, Aoki H, Yoshida R, Machishima K, Makino M, Naito T. Factors associated with a positive willingness to practise oral health care in the future amongst oral healthcare and nursing students.. European Journal of Dental Education. 2018; 22: e634-e643
243 .
藤本暁江, 谷口奈央, 永原加那絵, 米田雅裕, 森田浩光, 松尾忠行, 黒木まどか, 貴島聡子, 埴岡 隆, 廣藤卓雄. 各種洗口剤の口臭に対する即時的な抑制効果の比較. 日本口臭学会雑誌. 2019; :
244 .
井上庸子, 泉喜和子, 城間可奈子, 永嶌勝之, 合屋健, 升井一朗, 下田恒久, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における27年間の顎矯正手術症例の検討. 日本顎変形症学会雑誌. 2019; 29: 51-58
245 .
城間可奈子, 泉喜和子, 井上庸子, 永嶌勝之, 成冨正和, 合屋健, 池邉哲郎. 下顎枝矢状分割術術後における知覚障害の発現と影響因子に関する臨床的研究. 日本顎変形症学会雑誌. 2019; 29: 280-288
246 .
原やよい, 中島富有子, 窪田惠子, 黒木まどか. 精神科看護師の口腔ケアを困難にする要因. バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌. 2019; 21: 61-66
247 .
升井一朗, 松尾忠行, 力丸哲也, 堀部晴美, 中園栄里, 末松美保子, 古野みはる, 北村憲司. "口腔機能向上でイキイキ長寿社会の実現" ー文部科学省私立大学研究ブランディング事業における1年間の取組みー. 全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌. 2019; : 35-42
248 .
Noguchi K, Nakazono E, Tsuda T, Jin X, Sata S, Miya M, Nakano S, Tsuda H. Plasma phenotypes of protein S Lys196Glu and protein C Lys193del variants prevalent among young Japanese women.. Blood Coagulation & Fibrinolysis. 2019; 30: 393–400
249 .
Ishii A, Yoneda M, Matsuo T, Omagari S, Suzuki N, Yamamoto S, Morita H, Taniguchi Y, Koga C, Hirofuji T. Inhibition of protease activity of periodontopathogens by purified lactoferrin and lactoferrin supplement.. Journal of Oral Hygiene and Health. 2019; 7: 1000250
250 .
Tsutsumi T, Tsuzuki T, Kajiya H, Goto K, Tashiro S, Maeshiba M. Establishment of a standardized cell culture system on acrylic resin.. Journal of Fukuoka Dental College. 2019; 45: 75-83
251 .
Tsuzuki T, Kajiya H, Goto K, Tsutsumi T, Kawaguchi T, Okabe K. Effect of aging on histological and functional changes by hyperocclusion in mouse periodontal ligament.. Journal of Fukuoka Dental College. 2019; 44: 119-127
252 .
秋竹純, 本郷秀和, 松岡佐智. 有料老人ホームにおける介護職員の虐待予防に向けた課題―九州内の有料老人ホーム職員の意識調査を通じて―. 地域ケアリング. 2019; 21: 64-68
253 .
都築尊, 鍛治屋浩, 後藤加寿子, 堤貴司, 川口智弘, 岡部幸司. マウス歯根膜のメカニカルストレス受容に加齢が及ぼす影響. 福岡歯科大学学会雑誌. 2019; 44: 119-127
254 .
黒木まどか, 晴佐久悟, 青木久恵, 中島富有子, 窪田惠子, 堀部晴美, 内藤徹. 口腔ケア関連の教育プログラムが歯科衛生学生の口腔ケアに関する意識・認識・態度に及ぼす影響. 口腔衛生学会雑誌. 2020; 70: 152-160
255 .
山口雄一郎, 森永健三, 山口真広, 玉井恵子, 貴島聡子, 嶋田香, 松浦尚志, 城戸寛史, 内藤徹, 升井一朗. 口腔機能低下症の検査の実施状況と課題についての検討―一般開業歯科医師を対象とした Web 質問票による調査―. 老年歯科医学雑誌. 2020; 35: 176-182
256 .
中島富有子, 原やよい, 晴佐久悟, 黒木まどか, 青木久恵, 窪田惠子. 精神疾患患者に対するパタカラ体操の嚥下訓練としての効果. バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌. 2020; 22: 53-58
257 .
山田和彦, 米田雅裕, 石井綾子, 中島正人, 瀬野恵衣, 伊﨑佳那子, 谷口奈央, 廣藤卓雄. 歯科医療従事者の腰痛に関する調査. 福岡歯科大学学会雑誌. 2020; 46: 印刷中
258 .
中島富有子, 原やよい, 黒木まどか, 晴佐久悟, 窪田惠子, 青木久恵. 認知症患者の口腔ケア質向上への教育効果ー精神科看護師の認識の変化ー . 看護と口腔医学. 2020; 3: 29ー37
259 .
中島富有子, 原やよい, 窪田惠子, 黒木まどか. 「口腔ケアにおける看護師と精神科医師との連携尺度」の開発と妥当性の検討(査読付). 口腔衛生学会雑誌. 2020; 70: 86-93
260 .
Haresaku S, Nakashima F, Hara Y, Kuroki M, Aoki H, Kubota K, Naito T. Associations of oral health-related quality of life with age, oral status, and oral function among psychiatric inpatients in Japan: a cross-sectional study.. BMC Oral Health. 2020; 20: 361
261 .
中島富有子, 原やよい, 窪田惠子 , 黒木まどか. 「口腔ケアにおける看護師と精神科医師との連携尺度」の開発と妥当性の検討. 口腔衛生学会雑誌. 2020; 70: 86ー93
262 .
Iwanaka T, Yamaza T, Sonoda S, Yoshimaru K, Matsuura T, Yamaza H, Ohga S, Oda Y, Taguchi T . A model study for the manufacture and validation of clinical-grade deciduous dental pulp stem cells for chronic liver fibrosis treatment.. Stem Cell Research & Therapy. 2020; 11: 134
263 .
Masahata K, Usui N, Nagata K, Terui K, Hayakawa M, Amari S, Masumoto K, Okazaki T, Inamura N, Urushihara N, Toyoshima K, Uchida K, Furukawa T, Okawada M, Yokoi A, Okuyama H, Taguchi T. Risk factors for pneumothorax associated with isolated congenital diaphragmatic hernia: results of a Japanese multicenter study.. Pediatric Surgery International. 2020; 36: 669-677
264 .
Harada N, Yoshizumi T, Matsuura T, Taguchi T, Mori M. Usefulness of microsurgical back-table angioplasty for multiple hepatic arteries in living donor liver transplantation.. Annals of Gastroenterological Surgery. 2020; 4: 735-740
265 .
Hiyama E, Hishiki T, Watanabe K, Ida K, Ueda Y, Kurihara S, Yano M, Hoshino K, Yokoi A, Takama Y, Nogami Y, , Taguchi T, Mori M, Kihira K, Miyazaki O, Fuji H, Honda S, Iehara T, Kazama T, Fujimura J, Tanaka Y, Inoue T, Tajiri T, Kondo S, Oue T, Yoshimura K. Outcome and late complications of hepatoblastomas treated using the Japanese study group for pediatric liver tumor 2 protocol.. Journal of Clinical Oncology. 2020; 38: 2488-2498
266 .
Wada S, Ozawa K, Sugibayashi R, Suyama F, Amari S, Ito Y, Kanamori Y, Okuyama H, Usui N, Sasahara J, Kotani T, Hayakawa M, Kato K, Taguchi T, Endo M, Sago Hhi R. Feasibility and outcomes of fetoscopic endoluminal tracheal occlusion for severe congenital diaphragmatic hernia: A Japanese experience.. Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2020; 46: 2598-2604
267 .
Yamoto M, Ohfuji S, Urushihara N, Terui K, Nagata K, Taguchi T, Hayakawa M, Amari S, Masumoto K, Okazaki T, Inamura N, Toyoshima K, Uchida K, Furukawa T, Okawada M, Yokoi A, Kanamori Y, Usui N, Tazuke Y, Saka R, Okuyama H, Japanese Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group. Optimal timing of surgery in infants with prenatally diagnosed isolated left-sided congenital diaphragmatic hernia: a multicenter, cohort study in Japan.. Surgery Today. 2020; -: -
268 .
秋竹純. 有料老人ホーム管理者と介護職員のストレス状況とケア意識の現状―九州内の介護付き有料老人ホームにおける虐待予防に向けた課題―. 学位論文. 2020; : 1-
269 .
秋竹純. 有料老人ホーム管理者と介護職員のストレス状況とケア意識の現状 ―九州内の介護付き有料老人ホームにおける虐待予防に向けた課題―. 学位論文. 2020; -: 1-
270 .
永田華千代, 窪田惠子, 升井一朗, 嶋田香, 末松美保子, 松尾忠行, 石井綾子, 川尻望, 森沙耶香, 古野みはる, 中島與志行. 高齢者のラジオ体操が口腔内湿潤に及ぼす影響. 看護と口腔医療. 2020; 3: 38-44
271 .
Goto K, Kajiya H, Tsutsumi T, Maeshiba M, Tsuzuki T, Ohgi K, Kawaguchi M, Ohno J, Okabe K. The stromal cell-derived factor-1 expression protected in periodontal tissues damage during occlusal traumatism.. Journal of Hard Tissue Biology. 2021; 30: 63-68
272 .
森沙耶香, 川尻望, 南レイラ, 高木未沙稀, 石井綾子, 黒木まどか, 後藤加寿子, 松尾忠行, 川口稔, 堀部晴美. 学外臨床実習と学内臨床実習における実習機会の整合性を評価する-実習内容と機会の評価-. 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2021; 12: 79-84
273 .
黒木まどか, 青木久恵, 庄山茂子. 一般歯科と審美歯科受診に関する実態調査. 歯科審美. 2021; 34: 1-13
274 .
秋竹純, 本郷秀和. 介護付有料老人ホームに勤務する介護福祉士からみたケア意識とストレス状況―管理者と介護主任相当者が抱える虐待予防に向けた課題―. 福岡県立大学紀要 . 2021; : 123-130
275 .
Moriyama T, Izumi K, Miyahara K, Kajiwara K, Sato M. Statistical analysis of mid-face correction treatment using automated image analysis.. 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE). 2021; -: 604-605
276 .
泉喜和子, 永沼香織, 堀之内康文, 楠川仁悟, 下田恒久, 松本有史, 吉岡泉, 近藤誠二, 喜久田利弘. 福岡顎変形症研究会における3年間の九州地区の実態調査. 日本顎変形症学会雑誌. 2021; 31: 161-171
277 .
Terui K, Tazuke Y, Nagata K, Ito M, Okuyama H, Hayakawa M, Taguchi T, Sato Y, Usui N. Weight gain velocity and adequate amount of nutrition for infants with congenital diaphragmatic hernia.. Pediatric Surgery International. 2021; 37: 205-212
278 .
Okura Y, Rikimaru T. Cold stimuli on the cheeks activate the left ventrolateral prefrontal cortex and enhance cognitive performance.. Journal of Cognitive Enhancement. 2021; 5: 164-175
279 .
秋竹純, 本郷秀和. 介護付有料老人ホームに勤務する介護福祉士からみたケア意識とストレス状況. 福岡県立大学人間社会学部紀要. 2021; 29: 1-
280 .
Takahashi Y, Obata S, Matsuura T, Kawano Y, Yanagi Y, Yoshimaru K, Izaki T, Taguchi T. The experiences of interval appendectomy for inflammatory appendiceal mass.. Pediatrics International. 2021; 63: 88-93
281 .
Yuniartha R, Yamaza T, Sonoda S, Yoshimaru K, Matsuura T, Yamaza H, Oda Y, Ohga S, Taguchi T. Cholangiogenic potential of human deciduous pulp stem cell-converted hepatocyte-like cells. . Stem Cell Res Ther . 2021; 12: 57
282 .
Okawada M, Ohfuji S, Yamoto M, Urushihara N, Terui K, Nagata K, Taguchi T, Hayakawa M, Amari S, Masumoto K, Okazaki T, Inamura N, Toyoshima K, Inoue M, Furukawa T, Yokoi A, Kanamori Y, Usui N, Tazuke Y, Saka R, Okuyama H, Japanese Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group. Thoracoscopic repair of congenital diaphragmatic hernia in neonates: Findings of a multicenter study in Japan.. Surgery Today. 2021; 51: 1694-1702
283 .
Shibui Y, Kohashi K, Tamaki A, Kinoshita I, Yamada Y, Yamamoto H, Taguchi T, Oda Y. The forkhead box M1 (FOXM1) expression and antitumor effect of FOXM1 inhibition in malignant rhabdoid tumor.. Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2021; 147: 1499-1518
284 .
Haruta M, Arai Y, Okita H, Tanaka Y, Takimoto T, Kamijo T, Oue T, Souzaki R, Taguchi T, Kuwahara Y, Chin M, Nakadate H, Hiyama E, Ishida Y, Koshinaga T, Kaneko Y. Frequent breakpoints of focal deletion and uniparental disomy in 22q11.1 or 11.2 segmental duplication region reveal distinct tumorigenesis in rhabdoid tumor of the kidney.. Genes, Chromosomes & Cancer. 2021; 60: 546-558
285 .
Kawano T, Souzaki R, Sumida W, Ishimaru T, Fujishiro J, Hishiki T, Kinoshita Y, Kawashima H, Uchida H, Tajiri T, Yoneda A, Oue T, Kuroda T, Koshinaga T, Hiyama E, Nio M, Inomata Y, Taguchi T, Ieiri S. Laparoscopic approach for abdominal neuroblastoma in Japan: Results from nationwide multicenter survey.. Surgical Endoscopy. 2021; -: -
286 .
Sasaki H, Nio M, Ando H, Kitagawa H, Kubota M, Suzuki T, Taguchi T, Hashimoto T. Anatomical patterns of biliary atresia including hepatic radicles at the porta hepatis influence short- and long-term prognoses.. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2021; 28: 931-941
287 .
Yoshimaru K, Matsuura T, Yanagi Y, Obata S, Takahashi Y, Kajihara K, Ohmori A, Irie K, Hino Y, Shibui Y, Tamaki A, Kohashi K, Oda Y, Taguchi T. Reevaluation of concurrent acetylcholinesterase and hematoxylin and eosin staining for Hirschsprung’s disease.. Pediatrics International. 2021; 63: 1095-1102
288 .
Inoue H, Matsunaga Y, Sawano T, Fujiyoshi J, Kinjo T, Ochiai M, Nagata K, Matsuura T, Taguchi T, Ohga S. Survival outcomes of very low birth weight infants with trisomy 18.. American Journal of Medical Genetics. Part A. 2021; 185: 3459-3465
289 .
Kawano T, Souzaki R, Sumida W, Shimojima N, Hishiki T, Kinoshita Y, Uchida H, Tajiri T, Yoneda A, Oue T, Kuroda T, Hirobe S, Koshinaga T, Hiyama E, Nio M, Inomata Y, Taguchi T, Ieiri S. Current thoracoscopic approach for mediastinal neuroblastoma in Japan-results from nationwide multicenter survey.. Pediatric Surgery International. 2021; 37: 1651-1658
290 .
Sonoda S, Yoshimaru K, Yamaza H, Yuniartha R, Matsuura T, Tomoda E, Murata S, Nishida K, Oda Y, Taguchi T, Ohga S, Tajiri T, Yamaza T. Biliary atresia‑specific deciduous pulp stem cells feature biliary deficiency.. Stem Cell Research & Therapy. 2021; 12: 582
291 .
Nitani C, Hara J, Kawamoto H, Taguchi T, Kimura T, Yoshimura K, Hamada A, Kitano S, Hattori N, Ushijima T, Ono H, Nakamoto M, Higuchi T, Sato A. Phase I study of tamibarotene monotherapy in pediatric and young adult patients with recurrent/refractory solid tumors.. Cancer Chemotherapy and Pharmacology. 2021; 88: 99-107
292 .
森沙耶香, 川尻望, 南レイラ, 高木未沙稀, 石井綾子, 黒木まどか, 後藤加寿子, 松尾忠行, 川口稔, 堀部晴美. 学外臨床実習と学内臨床実習における実習機会の整合性を評価する―実習内容と機会の評価― . 日本歯科衛生教育学会 . 2021; 12: 79-84
293 .
泉喜和子, 永沼香織, 堀之内康文, 楠川仁悟, 下田恒久, 松本有史, 吉岡 泉, 近藤誠二, 喜久田利弘. 福岡顎変形症研究会における3年間の九州地区の実態調査 . 日本顎変形症学会雑誌 . 2021; 31: 161-171
294 .
秋竹純, 本郷秀和 . 介護付有料老人ホームに勤務する介護福祉士からみたケア意識とストレス状況―管理者と介護主任相当者が抱える虐待予防に向けた課題― . 福岡県立大学紀要 . 2021; 29: 123-130
295 .
山口雄一郎, 森永健三, 山口真広, 玉井恵子, 貴島聡子, 嶋田香, 松浦尚志, 城戸寛史, 内藤徹, 升井一朗. 口腔機能低下症の検査の実施状況と課題についての検討-一般開業歯科医師を対象としたWeb質問票による調査- . 老年歯科医学 . 2021; 35: 176-182
296 .
升井一朗, 貴島聡子, 南レイラ, 高田俊輔, 石川博之. 高齢者の口腔機能と咬合との関係に関する予備的研究 . 福岡歯科大学学会雑誌 . 2021; 46: 137-147
297 .
黒木まどか , 青木久恵 , 庄山茂子. 一般歯科と審美歯科受診に関する実態調査 . 歯科審美 . 2021; 34: 1-13
298 .
黒木まどか, 小松美和子, 青木久恵, 庄山茂子. 印象評価に基づく歯と肌の色の色彩調和の検討−女性モデル顔に対する若年女性の評価を用いて−. 歯科審美. 2022; 34: 116-127
299 .
Maeshiba M, Kajiya H, Tsutsumi T, Migita K, Goto K, Kono Y, Tsuzuki T, Ohno J. Occlusal disharmony transiently decrease cognition via cognitive suppressor molecules and partially restores cognitive ability via clearance molecules.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022; 594: 74-80
300 .
Fukahori S, Yagi M, Kawahara H, Masui D, Hashizume N, Taguchi T. Current status of intractable pediatric gastroesophageal reflux disease in Japan: A nationwide survey.. Surgery Today. 2022; -: -
症例報告  (該当件数: 14 件)
1 .
大倉義文, 朔啓二郎, 田代英一郎, 東條秀明, 中島與志行. ニューキノロン薬治療が無効でazithromycinとセフェム系薬との併用療法が著効した長期持続高熱の症例. 新薬と臨床. 2002; 51: 1075-1080
2 .
大倉義文, 朔啓二郎, 東條秀明, 田代英一郎, 中島與志行. 左室拡張機能不全に対してvalsartanが有用であった僧帽弁形成術後心不全症例. 診療と新薬. 2002; 39: 852-857
3 .
伊藤雅樹, 林升, 末原佐枝, 大森桂二, 相澤隆, 林透, 迫田隅男, 升井一朗. 再生不良性貧血患者にみられた上顎正中部含歯性嚢胞の一例. Hospital Dentistry & Oral-Maxillo-facial Surgery. 2003; 15: 147-150
4 .
末原佐枝, 林升, 伊藤雅樹, 大森桂二, 相澤隆, 升井一朗, 迫田隅男. 左側唇顎口蓋裂と両側横顔裂を合併したTreacher-Collins Syndromeの一例. Hospital Dentistry & Oral-Maxillo-facial Surgery. 2003; 15: 143-145
5 .
Okura Y, Nakashima Y, Tojo H, Saku K. Varsartan, an angiotensin II type-I receptor blocker, and left ventricular diastoric function - a case report. Angiology. 2005; 56: 467-473
6 .
黒木まどか, 堀部晴美, 塚本末廣, 日高三郎, 栢豪洋. 口腔保湿剤の水分保持能力―温風乾燥時の残存水分量率と残存重量率―. 老年歯学. 2012; 26: 438-443
7 .
菅亜里沙, 米田雅裕, 原賀真理子, 藤本暁江, 横上悟, 山田和彦, 石井綾子, 廣藤卓雄, 古賀千尋. . . 2014; :
8 .
知念正剛, 南レイラ, 黒木まどか, 前田豊美, 貴島聡子. 口腔保湿剤の常温下乾燥過程での粘度変化. 日本歯科衛生学会雑誌. 2016; 11: 44-49
9 .
Yoneda M, Suzuki N, Fujimoto A, Ishii A, Yamada K, Masuo Y, Iwamoto T, Haraga M, Koga C, Morita H, Inoue Y, Hirofuji T. A case of oral malodor: Improving the motivation of patients by use of bacterial examination. Journal of Oral Hygiene & Health. 2016; 4: DOI:10.4172/2332-0702.1000203
10 .
Yoshimaru K, Taguchi T, Fujiyoshi T, Kono T, Thin Aung NN, Mya Thanda Than, Yin Mar Oo, Thandar Oo, Kakazu M, Miyazaki K, Shibui Y, Takahashi Y, Kohashi K, Shwe EE, Tsuchihashi K, Endo M, Matsuura T, Oda Y, Aye A, Yoshioka H, Yoshioka H . Surgical extirpation of a huge desmoid fibromatosis of the right buttock: Case report of a successful international collaboration.. SN Comprehensive Clinical Medicine. 2021; 3: 1746-1751
11 .
Yoshimaru K, Kaku N, Taku K, Maki J, Taguchi T. Mediastinal emphysema induced by minor intraoral toothbrush injury.. Pediatrics International. 2021; 63: 488-489
12 .
Matsuura T, kohashi K, Kawano Y, Takahashi Y, Yoshimaru K, Yoshizumi T, Oda Y, Mori M, Taguchi T. Successful management to prevent early graft loss due to Seventh-day Syndrome after liver retransplantation: A case report and literature review.. Pediatric Transplantation. 2021; 25: e13907
13 .
Soejima Y, Taguchi T, Matsuura T, Hayashida M, Ikegami T, Yoshizumi T, Maehara Y. Rex shunt for portal vein thrombosis after pediatric living donor liver transplantation.. Annals of Transplantation. 2021; 26: e909493
14 .
Alatas FS, Matsuura T, Yoshimaru K, Kadim M, Taguchi T. Alopecia in children following living related liver transplantation: A case report.. Transplantation Proceedings. 2021; 53: 228-232
発表(特別講演・シンポジウム) (該当件数: 234 件)
1 .
黒木まどか, 知念正剛, 堀部晴美, 日高三郎, 栢豪洋. ヒト唾液と湿潤剤の水分保持能力:乾燥時間と残存重量に対するろ紙表面の残存水分量. 10第10回日本口腔ケア学会, 2013.6.22-23. (福岡市)
2 .
前田豊美, 黒木まどか, 貴島聡子, 末松美保子, 日高三郎, 知念正剛, 栢豪洋. とろみ剤の粘度と水分保持能力の測定:水溶液と緑茶溶液の比較. 第25回日本老年歯科医学会, 2014年6月13日. (福岡県)
3 .
都築尊, 鍛冶屋浩, 後藤加寿子, 堤貴司, 岡部幸司. メカニカルストレスによる歯根膜組織のコラーゲン産生能の加齢による変化. 32日本骨代謝学会学術集会, 2014年7月24日~26日 2014年7月24-26日. (大阪市)
4 .
後藤加寿子, 鍛治屋浩, 都築尊, 堤貴司, 岡部幸司, 佐藤博信, 栢豪洋. 咬合性外傷モデルにおける幹細胞関連ケモカインSDF-1とCXCR4の発現相関. 第42回福岡歯科大学学会総会, 2015.12.13. (福岡)
5 .
堤貴司, 都築尊, 後藤加寿子, 池浦政裕, 勝俣辰也, 高橋裕. マイクロCTを用いた咬合性外傷モデルにおける歯槽骨吸収量の定量的解析.  H29年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会, 2017.8.27. (鹿児島)
6 .
堤貴司, 後藤加寿子, 鍛治屋浩, 岡部幸司. プラットホームスイッチングインプラントモデルにおけるtype-XIIコラーゲンの動態.  第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017.09.18. (長野)
7 .
後藤加寿子, 都築尊, 堤貴司, 佐藤博信. メカニカルストレスにおける幹細胞関連ケモカインSDF-1とCXCR4の発現相関. 第126回第126回日本補綴歯科学会学術講演会, 2017.7.1. . (横浜)
8 .
都築尊, 後藤加寿子, 堤貴司, 新郷由紀子, 中四良, 高橋裕. 歯根膜組織の線維結合型コラーゲン発現の減少がメカニカルストレス感受性に及ぼす影響.  第126回日本補綴歯科学会学術講演会, 2017.7.1. (横浜)
9 .
梶井貴史, 陶山大樹, 泉喜和子, 永嶌勝之. 歯槽部分骨切り術を併用して上顎中切歯の著しい舌側傾斜と過萌出を改善したAngleⅡ級2類症例. 2019日本矯正歯科学会総会, 2019.11.20~22. (長崎)
10 .
平野成美, 梶井貴史, 泉喜和子, 藤田貴寛, 玉置幸雄. 特発性下顎頭吸収を伴う骨格性Ⅱ級患者に対する上下顎同時移動術字の骨片の位置と術後の安定性との関連. 78回日本矯正歯科学会総会, 2019.11. (長崎)
11 .
秋竹純. 介護福祉士養成課程に進学した学生の「ハンセン病」及び「ハンセン病療養所」に関する意識調査―F短期大学学生へのアンケート調査を通じて―. 第25回日本介護福祉教育学会, 平成30年8月23,24日. (宮城県)
12 .
能口健太, 古賀結, 中園栄里, 堀田多恵子, 内海健, 康東天, 津田博子. 日本人健常者におけるプロテインC遺伝子多型の検討. 第38回日本血栓止血学会学術集会, 2016/6/18. (奈良)
13 .
Tsuda H, Noguchi K, Nakazono E, Tsuda T, Jin X. Protein S specific activity, but not protein S activity, can accurately identify the carrier of Protein S Tokushima, a missense mutation with type II deficiency. 9thAPSTH Congress, 2016/10/7. (Taipei, TAIWAN)
14 .
古野みはる, 秋竹純, 永松美菜子. 地域社会における自助互助システムの構築-イキイキ長寿サポーターによる小地域ネットワークの推進(1)現状調査より-. 第59回日本社会福祉学会九州地域部会, 2018年6月9日,10日. (沖縄県)
15 .
宮崎瞳, 上野宏美, 阿部志麿子, 今井克己, 増田 隆, 森口 里利子, 津田博子, 岩本昌子, 中園栄里, 小野美咲, 大部雅代. 若年女性の血清尿酸値とメタボリックシンドローム因子の関連. 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016/5/15. (神戸)
16 .
黒木まどか, 塚本末廣, 知念正剛, 堀部晴美, 日高三郎, 栢豪洋. 口腔ケアジェル(リフレケアⓇH)の保湿能について~ろ紙試験法による他の口腔保湿剤との比較~. 23日本老年歯科医学会, 2012.6.22-23. (つくば)
17 .
前田豊美, 黒木まどか, 貴島聡子, 知念正剛. とろみ調整剤の粘度と水分保持能力について―口腔保湿剤との比較―. 26日本老年歯科医学会総会・学術大会, 2017年6月13日. (横浜)
18 .
Okura Y, Rikimaru T, Kaya H. Facial cheek and intra-oral cold stimulus elicits increased prefrontal cortex activation and improves cognitive performance with Stroop word-color interference test.. 第40回日本神経科学大会, 2017年7月20日―7月23日. (千葉県)
19 .
松吉綾子, 兼松めぐみ, 上村吏絵, 天野郁子, 久保田智彦, 小島寛. 超音波スケーラー使用時の飛沫汚染について(第2報) 原子吸光光度法を用いた分析. Page349第24回障害者歯科学会, 2007年11月24・25日. (長崎市)
20 .
升井一朗, 中山敬介, 岡本愛彦, 池邉哲郎. 上下顎移動術における en bloc 法による上下顎の位置決め法. 第24回日本顎変形症学会, 2014年6/10-11. (福岡市)
21 .
松吉綾子, 上村吏絵, 兼松めぐみ, 上村愛佳, 小島寛. 超音波スケーラー使用時の飛沫汚染について . 第24回障害者歯科学会, 2007年11月24・25日. (長崎市)
22 .
川尻望, 森沙耶香, 高木未沙稀, 石井綾子, 黒木まどか, 秋竹純, 堀部晴美. 本学歯科衛生学科における情報処理実習教育の現状について. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021.12.12-12.19. (福岡)
23 .
堤貴司, 鍛治屋浩, 後藤加寿子, 岡部幸司. CCL2シグナル欠損した咬合性外傷モデルマウスを用いた顎骨吸収時のケモカインの動態解析.  第30回日本骨代謝学会学術集会, 2012.7.19-21. (東京)
24 .
大倉義文. 酸化LDLは早期動脈硬化病変において、炎症細胞から独立した平滑筋細胞内に局在し、アポトーシス変化を誘導する. 34日本動脈硬化学会, 2002年7月18日. (神戸)
25 .
大倉義文, 高雄真樹子, 板部洋之, 朔啓二郎. 大動脈瘤病変における酸化LDLの役割:血管平滑筋細胞アポトーシスとの関連について. 34日本動脈硬化学会, 2002年7月18日. (神戸)
26 .
大倉義文, 衛藤聡, 張波, 斉藤喬雄, 朔啓二郎. 血液透析患者におけるSoluble Fas Ligand の検討. 34日本動脈硬化学会, 2002年7月18日. (神戸)
27 .
大倉義文, 高雄真樹子, 張波, 中島與志行, 朔啓二郎. スタチン治療後の冠動脈疾患患者における危険因子と内皮機能について. 35日本動脈硬化学会, 2003年9月27日. (京都)
28 .
大倉義文, 板部洋之, 小野広一, 中島與志行, 朔啓二郎. 酸化LDLはインスリン様成長因子(IGF-1)を介して動脈硬化プラーク平滑筋細胞のアポトーシス変化に関係している. 36日本動脈硬化学会, 2004年7月23日. (福岡)
29 .
大倉義文, 衛藤聡, 張波, 斉藤喬雄, 中島與志行, 朔啓二郎. 血液透析患者における可溶性Fas Ligand とmalnutritionとの関連. 36日本動脈硬化学会, 2004年7月23日. (福岡)
30 .
Okura Y, Rikimaru T, Aou S, Kaya H, Yamakawa T. The evaluation of the effect of intra-oral cold stimulus on the activity of prefrontal cortex in young adult subjects. p3-228日本神経科学大会, 2014年9月11日~13日. (横浜)
31 .
大倉義文, 衛藤聡, 張波, 斉藤喬雄, 中島與志行, 朔啓二郎. 非糖尿病性末期腎不全における可溶性Fas ligand とmalnutritionとの関連. 37日本動脈硬化学会, 2005年7月15日. (東京)
32 .
大倉義文, 衛藤聡, 小野広一, 張波, 斉藤喬雄, 中島與志行, 朔啓二郎. 糖尿病性末期腎不全における可溶性Fas Ligand とインスリン様成長因子-1の検討. 38日本動脈硬化学会, 2006年7月14日. (東京)
33 .
Okura Y, Saku K, Itabe H. Oxidized Low Density Lipoprotein is Associated with Apoptosis of Vascular Smooth Muscle Cells in Human Atherosclerotic Plaques. 65日本循環器学会, 2001年3月26日. (京都)
34 .
Okura Y, Itabe H, Ono K, Nakashima Y, Saku K. Oxidized low density lipoprotein is associated with medial degeneration and smooth muscle cell apoptosis in the human aortic aneurysmal lesions. 67日本循環器学会, 2003年3月29日. (福岡)
35 .
森沙耶香, 川尻望, 石井綾子, 黒木まどか, 後藤加寿子, 川口稔, 堀部晴美. 学外臨床実習導入に伴う実習機会の整合性を評価する-実習内容と機会の質的評価-. 第11回日本歯科衛生教育学会学術大会, 2020.12.18~12.28. (WEB上開催)
36 .
Okura Y, Ono K, Takao M, Nakashima Y, Saku K. Decreased Expression of Insulin-like Growth Factor-I is associated with Apoptosis of Vascular Smooth Muscle Cells in Human Atherosclerotic Plaque. 67日本循環器学会, 2003年3月28日. (福岡)
37 .
Okura Y, Itabe H, Ono K, Nakashima Y, Saku K. Downregulation of microfilament expression in atherosclerotic plaque is mediated by oxidized low-density lipoprotein. 13国際動脈硬化学会, 2003年9月29日. (京都)
38 .
Okura Y, Ono K, Nakashima Y. Oxidized LDL modulates apoptosis of atherosclerotic plaque vascular smooth muscle cells via regulation of the insulin-like growth factor-1 system. 77アメリカ心臓病学会, 2004年11月9日. (New Orleans)
39 .
Okura Y, Ono K, Itabe H, Nakashima Y, Saku K. Oxidized LDL Modulates Apoptosis of Human Atherosclerotic Plaque Smooth Muscle Cells via Regulation of the Insulin-Like Growth Factor-1 System. 69日本循環器学会, 2005年3月20日. (横浜)
40 .
Okura Y, Nakashima Y, Takao M, Saku K. Association between Plasma Lipoprotein(a) And Endothelial Dysfunction in Male Patients with Myocardial Infarction. 69日本循環器学会, 2005年3月20日. (横浜)
41 .
前芝宗尚, 鍛治屋浩, 堤貴司, 都築尊, 後藤加寿子, 大野純. 咬合不正による認知症発症物質の増加効果. 第47回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2020.12-2021.1. (Web )
42 .
Okura Y, Nakashima Y, Ono K, Saku K. Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitor Improves Diastolic Dysfunction And Symptoms in Ischemic Diastolic Heart Failure. 69日本循環器学会, 2005年3月21日. (横浜)
43 .
森山剛, 泉喜和子, 宮原慧, 梶原弘一郎, 佐藤守. Statistical analysis of midface correction treatment using automated image analysis.. 10回目IEEE GCCE, 2021.10.12. (京都)
44 .
南レイラ, 貴島聡子, 升井一朗. 天然歯列者と義歯使用者の口腔機能の比較. 第30回日本老年歯科医学会, 2019.6.6-8. (仙台市)
45 .
Moriyama T, Izumi K, Miyahara K, Kajiwara K, Sato M. A quantitative evaluation of forehead correction treatment using automated image analysis.. 3rdGlobal Conference on Life Sciences and Technologies, 2021.3.9-11. (Nara)
46 .
時任高聖, 都築尊, 坂井拓弥, 加倉 加恵, 谷口祐介, 堤貴司, 後藤加寿子, 城戸寛史. インプラントオーバーデンチャー装着後に高い口腔関連QOLを維持した1症例. 49日本口腔インプラント学会, 2019.9.. (福岡)
47 .
Moriyama T, Izumi K, Miyahara K, Kajiwara K, Sato M. Statistical analysis of midface correction treatment using automated image analysis.. 10thGlobal Conference on Consumer Electronics, 2021.10.13-15. (Kyoto)
48 .
中村ほのか, 泉喜和子, 中川綾華, 阿志谷璃央, 峰可蓮, 宮原慧, 田口智章. 顎変形症患者における手術後の栄養管理について. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021.12.12. (Fukuoka)
49 .
都築尊, 鍛治屋浩, 後藤加寿子, 堤貴司, 岡部幸司. 歯根膜組織の線維結合型コラーゲンXII発現の減少が咬合性メカニカルストレスに対する抵抗性を減弱させる. 第34回日本骨代謝学会, 2016.7.21. (大阪)
50 .
富沢美沙, 勝俣由里, 泉喜和子, 井上庸子, 永嶌勝之, 城間可奈子, 冨永宗嗣, 池邉哲郎. 12年後に再手術を必要とした開咬症の一例. 第29回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2019/6/8-9. (東京)
51 .
宮崎瞳, 上野宏美, 今井克己, 阿部志麿子, 増田隆, 森口里利子, 津田博子, 岩本昌子, 中園栄里, 小野美咲, 五郎丸瞭子、大部正代、能口健太、河手久弥、甲斐田遥香、安武健一郎、梶山倫未、市川彩絵、鬼木愛子、中野修治. 若年女性の血清尿酸値と嗜好飲料摂取の関連. 71日本栄養・食糧学会, 2017/05/20. (沖縄県)
52 .
大倉義文, Delafontaine P, 朔啓二郎. ヒト動脈硬化病変における酸化LDLの役割:血管平滑筋細胞アポトーシスとの関連について. 14福岡循環器フォーラム, 2000年4月21日. (福岡)
53 .
黒木まどか, 前田豊美, 貴島聡子. 市販とろみ調整剤の緑茶溶液の蒸散に対する促進効果. 第27回日本老年歯科医学会, 2016。6。18−19. (徳島市)
54 .
森口里利子, 今井克己, 岩本昌子, 近江雅代, 中園栄里, 津田博子. 女子学生の月経前症候群と栄養素等摂取量との関連. 64日本栄養改善学会, 2017/09/14. (徳島県)
55 .
Otsuka Y, Ueda M, Nakazono E, Tsuda T, Jin X, Noguchi K, Miyazaki H, Nakano S, Tsuda H. Positive correlation of plasma protein S levels to apolipoprotein C-II in middle-aged obese women and non-obese young women. 63Annual Scientific and Standardization Committee (SSC) Meeting, 2017/11/07. (Berlin, GERMANY)
56 .
中園栄里, 貴島聡子, 齊田直樹, 南レイラ, 升井一朗, 末松美保子. 高齢者の舌口唇運動機能低下と骨強度との関連. 第68回日本栄養改善学会, 2021/10/1. (東京)
57 .
髙田俊輔, 泉喜和子, 玉置幸雄, 池邉哲郎, 石川博之. 顎矯正手術で顎関係および上下顎歯列幅径の調和を図った下顎前突症の5年経過症例. . 第30回日本顎変形症学会総会・学術大会, R2年6月24日-7月9日. (オンライン)
58 .
秋竹純. 介護従事者による不適切ケアの現状と今後の課題Part2 -介護従事者に対する「高齢者虐待」「不適切ケア」アンケート報告- . 第22回日本介護福祉教育学会, 平成27年9月11日12日. (広島市)
59 .
都築尊, 前芝宗尚, 後藤加寿子, 堤貴司, 平川直毅, 松瀬智樹, 平貴文, 宮尾知佐. 歯肉刺激モデル動物における分子生物学的検討. 130日本補綴歯科学会, 2021.6. (オンデマンド)
60 .
中園栄里, Nakazono E, Tsuda T, Jin X, Sata S, Miya M, Nakano S, Tsuda H. Genetic and phenotypic analyses of protein S Tokushima and two protein C variants on healthy Japanese young women.. 2019ISTH, 2019/7/6-10. (, Melbourne, Australia.)
61 .
升井一朗, 貴島聡子, 南レイラ. 地域在住自立高齢者の口腔機能低下の現状. 第29回有病者歯科医療学会, 2020.2.28. (神戸市)
62 .
堤貴司, 都築尊, 後藤加寿子, 髙橋裕. マイクロCTによるマウス咬合性外傷モデルにおける歯槽骨吸収量の定量的評価.  日本補綴歯科学会第127回学術大会, 2018.6.16-17. (岡山)
63 .
中園栄里, 末松美保子, 齊田直樹, 力丸哲也, 大倉義文. 自立した生活をする高齢者の色の薄い野菜摂取量を多く摂取することは骨強度低下に関連する. 第66回日本栄養改善学会, 2019/9/5-7. (富山県)
64 .
能口健太, 中園栄里, 津田友秀, 金秀日, 佐田志穂子, 宮真南, 中野修治, 津田博子. 日本人若年女性における血液凝固制御因子プロテインS、プロテインC遺伝子多型と血中活性・抗原量についての検討. 第23回日本病態栄養学会, 2020/1/24-26. (京都市)
65 .
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 藤加寿子, 自見英治郎, 李京平, 中尾彰宏, 岡部幸司. 常染色体優性大理石病の原因遺伝子ClCN7の点変異によるCl-輸送の機能障害. 第47回歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
66 .
中園栄里. 全身状態と栄養(栄養指導を含む)口腔機能低下症への理解Ⅲ. 令和元年度福岡医療短期大学口腔介護スキルアップ講座, 2019/10/26. (福岡市)
67 .
貴島聡子, 黒木まどか, 升井一朗, 日高三郎. in vitro リン酸カルシウム沈殿物形成の研究:過酸化尿素の作用に対するフッ化ナトリウム、カオリン、デンプン、ゼラチンの効果. 24日本歯科審美学会, 2013年7月20-21日. (東京)
68 .
秋竹純. 有料老人ホームにおける介護職員の虐待予防に向けた課題―九州内の有料老人ホーム職員の意識調査を通じて―. 60九州社会福祉学会, 20190610. (福岡県北九州市)
69 .
手嶋直美, 貴島正子, 貴島聡子, 堀部晴美. 臨床実習指導者と短大教員との連携による卒直前教育-歯科衛生実地指導を実践できるために-. 2日本歯科衛生学会, 2007年11月22-24日. (福岡市)
70 .
田中丸治宣, 大岡知子, 本間和代, 柴谷貴子, 山口恵, 日下和代, 玉木裕子, 嶋野浪江, 貴島聡子, 福田雅臣, 藤原愛子. 歯科衛生士養成短期大学における学内実習実施状況-第1報 歯科保健指導と歯科予防処置について-. 1日本歯科衛生学会, 2006年11月23-24日. (東京)
71 .
成冨雅則, 梶井貴史, 中島一記, 阿部朗子, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之, 利谷幸治, 泉喜和子, 升井一郎, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における過去11年間の外科的矯正治療適用症例の動向. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, H26年6月10-11日. (福岡)
72 .
黒木まどか, 前田豊美, 貴島聡子, 知念正剛, 栢豪洋. ジェルタイプ口腔保湿剤の乾燥残留物とアミラーゼの柔軟効果. 12日本口腔ケア学会, 2015.6.27−28. (下関市)
73 .
黒木まどか, 貴島聡子, 南レイラ, 前田豊美, 後藤加寿子, 力丸哲也, 松尾忠行, 堀部晴美, 井上勇介, 升井一朗. 歯科衛生士キャリア教育における開業歯科医院とのコラボ授業の試み. 第42回福岡歯科大学学会学術集会, 2015.12.13. (福岡市)
74 .
馬場篤子, 泉喜和子, 後藤加寿子, 立岡迪子, 比嘉奈津美, 宮口厳. 女性歯科医師の活躍のための環境整備等に関する調査報告~福岡歯科大学での結果~. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
75 .
前田豊美, 南レイラ, 石井綾子, 堀部晴美, 升井一朗, 栢豪洋. ピア・レスポンス法を応用した歯科保健指導論の授業に対する学生の評価. 28日本歯科衛生教育学会, 平成28年12月10日~11日. (東京都)
76 .
石井綾子, 米田雅裕, 谷口奈央, 森田浩光, 松尾忠行, 廣藤卓雄. 口臭に関する知識と意識-歯科衛生士学科学生2学年の比較-. 第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2017年7月28‐29日. (松本市)
77 .
Kajiya H, Tsutsumi T, Nagaoka Y, Goto K, Fukawa T, Sasaki M, Okamoto F, Okabe K. A novel role of farnesyl diphosphate synthetase (FDPS) on the activity of Cl- extrusion in osteoclasts.  アメリカ骨代謝学会・2013年学術集会, 2013.10.3-7. (ボルチモア)
78 .
Okura Y, Rikimaru T, Aou S, Kaya H, Yamawaka T. The evaluation of the effect of tooth brushing on the activity of prefrontal cortex in young adult subjects. 1Neuro 2013, June 20-23. (Kyoto Japan)
79 .
硯川眞旬, 鬼崎信好, 高橋信幸, 坂本雅俊, 田代勝良, 岡田和敏, 有馬洋, 山崎久子, 吉弘淳一, 弓洋平. 全国養護学校における福祉教育の実施状況. 48日本社会福祉学会, 平成12年11月. (東京)
80 .
高瀬文広. 日本の英語教育におけるマルチメディアの可能性. 2映画英語教育学会, 平成12年3月25日. (北九州)
81 .
高瀬文広. 日本の若者のコミュニケーション・コンピテンスの研究. 30日本コミュニケーション学会, 平成12年6月17日. (東京)
82 .
高瀬文広. 映画「マトリックス」における登場人物等のネーミングと異文化理解教育指導法の研究. 2映画英語教育学会, 平成12年10月1日. (福岡)
83 .
高瀬文広. 「日本語コミュニケーション」を通じての高校生のコミュニケーション能力育成の研究. 7日本コミュニケーション学会, 平成12年10月14日. (福岡)
84 .
高瀬文広. シンポジウム) コミュニケーション能力の育成--多面的アプローチ: 高校生のスピーキング力を伸ばすための「日本語コミュニケーション」の指導法の研究. 29九州英語教育学会, 平成12年10月22日. (長崎)
85 .
高瀬文広. 読解力および聴解力を高める指導とその評価. 48第48回九州地区英語教育研究大会, 平成12年10月27日. (鹿児島)
86 .
高瀬文広. 国際社会に対応した英語教育の取り組み.  福岡県高等学校英語教育研究部会, 平成12年6月21日. (福岡)
87 .
高瀬文広. コミュニケーションと映画英語教育-英語教育における映画の役割とコミュニケーション教育への発展. 3映画英語教育学会, 平成13年5月13日. (福岡)
88 .
高瀬文広. An Educatinal Approach to Intercultural Communication: Cultural analysis using "The Matrix"-. 7The Association for Teaching English through Movies, 平成13年6月23日. (Sapporo)
89 .
田中克江, 小野修, 松尾恒子, 太田良子, 新雅子, 森茂起. 発達モデルによる心理臨床の実際. 20日本心理臨床学会, 2001年9月14日. (東京)
90 .
今泉綾子, 秋竹純. 介護技術「ドライシャンプー」授業の一考察. 第9回介護福祉教育学会, 平成14年7月26日. (岐阜)
91 .
Takase F, Ryu Y. A Study of the Cross-cultural Comparison of Nonverbal Communication Based on Kinesics through Korean, American and Japanese Movies. 8The Association for Teaching English through Movies, April 27th, 2002. (Tokyo)
92 .
高瀬文広. 映画を使ったノンバーバルコミュニケーションの教授法の一考察:日韓米の映画を使って. 4映画英語教育学会, 平成14年5月11日. (北九州)
93 .
Takase F. A Study of Developing Movie-based English Textbooks for English Education. 7thThe Society for Teaching English through Media, April 26th, 2003. (Republic of Korea)
94 .
高瀬文広. テキストから分析する日韓の映画英語教育の現状と将来. 映画英語教育学会, 2003年9月14日. (京都)
95 .
高瀬文広. 今後求められる映画を利用した教科書とその利用法. 第5回映画英語教育学会, 2003年11月9日. (福岡)
96 .
竹内尚子, 豊田美香, 小倉理恵子, 長環, 上西秀則, 福島忠男, 井上勇介. DNA/人工脂質複合体を用いた抗菌性. 第76回日本細菌学会総会, 2003.4.1-3. (熊本市)
97 .
竹内尚子, 小倉理恵子, 長環, 上西秀則, 福島忠男, 井上勇介. DNA/人工脂質複合体を用いた抗菌性歯科材料の開発. 第45回歯科基礎医学会学術大会, 2003.9.18-19. (盛岡市)
98 .
劉中憲, 松尾忠行, 渡辺猛, 金崎信夫, 白木洋, 埴岡隆. 口腔および顔面に出現する喫煙者に固有の所見が喫煙への意識に及ぼす影響. 第31回福岡歯科大学学会総会, 2004年12月5日. (福岡市)
99 .
劉中憲, 松尾忠行, 渡辺猛, 金崎信夫, 埴岡隆. 若年女性の禁煙・防煙教育の取り組み. 第31回福岡歯科大学学会総会, 2004年12月5日. (福岡市)
100 .
松尾忠行, 埴岡隆. 口腔の慢性炎症が健康に影響を及ぼすことの理解と自覚を促すための生活習慣病予防ツールの開発. 第14回日本健康教育学会, 2005年8月26日. (福岡市)
101 .
末松美保子. ケアする心が経口摂取を可能にする. 第5回福岡医療短期大学 公開講座, 平成17年9月9日. (福岡)
102 .
松尾忠行, 伊豆丸美恵, 松瀬亮一, 埴岡隆. 歯肉溝滲出液中の炎症性物質と生活習慣との関係. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 2005年10月7日. (東京都)
103 .
生山隆, 早川絵里, 津江文武, 藤加寿子, 吉田郁子, 清水博史, 高橋裕. 修理後の床用レジンの曲げ強さに及ぼす酢酸エチルの表面処理効果. 第114回日本補綴歯科学会学術講演会, 2005.10.1. (新潟)
104 .
生山隆, 早川絵里, 津江文武, 藤加寿子, 吉田郁子, 清水博史, 高橋裕. 床用レジン修理時の酢酸エチルの表面処理効果の検討. 第32回福岡歯科大学学会総会, 2005.12.18. (福岡県)
105 .
劉中憲, 松尾忠行, 埴岡隆. 外国の文言と画像によるたばこ箱警告表示に対する日本人女性の反応. 第14回日本健康教育学会, 2005年8月27日. (福岡市)
106 .
高瀬文広. 著作権問題とビデオを使った英語教育. 第7回映画英語教育学会, 2005年10月17日. (北九州市)
107 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 藤加寿子, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するCLC-3 Cl-チャネルは骨吸収機能分子として働く. 第23回日本骨代謝学会, 2005年7月21-23日. (大阪)
108 .
福島秀文, 岡本富士雄, 藤加寿子, 鍛治屋浩, 福本敏, 尾崎正雄, 本川渉, 岡部幸司, 自見英治郎. B細胞分化と破骨細胞分化におけるNF-kBシグナルの役割. 第47回 歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
109 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 藤加寿子, 自見英治郎, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するClC-3Cl-チャネルは細胞内イオンチャネルとして骨吸収に関与する. 47回 歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
110 .
升井一朗, 堀尾恵一, 山川烈, 村山敦, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 大関悟. 自己組織化マップを用いた側貌分類に基づく顎矯正手術計画支援システム. 第51回日本口腔外科学会総会, 2006.10.13. (北九州)
111 .
Masui I, Horio K, Yamakawa T, Suetake N, Ikebe T, Ozeki S. Computer-assisted Orthognathic Surgery Planning Based on Profile Classification Using Self-organaising Map. 7thAsian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, 2006.11.6. (Hong Kong)
112 .
林升, 伊藤雅樹, 真鍋佐枝, 江藤ゆかり, 相沢隆, 大森桂二, 林透, 升井一朗. 上顎前歯部歯槽骨内に発生したメラニン色素細胞を伴うエナメル上皮腫と集合性歯牙腫を合併した1例. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
113 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 福島秀文, 藤加寿子, 岡部幸司. CLC-3 Cl-チャネルを欠損した破骨細胞は骨吸収活性が低下する. 第24回日本骨代謝学会, 2006年7月6-8日. (東京)
114 .
廣瀬武尚, 金子憲章, 升井一朗, 緒方稔泰, 藤村哲之, 石川博之. 矯正治療中に外傷を受けた歯牙を保存治療できた1症例ー生活歯として歯牙の着色が消退した症例ー. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006/12/10. (福岡)
115 .
高瀬文広, 秋竹純, 齋田直樹. 歯科衛生専攻科における日本語コミュニケーションの育成指導. 13日本コミュニケーション学会, 平成18年9月16日. (福岡)
116 .
高瀬文広, 鶴田知嘉香. アプリケーションソフトを利用した映画英語教育指導法の研究. 8映画英語教育学会, 平成18年10月7日. (福岡)
117 .
埴岡隆, 松尾忠行, 松瀬亮一, 伊豆丸美恵, 山本良子. 歯肉溝滲出(貯留)液生化学検査の職域健康支援活動への応用-BMI・尿・末梢血生化学検査値との関係-. 第79回日本産業衛生学会, 2006年5月9日-12日. (仙台市)
118 .
末松美保子, 秋竹純, 齊田直樹. 自主制作ビデオ教材を利用した介護技術授業の一考察―ベッドメーキング技術. 13日本介護福祉教育学会, 平成18年1月25日-26日. (佐賀県鳥栖市)
119 .
Seto M, Manabe Y, Nogami K, Iwamoto S, Masui I, Kikuta T. The adequate period of recovery from anemia caused by phlebotomy. 11thIFDAS, 2006/10/4-7. (Yokohama)
120 .
藤加寿子, 清水博史, 高橋裕. 高齢者に対するVideo Fluorography検査により栄養摂取法を決定した2症例. 第17回日本老年歯科医学会学術大会, 2006 6/1. (那覇市)
121 .
松吉綾子, 松延瑠理子, 上村吏絵, 高辻史絵, 小島寛. 超音波スケーラー使用時の飛沫汚染について. 第33回福岡歯科大学学会, 2006年12月10日. (福岡市)
122 .
岡本佳三, 日高三郎, 江田和夫, 岡田一三, 石川昌嗣, 緒方稔泰, 成瀬重靖. CO2レーザーの照射径の差異による硬組織の熱損傷について. 第115回日本補綴歯科学会, 2006.7.8-9. (札幌)
123 .
川口稔, 福島忠男, 坂上竜資, 天野めぐみ, 井上勇介. DNA/キトサン複合体の加工成型と特性. 日本歯科理工学会九州支部夏季セミナー, 8月25日. (鹿児島)
124 .
川口稔, 福島忠男, 井上勇介, 早川徹, 谷口邦久, 坂上竜資. フィルム化DNA/キトサン複合体の加工成形法の開発. 第48回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年10月26日. (名古屋)
125 .
高瀬文広. 映画を利用した英語教育での著作権問題. 映画英語教育学会、日本コミュニケーション学会、日本比較文化学会合同, 平成18年10月8日. (福岡)
126 .
村山敦, 泉喜和子, 廣瀬一秀, 宇治寿隆, 升井一朗, 世良仁, 廣瀬貴子, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟. Rapid Prototypingを用いた顔面非対称患者における顎骨形態の三次元的評価Part 1. 下顎の偏位方向と下顎枝形態について. 第16回日本顎変形症学会総会, 2006.6.22. (千葉)
127 .
松瀬亮一, 馬場みちえ, 畝博, 松尾忠行, 埴岡隆. 歯肉溝滲出液(貯留)液生化学検査の職域健康支援活動への応用. 歯肉溝滲出液(貯留)液生化学検査の職域健康支援活動への応用, 2007年4月27日. (大阪市)
128 .
埴岡隆, 馬場みちえ, 松瀬亮一, 松尾忠行, 畝博. 歯肉溝滲出液(貯留)液生化学検査の職域健康支援活動への応用-メタボリックシンドローム指標との関連性-. 第80回日本産業衛生学会, 2007年4月27日. (大阪市)
129 .
秋竹純, 末松美保子, 大倉義文. ユニットケア施設における介護実習導入教育. 13介護福祉教育学会, 平成19年1月25日. (佐賀)
130 .
秋竹純, 末松美保子, 大倉義文. 本学キャンパス内の介護老人福祉施設との連携. 14介護福祉教育学会, 平成19年8月30日. (北海道)
131 .
松吉綾子, 上村吏絵, 兼松めぐみ, 上村愛佳, 小島寛. 超音波スケーラーの飛沫汚染について. 第24回日本障害者歯科学会, 2007.11.24~5. (長崎市)
132 .
早川徹, 福島忠男, 川口稔, 井上勇介, 岡畑恵雄. DNA/キトサン複合体の特性および加工性. 1高分子学会第36回医用高分子シンポジウム, 7月30,31日. (東京都)
133 .
齊田直樹, 有馬洋, 大倉義文. 施設実習での口腔ケア取り組み状況と口腔ケア事前授業習熟度との関連について. 14日本介護福祉士教育学会, 平成19年8月. (帯広)
134 .
黒木まどか, 升井一朗, 木村友美, 堀部晴美, 栢豪洋, 倉光健生, 藤田猛. 介護老人福祉施設における口腔ケアの効果. 4日本口腔ケア学会, 2007.11.18. (名古屋)
135 .
村山敦, 泉喜和子, 宇治寿隆, 升井一朗, 寺川紘子, 廣瀬貴子, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟. Rapid Prototypingを用いた顔面非対称患者における顎骨形態の三次元的評価 Part2.上顎の偏位の評価について. 17顎変形症学会, 2007年6月20日. (新潟)
136 .
末松美保子, 秋竹純, 齊田直樹. 施設実習における二学科学生共同参加による実践「口腔ケア」教育の活性化の検討. 14日本介護福祉教育学会, 平成19年8月30日&31日. (北海道)
137 .
埴岡隆, 松尾忠行, 晴佐久悟, 山本未陶, 筒井昭仁. 通電機能を付加した音波振動歯ブラシの歯垢除去効果についての検討. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 2007年10月5日. (東京都)
138 .
金崎信夫, 知念正剛. BASICを用いたTEX用文書作成支援システム. 教育システム情報学会, 2007年9月13日. (長野市)
139 .
知念正剛, 金崎信夫. 平成18年度入学者のパソコンリテラシ. 教育システム情報学会, 2007.3.17. (大阪府吹田市)
140 .
根本哲臣, 鍛治屋浩, 都築尊, 藤加寿子, 高橋裕, 佐藤博信, 岡部幸司. ヒト歯根膜細胞において持続的メカニカルストレスが誘導する線維結合型コラーゲンの発現変化. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008年12月14日. (福岡)
141 .
松吉綾子, 兼松めぐみ, 上村吏絵, 天野郁子, 久保田智彦, 小島寛. 超音波スケーラーの飛沫汚染について(第2報)原子吸光光度法を用いた分析. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.23. (福岡市)
142 .
堀部晴美, 東納恵子, 貴島聡子, 貴島正子, 升井一朗, 栢 豪洋. 介護老人福祉施設における口腔機能向上に関わるレクリエーションの効果. 歯科衛生士専任教員秋期学術研修会, 2008年12月5日6日. (京都)
143 .
緒方稔泰, 升井一朗, 堀部晴美, 大倉義文. 介護福祉士養成教育における口腔ケアに関する教育の実態調査. 福岡歯科大学学会, 2008年12月14日. (福岡)
144 .
黒木まどか, 堀部晴美, 升井一朗, 栢豪洋. 介護老人福祉施設における口腔ケアの効果(第二報)~効果的介入を目指して~. 5日本口腔ケア学会, 2008.11.16. (那覇)
145 .
貴島正子, 升井一朗, 金子憲章, 堀部晴美, 栢豪洋, 田中丸治宣, 本間和代, 柴谷貴子, 荒井桂. 歯科衛生士教育における要支援・要介護高齢者への口腔ケア教育の現状 その1. 日本歯科医学教育学会, 平成20年7月11日、12日. (東京都)
146 .
高瀬文広. アメリカ映画史上に登場する日本人像を通してみたステレオタイプと偏見. 10映画英語教育学会, 2008年9月6日. (福岡)
147 .
笹本実, 鈴木奈央, 永井淳, 渡辺猛, 力丸哲也, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
148 .
笹本実, 鈴木奈央, 永井淳, 渡辺猛, 力丸哲也, 加藤熈, 坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果. 第51回秋季日本歯周病学会学術大会, 2008.11.19. (四日市)
149 .
伊藤和之, 笹本実, 鈴木奈央, 永井淳, 渡辺猛, 力丸哲也, 進藤剛, 竹中淳, 柳澤康二, 西田敬司, 今泉亮、坂上竜資. 柿タンニン(パンシル®)のメルカプトエタノールに対するin vitroでの消臭効果. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
150 .
井上貴史 , 岩村裕美, 駒井里美, 金子憲章, 手嶋直美, 草場裕美, 藤本裕美, 橋本真以子, 大郷友規, 井上晴加, 鬼塚得也. ダイヤモンドドレッサーによるスケーラーの研磨に関する研究. 35福岡歯科大学学会総会, 12.14. (福岡)
151 .
知念正剛, 金崎信夫. 教科「情報」を履修した学生への情報教育. 教育システム情報学会2007年度第6回研究会, 2008/3/15. (静岡市)
152 .
玉置幸雄, 阿部朗子, 井上知加予, 廣瀬武尚, 石川博之. 自己組織化マップ(SOM)を用いた軟組織側貌形態の分類と実際の側貌との類似性について. 1九州矯正歯科学会, 2009.2.21~2009.2.22. (佐賀)
153 .
黒木まどか, 堀部晴美, 升井一朗, 栢豪洋. 口腔乾燥と水分補給の関連を再考した一例. 6日本口腔ケア学会, 2009.11.21. (宇都宮)
154 .
岡本愛彦, 泉喜和子, 中山敬介, 利谷幸治, 升井一郎, 池邉哲郎, 大関悟. 当科における顎矯正手術の臨床的検討. 19日本顎変形症学会, 2009.6.4-5. (仙台)
155 .
松本亜矢子, 内藤徹, 鈴木奈央, 松尾忠行, 米田雅裕, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 若年女性における口臭の自覚に関連する因子の検討. 第36回福歯大学会, 2009年12月23日. (福岡市)
156 .
松本亜矢子, 内藤徹, 鈴木奈央, 松尾忠行, 米田雅裕, 岩元知之, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 若年女性における口臭の自覚に関連する因子の検討. 第36回福岡歯科大学学会総会, 2009.12.23. (福岡市)
157 .
高瀬文広. 新しい「超字幕」ソフトを使った映画英語ー映画『BLACK RAIN』を駆使するー. 11映画英語教育学会, 2009年9月5日. (北九州)
158 .
知念正剛, 金崎信夫. 教科「情報」履修後の情報教育. JSET 25日本教育工学会, 2009年9月20日. (東京都)
159 .
後藤加寿子, 鍛治屋浩, 根本哲臣, 都築尊, 岡部幸司, 佐藤博信. 咬合性外傷モデルにおける歯槽骨吸収とケモカインの動態. 第27回日本骨代謝学会, 2009年7月23日-25日. (大阪)
160 .
黒木まどか, 堀部晴美, 日高三郎, 岡本佳三, 栢豪洋. 市販保湿剤が口腔内の脱灰・石灰化に影響を与える可能性:In vitro 試験. 7日本口腔ケア学会, 2010.11.27. (大阪)
161 .
升井一朗, 堀部晴美, 廣瀬武尚, 黒木まどか, 安井みずえ, 松吉綾子, 栢豪洋. 社会人学び直し事業“歯科衛生士の口腔機能向上スキルアップ講座”その2. 7日本口腔ケア学会, 2010.11.27. (大阪)
162 .
黒木まどか, 堀部晴美, 松延瑠理子, 貴島聡子, 升井一朗, 栢豪洋. 歯科衛生学科生の就職活動における意識調査. 5日本歯科衛生学会, 2010.9.20. (千葉)
163 .
堀部晴美, 黒木まどか, 貴島聡子, 松延瑠理子, 升井一朗, 栢豪洋. 卒業生の進路調査から就職支援を再考する. 1日本歯科衛生教育学会, 2010.12.11. (京都)
164 .
埴岡隆, 晴佐久悟, 山本未陶, 金崎信夫, 松尾忠行, 馬場みちえ, 中山恵美子, 小島美樹, 松瀬亮一. 病態評価から炎症評価へ、歯周病検査のパラダイムシフトの検討. 第32回九州口衛学会総会, 2010年7月25日. (長崎市)
165 .
埴岡隆, 山本未陶, 晴佐久悟, 松尾忠行, 小島美樹, 松瀬亮一. 歯肉溝滲出液検査の口腔と全身の関係における役割に関する調査研究. 第59回日本口衛学会総会, 2010年10月6日-8日. (新潟市)
166 .
Kazuko T, Hiroshi K, Tetsuomi N. Hyper-occlusionStimulated Osteoclast Recruitment Through Chemokines Expression. 第33回米国骨代謝学会, 2010/10/15-19. (トロント(カナダ))
167 .
Goto K, Kajiya H, Nnmoto T, Tsutsumi T, Tsuzuki T, Sato H, Okabe K. Hyperocclusion Stimulates Osteoclastogenesis via CCL2 Expression. 福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡)
168 .
高瀬文広. 高等学校学習指導要領案の中身と学校現場での様々な反応予測について. 32日本比較文化学会, 2010年6月12日. (群馬)
169 .
貴島聡子, 升井一朗, 堀部晴美, 廣瀬武尚, 栢豪洋, 田中丸治宣, 柴谷貴子, 本間和代. 歯科衛生士養成校における口腔ケア教育プログラムの全国調査. 29日本歯科医学教育学会, 7/22-24. (盛岡市)
170 .
高瀬文広. ニュージーランドにおけるホームステイと語学留学の意義を探る. 1ツーリズム学会, 2010年7月3日. (福岡)
171 .
末松美保子, 秋竹純, 齊藤直樹, 大倉義文, 高瀬文広, 有馬洋. 超高齢者会の就業力向上につなげる福祉系学生の就職支援の取り組み.   日本福祉教育学会, 2010年8月23日. (東京)
172 .
高瀬文広. 著作権問題とSOUCENEXTの超字幕と英語教育. 12映画英語教育学会, 2010年10月30日. (福岡)
173 .
堤貴司, 鍛冶屋浩, 後藤加寿子, 都築尊, 高橋裕, 岡部幸司. CCL2KO マウスを用いた咬合性外傷誘発機序の解析. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡市)
174 .
新田悟, 松永興昌, 佐々木碧 , 片渕三千綱 , 大郷友規, 後藤加寿子, 松浦尚志, 松家茂樹, 佐藤博信. オールセラミッククラウンの破折への対策に関する研究. 日本補綴歯科学会, 2011年5月23日. (広島)
175 .
松吉綾子, 堀部晴美, 升井一朗, 廣瀬武尚, 栢豪洋. 社会人の学び直し「口腔機能向上スキルアップ講座」修了者への追跡調査. 第2回日本歯科衛生教育学会, 2011年12月3-4日. (横浜市)
176 .
黒木まどか, 塚本末廣, 知念正剛, 堀部晴美, 日高三郎, 栢豪洋. 口腔保湿剤の水分保持能力-温風乾燥時の残存水分量率と残存重量率-. 22日本老年歯科医学会, 2011.6.16. (東京)
177 .
松尾忠行, 藤浦有希, 松吉綾子, 黒木まどか, 貴島聡子. 短大歯科衛生学科3年生の臨床実習期間中における精神健康度について. 第2回日本歯科衛生教育学会, 2011年12月3-4日. (横浜市)
178 .
末松美保子, 秋竹純, 齊田直樹, 古野みはる, 黒木まどか. 複数の学科学生の学生合同参加による「口腔ケア実習」教育を活用した他職種理解と職種間連携学習の効果 -文部科学省「大学生の就業力支援育成事業」選定校における取り組み-. 第19回日本介護福祉学会, 平成23年9月4日. (東京都)
179 .
升井一朗. 歯科衛生学の体系化を目指して -コア・カリキュラムを考える-. 第3回日本歯科衛生教育学会, 2012.12.1-2. (名古屋市)
180 .
竹山顕子, 古賀千尋, 升井一朗, 岡本愛彦, 中山敬介, 利谷幸治, 泉喜和子, 大関悟, 池邊哲郎. 下顎後方移動術後の上気道変化についての検討. 第22回日本顎変形症学界総会, 2012.6.18-19. (福岡市)
181 .
倉重顕一, 利谷幸治, 升井一朗, 中山敬介, 泉喜和子, 岡本愛彦, 太田信敬, 古賀千尋, 大関悟, 池邊哲郎. Skeletal class Ⅱ症例に対する上下顎同時移動術の術後安定性に関する検討. 第22回日本顎変形症学会総会, 2012.6.18-19. (福岡市)
182 .
大和孝子, 西山敦子, 平山隼人, 永田瑞生, 三隅幸子, 青峰正裕. 高濃度カテキン含有飲料による糖尿病酸化ストレス改善効果. 第89回日本生理学会大会, 2012年3月30日. (松本市)
183 .
Nikandrov N, Takase F. Anna Karenina: Another sight on third country movie application for English language education . 17The Society of Teaching English through Media, 2013/5/11. (Soeul ,South Korea)
184 .
古野みはる. 地域で認知症を支えるために.  第14回認知症ケア学会 シンポジスト 福岡, 2013.6. (福岡)
185 .
瀬野文, 山田和彦, 瀬野恵衣, 谷口奈央, 伊波幸作, 枡尾陽介, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 重度広汎型慢性歯周炎患者の歯周治療に細菌検査を用いた一症例. 第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2013.11.16-17. (東京都)
186 .
廣瀬武尚, 升井一朗, 貴島聡子, 黒木まどか, 後藤加寿子. 高齢者の舌圧、RSSTとオーラルディアドコキネシスとの関連性について. 10日本口腔ケア学会, 6月22日-23日. (福岡市)
187 .
山田美和, 米田雅裕, 鈴木奈央, 藤本暁江, 森田浩光, 山田和彦, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭患者の分析および歯科衛生士の役割についての検討. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2014.11.29-30. (大坂市)
188 .
貴島聡子, 黒木まどか, 升井一朗, 日高三郎. In vitroリン酸カルシウム沈殿物形成の研究;ホームブリーチング剤とその構成成分の影響. 25日本歯科審美学会, 2014年11月22-23日. (高松市)
189 .
山田美和, 米田雅裕, 鈴木奈央, 藤本暁江, 森田浩光, 山田和彦, 桝尾陽介, 廣藤卓雄. 口臭患者の分析および歯科衛生士の役割についての検討. 第7回日本総合歯科学会 総会・学術大会, 2014.11.29-30. (大阪市)
190 .
古野みはる, 今村浩司. 規模市町村における市民後見人の研修体制についての報告-第1報. 55日本社会福祉学会, 2014.6. (鹿児島)
191 .
黒木まどか, 前田豊美, 知念正剛, 日高三郎. 植物性および動物性食品からの抽出/浸出液の水分保持能力と粘度について. 17日本補完代替医療学会, 2014.11.1-2. (東京都)
192 .
塚本末廣, 黒木まどか, 日高三郎. 緑茶カテキンゼラチン混合物を用いた歯石形成抑制剤の臨床応用. 25日本老年歯科医学会, 6.13-14. (福岡市)
193 .
黒木まどか, 前田豊美, 堀部晴美, 貴島聡子, 知念正剛, 日高三郎, 栢豪洋. 11種類の植物性食品からの抽出・浸出液の水分保持能力と粘度について. 11日本口腔ケア学会, 6.28-29. (旭川市)
194 .
升井一朗, 本間和代, 佐藤治美, 合場千佳子, 高阪利美, 栢豪洋, 山田隆文, 土田智子, 池田利恵, 向井正視. 大学評価・学位授与機構の認定専攻科における歯科衛生士教育の現状. 第5回日本歯科衛生教育学会, 平成26年11月29日30日. (神戸市)
195 .
鈴木奈央, 中野善夫, 松尾忠行, 米田雅裕, 廣藤卓雄. ヒト口腔内細菌叢に対する亜鉛イオンの影響. 第56回歯科基礎医学会学術大会総会, 2014/9/25-27. (福岡市)
196 .
知念正剛, 黒木まどか, 前田豊美. 乾燥過程での口腔保湿剤の粘度変化につい て. .日本口腔ケア学会, 2015年6月27日. (下関市)
197 .
末松美保子. 医療的ケア教育「喀痰吸引」教育の実践報告   - アンケート調査から捉えた「医療的ケア(喀痰吸引)」教育における学生の認識 - . .日本介護福祉教育学会, 平成26年8月28日(木). (北海道)
198 .
末松美保子. 医療的ケアにおける教育の進め方. .日本介護福祉士養成施設協会九州ブロック, 平成26年9月5日. (長崎県佐世保)
199 .
谷口奈央, 中野善夫, 松尾忠行, 米田雅裕, 埴岡隆, 廣藤卓雄. 塩化亜鉛溶液による長期洗口が唾液の細菌構成に与える影響. 第6回日本口臭学会学術大会, 2015/7/4-5. (新潟市)
200 .
瀬野文, 森田浩光, 瀬野恵衣, 藤本暁江, 玉川俊行, 桝尾陽介, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生介入により歯肉炎が改善した1例. 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2015/11/20-22. (東京)
201 .
井上絵梨, 米田雅裕, 瀬野文, 萩尾佳那子, 瀬野恵衣, 藤本暁江, 玉川俊行, 谷口奈央, 山田和彦, 森田浩光, 廣藤卓雄. 歯科衛生士臨床実習生の口臭に関する知識および意識について. 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2015/11/20-22. (東京)
202 .
湯川成美, 森田浩光, 縄田和歌子, 馬場紋, 中村文優子, 山口真広, 藤本暁江, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 内藤徹, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない急性期病院におけるOHATを用いた口腔内評価と専門的口腔ケアの標準化の試み . 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
203 .
瀬野文, 森田浩光, 瀬野恵衣, 樋口拓哉, 玉川俊行, 桝尾陽介, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生介入により歯肉炎が改善した1例. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
204 .
永原加那絵, 藤本暁江, 谷口奈央, 桝尾陽介, 山田和彦, 森田浩光, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 洗口剤の薬用成分が口臭におよぼす影響について. 第9回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2016.11.19-20. (岡山市)
205 .
升井一朗, 古賀裕章, 堀尾恵一. 高齢者の嚥下機能と顎顔面骨格との関連. BMFSA2016-006-1第29回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会, 2016年11月26-27日. (高知市)
206 .
古賀裕章, 古川徹生, 升井一朗, 黒岩将, 堀尾恵一. 嚥下機能解析に向けたTFSOM×SOMによる顎顔面骨格の形状分類. BMFSA2016-041-1第29回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会, 2016年11月26-27日. (高知市)
207 .
升井一朗, 廣瀬武尚, 後藤加寿子, 貴島聡子, 黒木まどか, 南レイラ, 静岡里沙. 高齢者の舌圧と嚥下機能およびオーラルディアドコキネシスとの関連 ―義歯の有無による比較―. 第13回日本口腔ケア学会, 2016年4月23-24日. (千葉市)
208 .
瀬野文, 森田浩光, 瀬野恵衣, 米田雅裕, 安河内ひとみ, 廣藤卓雄. 尋常性天疱瘡患者への口腔衛生により慢性歯周炎が改善した1症例. 第34回日本臨床歯周病学会, 2016/7/9-10. (福岡)
209 .
升井一朗. 学生の授業外学修時間の確保に関する各大学の取組みと工夫  ③授業外学修時間の確保に関する福岡医療短期大学の取組み. 第1回全国大学歯科衛生士教育協議会, 平成28年5月14日. (神戸)
210 .
山口真広, 森田浩光, 都築尊, 加藤智崇, 常岡由美子, 亀井寛子, 久家雅美, 北野香, 首藤沙耶香, 永井淳. 朝倉豪雨における福岡歯科大学の災害支援活動報告. 第44回福岡歯科大学学会, 2017.12.3. (福岡市)
211 .
升井一朗, 貴島聡子, 黒木まどか, 前田豊美, 後藤加寿子. 高齢者の嚥下機能評価と顎顔面骨格との関連性の検討. 第28回日本老年歯科医学会学会, 6月15日. (名古屋)
212 .
升井一朗, 貴島聡子, 黒木まどか, 三輪邦弘, 坂元英知, 稲富大介, 佐藤守. 嚥下機能と顎顔面骨格の関連要因  ―頭部エックス線規格写真による検討―. 第44回福岡歯科大学学会, 12月3日. (福岡)
213 .
晴佐久悟, 門司真由美, 三好麻紀, 窪田恵子, 黒木まどか, 牧野路子, 青木久恵, 吉田理恵, 町島希美絵, 飯野英親,梶原江美, 中島富有子,内田荘平, 内藤徹. 入学時の看護学生、歯学生、および歯科衛生士学生の口腔ケアに対する意識・知識・態度の比較. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
214 .
藤本暁江, 谷口奈央, 永原加那絵, 米田雅裕, 廣藤卓雄. 洗口剤の薬用成分が揮発性硫黄化合物におよぼす影響. 第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017.5.12-13. (福岡市)
215 .
石井綾子, 米田雅裕, 谷口奈央, 森田浩光, 松尾忠行, 廣藤卓雄. 口臭に関する知識と意識 ―歯科衛生学科学生2学年の比較―. 第36回日本歯科医学教育学会学術大会, 2017年7月28日29日. (松本市)
216 .
縄田和歌子, 森田浩光, 堀部晴美, 湯川成美, 瀬野恵衣, 中島正人, 山口真広, 米田雅裕, 安子内ひとみ, 廣藤卓雄. 歯科診療部門のない地域密着型急性期病院での歯科衛生士と看護スタッフとの口腔ケア連携の成果. 第28回日本老年歯科医学会, 2017.6.14-16. (名古屋)
217 .
高木未沙稀, 山口真広, 堀部晴美. 福岡歯科大学と福岡医療短期大学の感染対策に関する授業の比較検討. 45福岡歯科大学学会総会, 2018;12.09. (福岡県)
218 .
古野みはる, 秋竹純, 永松美菜子. 地域社会における自助互助システムの構築―イキイキ長寿サポーターによる小地域ネットワークの推進(1)現状調査より―. 第59回日本社会福祉学会 九州地域部会, 平成30年6月9,10日. (沖縄県)
219 .
末松美保子. 医療的ケア教育における実地研修の現状―介護施設に勤務する卒業生の実態と課題―. 第24回日本介護福祉学会, 2月7日. (さいたま市)
220 .
升井一朗, 中園栄里, 堀部晴美, 末松美保子, 古野みはる, 力丸哲也, 斎田直樹, 黒木まどか, 秋竹純, 貴島聡子, 後藤加寿子,石井綾子,前田豊美. 口腔機能向上でイキイキ長寿社会の実現 -文部科学省私立大学研究ブランディング事業の取組み-. 第15回日本口腔ケア学会, 4月28日・29日. (福岡市)
221 .
玉井恵子, 森永健三, 加藤智崇, 貴島聡子, 山口真広, 内藤徹, 城戸寛史, 升井一朗. 一般開業歯科医の口腔機能低下症の認知度とその対応に関する実態調査 . 45第45回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2018.12.9. (福岡)
222 .
井上庸子, 泉喜和子, 城間可奈子, 永嶌勝之, 勝俣由里, 富沢美沙, 合屋健, 池邉哲郎. 当科における過去5年間の顎矯正手術症例の検討. 第29回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会, 2019年6月8日-9日. (東京)
223 .
城間可奈子, 泉喜和子, 井上庸子, 永嶌勝之, 勝俣由里, 富沢美沙, 合屋健, 堀之内康文, 楠川仁悟. 九州地区における顎変形症治療の実態調査. 第29回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会, 2019年6月8日-9日. (東京)
224 .
石井綾子, 南レイラ, 川尻望, 森沙耶香, 堀部晴美. 知識の活用と創造(プロジェクト学修と創生学修)を目指す歯科保健指導教育の取り組み. 第10回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会, 12/6-12/8. (福岡)
225 .
齊田直樹, 貴島聡子, 中園栄里, 南レイラ, 升井一朗, 泉喜和子. 口腔機能と全身の筋力、筋肉量、身体活動との関連について. 第46回福岡歯科大学学会, 2019.12.15. (福岡市)
226 .
黒木まどか, 川㞍望, 森沙耶香, 松尾忠行, 貴島聡子, 力丸哲也, 後藤加寿子, 泉喜和子, 堀部晴美. 歯科衛生学科学生の口腔ケアに対する意識・知識・態度の変容;教育への示唆. 第10回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会, 2019.12.8. (福岡市)
227 .
永井淳, 廣藤卓雄, 森田浩光, 内藤徹, 大星博明, 増岡隆, 萩谷康弘, 阿南壽, 青木久恵, 宮園真美, 古野みはる. 福岡歯科大学医科歯科総合病院出前講座を通じた地域貢献活動の展開. 第46回福岡歯科大学学会雑誌, 2019年12月15日. (福岡市)
228 .
貴島聡子, 南レイラ, 齊田直樹, 渡邊裕, 升井一朗. 地域住民主体のコミニティ形成支援のための口腔機能向上に関する研究. 第31回日本老年歯科医学会, 11月7,8日. (横浜)
229 .
中園栄里, 貴島聡子, 齊田直樹, 南レイラ, 升井一朗, 末松美保子. 高齢者の舌口唇運動機能低下と食品群別摂取量との関連. 第67回日本栄養改善学会, 2020/09/02-04. (誌面)
230 .
前芝宗尚, 堤貴司, 後藤加寿子, 吉田兼義, 小柳進祐, 中四良, 都築尊. 咬合不正と認知機能との関連性について. 130日本補綴歯科学会, 2021年6月18-20日. (web)
231 .
堤貴司, 鍛治屋浩, 後藤加寿子, 岡部幸司. 低酸素環境の歯根膜細胞より産生される炎症性サイトカインがアルツハイマー病発症に与える影響の解析. 63歯科基礎医学会学術大会, 2021年10月9-11日. (web)
232 .
森沙耶香 , 川尻望, 高木未沙稀. 学外臨床実習導入による実習機会の整合性評価. 第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021.12.12-12.19. (福岡(webとのハイブリット))
233 .
高木未沙稀, 川尻望, 森沙耶香, 石井綾子, 丸田道人, 堀部晴美. COVID-19感染拡大化における福岡医療短期大学歯科衛生学科の感染対策への取り組み. 1219第48回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 2021;12.12-12.19. (福岡県)
234 .
森山剛, 泉喜和子, 宮原慧, 梶原弘一郎, 佐藤守. A quantitative evaluation of forehead correction treatment using automatead image analysis.. 第3回LifeTech2021, 2021.3.9. (奈良)
レポート (該当件数: 6 件)
1 .
末松美保子. ソーメンが食欲を増進させ記憶を呼び覚ます. 麺の世界. 2006; : 48-51
2 .
日高三郎. 麦粉・蕎麦粉と虫歯・歯周病について. 麺の世界. 2006; 5: 24-28
3 .
田中克江, 吉岡和子. コミュニケーション教育の効果―QOSLアンケート調査から―. 文部科学省 平成18年度大学改革推進事業「現代的教育ニーズ取組み支援プログラム」採択 医療系学生の保育所実習による子育て支援. 2007; : 59-62
4 .
柴谷貴子, 吉田隆, 日下和代, 田中宣子, 鈴木幸江, 小菅直樹, 久本たき子, 藤原愛子, 中村真理子, 和食沙紀, 升井一朗. 大学課程における歯科衛生士養成教育の質保証に関する研究 -臨地・臨床実習施設の現状と指導体制-. 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2012; 3: 14-22
5 .
貴島聡子, 升井一朗, 前田豊美, 松吉綾子, 黒木まどか, 松尾忠行, 堀部晴美, 廣瀬武尚, 栢豪洋. 歯科衛生士養成校における口腔ケア教育プログラムの全国調査. 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2012; 3: 23-32
6 .
松下英二, 伊賀弘起, 吉田幸恵, 升井一朗, 山中克己. シラバスにおける医療関係専門職が学ぶ口腔ケア関連科目について   ―シラバスによる教育内容の調査―. 日本口腔ケア学会誌. 2017; 12: 49-58

Copyright(C)2005 Fukuoka Gakuen All Rights Reserved